超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画

地上部の建設開始!地上35階「プレミストタワー白金高輪」の建設状況(2021.2.11)

プレミストタワー白金高輪

 白金高輪駅のすぐ近くで建設中のタワーマンション「プレミストタワー白金高輪」(地上35階、高さ131.10m)です。桜田通り沿いから撮影しました。大和ハウス工業による総戸数280戸の分譲のタワーマンションでタワークレーンが設置され地上部の建設が始まっていました。



プレミストタワー白金高輪

 背後の2棟の超高層は白金高輪駅直結の「白金アエルシティ」で、左が「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)、右が「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)です。今までの白金高輪駅周辺はこの2棟がランドマーク的存在でしたが、白金高輪駅周辺ではタワマン建設ラッシュ中のためそのイメージが変わりそうです。



プレミストタワー白金高輪

 桜田通り沿いからもう1枚。左奥に見える建設中の建物が「白金ザ・スカイ(SHIROKANE The SKY)」(地上45階、高さ156.10m)です。



プレミストタワー白金高輪

 近くの歩道橋から撮影。敷地の一部しか見えない場所ですが、建設が進んで来るとこの位置からでも十分見えるようになります。



プレミストタワー白金高輪

 歩道橋を渡った「白金アエルシティ」側の麻布通り沿いから撮影。タワークレーンの右側で建設中のタワーマンションは昨日のブログに載せた「ザ・パークハウス 高輪タワー」(地上26階、最高高さ96.63m)です。



プレミストタワー白金高輪

 麻布通りを渡って目の前から撮影。



プレミストタワー白金高輪

 以前は仮囲いがありましたが撤去して工事が行われていました。狭い敷地のためこういった策に出たんですかね。仮囲いを撤去して工事をしている現場は初めて見ました。



プレミストタワー白金高輪

 なかなか見られない光景を見ることができて良かったです。



プレミストタワー白金高輪 建物外観完成予想CG
建物外観完成予想CG[出典:公式HP]

 「プレミストタワー白金高輪」の完成予想図です。このようにスマートな外観で…と前回のブログで書いたら『スマートに細長いという意味は無い』とのコメントが。wikipediaで見てみると『日本語では、体つきや物の形がすらりとしている、という意味で使われることがあるが、英語にはそのような意味は無い。』とのことでした。和製英語ってことですかね。一つ勉強になりました。ただ、公式HPでも『スマートに伸びる外観』と書かれています。



プレミストタワー白金高輪 建物外観完成予想CG
建物外観完成予想CG[出典:公式HP]

 総戸数280戸のうち分譲対象住戸が153戸、そのうち約80%の123戸が20階以上になるとのことで地権者住宅は低層階に多いようです。



プレミストタワー白金高輪 建物外観完成予想CG
建物外観完成予想CG[出典:公式HP]

 高層部の完成予想図です。どの住戸もバルコニーは小さめです。



プレミストタワー白金高輪 建物外観完成予想CG
建物外観完成予想CG[出典:公式HP]

 低層部です。3階部分には共用施設が配置されます。



プレミストタワー白金高輪 建物外観完成予想CG
エントランスラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]

 エントランスラウンジの完成予想図です。他のタワーマンションと比べて1フロアが狭いですが、しっかりと高級感のある空間となるようです。



プレミストタワー白金高輪 建物外観完成予想CG
建物外観完成予想CG[出典:公式HP]

 建設地は「白金高輪」駅から徒歩1分。近くには「白金高輪」駅直結のタワーマンション「白金タワー」がありますが改札までは地下通路をそこそこ歩きます。「プレミストタワー白金高輪」最寄りの出入り口は改札にも近いため、ここが実質的に「白金高輪」駅まで一番近いタワーマンションとなります。



プレミストタワー白金高輪 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。公式HPを見ると現在は10戸が先着順となっており、間取りは1LDK〜3LDK、専有面積は46.05屐81.41屐販売価格は8920万円〜1億6920万円となっています。竣工年月は公式HPの日付を優先して掲載しています。

■物件概要■
名称:プレミストタワー白金高輪
計画名称:(仮称)高輪一丁目共同建替計画
地名地番:東京都港区高輪一丁目107番1(地番)
用途:共同住宅、物販店舗、食堂又は喫茶店、サービス店舗、その他
総戸数:280戸(非分譲住戸127戸含む)(別途店舗4戸、防災センター1戸、オーナーズキッチン1戸、オーナーズサロン1戸)
階数:地上35階、地下3階
高さ:131.10m
敷地面積:2,047.68
建築面積:1,138.78
延べ面積:29,792.95
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合
売主:大和ハウス工業
設計者:西松建設 一級建築士事務所
施工者:西松建設
工期:2019年8月19日着工〜2022年11月上旬竣工予定
入居:2023年1月下旬予定

現地の空撮あり!地上35階「プレミストタワー白金高輪」の建設状況(2020.12.12)

プレミストタワー白金高輪の建設地の空撮

 昨日、2020年12月18日にヘリから撮影した白金高輪駅周辺の空撮です。中央の赤い網掛けをした場所が「プレミストタワー白金高輪」(地上35階、高さ131.10m)の建設地で、その左の建設中のタワーマンションが「ザ・パークハウス 高輪タワー」(地上26階、最高高さ96.63m)です。そして右下で建設中の場所が「白金ザ・スカイ(SHIROKANE The SKY)」(地上45階、高さ156.10m)でタワマン建設ラッシュとなっています。



プレミストタワー白金高輪の建設地の空撮

 「プレミストタワー白金高輪」の建設地にズームです。現在、白金高輪駅周辺で建設中のタワーマンションの中では駅まで徒歩1分で最も近い場所に位置しています。ここは地下3階と他のタワーマンションよりも深いです。売主は大和ハウス工業の1社ですが、三井不動産レジデンシャルが販売提携しています。



プレミストタワー白金高輪
建物外観完成予想CG[出典:公式HP]

 「プレミストタワー白金高輪」はこのように非常にスマートな外観でスラット伸びたシルエットとなっています。公式HPの説明によると住戸の80%以上が20階以上とのことですが、20階以下に地権者住宅を多く集めて分譲住戸の80%以上が20階以上ということなんですかね。よくわかりません。



プレミストタワー白金高輪
建物外観完成予想CG[出典:公式HP]

 大阪に行くとこれくらいスマートなタワーマンションはそこそこ見かけますが、東京でこのスマートさはなかなか見かけません。個人的にはスマートなタワーマンションは幅と高さの比率的に高く見えるので好きです。



プレミストタワー白金高輪
建物外観完成予想CG[出典:公式HP]

 高層部の完成予想図です。バルコニーがかなり少ないのは室内の面積を確保するためですかね。東京タワーがキレイに見えるタワーマンションとなるようです。



プレミストタワー白金高輪とザ・パークハウス 高輪タワー

 2020年12月12日に現地で撮影した「プレミストタワー白金高輪」(地上35階、高さ131.10m)の建設地です。背後は「ザ・パークハウス 高輪タワー」(地上26階、最高高さ96.63m)です。



プレミストタワー白金高輪

 ここは2013年7月に建築計画のお知らせが設置され、そのときは地上37階、高さ147.14m、2018年4月に竣工予定となっていました。そのまま着工されることなく計画中止かと思った時期もありましたが、地上35階、高さ131.10mと少し規模を縮小して無事に着工しています。2022年11月上旬の竣工予定です。



プレミストタワー白金高輪

 反対側から撮影。背後は「白金アエルシティ」で左が「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)、右が「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)です。今までの白金高輪駅周辺はこの2棟がランドマーク的存在でしたが、将来の白金高輪はタワーマンション群全体がランドマーク的な存在となりそうです。



プレミストタワー白金高輪 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。公式HPを見ると現在は16戸が先着順となっており、間取りは1LDK〜3LDK、専有面積は44.75屐84.48屐販売価格は8100万円〜1億7660万円となっています。

■物件概要■
名称:プレミストタワー白金高輪
計画名称:(仮称)高輪一丁目共同建替計画
地名地番:東京都港区高輪一丁目107番1(地番)
用途:共同住宅、物販店舗、食堂又は喫茶店、サービス店舗、その他
総戸数:280戸
階数:地上35階、地下3階
高さ:131.10m
敷地面積:2,047.68
建築面積:1,138.78
延べ面積:29,792.95
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合
売主:大和ハウス工業
設計者:西松建設 一級建築士事務所
施工者:西松建設
工期:2019年8月19日着工〜2022年11月上旬竣工予定
入居:2023年1月下旬予定

地上35階「プレミストタワー白金高輪」の建設状況(2020.5.31)

プレミストタワー白金高輪
建物外観完成予想CG[出典:公式HP]

 「白金高輪」駅徒歩1分の位置で建設中のタワーマンション「プレミストタワー白金高輪」(地上35階、高さ131.10m)の完成予想図です。デザインコンセプトは「灯台」でスマートな外観となっています。バルコニーが少なめなのも特徴的です。売主は大和ハウス工業で8月下旬から販売開始予定となっています。



プレミストタワー白金高輪
建物外観完成予想CG[出典:公式HP]

 高層部の完成予想図です。



プレミストタワー白金高輪
建物外観完成予想CG[出典:公式HP]

 低層部は高級感のある質感となっています。3階部分には共用施設が配置されます。



プレミストタワー白金高輪
エントランスラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]

 エントランスラウンジは明るそうですね。夜はどんな感じになるのでしょうね?



プレミストタワー白金高輪
敷地配置CG[出典:公式HP]

 左下(南西角)の「白金高輪」駅の出入り口に一番近い側にメインエントランスが設置されます。徒歩1分表記ですが30秒くらいで行ける距離です。

 近くには「白金高輪」駅直結のタワーマンション「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)がありますが、改札までは地下通路をそこそこ歩くので、改札までの距離で考えると「白金高輪」駅まで一番近いタワーマンションと言えそうです。



プレミストタワー白金高輪

 2019年12月14日にヘリから撮影した「白金高輪」駅方面です。矢印を付けた赤い網掛け部分が「プレミストタワー白金高輪」の建設地です。



プレミストタワー白金高輪

 こちらは2019年11月30日にヘリから撮影した「プレミストタワー白金高輪」の建設地です。写真中央が建設地で斜めに道路が交差している箇所に駅への出入り口があります。広い道路が真っ直ぐ続いていますが、上から左下にかけての道路が桜田通りで、下に真っ直ぐ続く道路は麻布通りとなっています。

 また、道路を渡ったところの建設現場は昨日のブログに載せた「<ザ・パークハウス 高輪タワー」(地上26階、最高高さ96.63m)の建設地です。



プレミストタワー白金高輪

 2020年5月31日に現地から撮影した「プレミストタワー白金高輪」の建設地です。中央に見えているのが「白金タワー」です。



プレミストタワー白金高輪

 ここは2013年に建築計画のお知らせが設置され、当時の計画規模は地上37階、高さ147.14mで2015年6月1日着工、2018年4月30日竣工予定でした。結局は今の規模に少し縮小して2019年8月に着工しています。2013年から撮影に通っていたのでようやくここまで来た感があります。



プレミストタワー白金高輪

 反対側の麻布通り側から撮影。



プレミストタワー白金高輪

 少し移動すると「ザ・パークハウス 高輪タワー」のタワークレーンが見えます。



白金高輪駅周辺の空撮

 最後は白金高輪駅周辺の空撮です。白金高輪駅周辺では現在、以下の3棟のタワーマンションが建設中です。

黄色:白金ザ・スカイ(地上45階、高さ156.10m、2022年12月下旬予定)
青色:プレミストタワー白金高輪(地上35階、高さ131.10m、2022年11月上旬竣工予定)
緑色:ザ・パークハウス 高輪タワー(地上26階、最高高さ96.63m、2021年11月中旬竣工予定)


 それに加えて以下の2箇所で大規模なタワーマンション計画もあります。

赤色:白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業(地上40階、高さ約140m、2025年度竣工予定)
ピンク:三田五丁目西地区市街地再開発(マンションを中心とした施設を検討中)


 他にもこの赤い網掛けのもうちょっと上の見えていない場所では「(仮称)日興パレス建替計画」(地上23階、最高高さ80.14m、2023年9月竣工予定)もあります。全部が完成すると山手線内側に巨大なタワーマンション群が誕生します。



プレミストタワー白金高輪 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プレミストタワー白金高輪
計画名称:(仮称)高輪一丁目共同建替計画
地名地番:東京都港区高輪一丁目107番1(地番)
用途:共同住宅、物販店舗、食堂又は喫茶店、サービス店舗、その他
総戸数:280戸
階数:地上35階、地下3階
高さ:131.10m
敷地面積:2,047.68
建築面積:1,138.78
延べ面積:29,792.95
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合
売主:大和ハウス工業
設計者:西松建設 一級建築士事務所
施工者:西松建設
工期:2019年8月19日着工〜2022年11月上旬竣工予定
入居:2023年1月下旬予定

白金高輪駅徒歩1分!地上35階「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」が2019年8月に着工!

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
完成予想図[出展:R.E.port]

 高輪一丁目で計画されているタワーマンション「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」(地上35階、高さ135.64m)が2019年8月に着工すると大和ハウス工業より発表がありました。

 建設地は東京メトロ南北線、都営三田線「白金高輪」駅から徒歩1分の場所で「パシフィック高輪マンション」と「トーア第2高輪マンション」の共同建替え事業となります。隣接する3敷地を含めた敷地面積2,047.66屬紡个靴瞳築面積は829.44屐延べ面積29,823.698屬巴肋35階、地下3階、総戸数284戸のタワーマンションとなります。

 住宅部の専有面積は29.73屐117.15屐間取りは1R〜4LDKで大和ハウス工業が取得する保留床は分譲マンションとして販売されます。建替え前の戸数は両棟合わせて156戸ですが地権者住宅が何戸になるかの記載はありませんでした。

 建築主は高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合で参加組合員として大和ハウス工業が参画しています。企画・基本設計はHOU一級建築士事務所、設計・監理は西松建設、東京設計コンサルタントJV、施工者は西松建設、2023年1月の竣工、2023年3月の引渡し予定となっています。

※各面積の数値は5月26日に時点の現地建築計画のお知らせの値を優先しています。

▼日経新聞:プレスリリース(大和ハウス工業:2019年7月29日)
大和ハウス、「高輪一丁目共同建替計画施行再建マンション」の工事着工



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 2019年5月26日に撮影した「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」の建設地です。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 こちらは建替えが報道されてすぐの2013年8月11日の建設地です。左が「トーア第2高輪マンション」(地上11階、総戸数93戸、1979年竣工)、右が「パシフィック高輪マンション」(地上11階、総戸数63戸、1970年竣工)です。

 この当時は地上37階、高さ147.14mで2015年6月1日着工、2018年4月30日の竣工予定で計画されていました。それが少し規模縮小となり4年ほど遅れて着工となります。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 仮囲いの中です。約2ヶ月前の撮影なので今はまた違った感じとなっているかと思います。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 桜田通り沿いから撮影。奥に見えているのは「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)と「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)です。また、この撮影場所の背後は三菱地所レジデンスによるタワーマンション「(仮称)港区高輪1丁目計画」(地上26階、最高高さ96.63m)の建設地となっています。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 近くの歩道橋から撮影。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 この少し見えている部分が「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」の建設地となります。

 同日に「白金ザ・スカイ」(地上45階、高さ156.10m)の着工のニュースがありましたが、白金高輪駅周辺では他にも複数のタワーマンションが計画されており、将来的には巨大なタワーマンション群が誕生します。立地的にファミリー向けの大半は億超えとなるかと思いますが普通にどんどん売れてしまうんですかね。周りにそういった物件を購入できる人がいないので別世界といった感じです。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)高輪一丁目共同建替計画
地名地番:東京都港区高輪一丁目107-1,107-11外
用途:共同住宅、店舗
総戸数:280戸
階数:地上35階、地下3階
高さ:135.64m(最高部高さ135.64m)
敷地面積:2,047.66
建築面積:829.44
延べ面積:29,823.698
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合
参加組合員:大和ハウス工業
設計者:西松建設・東急設計コンサルタント設計共同体
施工者:西松建設
工期:2019年2月20日着工〜2022年11月30日竣工予定

地上35階「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」の既存建物解体状況(2019.2.23)

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 白金高輪駅2番出入口のすぐ近くに建設されるタワーマンション「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」(地上35階、高さ135.64m)の建設地です。トーア第2高輪マンション、パシフィック高輪マンションなどの跡地です。

 背後に見えるタワーマンションは「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)、緑色のビルは「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)です。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 目の前の桜田通りを少し白金高輪駅側に行った場所から撮影。この右奥くらいになると思いますがそこには昨日のブログに載せた「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ156.1m)のタワーマンションが建設されます。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 このように既存建物の解体はほぼ終わっているようでした。ただ、撮影時は建築計画の着工予定の2月20日を過ぎていましたが、施工者は未定となっており着工しているのかは不明です。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 反対側から撮影。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 ちょうど3箇所の工事現場が重なっており広大な建設現場のようにも見えます。真ん中は三菱地所レジデンスによるタワーマンションで「(仮称)港区高輪1丁目計画」(地上26階、最高高さ96.63m)が建設中です。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 近くの歩道橋から見た「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」の建設地方面です。建築面積は829.44屬里燭35階建てタワーマンションとしてはスラットした外観となりそうです。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。設計者はHOU一級建築士事務所、施工者は未定となっていますが、東京都環境局のHPでは設計者は西松建設・東急設計コンサルタント設計共同体、施工者は西松建設となっています。

■物件概要■
名称:(仮称)高輪一丁目共同建替計画
地名地番:東京都港区高輪一丁目107-1,107-11外
用途:共同住宅、店舗
総戸数:280戸
階数:地上35階、地下3階
高さ:135.64m(最高部高さ135.64m)
敷地面積:2,047.66
建築面積:829.44
延べ面積:29,823.698
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合
設計者:HOU一級建築士事務所?西松建設・東急設計コンサルタント設計共同体?
施工者:西松建設?
工期:2019年2月20日着工〜2022年11月30日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク