(仮称)三田一丁目計画 イメージパース
イメージパース[出典:港区]

 昨日から「(仮称)三田一丁目計画」の港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の縦覧が開始されました。これは現在解体工事中の「旧東京簡易保険支局かんぽ生命保険東京サービスセンター)」跡地の再開発で、既存建築物の意匠や素材の一部を継承したマンションとなります。この完成予想図の正面部分が意匠を継承した部分となるようです。

▼港区:環境アセスメント(2020年8月11日)
港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の縦覧【(仮称)三田一丁目計画】
縦覧期間:20202年8月11日(火曜日)〜2020年9月10日(木曜日)まで



(仮称)三田一丁目計画 イメージパース
イメージパース[出典:港区]

 同計画の規模は地上14階、地下2階、高さ約45.5m、敷地面積約25,200屐延床面積14,500屬5棟構成、約1100戸という巨大なマンションとなります。事業者は三井不動産レジデンシャルと三菱地所レジデンスの2社です。



(仮称)三田一丁目計画 配置計画図
配置計画図[出典:港区]

 このように南棟、西棟、北棟、東‥錙東棟の5棟構成となります。



(仮称)三田一丁目計画 立面図(南棟、東棟)
立面図(南棟、東棟)[出典:港区]

 南棟が「旧東京簡易保険支局かんぽ生命保険東京サービスセンター)」の意匠の一部を継承したデザインとなっています。



(仮称)三田一丁目計画 立面図(東‥錙∪湘)
立面図(東‥錙∪湘)[出典:港区]

 各棟の正確な規模は不明ですが西棟が一番低い棟となることはわかります。その西棟上階2層は完成予想図とこの立面図からしてルーフテラスがある部屋になるようです。



(仮称)三田一丁目計画 南北断面図
南北断面図[出典:港区]

 南北断面図を見ると両棟の間には共用部と書かれているので、格棟は1階部分で接続されるようになりそうです。南棟側は周辺駅からは遠い位置となりますがメインエントランスが配置されます。駅から近い敷地北西側にはサブエントランスが設けられる計画となっています。



(仮称)三田一丁目計画 計画地位置図
計画地位置図[出典:港区]

 場所は麻布十番駅と赤羽駅の間の南側で、幹線道路や取得からは少し離れた静かな場所です。



(仮称)三田一丁目計画 計画地周辺の鉄道網図
計画地周辺の鉄道網図[出典:港区]

 計画地周辺の鉄道網図を見るとJR田町駅も近くにありますが歩くにはちょっと距離があります。



旧東京簡易保険支局

 2019年12日14日にヘリから撮影した「(仮称)三田一丁目計画」の計画地方面です。いつもなら赤い網掛けをするところですが既存建物の「旧東京簡易保険支局かんぽ生命保険東京サービスセンター)」が特徴的で網掛けは邪魔になりそうなので無しです。

 手前の緑地で道路左側が「綱町三井倶楽部」、右側が「イタリア大使館」です。これらの緑地を借景できる立地です。



旧東京簡易保険支局

 少しズームです。今回は超高層物件ではないのでここで超高層情報を…左上のタワーマンションは「パークコート麻布十番 ザ タワー」(地上36階、高さ129.08m)と「シティタワー麻布十番」(地上38階、高さ129.92m)です。



旧東京簡易保険支局

 さらにズームです。屋上はバスケットコートなどがあったのでしょうか?色々線が引いてあるのが見えます。撮影時には既に仮囲いが設置され西側の建物は既に解体が始まっていました。



旧東京簡易保険支局

 こちらは解体が始まる前の2019年8月3日に撮影したの「旧東京簡易保険支局かんぽ生命保険東京サービスセンター)」です。



旧東京簡易保険支局

 こちらは2020年8月10日の撮影ですが両側が解体されたことがわかります。完成予想図を見るとこの正面部分の意匠が継承されます。



旧東京簡易保険支局

 横から見るとこの通り横側は既に解体されています。



旧東京簡易保険支局

 こちらは解体前に南西側から見た様子です。



旧東京簡易保険支局

 今はこのように解体されてしまっています。



旧東京簡易保険支局

 東側もこのように解体されています。



旧東京簡易保険支局

 東側にあった建物も解体され「パークコート麻布十番 ザ タワー」と「シティタワー麻布十番」が見えるようになっています。



旧東京簡易保険支局 解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。工期は2019年10月9日〜2020年12月9日までとなっています。



(仮称)三田一丁目計画 工事工程
工事工程[出典:港区]

 「(仮称)三田一丁目計画」の工事工程です。55ヶ月間の工期が予定されています。

■物件概要■
名称:(仮称)三田一丁目計画
所在地:東京都港区三田一丁目4-60
用途:共同住宅、駐車場等
総戸数:約1100戸
駐車場:約510台
自転車:約550台
自動二輪車:約10台
階数:地上14階、地下2階
高さ:約45.5m
敷地面積:約25,200
延床面積:約145,000
事業者:三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス
工期:2020年度着工〜2024年度竣工予定
供用開始:2024年度予定