超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

THE_TOKYO_TOWERS

勝どき ザ・タワーの建設状況(2015年2月7日撮影)

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 総戸数1420戸となる巨大なタワーマンション「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」(地上53階、最高高さ178.78m)です。勝どき駅から清澄通りを南西方向へ徒歩6分の位置で建設中で、撮影した2月7日時点で12階部分の建設が始まっていました。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 北側から見た「勝どき ザ・タワー」です。写真右側には「クレストシティレジデンス」(地上18階、高さ54.715m)が建っていますが、お見合い部屋となる向きの19階まではタワーパーキングとなっています。この写真では建物の中にタワーパーキング部分の壁が見えています。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 角部屋部分は90度直角と、角を少し削った形の2つパターンで構成されています。また、3つあるウィングの各辺の長さも異なっています。Y字の形をしたトライスター型ですが、SKYZや芝浦アイランドなどと比べてちょっと変形のトライスター型となっています。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 背後に見ている巨大なマンションは「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、最高高さ193.5m)です。毎回同じことを書いている気がしますが「勝どき ザ・タワー」と「THE TOKYO TOWERS」が建ち並ぶ姿はかなり迫力がありそうです。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 プレキャストコンクリートを積んだトラックがいました。既に外壁のタイルの取り付けられているのが見えます。伸びる速度が早いわけです。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 共用施設として27階と40階に6つのゲストルーム、40階にレインボーブリッジを望むスカイビューラウンジが設置されます。こういった共用施設があるタワーマンションに住んでみたいものです。

■勝どき ザ・タワーの物件概要■
名称:勝どき ザ・タワー
計画名:勝どき五丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事(B-1街区)
所在地:東京都中央区勝どき5丁目1400番
用途:共同住宅、店舗、児童福祉施設等
総戸数:1420戸(事業協力者戸数102戸を含む)
階数:地上53階、地下2階
高さ:175.13m(最高高さ178.78m)
敷地面積:10,878.09
建築面積:5,915.90
延床面積:161,697.33
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
建築主:勝どき五丁目地区市街地再開発組合
売主:鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、住友商事、野村不動産
設計:鹿島建設
施工:鹿島建設
工期:2013年9月1日着工予定〜2016年12月31日竣工予定
入居:2017年3月下旬予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

日本の超高層タワーマンション高さランキング!

 日本の超高層タワーマンションの高さランキングです。完成していなくても着工していれば載せています。また、高さは最高部の高さで比較していますが、判明している高さが最高部の高さなのか軒高なのかわからないマンションもあり、そして高さがcm単位まで判明しているタワーマンションもあればm単位でしか判明していないタワーマンションもあるので、正確な順位ではない可能性があります。参考程度に見てください。それでは1位から順に発表していきます!


1位:北浜タワー

北浜タワー
場所:大阪府大阪市中央区高麗橋1丁目
階数:地上54階、塔屋2階、地下1階
高さ:207.76m(最高高さ209.35m)
竣工:2009年3月
総戸数:465戸(非分譲住戸30戸含む)
メモ:マンションとしては日本一の高さ。低層部は商業フロアなどとなっており、11階がホールで12階からが住居フロア。


2位:ザ・パークハウス 西新宿タワー60

ザ・パークハウス 西新宿タワー60
場所:東京都新宿区西新宿五丁目
階数:地上60階、地下2階
高さ:199.16m(最高高さ208.97m)
竣工:2017年7月下旬予定
総戸数:954戸(事業協力者住戸117戸含む)
メモ:地上60階はマンションとしては日本一の階数


3位:パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー

パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー
場所:神奈川県川崎市中原区新丸子東
階数:地上59階、地下3階
高さ:197.55m(最高部高さ203.5m)
竣工:2009年4月
総戸数:797戸
メモ:ザ・パークハウス 西新宿タワー60が完成するまで日本最高階数のマンション


4位:クロスタワー大阪ベイ

クロスタワー大阪ベイ
場所:大阪府大阪市港区弁天1丁目
階数:地上54階、地下2階
高さ:200.375m
竣工:2006年8月
総戸数:456戸
メモ:竣工当時は日本最高層のマンション


5位:THE TOKYO TOWERS

THE TOKYO TOWERS
場所:東京都中央区勝どき6丁目
階数:地上58階、塔屋1階、地下2階
高さ:193.5m(最高部高さ)
竣工:2008年1月
総戸数:2794戸(2棟合わせて)
メモ:日本最大のツインタワーのマンション。シータワーとミッドタワーの2棟構成でミッドタワーの30階までは賃貸専用。


6位:勝どきビュータワー

勝どきビュータワー
場所:東京都中央区勝どき1丁目
階数:地上55階、塔屋2階、地下2階
高さ:192.2m
竣工:2010年11月
総戸数:住宅712戸(非分譲住戸384戸含む)
メモ:勝どき駅直結


6位:シティタワー広島

シティタワー広島
場所:広島県広島市南区松原町
階数:地上52階、地下2階
高さ:189.15m(最高高さ約193m)
竣工:2016年6月下旬予定
総戸数:514戸(非分譲住戸43戸含む)
メモ:中国、四国、九州地方では最高層


6位:(仮称)大阪市北区中之島6丁目計画

(仮称)大阪市北区中之島6丁目計画
場所:大阪府大阪市北区中之島6丁目
階数:地上55階、地下2階
高さ:193m
竣工:2018年3月31日予定
総戸数:896戸
メモ:中之島地区では最高層のタワーマンション


9位:富久クロス

富久クロス
場所:東京都新宿区富久町
階数:地上55階、塔屋2階
高さ:179.95m(最高高さ191.00m)
竣工:2015年5月中旬予定
総戸数:1093戸(非分譲住戸含む)
メモ:山手線内側では最高層のタワーマンション


10位:アクティ汐留(ラ・トゥール汐留)

アクティ汐留(ラ・トゥール汐留)
場所:東京都港区海岸1丁目
階数:地上56階・塔屋2階・地下2階
高さ:183.6m(最高部高さ190.25m)
竣工:2004年2月
総戸数:683戸(アクティ汐留)、86戸(ラ・トゥール汐留)
メモ:竣工当時は日本最高層のマンション。44階までがUR賃貸マンション「アクティ汐留」、45階〜56階が住友不動産の超高級賃貸マンション「ラ・トゥール汐留」


11位:シティタワー神戸三宮

シティタワー神戸三宮
場所:兵庫県神戸市中央区旭通
階数:地上54階、地下1階
高さ:190m
竣工:2013年1月28日
総戸数:640戸(非分譲46戸含む)
メモ:兵庫県で最高層のマンション


12位:大阪ひびきの街 ザ・サンクタスタワー

大阪ひびきの街 ザ・サンクタスタワー
場所:大阪府大阪市西区新町1丁目
階数:地上53階、塔屋3階、地下1階
高さ:189.55m
竣工:2015年3月23日予定
総戸数:874戸
メモ:オリックス劇場の隣


13位:アウルタワー

アウルタワー
場所:東京都豊島区東池袋4丁目
階数:地上52階、塔屋2階、地下2階
高さ:182.8m(最高部高さ189.2m)
竣工:2010年12月10日
総戸数:608戸(非分譲住戸135戸含む)
メモ:地下プロムナードを通ると東池袋駅直結


14位:ブリリアタワー池袋

Brillia Tower池袋(ブリリアタワー池袋)
場所:東京都豊島区南池袋2丁目
階数:地上49階、塔屋2階、地下3階
高さ:189m
竣工:2015年3月31日予定
総戸数:432戸(非分譲住戸110戸)
メモ:施設全体の名称は「としまエコミューゼタウン」で低層部は豊島区庁舎


15位:キャピタルゲートプレイス

CAPITAL GATE PLACE(キャピタルゲートプレイス)
場所:東京都中央区月島1丁目
階数:地上53階、地下2階
高さ:181.0m(最高高さ187.0m)
竣工:2015年7月中旬予定
総戸数:624戸
メモ:月島駅直結


16位:エルザタワー55

エルザタワー55
場所:埼玉県川口市元郷2丁目
階数:地上55階、地下1階
高さ:185.8m
竣工:1998年7月竣工
総戸数:650戸
メモ:竣工当時は日本最高層のマンション。現在は埼玉県で最も高い建物。


17位:シティタワー武蔵小杉

シティタワー武蔵小杉
場所:神奈川県川崎市中原区中丸子
階数:地上53階、地下3階
高さ:185.00m
竣工:2016年1月中旬予定
総戸数:800戸
メモ:ショッピングモールの「グランツリー武蔵小杉」の隣


18位:センチュリーパークタワー

センチュリーパークタワー
場所:東京都中央区佃2丁目
階数:地上54階、地下3階
高さ:180m
竣工:1999年3月
総戸数:756戸
メモ:竣工当時は東京で最高層のマンション


 以上、高さ180mまでのタワーマンションランキングでした。「虎ノ門ヒルズ」(地上52階、最高高さ255.5m)の37階から46階に位置する「虎ノ門ヒルズレジデンス」を入れるべきか迷ったのですが、レジデンス部の高さが不明なのと、タワーマンションと呼ぶには建物全体でマンションが占める割合が少なかったので除外しました。


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

空撮もしてきた「勝どき ザ・タワー」の建設状況(2015年1月18日撮影)

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)の空撮
 勝どきで建設中のトライスター型のタワーマンション「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」(地上53階、最高高さ178.78m)の空撮です。撮影した1月18日時点で9階部分の建設中でした。上空からだとトライスター型の特徴であるY字型の形もハッキリとわかるようになっています。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 空撮に行く前に地上から撮影した「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」です。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 見逃してしまいましたがNHKスペシャルでビルが倒壊するシミュレーションをやっていたそうですね。ここはトライスター型の形を活かして3棟の間に制振装置を配置する「VDコアフレーム構法」が採用されています。「世界初の構造架構によるトライスター型超高層住宅がここに誕生」とうたっているので安全性は高いように思えます。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 東側から見た「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」です。こちら側だけガラスが入っています。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 隣の「THE TOKYO TOWERS」の共有施設棟前から見た「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」です。背後の「クレストシティレジデンス」(地上18階、高さ54.715m)がもうすぐほとんど見えなくなりそうです。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 晴海の中央清掃工場からもチラッとだけ「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」が見えました。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)の空撮
 最後に空撮をもう1枚。巨大なツインタワーの「THE TOKYO TOWERS MID TOWER」(地上58階、最高高さ193.5m)の隣に巨大なトライスター型の「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」が建設中です。この3棟が建ち並ぶ姿はかなり遠くからでも目立ちそうです。

 ところで近くの大きな川は隅田川で、まだ通行出来ない建設中の橋が環状2号線となる「築地大橋」です。その「築地大橋」を渡ったところが豊洲へ移転する築地市場です。市場移転後の跡地がどのように開発されるのかも気になるところですね。

■勝どき ザ・タワーの物件概要■
名称:勝どき ザ・タワー
計画名:勝どき五丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事(B-1街区)
所在地:東京都中央区勝どき5丁目1400番
用途:共同住宅、店舗、児童福祉施設等
総戸数:1420戸(事業協力者戸数102戸を含む)
階数:地上53階、地下2階
高さ:175.13m(最高高さ178.78m)
敷地面積:10,878.09
建築面積:5,915.90
延床面積:161,697.33
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
建築主:勝どき五丁目地区市街地再開発組合
売主:鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、住友商事、野村不動産
設計:鹿島建設
施工:鹿島建設
工期:2013年9月1日着工予定〜2016年12月31日竣工予定
入居:2017年3月下旬予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

7階部分の建設が始まった「勝どき ザ・タワー」の建設状況(2014年12月21日)

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 勝どきで建設中のタワーマンション「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」(地上53階、最高高さ178.78m)です。トライスター型の1420戸にもなるタワーマンションで、まだ7階部分の建設が始まったところでしたが現時点で相当大きく感じました。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 トライスター型とはスターハウスとも呼ばれるY字型のマンションで、主に公団の団地として建設されました。団地のスターハウスは4,5階くらいの小さなものでしたが、最近はこうした巨大なタワーマンションも建設されるようになってきています。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 この「勝どき ザ・タワー」はこの写真を見てわかる通り、それぞれの辺の長さが違う変形型となっています。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 上の写真から少しだけ移動したもう1枚。角部分にガラスが入っていました。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 近くの橋を渡ったところから撮影した「勝どき ザ・タワー」です。今はこのように全体が見えていますがこの交差点の上に環状2号線が建設されます。

THE TOKYO TOWERS
 晴海客船ターミナルから見た日本最大のツインタワーのタワーマンション「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、最高高さ193.5m)です。左側にタワークレーンが見えている場所が「勝どき ザ・タワー」の建設地で、巨大なタワーマンションが3棟が建ち並ぶことになります。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 「勝どき ザ・タワー」にズームです。まだ建物本体は見ませんでしたが、年明けには見えるようになっていそうです。

■勝どき ザ・タワーの物件概要■
名称:勝どき ザ・タワー
計画名:勝どき五丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事(B-1街区)
所在地:東京都中央区勝どき5丁目1400番
用途:共同住宅、店舗、児童福祉施設等
総戸数:1420戸(事業協力者戸数102戸を含む)
階数:地上53階、地下2階
高さ:175.13m(最高高さ178.78m)
敷地面積:10,878.09
建築面積:5,915.90
延床面積:161,697.33
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
建築主:勝どき五丁目地区市街地再開発組合
売主:鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、住友商事、野村不動産
設計:鹿島建設
施工:鹿島建設
工期:2013年9月1日着工予定〜2016年12月31日竣工予定
入居:2017年3月下旬予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

「勝どき ザ・タワー」の建設状況(2014年11月30日)

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 勝どきで建設中の巨大なタワーマンション「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」(地上53階、最高高さ178.78m)です。トライスター型の分譲のタワーマンションで、トライスター型としては国内最大となります。ただ、ちょっとだけ変形のトライスター型となっています。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 隣では環状2号線の建設も行われています。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 現在、4階まで伸びていました。残り49階です。

 共有施設として40階部分にレインボーブリッジを望むスカイビューラウンジが設置され、そして、27階と40階に合わせて6つのゲストルームが設置されます。他にも2階にはカフェやキッズルーム、フィットネス、ミュージックスタジオなど様々な共有施設が配置されます。さすが1420戸という超巨大なマンションです。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 南側から撮影した「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」です。この方向から見るのが一番良さそうですね。

 「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」は世界初となるトライスター型の形を活かして3棟の間に制振装置を配置する「VDコアフレーム構法」を採用しています。公式サイトの説明では「柱梁のダブルチューブ架構と柱梁構面内架構に斜めに組み込んだVD(Viscous Damper、粘性オイルダンパ)制震装置の組み合わせによる初の構造架構システム。」となっています。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 外壁のタイルが一部取り付けが始まっていました。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 隣に建つ「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、最高高さ193.5m)の共有施設「シーサイドアネックス」前から見た「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」です。

 それにしても湾岸地域は複数のタワーマンションが常に建設中なので多めに行ってしまいます。こうして伸びて行く姿はいいですね。これからもこの辺りは頻繁に撮影に通うと思います。

 ところで、一部リニューアルしたBLUE STYLE COMの超高層ビルデータベースの市区町村一覧に地図一覧を追加しました。何か不具合があったら教えてください。基本的にはPC用に作っています。スマホ版も作る計画はありますがきっと着手は年明けになります。→東京都中央区の超高層ビルデータベース

■勝どき ザ・タワーの物件概要■
名称:勝どき ザ・タワー
計画名:勝どき五丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事(B-1街区)
所在地:東京都中央区勝どき5丁目1400番
用途:共同住宅、店舗、児童福祉施設等
総戸数:1420戸(事業協力者戸数102戸を含む)
階数:地上53階、地下2階
高さ:175.13m(最高高さ178.78m)
敷地面積:10,878.09
建築面積:5,915.90
延床面積:161,697.33
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、制震構造(VDコアフレーム構法)
建築主:勝どき五丁目地区市街地再開発組合
売主:鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、住友商事、野村不動産
設計:鹿島建設
施工:鹿島建設
工期:2013年9月1日着工予定〜2016年12月31日竣工予定
入居:2017年3月下旬予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク