超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業

地上63階、62階ツインタワマン「西新宿三丁目西地区」の本組合設立の申請へ!合計約3200戸で2034年度竣工予定

西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想イメージ[出典:野村不動産]

 西新宿で計画されている「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」について久しぶりに続報が出ました。日刊建設工業新聞によると西新宿三丁目西地区市街地再開発準備組合が、東京都へ組合設立の申請を6月中に行えるように新宿とも調整していくとのことです。申請手続きが順調に進むと9月頃に本組合設立となる見込みで、組合設立後は権利変換計画の認可を経て2024年度にも既存建物の解体工事に着手し、34年度頃の竣工を目指します。

 同再開発はA-1、A-2、A-3街区に分かれており、A-1街区には北棟として地上63階、地下4階、延べ約18万3800屐南棟として地上62階、地下4階、延べ約19万5000屬離張ぅ鵐織錙璽泪鵐轡腑(合計で約3200戸)が建設されます。A-2街区には地上9階、地下1階、延べ3400屐A-3街区には地上9階、延べ1400屬僚斬陝店舗、生活支援施設が入る小規模なビルが建設されます。

 西新宿三丁目西地区市街地再開発準備組合には事業協力者として野村不動産、東京建物、住友商事、首都圏不燃建築公社、前田建設の5社が参画、事業コンサルタントは佐藤不動産鑑定コンサルティング、上野計画事務所、梓設計、環境管理センターが務め、梓設計は施設の基本設計も手掛けています。

▼日刊建設工業新聞(2022年5月13日)
西新宿三丁目西地区再開発(東京都新宿区)/組合設立手続き着手、6月中に都へ申請

▼野村不動産:ニュースリリース(2019年3月18日)
『西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業』都市計画決定のお知らせ(野村不動産 他)

▼新宿区景観まちづくり審議会(2018年7月31日)
第65回新宿区景観まちづくり審議会 [報告2]資料



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想イメージ[出典:野村不動産]

 計画地は「東京オペラシティタワー」(地上54階、最高高さ234.371m)と「新宿パークタワー」(地上52階、高さ235m)の間で、都市計画決定時は地上65階、高さ約235mのツインタワーマンションで計画されていました。今回の記事では地上63階と62階に数フロア減っているので高さにも変更があるのかもしれません。また、今回掲載している図は数年前に公開されたもののため現在は異なる可能性もあります。

 2000年に発表されたときの計画では地上77階、高さ338mの超高層ビルなどを建設する壮大な計画でした。随分と規模縮小となりましたが現在の計画規模でようやくプロジェクトが本格化することになりそうです。また、2024年度に解体工事着手から2034年度の竣工予定まで約10年間ありますが、この工期の長さから推測すると北棟と南棟を段階的に建設する可能性もありそうです。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
計画図(立面図)[出典:新宿区]

 約4年前の資料になりますが立面図です。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
計画図(断面図)[出典:新宿区]

 低層部には店舗なども入ります。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:野村不動産]

 この位置図が公開されたときの区域面積は約4.8haでしたが今回の日刊建設工業新聞の記事では区域面積は約4.6haと減っていました。そのためどこか対象区域から削られている可能性もあります。

 最寄駅は京王新線「初台」駅で敷地南東側は甲州街道に面しています。また、地区計画区域の南西側は山手通りです。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業 開発事業予定区域 敷地配置図
開発事業予定区域 敷地配置図[出典:野村不動産]

 A-1街区には巨大なツインタワーや広場が整備され、A-2街区、A-3街区は十二社通りに面した小さな街区となります。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
大屋根の完成イメージ[出典:野村不動産]

 広場の完成イメージです。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
広場の完成イメージ[出典:野村不動産]

 地上から見た広場の完成イメージです。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
水道道路の拡幅イメージ[出典:野村不動産]

 敷地北西側の水道道路は拡幅する計画となっています。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
歩行者デッキの完成イメージ[出典:野村不動産]

 北棟と南棟の間には大規模な歩行者デッキが整備され、隣の「NTT東日本 新宿本社ビル」(地上30階、最高高さ127m)のデッキに繋がり、そこからオペラシティ経由で京王新線「初台」駅まで行けるようになります。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業

 2020年12月18日にヘリから撮影した「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。赤い網掛けをしました。

 計画地の左側は「東京オペラシティタワー」(地上54階、最高高さ234.371m)で右側は「新宿パークタワー」(地上52階、高さ235m)です。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業

 2022年3月13日に甲州街道から撮影した「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」の計画地方面です。目の前は首都高の高架です。茶色のマンションから左が計画地です。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業

 十二社通りから撮影。三角形に塗られた黄色のビルまでが計画地です。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業

 敷地北西側を通る角筈和泉町線から撮影。玉川上水新水路の跡を埋め立ててつくられたため水道道路と呼ばれています。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業

 「東京都交通局 新宿支所」の手前までが計画地となっています。

■物件概要(A-1街区)■
仮称:西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目8〜19番
用途:住宅、店舗、事務所、生活支援施設、駐車場、保育所等
総戸数:合計約3200戸
階数:北棟 地上63階、地下4階、南棟 地上62階、地下4階
高さ:235m?
構造:RC一部S造
敷地面積:約29,800
建築面積:北棟 約9,100屐南棟 約10,800
延床面積:北棟 約183,800屐南棟 約195,000
建築主:西新宿三丁目西地区市街地再開発準備組合
事業協力者:野村不動産、東京建物、住友商事、首都圏不燃建築公社、前田建設工業
工期:2024年度解体工事着手〜2034年度竣工予定

地上65階、高さ235mツインタワマン!西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業が都市計画決定!

新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想イメージ[出展:野村不動産]

 2019年3月15日に「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」が都市計画決定のお知らせが野村不動産、住友商事、東京建物、一般財団法人首都圏不燃建築公社、前田建設工業より発表がありました。

 「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」は「東京オペラシティタワー」(地上54階、最高高さ234.371m)と「新宿パークタワー」(地上52階、高さ235m)の間が計画地で、地上65階、高さ235mの全体で約3200戸となる分譲のツインタワーマンションとなります。これは勝どきの巨大マンション「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)の総戸数2794戸を抜いて日本最大のツインタワーです。また、タワーマンションとしての高さは昨日のブログに載せた「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」に抜かれますが、階数については今のところ日本最高階数のタワーマンションとなります。

 2000年に発表された当初の計画では地上77階、高さ338mの超高層ビルなど壮大な計画でしたが、これでもかなり規模を縮小してようやく建設に向けて動き出しそうです。今後のスケジュールは2020年度に本組合設立認可、2021年度に権利変換計画認可、2022年度に着工(解体工事を含む)、2029年度に竣工予定となっています。順調に進んでも完成するのは約10年度です。

▼野村不動産:ニュースリリース(2019年3月18日)
『西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業』都市計画決定のお知らせ(野村不動産 他)


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
遠景イメージ図[出展:新宿区]

 建設地はこのように新宿の超高層ビル群の端で初台との間の超高層空白地帯を埋める形となります。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
遠景シミュレーションイメージ図[出展:新宿区]

 第65階新宿区景観まちづくり審議会で公開された資料にはこういった遠景シミュレーション図も掲載されています。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想イメージ[出展:野村不動産]

 それにしても65階建ての巨大ツインタワーはかなりの迫力となりそうですね。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
計画図(立面図)[出展:新宿区]

 立面図を見ると塔屋を含めた高さが235mとなるようです。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
計画図(断面図)[出展:新宿区]

 このように低層部には店舗フロアも設置されますがほとんどが住宅フロアとなります。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
開発事業予定区域 敷地配置図[出展:野村不動産]

 区域面積は約4.8haというかなりの広さとなります。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
位置図[出展:野村不動産]

 このようにA-1街区〜A-3街区までありツインタワーはA-1街区に建設されます。A-1街区には広場も整備されます。



新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
大屋根の完成イメージ[出展:野村不動産]

 その広場の完成イメージです。一部には大きな屋根もある広場が整備されます。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
広場の完成イメージ[出展:野村不動産]

 その広場から見た完成イメージです。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
水道道路の拡幅イメージ[出展:野村不動産]

 敷地北西側の水道道路は拡幅されます。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
歩行者デッキの完成イメージ[出展:野村不動産]

 A-1街区の北棟と南棟の間に整備される歩行者デッキの完成イメージです。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
 2019年1月27日にセスナから撮影した「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。超高層ビルを撮り始めた頃から再開発の話があった場所なので、着工するまではどうなるかわからないと思っています(^^;)

新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
 もう少し広角で撮影した「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」方面です。最寄り駅は右下のオペラシティの地下にある「初台」駅となります。他にも「都庁前」駅も徒歩圏です。写真上部あたりにある「新宿」駅も徒歩圏ですが1キロちょっとあるようなのでそれなりに時間がかかります。

■物件概要(A-1街区)■
仮称:西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目8〜19番
用途:住宅、店舗、事務所、生活支援施設、駐車場、保育所等
総戸数:北棟 約1650戸、南棟 約1550戸
階数:地上65階、地下2階
高さ:235m
構造:RC一部S造
敷地面積:約29,800
建築面積:北棟 約9,100屐南棟 約10,800
延床面積:北棟 約181,600屐南棟 約203,100
建築主:西新宿三丁目西地区市街地再開発準備組合
参加組合員:野村不動産、東京建物、住友商事、首都圏不燃建築公社
事業協力者:前田建設工業
工期:2022年度着工、2029年度竣工予定

高さ235mツインタワマン「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」の環境影響評価書案の縦覧開始

(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 西新宿三丁目西地区市街地再開発準備組合は西新宿三丁目西地区で計画されている地上65階、高さ235mツインタワーマンション「(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」に係る環境影響評価書案(環境アセス)を提出し、2018年8月27日から9月25日まで期間で縦覧が開始されました。そして日刊建設工業新聞や建設通信新聞にそれ関する記事も掲載されました。

▼日刊建設工業新聞(2018年8月28日)
西新宿三丁目西地区再開発(東京都新宿区)/都がアセス書案縦覧開始/準備組合

▼建設通信新聞(2018年8月28日)
準備組合がアセス書案/延べ39万屐工期76ヵ月/西新宿三丁目西再開発


(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:建設通信新聞]

 記事によると敷地面積約2万9800屬帽眩愿2棟、別棟2棟の計4棟を建設。規模は南棟が地上65階、地下2階、高さ235m、延べ約20万3100屐∨姪錣地上65階、地下2階、高さ235m、延べ約18万1600屐∧姪1が地上10階、地下1階、延べ約3700屐∧姪2が地上9階、延べ1500屬箸覆辰討い泙后

 高層棟は同じ高さ、同じ階数のツインタワーとしては日本最高層となります。そのためタワーマンションとしての規模も大きく全体で約3200戸という規模となります。


(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:内閣府]

 高層棟の主な用途は共同住宅ですが低層部は商業施設となります。南棟は業務延べ約4800屐⊂Χ髪笋挂1万4700屐共同住宅が延べ約15万3000屬婆1550戸、北棟は商業延べ約9000屐共同住宅が延べ約15万7000屐¬1650戸となっています。


(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 今後の予定として2018年度の都市計画決定、2019年度の組合設立を目指し、準備・解体工事も含めた工期の計画は2021年度から2027年度で、2028年度の施設全体の供用開始となっています。参加組合員として野村不動産、東京建物、住友商事、首都圏不燃建築公社が参画、事業協力者は前田建設工業となっています。


(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
 以前載せた空撮と同じですが「(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。当初の計画では地上77階、高さ338mの超高層ビル、地上62階、高さ255mのツインタワーのタワーマンションなどが計画されていましたが、計画が白紙となり今の高さ235mツインタワマンとなってようやく動き出しています。

(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:新宿区]

 新宿のHPに掲載された都市計画案の説明会会場を示す位置図に正確な区域が掲載されていました。赤い枠が地区計画区域(約4万8000屐法⇔个力箸第一種市街地再開発事業区域(約2万9800屐法∪弔ぬ隶が都市計画道路(幅員変更区間)となっています。

 隣には東京オペラシティ、地区計画区域内にはNTT東日本がありますが、それらに接続する歩行者デッキも整備されます。

■物件概要■
仮称:(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目の一部
用途:住宅、商業、業務、駐車場、保育所等
総戸数:北棟 約1650戸、南棟 約1550戸
階数:地上65階、地下2階
高さ:235m
構造:RC一部S造
敷地面積:約2万9800
延床面積:北棟 約18万1600屐南棟 約20万3100
建築主:西新宿三丁目西地区市街地再開発準備組合
参加組合員:野村不動産、東京建物、住友商事、首都圏不燃建築公社
事業協力者:前田建設工業
工期:2021年度着工、2027年度竣工予定
供用開始:2028年度予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク