JR小岩駅北口駅前地区市街地再開発事業
JR小岩駅北口駅前地区市街地再開発事業 完成イメージ[出典:建設通信新聞]

 「JR小岩駅北口駅前地区第一種市街地再開発事業」を計画しているJR小岩駅北口駅前地区市街地再開発事業準備組合が9月25日に事業協力者を三井不動産レジデンシャルと新日鉄興和不動産のグループに決めたことが建設系新聞社で報じられました。

 計画地はその名の通り小岩駅の北側で現在はイトーヨーカ堂などがある場所で、そのイトーヨーカ堂も含む約60者が地権者となっています。住所的には江戸川区西小岩1丁目で地区面積は約2.0haとなります。そこに約6100屬箸覆詼霧交通広場と北口通りを一体整備し、そして敷地約8500屐延べ約8万5000屐⊂Χ函Χ般鎧楡漾共同住宅、歩行者デッキなどで構成される再開発ビルが想定されています。階数などは今後固めるとのことですが、この完成メージの通りタワーマンションが建設されることなるようです。

 右端に見切れているタワーマンションは2007年に竣工した「東京グランファースト」(地上24階、最高高さ83.5m)かと思います。実際は板状のタワマンなので違うような気もしますが…。

 今後のスケジュールとしては2017年度の都市計画決定、2018年度の本組合設立認可、2019年度の権利変換計画認可、そして2020年度の着工、2025年度の竣工を予定しています。東京オリンピック後の再開発の一つとなります。

▼建設通信新聞:2016年9月27日
三井不レジと新日鉄興和不/JR小岩駅北口駅前再開発事業協力者/準備組合

▼日刊建設工業新聞:2016年9月27日
小岩駅北口地区再開発(東京都江戸川区)/事業協力者に三井不レジグループ/準備組合

小岩駅方面
 今年の3月に市川駅前のアイ・リンクタウンいちかわから撮影した小岩駅方面です。写真右側の白いタワマン「東京グランファースト」の背後あたりが「JR小岩駅北口駅前地区第一種市街地再開発事業」となります。

 また、写真中央あたりでは「南小岩七丁目地区」「南小岩六丁目地区」の再開発も計画しており、それぞれ30階程度のタワーマンションが計画されています。これら計画が全て完了すると新しいタワーマンション群が誕生することとなります。南小岩の再開発についてはちょっと古いですが2年前のブログ記事をご覧ください。
JR小岩駅周辺の再開発