超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画西館

高さ約140m「国際新赤坂ビル」の解体状況!跡地にはTBSによる高さ230mとなる「赤坂二・六丁目地区開発計画」を建設(2022.11.27)


国際新赤坂ビル西館・東館

 赤坂で解体工事中の「国際新赤坂ビル」です。「六本木ヒルズ」から2022年11月27日に撮影しました。左が地上18階、高さ79.95mの西館、右が地上24階、高さ99.75m、最高高さ139.3mの東館で、西館の跡地には地上19階、高さ約110m、東館の跡地には地上41階、高さ約230mの超高層ビルが「(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画」としてTBSと三菱地所によって建設されます。この記事では同再開発の概要や国際新赤坂ビルの解体状況、地図等を載せています。

続きを読む

高さ約100m、約80m「国際新赤坂ビル東館・西館」の解体状況!跡地にはTBSと三菱地所による高さ230m「赤坂二・六丁目地区開発計画」を建設へ(2022.10.21〜22)


国際新赤坂ビル西館・東館

 赤坂駅直結の大規模再開発「(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画」の計画地にある「国際新赤坂ビル西館」(地上18階、高さ79.95m)と「国際新赤坂ビル東館」(地上24階、高さ99.75m、最高高さ139.3m)です。「六本木ヒルズ」から2022年10月22日に撮影しました。現地では2023年10月31日までの工期で解体工事が始まっており、跡地にはTBSと三菱地所による地上41階、高さ約230mと地上19階、高さ約110mの超高層ビルが建設されます。この記事では同再開発の概要や既存ビルの国際新赤坂ビル西館・東館の解体状況、地図等を載せています。

続きを読む

赤坂駅直結!TBSと三菱地所による高さ230mの大規模再開発「赤坂二・六丁目地区開発計画」の既存ビル「国際新赤坂ビル東館・西館」解体状況(2022.8.19)


(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 完成イメージ
外観イメージ[出典:三菱地所]

 赤坂駅直結となるTBSと三菱地所による大規模再開発「(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画」の完成予想図です。左が東館で地上41階、高さ約230m、右が西館で地上19階、高さ約110m、両棟合わせた延床面積は約21万屬之弉茲気譴討い泙后この記事では同再開発の概要や既存ビルの国際新赤坂ビル西館・東館の解体状況、地図等を載せています。

続きを読む

赤坂駅直結!高さ230mの大規模再開発「赤坂二・六丁目地区開発計画」の既存ビル「国際新赤坂ビル東館・西館」の解体工事が7月1日より大林組で着手

(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 完成イメージ
外観イメージ[出典:三菱地所]

 赤坂駅直結の大規模再開発「(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画」の完成予想図です。同再開発は東館と西館に分かれており左側の東館の規模は地上41階、地下4階、高さ約230m、延床面積約17万屐右の西館の規模は地上19階、地下3階、高さ約110m、約4万屬箸覆辰討い泙后事業者は三菱地所とTBSで西館は2027年度竣工、東館は2028年度竣工、供用開始は2028年度予定です。

 上記の規模は事業者のニュースリリースに掲載された規模で、東京都より公開された環境アセスの資料に掲載されている規模は東館が地上44階、塔屋1階、地下4階、高さ約240m、延床面積約17万9000屐∪彰曚地上23階、塔屋1階、地下2階、高さ約120m、延床面積約4万2000屬箸覆辰討い泙后ここではニュースリリースに掲載された規模を正として扱います。



赤坂エンタテインメント・シティ エリアイメージパース
エリアイメージパース[出典:TBSホールディングス]

 昨年5月にTBSホールディングスより「赤坂エンタテインメント・シティ計画」として発表された資料に掲載された完成予想図です。周辺には「TBS放送センター」や「赤坂Bizタワー」などTBSが所有する建物が複数あります。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 建物用途構成イメージ
建物用途構成イメージ[出典:三菱地所]

 東館は低層部に商業施設が入る超高層オフィスビルで、西館は低層部が劇場・ホール、中高層部がホテルとなる複合ビルとなります。両棟とも東京メトロ千代田線「赤坂」駅直結します。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 駅・まち一体空間のイメー
駅・まち一体空間のイメー[出典:三菱地所]

 同再開発では「赤坂」駅から地上まで移動できる連続した駅前空間が整備されます。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 駅・まち一体空間のイメー
駅・まち一体空間のイメー[出典:三菱地所]

 「赤坂」駅の改札を出ると目の前がその駅前空間となります。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 駅・まち一体空間のイメー
駅・まち一体空間のイメー[出典:三菱地所]

 地下まで吹抜けとなっており地上から駅前空間を見下ろすことができるようになります。



赤坂エンタテインメント・シティ 外観イメージ
外観イメージ[出典:TBSホールディングス]

 東棟低層部の外観イメージです。



赤坂エンタテインメント・シティ 外観イメージ
外観イメージ[出典:TBSホールディングス]

 西棟低層部の外観イメージです。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 配置予定図
配置予定図[出典:東京都環境局]

 東館は長細い楕円に近い形で板状に近い超高層オフィスビルとなり、西館は箱型の複合ビルとなります。東館も西館も赤坂通りに面しており、その赤坂通りの地下には東京メトロ千代田線「赤坂」駅があります。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 計画地位置図(詳細)
計画地位置図(詳細)[出典:東京都環境局]

 東館の計画地は「国際新赤坂ビル東館」(地上24階、高さ99.8m、最高高さ約140m)と「赤坂鳳月堂ビル」と「インソムニア赤坂」がある場所で、西館の計画地は「国際新赤坂ビル西館」(地上18階、高さ約77m)がある場所となっています。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 計画地位置図(広域)
計画地位置図(広域)[出典:東京都環境局]

 計画地は東京メトロ千代田線「赤坂」駅直結で、他にも東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅や東京メトロ丸の内線「国会議事堂」駅、東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附」駅、東京メトロ半蔵門線・有楽町線「永田町」駅も少々距離はありますが徒歩圏に位置しています。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 全体工事工程
全体工事工程[出典:東京都環境局]

 解体工事も含む全体の工期は約69カ月間で東館は逆打工法、西館は順打工法が採用されます。



赤坂二・六丁目建物解体工事

 現地には「国際新赤坂ビル東館」(地上24階、高さ99.8m、最高高さ約140m)と「国際新赤坂ビル西館」(地上18階、高さ約77m)の解体工事のお知らせが設置されました。解体工事の発注者は三菱地所、施工者は大林組で解体工期は2022年7月1日〜2023年10月31日となっています。



国際新赤坂ビル東館

 2022年6月4日に撮影した「国際新赤坂ビル東館」(地上24階、高さ99.8m、最高高さ約140m)です。ビルの高さは約100mで鉄塔込みの高さが約140mです。



国際新赤坂ビル東館

 解体後の跡地には「(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 東館」(地上41階、高さ約230m)が建設されます。



国際新赤坂ビル東館

 地下の広場です。



国際新赤坂ビル東館

 再開発後は駅から地上まで移動できるこれよりも深い駅前空間が整備されます。



国際新赤坂ビル東館

 東京では超高層ビルの解体工事が多くなってきましたが、ここではどういった解体工法が採用されるのか注目です。



国際新赤坂ビル東館

 東館の南側の角地には緑地があります。



国際新赤坂ビル東館

 敷地南東側から撮影。



インソムニア赤坂跡地

 手前の仮囲いがある場所は既に解体された「インソムニア赤坂」跡地でここも東館の敷地に含まれます。



国際新赤坂ビル西館

 「国際新赤坂ビル西館」(地上18階、高さ約77m)です。



国際新赤坂ビル西館

 解体後の跡地には「(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 西館(地上19階、高さ約110m)が建設されます。



国際新赤坂ビル西館

 こちらも地下の広場があります。



国際新赤坂ビル西館

 実際に現地に行ってみると高さ約230mと110mの超高層ビルが建設されるような広さには見えませんが、東館側はビル本体以外のスペースが広いのでそう見えるのかもしれません。

■物件概要(東館)■
名称:(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 東館
所在地:東京都港区赤坂2丁目14番の一部
交通:東京メトロ千代田線「赤坂」駅直結
用途:業務、商業、駐車場等
階数:地上44階、塔屋1階、地下4階
高さ:約240m
構造:鉄骨造(地下:鉄筋鉄骨造、鉄筋コンクリート造)
敷地面積:約8,800
建築面積:約5,500
延床面積:約179,000
事業主:三菱地所、TBSホールディングス
工期:2022年7月1日解体着工〜2028年度竣工予定(※解体を含む)
供用開始:2028年度予定

■物件概要(西館)■
名称:(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 西館
所在地:東京都港区赤坂6丁目1番の一部
交通:東京メトロ千代田線「赤坂」駅直結
用途:ホテル、劇場、ホール、駐車場等
階数:地上23階、塔屋1階、地下2階
高さ:約120m
構造:鉄骨造(地下:鉄筋鉄骨造、鉄筋コンクリート造)
敷地面積:約5,400
建築面積:約4,300
延床面積:約42,000
事業主:三菱地所、TBSホールディングス
工期:2022年7月1日解体着工〜2027年度竣工予定(※解体を含む)
供用開始:2028年度予定

TBSと三菱地所による赤坂駅直結の大規模再開発「赤坂二・六丁目地区開発計画」の事後調査計画書の縦覧開始!高さ約240mと120mの超高層ビルを計画

(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 外観イメージ
外観イメージ[出典:東京都環境局]

 TBSと三菱地所による赤坂駅直結の大規模再開発「(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画」の事後調査計画書の縦覧が開始されました。事後調査計画書は建設工事(完成後も含む)による環境変化の調査事項・調査手法を記載した資料のため計画に変更があったわけではありませんが、建設に向けて着々と進んでいるため改めて計画概要を載せておきます。

 同再開発は東館と西館に分かれており図の左側の東館は地上44階、塔屋1階、地下4階、高さ約240m、延床面積約17万9000峙模、右の西館は地上23階、塔屋1階、地下2階、高さ約120m、延床面積約4万2000峙模で計画されています。ただ、昨年11月の国家戦略特別区域計画認定時のニュースリリースでは、東館が地上41階、地下4階、高さ約230m、延床面積約17万屐∪彰曚地上19階、地下3階、高さ約110m、約4万屬箸覆辰討い泙靴拭

 解体工事も含む工期は約69ヵ月間で2022年度に着工し、西館は2027年度、東館は2028年度竣工予定で、供用開始は両棟とも2028年度予定となっています。

▼東京都環境局:環境アセスメント(2022年4月26日)
「(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画」事後調査計画書



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 完成イメージ
外観イメージ[出典:三菱地所]

 国家戦略特別区域計画認定時のニュースリリースに掲載された完成予想図です。東館は六本木ヒルズを彷彿とさせるデザインとなっています。



赤坂エンタテインメント・シティ エリアイメージパース
エリアイメージパース[出典:TBSホールディングス]

 昨年の5月にTBSホールディングスより赤坂エンタテインメント・シティ計画として発表されたときの完成予想図です。周辺には「TBS放送センター」や「赤坂Bizタワー」などTBSが所有する建物が複数あり、巷ではテレビ放送は副業で本業が不動産屋とも言われたりしています。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 建物用途構成イメージ
建物用途構成イメージ[出典:三菱地所]

 東館は低層部が商業施設となる超高層オフィスビル、西館は低層部が劇場・ホール、中高層部がホテルとなる複合ビルで計画されています。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 駅・まち一体空間のイメー
駅・まち一体空間のイメー[出典:三菱地所]

 同再開発は東京メトロ千代田線の「赤坂」駅前という立地を活かして、駅から連続した空間で地上まで移動できるように駅前空間の整備が行われます。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 駅・まち一体空間のイメー
駅・まち一体空間のイメー[出典:三菱地所]

 赤坂駅改札を出た目の前が同再開発による駅前空間となります。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 駅・まち一体空間のイメー
駅・まち一体空間のイメー[出典:三菱地所]

 地下まで吹抜けとなっており地上から駅前空間を見下ろすことができるようになります。



赤坂エンタテインメント・シティ 外観イメージ
外観イメージ[出典:TBSホールディングス]

 高さ約240mとなる東棟低層部の外観イメージです。



赤坂エンタテインメント・シティ 外観イメージ
外観イメージ[出典:TBSホールディングス]

 高さ約120mとなる西棟低層部の外観イメージです。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 東館断面予定図(東西)
東館断面予定図(東西)[出典:東京都環境局]

 東館の断面図です。低層部は商業施設等、中高層部はオフィスフロアとなります。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 東館断面予定図(南北)
東館断面予定図(南北)[出典:東京都環境局]

 駅直結と言いながら地下通路を何分も歩く施設もありますが、ここは赤坂駅の真横のため本当の駅直結となります。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 西館断面予定図
西館断面予定図[出典:東京都環境局]

 西館の断面図です。低層部にホールと劇場、中高層部にホテルが配置されます。こちらも赤坂駅直結となります。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 配置予定図
配置予定図[出典:東京都環境局]

 東館は南北に長細い楕円に近い形でとなっており板状に近い超高層オフィスビルとなります。東館も西館も赤坂通りに面しており、その赤坂通りの地下にある東京メトロ千代田線「赤坂」駅と直結となります。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 計画地位置図(詳細)
計画地位置図(詳細)[出典:東京都環境局]

 東館の計画地は「国際新赤坂ビル東館」(地上24階、高さ99.8m、最高高さ約140m)と「赤坂鳳月堂ビル」と「インソムニア赤坂」がある場所で、西館の計画地は「国際新赤坂ビル西館」(地上18階、高さ約77m)のある場所となっています。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 計画地位置図(広域)
計画地位置図(広域)[出典:東京都環境局]

 計画地は東京メトロ千代田線「赤坂」駅直結となりますが、他にも東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅や東京メトロ丸の内線「国会議事堂」駅、東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附」駅、東京メトロ半蔵門線・有楽町線「永田町」駅も徒歩圏に位置しています。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 全体工事工程
全体工事工程[出典:東京都環境局]

 解体工事も含む全体の工期は約69カ月間で、2022年度から両棟とも準備工事に着手し既存ビルを解体、西館は2027年度、東館は2028年度竣工予定で、供用開始は両棟とも2028年度予定となっています。東館は逆打工法、西館は順打工法が採用されます。



(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画

 2020年12月18日にヘリから撮影した赤坂方面で、中央の赤い網掛けをしたビルが既存ビルの「国際新赤坂ビル東館」(地上24階、高さ99.8m、最高部高さ約140m)と「国際新赤坂ビル西館」(地上18階、高さ約77m)です。



国際新赤坂ビル東館・西館

 六本木ヒルズから見た「国際新赤坂ビル東館」と「国際新赤坂ビル西館」です。東館のビル本体の高さは99.8mで鉄塔を含めた高さが約140mとなります。



国際新赤坂ビル東館

 現地から見た「国際新赤坂ビル東館」(地上24階、高さ99.8m、最高高さ約140m)です。



インソムニア赤坂

 東館の計画地にあったホテル「インソムニア赤坂」は解体され既に姿を消しています。



国際新赤坂ビル西館

 「国際新赤坂ビル西館」(地上18階、高さ約77m)です。準大手ゼネコンの安藤ハザマの本社も入るビルですが2022年5月に「東京汐留ビルディング」に移転しGW明けから営業開始することが発表されています。解体に向けて着々と退去が進んでいるようです。

■物件概要(東館)■
名称:(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 東館
所在地:東京都港区赤坂2丁目14番の一部
交通:東京メトロ千代田線「赤坂」駅直結
用途:業務、商業、駐車場等
階数:地上44階、塔屋1階、地下4階
高さ:約240m
構造:鉄骨造(地下:鉄筋鉄骨造、鉄筋コンクリート造)
敷地面積:約8,800
建築面積:約5,500
延床面積:約179,000
事業主:三菱地所、TBSホールディングス
工期:2022年度着工〜2028年度竣工予定(※解体を含む)
供用開始:2028年度予定

■物件概要(西館)■
名称:(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画 西館
所在地:東京都港区赤坂6丁目1番の一部
交通:東京メトロ千代田線「赤坂」駅直結
用途:ホテル、劇場、ホール、駐車場等
階数:地上23階、塔屋1階、地下2階
高さ:約120m
構造:鉄骨造(地下:鉄筋鉄骨造、鉄筋コンクリート造)
敷地面積:約5,400
建築面積:約4,300
延床面積:約42,000
事業主:三菱地所、TBSホールディングス
工期:2022年度着工〜2027年度竣工予定(※解体を含む)
供用開始:2028年度予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク