麻布台ヒルズ

 六本木ヒルズから撮影した虎ノ門・麻布台地区の大規模再開発「麻布台ヒルズ」です。一番背の高い超高層ビルが地上64階、高さ約330mのA街区で、その左側ではツインタワマンとなる「麻布台ヒルズレジデンス」の東棟(地上54階、高さ237.20m)と西棟(地上64階、高さ262.83m)が建設中です。また、A街区とB街区の間では低層の建物群となるC街区が建設中です。この記事ではB街区とC街区の概要や建設状況、地図等を載せています。

続きを読む