超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業B街区

渋谷駅直結の大規模再開発「渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設状況!地上39階、高さ約180mオフィスと地上29階、高さ133mタワマン(2023.1.11)


(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 渋谷で建設中の複合施設「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」です。2023年1月11日に「恵比寿ガーデンプレイスタワー」から撮影しました。中央が地上39階、高さ179.97mのA1棟で低層部に商業施設が入るオフィスビルとなり、その左が地上29階、高さ133mのB棟で下半分がオフィスとサービスアパートメント、上半分が分譲マンションとなります。この記事では同再開発の概要や建設状況、地図等を載せています。

続きを読む

地上29階、高さ133mタワーマンション「渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区」の建設状況!渋谷駅までデッキ経由で接続(2022.12.3)


(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B棟

 渋谷で建設中のタワーマンション「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B棟」(地上29階、高さ133m)です。2022年12月3日に撮影しました。下半分がオフィスとサービスアパートメント、上半分が分譲マンションとなります。この記事では同物件の概要や建設状況、地図等を載せています。

続きを読む

渋谷駅直結の大規模再開発「渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」が上棟!地上39階、高さ180mオフィスビルと地上29階、高さ133mタワマンの建設状況(2022.9.27)


(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 渋谷で建設中の「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」です。手前の大きな超高層ビルが地上39階、高さ179.97mのA1棟、左奥が地上29階、高さ133mのB棟で、東急不動産より2022年9月23日に上棟したことが発表されました。この写真は上棟後の2022年9月27日に「渋谷スカイ」からの撮影です。この記事では同再開発の概要や建設状況、地図等を載せています。

続きを読む

地上29階、高さ133m「渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区」の建設状況!A街区経由で渋谷駅に接続するタワマンです(2022.8.31)


(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 渋谷で建設中の「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区」(地上29階、高さ133m)です。2022年8月31日に撮影しました。オフィス、分譲マンション、サービスアパートメントで構成される複合施設となります。この記事では同物件の概要や建設状況、地図等を載せています。

続きを読む

地上29階、高さ133m「渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区」の建設状況!デッキ経由で渋谷駅に接続します(2022.6.29)

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 渋谷駅にデッキで接続されるタワーマンション「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区」です。「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.71m)の展望台「渋谷スカイ」から2022年5月8日に撮影しました。

 規模は地上29階、地下2階、高さ133.00m、敷地面積8,479屐建築面積5,800屐延床面積6万9200屐建築主は渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合(参加組合員:東急不動産)、設計者と施工者は戸田建設で2023年11月30日の竣工予定となっています。建築基準法上では地上29階、地下2階となりますが建設地は傾斜地のため運用上の階数は地上30階、地下1階となります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 撮影時は29階部分が建設中でした。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 地上から撮影。オフィス、分譲マンション、サービスアパートメントで構成される複合施設となります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」内を通る仮設通路から撮影。下半分は鉄骨が壁から出ていますが、こちら側にはオフィスフロアが建設されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 坂の下から撮っているので数値以上の高さに見えます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 B街区東側低層部です。左側にある階段からA街区、渋谷駅まで行けるようになるものと思われます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 西側から撮影。左下の建物はC街区の「中渋谷教会」です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 手前や左のプレハブ事務所がある場所には広場が整備されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 南西側から撮影。建設地の周囲は細い路地ばかりですが、反対の北側には広めの道路が整備されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 西側の路地から撮影。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 坂を下りた北西側から撮影。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 この緑のネットがあるビルもB街区に含まれます。前回ここに来たときにはネットがなくガラス張りの階段スペースも見ることができました。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 「渋谷ストリーム」側から見たその階段部分です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 JR「渋谷」駅西口の「渋谷フクラス」に接続するデッキから撮影。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 完成予想図
完成予想図[出典:CBRE]

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」全体の完成予想図です。左の超高層ビルが今朝のブログに載せたA街区で右側がB街区です。

 正確なフロア構成を見たことがありませんが、B街区下半分の左側がオフィスフロア、右側がサービスアパートメント、そして高層部が分譲マンションになるものと思われます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 配置図
配置図[出典:東急不動産]

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の配置図です。B街区とA街区は2ヵ所のデッキで接続されそのまま渋谷駅まで行くことができるようになります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 2階デッキ
2階デッキ[出典:CBRE]

 A街区とB街区を結ぶ小さい方のデッキです。ここでは薄い小規模なビルに繋がります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 (仮称)音符坂沿道
(仮称)音符坂沿道[出典:CBRE]

 そのデッキからB街区の超高層棟へ向かう「(仮称)音符坂」沿道です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 (仮称)MIDORIはぐくみ広場への通路
(仮称)MIDORIはぐくみ広場への通路[出典:CBRE]

 B街区のビル内です。通路の先に桜が見えている場所が配置図で「(仮称)丘の上広場」となっていた「(仮称)MIDORIはぐくみ広場」です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 (仮称)MIDORIはぐくみ広場
(仮称)MIDORIはぐくみ広場[出典:CBRE]

 その「(仮称)MIDORIはぐくみ広場」です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 住宅エントランス前
住宅エントランス前[出典:CBRE]

 住宅エントランスです。渋谷駅とは反対の恵比寿側に配置される住宅エントランスです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区 建築計画のお知らせ

 B街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(B街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町124番
用途:住宅、事務所、店舗、サービスアパートメント、駐車場 等
総戸数:155戸(分譲)
階数:地上29階、地下2階
高さ:133.00m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎(一部杭基礎)
敷地面積:8,479
建築面積:5,800
延床面積:69,200
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
参加組合員:東急不動産
設計者:戸田建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(B街区:戸田建設)
工期:2020年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定

渋谷の地上30階、高さ133mタワマン「渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区」の建設状況(2022.5.8)

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 渋谷駅前の大規模再開発「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設地です。「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.71m)の展望台「渋谷スカイ」から2022年5月8日に撮影しました。

 手前の建設中の巨大なビルが5月12日のブログに載せた地上39階、高さ179.97m、延床面積18万4718.55屬A街区で、その左後ろで建設中のビルが地上29階、高さ133m、延床面積6万9154.42屬B街区です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 B街区の規模は地上29階、地下2階、高さ133.00m、敷地面積8,479屐建築面積5,800屐延床面積6万9200屬如▲フィス、分譲マンション、サービスアパートメントで構成される複合施設となります。建築基準法上では地上29階、地下2階となりますが傾斜地が建設地のため運用上では地上30階、地下1階となります。

 建築主は渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合で参加組合員として東急不動産が参画、設計者と施工者は戸田建設で2023年11月30日竣工予定となっています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 壁面の階数表記は運用上の階数となっており、撮影時には22階部分の建設が始まったところでした。また、こちら側に鉄骨が出ている部分にはオフィスフロアが建設されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 高層部にズームです。建築物環境計画書制度によると住宅部の戸数は155戸で分譲となっており、その他にもサービスアパートメント部もあります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 B街区の東側です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 傾斜地沿いの道に沿って低層の構造物ができていました。完成予想図を見るとこの上に住宅エントランスができそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 同じ場所から見上げたB街区です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 少し離れた南東側から見たB街区です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 近くから撮影。手前はC街区の「中渋谷教会」です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 南側から撮影。この手前には広場が整備されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 南西側から撮影。建設地の周囲は細い路地ばかりですが北側には同再開発で整備される広めの道路が整備されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 北東側から撮影。こちら側にはオフィスフロアが建設されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 低層部です。少なくても右端の鉄筋が見えている場所までは建物本体が建設されそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 B街区の音楽坂沿道には板状の建物が建設されています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 こちら側はガラス張りの階段スペースとなっています。ここからは見えませんが奥の方にも建物は続いています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 「渋谷ストリーム」側から見たその建物部分と超高層棟です。手前のタワークレーンはA街区のA2棟でこれからビル本体が建設されるためこの隙間はなくなります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 完成予想図
完成予想図[出典:CBRE]

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」全体の完成予想図です。左の超高層ビルがA街区で右側がB街区です。また、A街区の手前に見える板状の小さな建物もB街区です。

 B街区のデザインが左右で異なっている下半分の左がオフィスフロアで、その右側とセットバックした高層部が住宅部となります。正確なフロア構成はわかりませんが下半分の右側がサービスアパートメントで、高層部が分譲マンション部かと思います。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 配置図
配置図[出典:東急不動産]

 B街区は渋谷駅からは遠い側となりますがA街区とはデッキで接続されそのまま渋谷駅にも繋がります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 2階デッキ
2階デッキ[出典:CBRE]

 A街区とB街区を結ぶ2階デッキです。先ほどの階段が見えていたビルに繋がります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 (仮称)音符坂沿道
(仮称)音符坂沿道[出典:CBRE]

 2階デッキからB街区の超高層棟へ向かう「(仮称)音符坂」沿道です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 (仮称)MIDORIはぐくみ広場への通路
(仮称)MIDORIはぐくみ広場への通路[出典:CBRE]

 配置図では「(仮称)丘の上広場」となっていた「(仮称)MIDORIはぐくみ広場」へ繋がる通路です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 (仮称)MIDORIはぐくみ広場
(仮称)MIDORIはぐくみ広場[出典:CBRE]

 通路を抜けた先の「(仮称)MIDORIはぐくみ広場」です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 住宅エントランス前
住宅エントランス前[出典:CBRE]

 住宅エントランスです。全体の完成予想図にはこういった場所は見当たらないので渋谷駅とは反対の恵比寿側に配置されるものと思われます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区 建築計画のお知らせ

 B街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(B街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町124番
用途:住宅、事務所、店舗、サービスアパートメント、駐車場 等
総戸数:155戸(分譲)
階数:地上29階、地下2階
高さ:133.00m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎(一部杭基礎)
敷地面積:8,479
建築面積:5,800
延床面積:69,200
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
参加組合員:東急不動産
設計者:戸田建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(B街区:戸田建設)
工期:2020年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定

渋谷駅前の大規模再開発「渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設状況!東急不動産による高さ180mオフィスと高さ133mタワマンです(2022.1.25)

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業とは?

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 渋谷駅前の大規模再開発「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設地です。渋谷スカイから2022年1月25日に撮影しました。手間がA街区で地上39階、高さ179.97mのオフィスビルとなり、その左上がB街区で地上29階、高さ133.00mのオフィスと住宅で構成される複合ビルとなります。



渋谷の超高層ビル群

 こちらは2022年1月18日に恵比寿ガーデンプレイスタワーから見た渋谷の超高層ビル群です。この中で中央のタワークレーンが見えている場所が「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設地です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 建設地にズームです。タワークレーンのマストがオレンジ色の方がB街区で、背後の銀色のマストの方がA街区です。A街区は鹿島建設でB街区は戸田建設の施工です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東急不動産]

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の完成予想図です。左がA街区(地上39階、高さ179.97m)で右がB街区(地上29階、高さ133.00m)です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 配置図
配置計画図[出典:東急不動産]

 A街区は渋谷駅に隣接した街区で、B街区はそこから少しだけ中に入った場所となっています。両街区は2ヵ所で接続され、駅から遠い側は広場と直結する大規模なデッキとなります。C街区は既に建設が終わっている「中渋谷教会」です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
アーバン・コアイメージ[出典:東急不動産]

 西側から見た商業施設となるA街区の低層部です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
補助線街路第18号線上空横断橋イメージ[出典:東急不動産]

 A街区とB街区を結ぶデッキから見たB街区の低層部です。この辺りは小規模な建物が多くゴチャゴチャした場所でしたが大きく生まれ変わります。




(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区の建設状況

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 渋谷スカイから見た「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区」(地上39階、高さ179.97m)の建設地です。三角形のビルとなります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 「渋谷フクラス」前のデッキから撮影。手前の高架は首都高渋谷線です。右奥に見えているのがB街区です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 背後の「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)とほぼ同じ高さの超高層ビルとなります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 低層部に商業施設が入る東急不動産によるオフィスビルとなります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 近くから見上げると複雑な鉄骨の組み方をしているのがわかります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 目の前の坂を少し登ったところから撮影。背後が展望台の「渋谷スカイ」がある「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.71m)です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 恵比寿方面にある跨線橋から見た「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区」です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区 建築計画

 A街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(A街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町2-5,2-17,101-1,102-1 他
用途:事務所、店舗、駐車場 等
階数:地上39階、地下4階
高さ:179.97m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、杭基礎
敷地面積:8,073
建築面積:7,900
延床面積:184,800
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
参加組合員:東急不動産
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(A街区:鹿島建設)
工期:2019年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定




(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区の建設状況

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 渋谷スカイから見た「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区」(地上29階、高さ133.00m)の建設地です。下半分がオフィスビル、上半分が住宅となる複合ビルとなります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 目の前から撮影。鉄骨が飛び出しているので後々こちら側にもビル本体が建設されるものと思われます。完成予想図を見るとオフィスフロアのデザインが左右で大きく変わりますが、その境目部分になる場所かと思われます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 B街区の前には路地しかないため撮影場所に困る建設現場です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 低層部では外壁の取り付けも始まっていました。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 「(仮称)丘の上広場」が整備される側から撮影。広場となる場所にはプレハブ事務所が設置されています。また、右側の見切れている建物が「中渋谷教会」です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 渋谷スカイから見たB街区の細長いビルです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 どのような用途のビルになるのかの情報はありません。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区 建築計画

 B街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(B街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町124番
用途:住宅、事務所、店舗、サービスアパートメント、駐車場 等
総戸数:155戸(分譲)
階数:地上29階、地下2階
高さ:133.00m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎(一部杭基礎)
敷地面積:8,479
建築面積:5,800
延床面積:69,200
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
参加組合員:東急不動産
設計者:戸田建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(B街区:戸田建設)
工期:2020年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定

高さ約180mオフィス、高さ133mタワマン「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設状況(2021.11.20)

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 渋谷駅前の大規模再開発「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設地です。「渋谷スカイ」から11月20日に撮影しました。L字型に鉄骨が組まれているのが「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区」(地上39階、高さ179.97m)で、左上の建設中の建物が「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区」(地上29階、高さ133.00m)です。両棟の間の横長の建物もB街区の一部です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区」にズームです。低層部に商業施設が入るオフィスビルとなります。建築主は渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合で参加組合員として東急不動産が参画、設計者と施工者は鹿島建設で2023年11月30日の竣工予定です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 A街区と「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)を繋ぐデッキの工事も行われています。ちなみにA街区と渋谷ストリームはほぼ同じ高さになります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区」にズームです。下半分が事務所で上半分が住宅となる複合施設となります。建築主は渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合で参加組合員として東急不動産が参画、B街区の設計者と施工者は戸田建設で2023年11月30日の竣工予定です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 こちらの板状のビルもB街区の一部ですが詳細は不明です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 「渋谷ストリーム」から見たデッキとA街区です。渋谷駅の上空を通るデッキとなります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 「渋谷ストリーム」からはB街区も見ることができます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 「渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)」(地上19階、高さ103.31m)と渋谷駅を繋ぐペデストリアンデッキから撮影。横幅が結構あるので上棟する頃にはかなりの存在感となりそうです。渋谷駅周辺では再開発ラッシュですが、こういったペデストリアンデッキで各ビルがどんどん接続されて行っています。もちろん今回の「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」もデッキで繋がり渋谷駅まで行けるようになります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 A街区にズームです。右奥にはB街区のタワークレーンも見えています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 東側から撮影。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 A街区とB街区の間には道路が整備されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 近くから見上げたA街区です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 迫力ある建設現場となっておりスマホで撮影している人も数人見かけました。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 何度もブログで書いていますが外壁設置前の鉄骨むき出しの姿が個人的には大好きです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 細い急な坂道から見たB街区です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 坂を登ったところから撮影。建築計画のお知らせでは地上29階、地下2階となっていますが、運用上は坂の下を通る道路を1階とするようで地上30階、地下1階表記となりそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 上半分が住宅となりますが東京都の建築物環境計画書制度で公開されている情報を見ると分譲155戸となっています。再開発施設のビルかつ渋谷駅にペデストリアンデッキで直結となる分譲タワマン。いったい何億円で分譲されることになるんでしょうね。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 B街区のプレハブ事務所とC街区の中渋谷教会の間から撮影。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 恵比寿側にある猿楽橋から見たA街区です。まだ鉄骨が組まれ始めたばかりですが来年春くらいにはかなり高くなっているかと思います。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 配置図
配置計画図[出典:東急不動産]

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の配置図です。A街区とB街区は2ヵ所で接続されますますが、駅から遠い側は広場と直結するかなり幅のあるデッキとなります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東急不動産]

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の完成予想図です。左がA街区(地上39階、高さ179.97m)、右がB街区(地上29階、高さ133.00m)です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
アーバン・コアイメージ[出典:東急不動産]

 池尻大橋側から見たA街区の低層部です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
補助線街路第18号線上空横断橋イメージ[出典:東急不動産]

 A街区とB街区を結ぶデッキから見たB街区の低層部です。屋根付きの通路もあるので渋谷駅まで傘を差さずに行けるようになりそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区 建築計画のお知らせ

 A街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(A街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町2-5,2-17,101-1,102-1 他
用途:事務所、店舗、駐車場 等
階数:地上39階、地下4階
高さ:179.97m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、杭基礎
敷地面積:8,073
建築面積:7,900
延床面積:184,800
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(A街区:鹿島建設)
工期:2019年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区 建築計画のお知らせ

 B街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(B街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町124番
用途:住宅、事務所、店舗、サービスアパートメント、駐車場 等
総戸数:155戸(分譲)
階数:地上29階、地下2階
高さ:133.00m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎(一部杭基礎)
敷地面積:8,479
建築面積:5,800
延床面積:69,200
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:戸田建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(B街区:戸田建設)
工期:2020年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定

渋谷にタワマン!高さ133m「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区」の建設状況(2021.9.26)

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 渋谷駅前の大規模再開発「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設地です。「渋谷スカイ」から9月26日に撮影しました。写真下が渋谷駅側で昨日のブログに載せた「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区」(地上39階、高さ179.97m)の建設地です。写真上のタワークレーンが2基で建設中の場所が「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区」(地上29階、高さ133.00m)です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 配置図
配置計画図[出典:東急不動産]

 配置図です。B街区は渋谷駅からは遠い側となりますが、A街区とは大規模なデッキで接続され、そのA街区は渋谷駅までデッキで繋がるため渋谷駅直結タワマンと言える場所となります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 B街区にズームです。建築主は渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合で参加組合員として東急不動産が参画、B街区の設計者と施工者は戸田建設で2023年11月30日の竣工予定となっています。

 A街区は事務所がメインとなりますが、B街区は下半分が事務所で上半分が住宅となります。東京都の建築物環境計画書制度で公開されている情報だと分譲155戸となっています。また、プレハブ事務所がある場所には広場が整備されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 さらにズームです。よく見ると地下部分に重機がいるのがわかります。ここは傾斜地のためどこが1階として設定されているのかはよくわかりません。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 展望台を下りて「渋谷ストリーム」から撮影。今はこうして隙間から見えていますがA街区のA-2棟の建設が始まるとほぼ見えなくなりそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 反対側から撮影。左が最終的には広場が整備される場所に設置されているプレハブ事務所、右がC棟として建設された中渋谷教会です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 プレハブ事務所前から撮影。渋谷スカイから見たときは3,4階まで建設が進んでいるように見えましたが、ここから見るとまだ地上部の建設が始まったばかりに見えます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 ちょっと移動した場所から見るとまた高さ感が変わります。



渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業とは?

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東急不動産]

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の完成予想図です。左がA街区(地上39階、高さ179.97m)、右がB街区(地上29階、高さ133.00m)です。この完成予想図では両棟が50m近くの差があるようには見えないので最新の完成予想図は異なるかもしれません。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
補助線街路第18号線上空横断橋イメージ[出典:東急不動産]

 A街区とB街区を結ぶデッキから見たB街区低層部の完成予想図です。デッキ部分の端には屋根がある部分もあるので渋谷ストリームを経由すれば傘を使わずに渋谷駅まで行けるようになりそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区 建築計画のお知らせ

 B街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(B街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町124番
用途:住宅、事務所、店舗、サービスアパートメント、駐車場 等
総戸数:155戸(分譲)
階数:地上29階、地下2階
高さ:133.00m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎(一部杭基礎)
敷地面積:8,479
建築面積:5,800
延床面積:69,200
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:戸田建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(B街区:戸田建設)
工期:2020年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定

高さ180m、133m「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」のB街区にタワークレーン!東急不動産のオフィスとタワマンです(2021.5.30)

渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業とは?

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東急不動産]

 渋谷駅前で建設中の「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の完成予想図です。東急不動産が参画している再開発で、左の渋谷駅に近い側がA街区で地上39階、高さ179.97m、延べ18万4800屬竜模で低層部に商業施設が入る超高層オフィスビル、右がB街区で地上29階、高さ133.00m、延べ6万9200屬竜模で、低層部に商業施設、低中層部にオフィス、そして上半分が住宅で構成される複合ビルが建設されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 配置図
配置計画図[出典:東急不動産]

 配置図です。A街区のA-1棟部分では渋谷駅とペデストリアンデッキで接続されます。端の方にあるC棟はB棟の敷地内にあった中渋谷教会で既に移転が完了しています。

 また、A街区とB街区の間にあった細い路地は同再開発により一旦廃道されましたが幅員15mに拡幅した「補助第18号線」が整備されます。また、その道路上空にはA街区とB街区を結ぶ大規模なデッキ状の広場(さくらにぎわい広場)が整備されあす。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
アーバン・コアイメージ[出典:東急不動産]

 渋谷駅前の歩道橋の西側(池尻大橋側)から見た完成予想図です。左奥には「渋谷クロスタワー」(地上32階、高さ131m)が描かれていますが、その背後では先日概要が判明した「渋谷二丁目西地区第一種市街地再開発事業」の地上41階、高さ約208mの超高層ビルが建設されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
補助線街路第18号線上空横断橋イメージ[出典:東急不動産]

 A街区とB街区を結ぶペデストリアンデッキから見た完成予想図です。デッキ部分には屋根がある部分もあるので渋谷駅から傘を使わず行けるようになりそうです。




(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区の建設状況

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 渋渋谷駅の山手線ホームから5月30日に撮影した「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区」(地上39階、高さ179.97m)の建設地です。1階部分?の鉄骨が組まれています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 今は開けた視界が広がっていますが、次のフロアの鉄骨が組まれると視界はなくなりそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 ホームから撮るために行きか帰りに山手線を使うようにしていましたが、3階程度まで鉄骨が組まれたらこの撮影場所には行く必要がなくなりそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 渋谷駅西口歩道橋から撮影。鉄骨が組まれ始めるまで見所がない工事現場もありますが、ここはこうして上から見られる場所があるので楽しめています。ここに行くとスマホで写真を撮っている人も結構見かけます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 「渋谷ストリーム」と同再開発を繋ぐデッキの工事も既に始まっています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 「渋谷ストリーム」側から撮影。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 渋谷駅のホーム上空を通るデッキとなります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 「渋谷ストリーム」の3階の休憩スポットがある場所とデッキは接続されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 渋谷駅西口歩道橋に戻ってもう1枚。特に広場等は設置されないので敷地ギリギリまでビル本体となります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 ところでこの日はやたらと作業員が集まっているなと思ったら何かの撮影をしていたようです。敷地内に恵比寿方面へ通り抜ける仮設の歩道があるのですが、そこを歩いているときに「カット〜!」といった声も聞こえていました。これだけの人を集めるにはかなりお金がかかっていそうなので映画ですかね。いつか答え合わせができたら嬉しいです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区 建築計画のお知らせ

 A街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(A街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町2-5,2-17,101-1,102-1 他
用途:事務所、店舗、駐車場 等
階数:地上39階、地下4階
高さ:179.97m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、杭基礎
敷地面積:8,073
建築面積:7,900
延床面積:184,800
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(A街区:鹿島建設)
工期:2019年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定




(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区の建設状況

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 A街区からB街区に行くときに細い坂道を登って行くのですが、その坂道と「補助第18号線」の間の狭い敷地に板状のビルの建設が始まっていました。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 渋谷駅西口歩道橋から見るとこのように板状ということがよくわかります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 近くから撮影。この右側の道路が細い坂道です。配置図を見るとここはB街区の敷地となっています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 その坂道から撮影。以前はA街区を見ることができる撮影スポットでしたが壁が出来上がっていました。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 渋谷ストリームから撮影したタワーマンションとなる「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区」(地上29階、高さ133.00m)の建設地です。タワークレーンが設置されていました。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 地上29階、地下2階ですがB街区は高低差がある敷地のため運用上は地上30階、地下1階となるようです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 まだタワークレーンが低く感じたので設置されたばかりだったんですかね。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 同再開発を建築物環境計画書制度で見ると分譲155戸となっています。東急不動産の分譲マンションだと「ブランズタワー渋谷」になりそうですね。渋谷駅まではA街区経由で接続され、再開発施設にも直結、そして住宅フロアは高層階のため安くなる要素はありません。そのため全戸億ションになるのかなと思っています。

 また、サービスアパートメント部はホテル等9,153.04屬箸覆辰討い覯媾蠅と思われます。B街区には板状のビルもありますしサービスアパートメントはどこに入るんでしょうね?何気に情報の少ない再開発です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区 建築計画のお知らせ

 B街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(B街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町124番
用途:住宅、事務所、店舗、サービスアパートメント、駐車場 等
総戸数:155戸(分譲)
階数:地上29階、地下2階
高さ:133.00m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎(一部杭基礎)
敷地面積:8,479
建築面積:5,800
延床面積:69,200
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:戸田建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(B街区:戸田建設)
工期:2020年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定


 余談となりますが建設通信新聞に日本橋一丁目東地区と日本橋一丁目1・2番地区に関する記事が掲載されました。もうちょっと詳細がわかってからブログに載せることになると思いますが、日本橋一丁目東地区のA街区は地上40階の事務所とのことなので高さ200mにはなりそです。最近は高さ200m超えの計画がポンポン出てきますね。こうなってくると「第二六本木ヒルズ」と呼ばれている森ビルの「六本木5丁目プロジェクト」がどうなるのか気になるところです。以前から高さ300mは超えると言われていますがどうなるんでしょうね?今年こそ発表があると思って期待しています。
 追記です。日韓建設工業新聞に高さなどの情報も出ていました。明日のブログにまとめれればと思います。

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
マイブック
スポンサーリンク