超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

(仮称)愛宕山周辺地区(F・G地区)

地上43階、高さ160m「(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業」の環境影響調査計画書が公開!愛宕に新規タワーマンションが建設されます!

(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 東京都港区愛宕で計画されている「(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業」の環境影響調査計画書の縦覧が開始されました。同再開発を最初に知ったのは2014年8月でそのときは森ビルが代表者となっていましたが、今は都市再生機構が代表者となったようです。

 また、地域住民への説明では東急も事業者に加わっていますが、今回の再開発に含まれていない「東京虎ノ門東急REIホテル」がある場所がH地区として再開発が計画されているためだと思います。今回の再開発にも東急が参加するのかどうかは不明です。

 これは2019年11月30日にヘリから撮影した愛宕方面ですが、赤い網掛けをした愛宕神社の出世の石段を挟む場所が計画地となっています。そのうち手前がF地区で地上43階、地下2階、高さ約160m、延床面積約55,000屬離織錙璽泪鵐轡腑鵝△修慮紊蹐G地区で地上3階、高さ約15mの店舗と寺院が計画されています。今回の再開発には含まれていませんが、さらに奥の「東京虎ノ門東急REIホテル」がある場所がH地区として地上14階、高さ約50mの住宅、店舗が計画されています。

 同再開発は2024年度着工、2031年度竣工予定と7年もの工期となっています。詳細な工期が出ていないので予測となりますが、F地区とG地区の着工時期が違うのではと思われます。

▼東京都港区:環境アセスメント(2021年7月12日)
港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査計画書の縦覧【(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業】



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業 位置図
計画地位置図(詳細)[出典:港区]

 「(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業」は東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅、「神谷町」駅、都営三田線「御成門」駅の3駅の中心あたりに位置しています。

 計画地の南側には「愛宕グリーンヒルズ フォレストタワー」(地上42階、最高高さ157.26m)、東側には「パークキューブ愛宕山タワー」(地上31階、高さ104.55m)といった賃貸のタワーマンションが目の前にあり、そして北側には「虎ノ門ヒルズ」があります。西側は愛宕山のためお見合い部屋になる心配のない方角となります。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 2021年5月30日に撮影した「(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業」のF地区です。現地にはいくつか既存建物が残っていますが敷地の大部分は更地となっており、現地には「令和3年度愛宕地区埋蔵文化財発掘調査工事」の看板と土壌汚染対策工事のお知らせが掲示されています。土壌汚染対策工事は2022年1月31日まで、埋蔵文化財の発掘調査は2022年3月31日までとなっていますが、それを過ぎると令和4年度に書き換えられるかもしれません。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 愛宕山の中腹あたりから撮影。奥のレンガ色のビルがG地区となります。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 愛宕山を下りたところから撮影。多少距離はありますが「虎ノ門ヒルズ」が目立ちます。右が「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)、左が「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)です。

 今回の環境影響調査計画書には掲載されていませんでしたが、入手した地域住民の説明会資料(転載禁止のため載せられません)によるとF地区の1階に店舗、2、3階に生活・産業支援施設、4階〜6階に事務所、そして7階〜43階が住宅フロアとなっていました。住宅フロアはちょうど愛宕山の高さくらいだと思いますが、7階だと目の前は愛宕山の木々になるようです。同資料には完成予想図も掲載されているのですがここに載せられないのが残念です。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 F地区を虎ノ門ヒルズ側から撮影。写真は撮っていませんがこの右側に出世の階段があり、その方向に店舗や広場を配置して愛宕神社の参道空間の整備も行われます。



令和3年度愛宕地区埋蔵文化財発掘調査工事

 現地に設置されている令和3年度愛宕地区埋蔵文化財発掘調査工事の看板です。施工者は鴻池組になっていますが、着工は2024年度予定とまだまだ先のためこのままビル本体の施工者が鴻池組になるかはわかりません。

■物件概要(F地区)■
事業名:(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区愛宕一丁目
用途:共同住宅、事務所、生活・産業支援施設、店舗、駐車場
階数:地上43階、地下2階
高さ:約160m
敷地面積:約2,910
建築面積:約1,500
延床面積:約55,000
事業者:都市再生機構
工期:2024年度着工〜2031年度竣工予定(F地区・G地区)

愛宕山F・G地区の計画地の空撮(2015.10.3)

愛宕山F・G地区の計画地の空撮
 今年の10月3日の愛宕山周辺の空撮です。名称を入れましたが愛宕山周辺では「愛宕山F・G地区」と「愛宕山I地区」の再開発が森ビルによって計画されています。

 このうち「愛宕山I地区」では地上56階、最高高さ約225mという日本一の高さのタワーマンションが計画されており、環境影響調査書案が縦覧され完成予想図なども公開されました。→そのときのブログ「(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)」高さ約225mの日本一高いタワーマンション建設へ!

 そして「愛宕山F・G地区」は商業・住宅・事務所等となる高さ約160m、延床面積約55,000屬箸覆襯咼襪如2016年度着工、2019年度竣工予定ということが去年の8月に判明してからは特に続報はありませんでした。それが昨日から都市再生機構東日本都市再生本部から「平成27年度愛宕山周辺地区(F・G地区)基本計画検討業務」の一般競争入札が公告されました。履行期間が契約締結日の翌日から平成29年3月31日までとなっているので、当初予定の2016年度着工はなさそうです。

▼平成27年度愛宕山周辺地区(F・G地区)基本計画検討業務 (平成27年11月18日)
掲示文[229KB]

愛宕山F・G地区の計画地の空撮
 このようにそれほど広くない敷地ですが当初計画どおり高さ約160mとなるのでしょうか?今後しばらくF・G地区の計画概要の発表はなさそうですが、I地区ではこの空撮からもわかる通り一部では既存ビルの解体もされています。I地区は2016年6月の着工予定となっています。

愛宕山F・G地区
 昨年撮影した「愛宕山F・G地区」です。結局、いつ着工となるのかは不明ですが計画は進んでいます。虎ノ門ヒルズと愛宕山グリーンヒルズに挟まれた場所なので、ここに超高層が建つと超高層ビル群として繋がることとなりそうです。

森ビルが愛宕山周辺地区に3棟の超高層ビル建設!

(仮称)愛宕山周辺地区開発事業

(仮称)愛宕山周辺地区の空撮
 虎ノ門ヒルズの南側の愛宕山周辺地区の再開発の概要が出ました。

 今日付けの日刊建設工業新聞に森ビルが代表者を務める「愛宕山周辺地区まちづくり協議会」が「(仮称)愛宕山周辺地区開発事業」のF・G地区(約0.4ヘクタール)とI地区(約0.7ヘクタール)の計画概要を公表したという記事が掲載されたので、港区のHPをチェックしてみると港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査計画書が提出されていました。計画地はこの空撮の名称を入れた場所で「虎ノ門ヒルズ」と「愛宕グリーンヒルズ」という森ビルのヒルズシリーズに挟まれた場所になります。

▼日刊建設工業新聞(2014年8月21日)
愛宕山周辺地区まちづくり(東京都港区)/2地区で高層ビル3棟建設/協議会

▼港区環境アセスメント
港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査計画書の縦覧(F・G地区)
港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査計画書の縦覧(I地区)
※ 閲覧期間:平成26年8月11日(月曜日)〜平成26年9月10日(水曜日)となっているので、これ以降は見られなくなると思います。

 「(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)」は以前ブログに載せた「虎ノ門ヒルズ完成!森ビルは10年で10箇所の再開発へ!総事業費1兆円程度」で再開発計画があることは判明していましたが、「(仮称)愛宕山周辺地区(F・G地区)」は空き地に低層の建物が建ってしまったので再開発はないと思い最近は撮影していませんでした。何年か前には撮影しているのですが写真を探すのが大変だったので出勤前に現地に撮りに行ってきました。

(仮称)愛宕山周辺地区(F・G地区)

(仮称)愛宕山周辺地区(F・G地区)
 愛宕神社前交差点から見た「(仮称)愛宕山周辺地区(F・G地区)」です。右奥の赤い建物がある場所と手前側に2棟の超高層ビルが建設されます。建築計画の概要は敷地面積は約3,700平米、用途は商業・住宅・事務所等、延床面積は約55,000平米、高さ約160m、2016年度着工、2019年度竣工予定となっています。

 資料をじっくり見るとどこかに書いてあるのかもしれませんが、どっちがF地区・G地区なのかは不明です。また両棟とも高さ約160mなのかも不明です。

(仮称)愛宕山周辺地区(F・G地区)
 この辺りは長い間更地だったのでずっと前から再開発を期待していたのですが、最近この低層の建物が建ったので再開発はないものだと思っていました。

(仮称)愛宕山周辺地区(F・G地区)
 ただ「(仮称)愛宕山周辺地区(F・G地区)」を愛宕山へ登る歩行者デッキから見てみると、その低層の建物の屋根は簡易な造りに見えました。期間限定で建てたのかもしれません。

(仮称)愛宕山周辺地区(F・G地区)
 こちらは完全にノーマークだった「(仮称)愛宕山周辺地区(F・G地区)」の北側です。現在「愛宕山弁護士ビル」と「愛宕小西ビル」が建っていますが、この場所にも超高層ビルが建設されます。

■(仮称)愛宕山周辺地区(F・G地区)の物件概要■
計画名:(仮称)愛宕山周辺地区(F・G地区)
所在地:東京都港区愛宕1丁目
用途:商業、住宅、事務所、駐車場等
高さ:最高高さ約160m
敷地面積:約3,700
延床面積:約55,000
工期:2016年度着工〜2019年度竣工予定

(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)

(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)
 こちらは以前、「虎ノ門・愛宕地区」の再開発としてチラっと載せたことがある場所で「(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)」です。「虎ノ門9森ビル」から右側が再開発区域です。建築計画の概要は敷地面積は約6,500平米、用途は商業・住宅等、延床面積は約95,000平米、高さ約180m、2015年度着工、2018年度竣工予定となっています。また、虎ノ門ヒルズと愛宕山に挟まれた場所ということもあり、それぞれを連結する歩行者デッキの整備も検討しています。

(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)
 計画地の路地に入ると既に解体された建物もいくつかあるようでした。

(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)
 また、このようにF・G地区とは違って民家もあります。用途を見ると商業・住宅等となっており、事務所が入っていないのでここはタワーマンションとなるのかもしれません。

(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)
 計画地の図を見るとこんこコインパーキングまでが範囲のようです。

■(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)の物件概要■
計画名:(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)
所在地:東京都港区愛宕1丁目 他
用途:商業、住宅、駐車場等
高さ:最高高さ約180m
敷地面積:約6,500
延床面積:約95,000
工期:2015年度着工〜2018年度竣工予定

愛宕・虎ノ門方面の空撮
 資料をじっくり見るともっと詳しいことがわかるのかもしれませんが、サラッと見た感じだとこんな感じでした。1つ1つ載せて行ったらキリがないので省きますが、この愛宕、虎ノ門、赤坂の空撮写真の中に計画中で概要が発表されていないのも含めて10棟以上の超高層ビルが建設されます。森ビルのナンバービルが多数あり、再開発待ちと思われる駐車場も多数ある場所なので、今後も再開発が途切れることなく続きそうな場所なので今後も新たな計画が出て来るのが楽しみです。


超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク