超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

(仮称)麹町五丁目計画

紀尾井町TBRビル跡地・高さ130m「住友不動産麹町ガーデンタワー」の建設状況(2018.8.26)

住友不動産麹町ガーデンタワー
完成予想図[出典:住友不動産]

 麹町に建設されるオフィスビル「住友不動産麹町ガーデンタワー」(地上22階、高さ130m)です。完成予想図を見る限りでは高さ130mもあるようには見えませんが、現地建築計画のお知らせでは高さ130mとなっています。

住友不動産麹町ガーデンタワー
 「住友不動産麹町ガーデンタワー」の建設地です。紀尾井町TBRビル跡地の再開発です。

最寄り駅は以下のように複数あり様々な路線が徒歩圏となっています。
・有楽町線「麹町」駅より徒歩3分
・JR線「四ツ谷」駅より徒歩6分
・銀座線・丸ノ内線「赤坂見附」駅より徒歩6分
・丸ノ内線・南北線「四ツ谷」駅より徒歩7分
・半蔵門線「半蔵門」駅より徒歩8分
・有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町」駅より徒歩8分

住友不動産麹町ガーデンタワー
 以前はコンクリートの壁が印象的な駐車場となっており、ルイ・ヴィトンの仮設展覧会も行われたりもしました。

住友不動産麹町ガーデンタワー
 現在はタワークレーン2基が設置され鉄骨を組み始めています。

住友不動産麹町ガーデンタワー
 左の奥の方に見えているのが上智大学の「ソフィアタワー」(地上17階、最高高さ81.0m)です。駐車場だった頃の写真に写っていた建設中のビルです。

住友不動産麹町ガーデンタワー
 鉄骨はまだ組まれ始めたばかりのようでした。

住友不動産麹町ガーデンタワー
 上智大学側から撮影。この辺りには駐車場が多いですが今回の再開発には含まれていません。ただこの木がある辺りは再開発の範囲に含まれています。

住友不動産麹町ガーデンタワー
 これは以前、現地に掲示されていた配置図に色を付けたもので、その木がある場所には「住友不動産麹町ガーデンタワー」に繋がる道が整備されそうな感じとなっています。

住友不動産麹町ガーデンタワー
 高台となっている新宿通り(麹町大通り)側から撮影。背後はホテルニューオータニです。こういった傾斜地では高台側を1階とすることが多いのですが、ここは地上22階建てで地下なしのため建築基準法上でも坂の下が1階となるようです。

住友不動産麹町ガーデンタワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。下記物件概要は公式HPのデータを採用している箇所があります。

■物件概要■
名称:住友不動産麹町ガーデンタワー
計画名:(仮称)麹町五丁目計画
所在地:東京都千代田区麹町5丁目1-1他(地番)
用途:事務所、自動車車庫
階数:地上22階
高さ:130m
敷地面積:9,415.7
建築面積:3,600
延床面積:47,950
建築主:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:西松建設
工期:2017年8月31日着工予定〜2020年4月竣工予定

紀尾井町TBRビル跡地の高さ140m再開発「(仮称)麹町五丁目計画」の現地の様子(2016.12.17)

(仮称)麹町五丁目計画
 数日前に第一報をお伝えした紀尾井町TBRビル跡地の再開発「(仮称)麹町五丁目計画」の現地の様子を見てきました。

 現地はこのように仮囲いで囲まれ「(仮称)旧紀尾井町TBRビル・旧麹町住宅既存躯体及び地下解体工事」として解体工事が行われていました。事業主は住友不動産で解体の施工者は西松建設です。工期は2016年10月1日〜2017年11月30日までとなっています。

(仮称)麹町五丁目計画
 場所は赤坂見附駅から北側に行ったところで麹町駅からも近いです。隣のオレンジ色の建物は参議院麹町議員宿舎です。

(仮称)麹町五丁目計画
 この奥に見える黄色のクレーンが見える場所は麹町住宅跡地で同再開発の敷地です。

(仮称)麹町五丁目計画
 その麹町住宅跡地です。新宿通り(麹町大通り)沿いから撮影しました。ここを出入口とするならば赤坂見附駅よりも麹町駅の方が近いです。

(仮称)麹町五丁目計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせも設置されていました。構造や基礎工法が消されているのはまだ決まっていないということでしょうか。

(仮称)麹町五丁目計画 配置図
 配置図です。わかりにくかったのでこちらで赤色を付けました。左の細いところの上には広い駐車場がありますが、そこは今回の再開発には含まれていないようです。

(仮称)麹町五丁目計画 東立面図(仮称)麹町五丁目計画 南立面図

(仮称)麹町五丁目計画 西立面図(仮称)麹町五丁目計画 北立面図
 立面図を見ると赤坂見附側から見ると高さ約140m、新宿通り側から見ると高さ約127mとなるようです。塔屋も含めた高さなので新宿通り側からだと実質高さ110mくらいとなりそうです。

解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。施工者の西松建設がそのままビル建設の施工者になるかと思います。

■(仮称)麹町五丁目計画の物件概要■
計画名:(仮称)麹町五丁目計画
所在地:東京都千代田区麹町5丁目1-1
用途:事務所、駐車場
階数:地上22階、地下1階
高さ:約140m
敷地面積:9,415.7
建築面積:約3,545
延床面積:約48,200
建築主:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:不明
工期:2017年6月1日着工予定〜2020年5月31日竣工予定

紀尾井町TBRビル跡地に住友不動産が高さ140mの超高層ビル建設へ

(仮称)麹町五丁目計画
 紀尾井町TBRビル跡地の再開発概要が判明しました。建設通信新聞の記事によると建築主は住友不動産で「(仮称)麹町五丁目計画」として地上22階、地下1階、高さ約140mで延べ4万8200屬離フィスビルを建設するとのことです。ここは長らく駐車場となっていましたが今年は仮設のルイ・ヴィトン美術館が設置されていた場所でもあります。

▼建設通信新聞:2016年12月14日
麹町に5万屮フィス/6月着工、20年5月完成/住友不動産

(仮称)麹町五丁目計画
 こちらの財務省が住友不動産に売却した公務員宿舎の麹町住宅跡地も同再開発に含まれるとのことです。ここは一時期はニッポンレンタカーや駐車場となっていましたが、今は西松建設によって解体工事が行われています。

(仮称)麹町五丁目計画の建設地の空撮
 「(仮称)麹町五丁目計画」方面の空撮です。右端のビルは赤プリの建替え「東京ガーデンテラス ホテル・オフィス棟」(地上36階、高さ180m)や「ホテルニューオータニ ガーデンタワー」(地上40階、最高高さ144.5m)で、そのあたりの地下が赤坂見附駅です。そこから麹町方面に行った場所が「(仮称)麹町五丁目計画」の建設地です。また、建設地の背後のビルは「紀尾井町ビル」(地上26階、高さ114.9m)で、これよりも大きなビルが建つこととなります。それにしても22階で高さ140mって1フロアの階高はどれくらいなんでしょうね?

■(仮称)麹町五丁目計画の物件概要■
計画名:(仮称)麹町五丁目計画
所在地:東京都千代田区麹町5丁目1-1
用途:事務所、駐車場
階数:地上22階、地下1階
高さ:約140m
敷地面積:9,415
延床面積:48,200
建築主:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:西松建設?
工期:2017年6月着工予定〜2020年5月竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク