超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

道玄坂

地上28階、高さ120m「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の建設状況!ドン・キホーテによる商業・オフィス・ホテル(2022.5.8)

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 渋谷の文化村通り沿いで建設中の「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」(地上28階、最高高さ120m)です。渋谷スカイから2022年5月8日に撮影しました。規模は地上28階、塔屋1階、地下1階(建築基準法上では地上27階、地下2階)、高さ110m、最高高さ120m、敷地面積5,897.39屐建築面積3,778.57屐延床面積4万1874.170屬播絞沺∋務所、ホテル等で構成されます。

 建築主はドン・キホーテなどを展開しているパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス、設計者は東急設計コンサルタント、施工者は熊谷組で2023年3月中旬竣工予定となっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 低層部に店舗と事務所、中高層部がホテルとなる複合ビルで、セットバックしたところからがホテルフロアとなります。低層部の平面は二本の足が文化村通り側に飛び出たような形となっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 5階平面図
5階平面図[出典:CBRE]

 基準階平面図を見るとこのような変形のオフィスフロアとなっていることがわかります。オフィスフロアの基準階貸床面積(EVホール含む)は525.4坪(1,736.91)で上下階を内階段で繋げることも可能となっています。文化村通り側に飛び出た部分もオフィスフロアとなっており、会議室や休憩室として使用されることになりそうです。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 1〜3階平面図
1〜3階平面図[出典:CBRE]

 1階は店舗フロア、2階、3階は一部店舗部もありますが、大部分はオフィスフロアとなります。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 立面図
立面図[出典:CBRE]

 フロア構成は1階〜3階が店舗、2階〜10階が事務所、そして中高層部の11階〜28階がホテルフロアとなります。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 少し広角で撮影。背後の低層の大きめの低層の建物が建ち並んでいる場所が高級住宅街として知られている松濤です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 さらに広角で撮影。場所はハチ公前の渋谷スクランブル交差点を109方面へ進み、右側の文化村通りをさらに進んだところです。渋谷駅からは徒歩5分程度で、再開発が決定している「東急百貨店 渋谷・本店」の手前です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 その「東急百貨店 渋谷・本店」前から撮影。文化村通り側に残る既存ビルを挟みこむような形となっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 ただ、近くで見ると既存ビルの隣で普通のビルが建設されているだけのように見えます。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 渋谷駅に近い側も同じです。ネットが外され外観が見えるようになると印象は変わるのかもしれません。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
完成予想図[出典:CBRE]

 「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の完成予想図です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:CBRE]



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:CBRE]

 「MEGAドン・ キホーテ 渋谷本店」前あたりから見た完成予想図です。建設地には「旧ドン・キホーテ渋谷店」跡地も含まれています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 エントランスゲート
エントランスゲート[出典:CBRE]



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 オフィスロビー
オフィスロビー[出典:CBRE]



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 オフィスエントランス
オフィスエントランス[出典:CBRE]



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。一部、現地で流されている紹介映像に記載されていた数値を採用しています。

■物件概要■
名称:(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
所在地:東京都渋谷区道玄坂二丁目1番6号外(地名・地番)
交通:JR山手線・埼京線「渋谷駅」徒歩5分
   東急東横線・田園都市線「渋谷」駅 徒歩5分
   東京メトロ銀座線・副都心線・半蔵門線「渋谷」駅 徒歩5分
用途:店舗、事務所、ホテル等(300室)
階数:地上28階、塔屋1階、地下1階(建築基準法上では地上27階、地下2階)
高さ:110m(最高120m)
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:5,897.39
建築面積:3,778.57
延床面積:41,874.170
建築主:パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス
事業協力者:東京リバブル
設計者:東急設計コンサルタント
施工者:熊谷組
工期:2019年1月11月中旬着工〜2023年3月中旬竣工予定

道玄坂二丁目南地区に「TRUNK(HOTEL) DOGENZAKA(仮称)」が出店!パリピなルーフトッププールやスパを併設

道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:テイクアンドギヴ・ニーズ]

 渋谷の道玄坂で計画されている「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。同再開発事業は地上30階、地下3階、高さ約155mのオフィス棟と地上11階、地下2階、高さ約60mのホテル棟で構成され、両棟合わせた延床面積約8万7100峙模となっています。

 事業者は道玄坂二丁目南地区市街地再開発組合で三菱地所が参加組合員として参画。事業協力者は三菱地所と鹿島建設、事業コンサルタントは都市企画、基本設計は山下設計・三菱地所設計で2022年度に権利変換計画認可経て解体工事に着手し、2023年度に着工、2026年度に竣工予定となっています。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:三菱地所]

 建設地は道玄坂の坂道沿いで、渋谷駅に近い坂の下側がオフィス棟、坂の上側がホテル棟となります。そのホテルについてテイクアンドギヴ・ニーズ(T&G)が運営する「TRUNK(HOTEL) DOGENZAKA(仮称)」の出店が決定したことが発表されました。ホテルの客室数は120〜130 室で、客室サイズは28屐120屐∩枋蟲匱蔀渦舛5万円〜30万円、開業は2027年3月頃の予定となっています。

▼三菱地所:ニュースリリース(2022年5月18日)
道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業
「TRUNK(HOTEL) DOGENZAKA(仮称)」出店決定


▼テイクアンドギヴ・ニーズ:ニュースリリース(2022年5月18日)
2023 年の渋谷・富ヶ谷に続き、渋谷・道玄坂と神戸へ
テイクアンドギヴ・ニーズが新たに 2 つのホテルを出店
〜TRUNK(HOTEL)と新ブランド「EVOL HOTEL(仮称)」で展開〜




TRUNK(HOTEL) DOGENZAKA(仮称)
ルーフトッププールイメージ[出典:三菱地所]

 同ホテルは渋谷・道玄坂にありながらカジュアルに染まらない、遊び慣れた大人をターゲットにしたラグジュアリーブティックホテルとなります。エリア最大級のルーフトッププールをはじめ、ルーフトップレストラン&バーやシアタールーム、最新ウェルネスを体験できるスパや多彩なジャンルのレストランなど豊富なエンターテインメントを備え、“上質な渋谷のカオス”を堪能できるとされています。



TRUNK(HOTEL) DOGENZAKA(仮称) スパイメージ
スパイメージ[出典:三菱地所]

 完成イメージを見ると『遊び慣れた大人をターゲット』ということがよくわかります。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 建設地は「渋谷マークシティ ウエスト」(地上23階、高さ95.55m)の北側で、道玄坂沿いの西側にホテル棟(中層棟)、東側にオフィス棟(高層棟)が配置されます。南側の両棟の間には広場が整備され「渋谷マークシティ ウエスト」に接続されます。北側の計画地に含まれていない場所は駐車場となっています。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業 整備方針イメージ図
整備方針イメージ図[出典:東京都]

 「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」と「渋谷マークシティ ウエスト」の間には京王井の頭線が通っておりマークシティの4階部分に接続されます。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業 周辺地図
周辺地図[出典:三菱地所]

 場所は渋谷駅から徒歩5分程度で道玄坂の坂道を登る必要がありますが、渋谷マークシティ内の貫通通路を通るとエスカレーターがあるのでフラットな道のりでアクセス可能です。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 2019年11月30日に撮影した渋谷駅周辺の空撮です。写真中央上の矢印を入れたあたりが「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 計画地にズームです。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 「渋谷スカイ」から見た「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」の計画地で敷地内には「新大宗ビル」などがあります。左隣のビルが接続する「渋谷マークシティ ウエスト」(地上23階、高さ95.55m)です。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 オフィス棟の建設地となる渋谷駅に近い側です。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 坂を登った側から見たオフィス棟の建設地方面です。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 この駐車場は再開発には含まれていませんが、奥のビルは同再開発に含まれておりそこから隣のマークシティに繋がります。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 「TRUNK(HOTEL) DOGENZAKA(仮称)」の建設地方面です。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 道玄坂を登ったところから見た「TRUNK(HOTEL) DOGENZAKA(仮称)」の建設地方面です。手前の小さな建物群は同再開発には含まれていません。こちら側の計画地に建つビルの地下には「SOUND MUSEUM VISION(渋谷VISION)」がありますが、同再開発で解体となるため2022年9月3日に営業終了することが発表されています。

■物件概要■
計画名称:道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区道玄坂二丁目10番他
交通:京王井の頭線「渋谷」駅直結
   JR「渋谷」駅、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷」駅 徒歩2分
用途:事務所、ホテル(「TRUNK(HOTEL) DOGENZAKA(仮称))、店舗、駐車場
総客室数:120〜130室
階数:地上30階、塔屋2階、地下3階(オフィス棟)、地上11階、塔屋1階、地下2階(ホテル棟)
高さ:約155m(オフィス棟)、約60m(ホテル棟)
構造:鉄骨造(地上)、鉄骨鉄筋コンクリート造(地下)
敷地面積:約6,720
建築面積:−
延床面積:約87,100
建築主:道玄坂二丁目南地区市街地再開発組合
参加組合員:三菱地所
事業協力者:三菱地所・鹿島建設
設計者:三菱地所設計・山下設計設計共同体
施工者:未定
工期:2023年度着工〜2026年度竣工予定
開業(ホテル):2027年3月頃予定

旧ドンキホーテホールディングスによる「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の建設状況!高さ120mの商業・オフィス・ホテルとなります(2022.1.25)

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 ドン・キホーテ等を展開しているパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが建設中の「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」(地上28階、最高高さ120m)です。渋谷スカイから2022年1月25日に撮影しました。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 低層部に店舗と事務所、中高層部がホテルとなる複合ビルで2023年春のグランドオープン予定となっています。



渋谷

 場所は109の右側の文化村通りを進んだところにある「東急百貨店 渋谷・本店」の手前です。写真の下が渋谷駅前のスクランブル交差点で、そこから現地までは徒歩5分程度の距離となっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:CBRE]

 「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の完成予想図です。この完成予想図だとわかりにくいかもしれませんが文化村通りに面している部分は少しだけで、建物本体は文化村通りから奥に入った場所となります。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 立面図
立面図[出典:CBRE]

 フロア構成は1階〜3階が店舗、2階〜10階が事務所、そして中高層部の11階〜28階がホテルフロアとなります。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 1〜3階平面図
1〜3階平面図[出典:CBRE]

 この平面図の下側にある飛び出た2か所が文化村通りに面した部分となります。1階は店舗フロアとなりますが2階、3階の店舗部分は一部だけで事務所やロビーが大部分を占めます。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 5階平面図
5階平面図[出典:CBRE]

 オフィスフロアの基準階貸床面積(EVホール含む)は525.4坪(1,736.91)で上下階を内階段で繋げることも可能となっています。最近の大規模オフィスは無柱空間となることが多いですが、ここは柱があるオフィスフロアとなります。

 文化村通り側に飛び出た部分もオフィスフロアとなります。会議室や休憩室、倉庫として使用する会社が多くなりそうな気がします。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 文化村通りの渋谷駅側から見た「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」です。手前がぽっかり空いていますがこの部分もオフィスフロアとなります。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:CBRE]

 同じ方向の完成予想図です。ここが渋谷駅側のエントランスゲートとなります。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
建物イメージ[出典:CBRE]

 当初の完成予想図では文化村通り側にはバルコニーがあるデザインとなっていましたが、最新の完成予想図ではバルコニーはありません。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 駅からは遠い側の飛び出た部分でこちら側は建設が進んでいます。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 こちらの飛び出た部分は「旧ドン・キホーテ渋谷店」跡地です。すぐ近くに「MEGAドン・キホーテ 渋谷本店」があるのでここのビルに再びドン・キホーテが入ることはなさそうです。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
建物イメージ[出典:CBRE]

 同じ方向から見た完成予想図です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 道玄坂小路から見た様子です。



渋谷

 こちらは1月18日に恵比寿ガーデンプレイスタワーから見た渋谷の超高層ビル群です。この中で矢印を入れた場所が「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 ズームです。端の一部だけが見えました。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。数値がところどころ違いますが、これは現地で流されている紹介映像に記載されていた数値を採用しているためです。

■物件概要■
名称:(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
所在地:東京都渋谷区道玄坂二丁目1番6号外(地名・地番)
用途:店舗、事務所、ホテル等(300室)
階数:地上28階、塔屋1階、地下1階(建築基準法上では地上27階、地下2階)
高さ:110m(最高120m)
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:5,897.39
建築面積:3,778.57
延床面積:41,874.170
建築主:パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス
事業協力者:東京リバブル
設計者:東急設計コンサルタント
施工者:熊谷組
工期:2019年1月11月中旬着工〜2023年3月中旬竣工予定

道玄坂に地上30階、高さ約155mの超高層ビル建設!道玄坂二丁目南地区市街地再開発組合の設立認可!

道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京都]

 渋谷の道玄坂沿いでは「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」が計画されていますが、東京都より同事業を施工する道玄坂二丁目南地区市街地再開発組合の設立を2022年1月19日に認可すると発表がありました。

 同事業は地上30階、高さ約155mの高層棟と地上11階、高さ約60mの中層棟に分かれており、延床面積は両棟合わせて約87,100峙模で計画されています。今後のスケジュールは2022年度に権利変換計画認可と解体工事着手、2023年度に工事着手、そして2026年度に竣工予定です。

 参加組合員は三菱地所、事業協力者は三菱地所と鹿島建設、事業コンサルタントとして都市企画が参画、基本設計は山下設計・三菱地所設計の設計共同体が担当しています。

▼東京都:報道発表(2022年1月18日)
道玄坂二丁目南地区市街地再開発組合の設立を認可します

▼建設通信新聞(2022年1月19日)
道玄坂二丁目南地区再開発/組合設立が認可/延べ8.7万屐2023年度着工

▼三菱地所:ニュースリリース(2022年1月28日)
「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」再開発組合設立のお知らせ
〜渋谷駅周辺の大規模再開発に初参画〜




道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業 断面イメージ
断面イメージ[出典:東京都]

 建設地は道玄坂の坂道の途中で、坂の上側がホテルとなる中層棟、坂の下側の渋谷駅に近い側にオフィスをメインとした高層棟が配置されます。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 建設地は「渋谷マークシティ ウエスト」(地上23階、高さ95.55m)の北側で中層棟と高層棟の間には広場も整備されます。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業 整備方針イメージ図
整備方針イメージ図[出典:東京都]

 その広場からは「渋谷マークシティ ウエスト」の4階部分に接続されます。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京都]

 場所は渋谷駅の西側でハチ公広場から徒歩5分程度ですが道玄坂の坂道を登る必要があります。ただ、渋谷マークシティ内の貫通通路を通ればエスカレーターでどんどん登るので楽にアクセスすることができます。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 2019年11月30日に撮影した渋谷駅周辺の空撮です。矢印を入れたあたりが「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 赤い網掛けをした場所が計画地です。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 「渋谷スカイ」から見た「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。こちらも赤い網掛けをしました。左隣のビルが「渋谷マークシティ ウエスト」(地上23階、高さ95.55m)です。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 「渋谷パルコ」から見た「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」の計画地方面です。「新大宗ビル」の看板が見える辺りが高層棟の建設場所となります。

 その背後の「渋谷マークシティ ウエスト」の4階には京王井の頭線「渋谷」駅の改札があり、その4階部分と再開発ビルの3階が接続される計画となっています。そのまま広場を経由して道玄坂にも繋がるため新たな歩行者ネットワークが形成されることになります。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 JR渋谷駅に近い側の「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 こちら側が地上30階、高さ約155mの高層棟の建設地となります。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 その隣の駐車場がある場所は再開発には含まれていませんが、奥のビルは同再開発に含まれています。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 その隣の渋谷駅から遠い側が高さ約60mの中層棟の建設地となります。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 道玄坂を登ったところから撮影。手前の小さな建物群は同再開発には含まれていません。渋谷はまだまだ再開発の余地がある場所なので、これからも色々な再開発が出てくるのかもしれませんね。

■物件概要■
計画名称:道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区道玄坂二丁目10番他
用途:事務所、ホテル、店舗、駐車場
階数:地上30階、塔屋2階、地下3階(高層棟)、地上11階、塔屋1階、地下2階(高層棟)
高さ:約155m(高層棟)、約60m(中層棟)
構造:鉄骨造(地上)、鉄骨鉄筋コンクリート造(地下)
敷地面積:約6,720
延床面積:約87,100
建築主:道玄坂二丁目南地区市街地再開発組合
参加組合員:三菱地所
事業協力者:三菱地所・鹿島建設
設計者:三菱地所設計・山下設計設計共同体
工期:2023年度着工〜2026年度竣工予定
総事業費:約767億円

地上部建設中!地上28階「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の建設状況(2021.11.20)

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 ドン・キホーテ(パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)が建設中の複合ビル「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」(地上28階、最高高さ120m)です。渋谷スカイから2021年11月20日に撮影しました。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 場所は写真下の109の右側の文化村通りを少し進んだところにある「東急百貨店 渋谷・本店」の手前です。「旧ドン・キホーテ渋谷店」跡地も建設地の一部となっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 さらに広角で撮影。写真下が渋谷駅前のスクランブル交差点です。改札からの時間はわかりませんが表記的には渋谷駅から徒歩5分の距離となります。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:旧ドンキホーテホールディングス]

 「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の完成予想図です。文化村通りに面している部分は全て色が付いたCGとなっていますが、同再開発には含まれない既存ビルにも色が付いています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 1〜3階平面図
1〜3階平面図[出典:CBRE]

 この平面図を見た方が形がわかりやすいかと思います。飛び出た2か所が文化村通りに面した部分となっています。1階は店舗フロアとなりますが2階、3階の店舗部分はほんのわずかで事務所やロビーが大部分を占めます。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 5階平面図
5階平面図[出典:CBRE]

 5階の基準階平面図です。基準階貸床面積は524.4坪(1,736.91)となっています。飛び出た部分は会議室や倉庫として使用する会社が多くなりそうな気がします。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 立面図
立面図[出典:CBRE]

 フロア構成は1階〜3階が店舗、2階〜10階が事務所、そして中高層部の11階〜28階がホテルフロアとなります。上記平面図の通り2,3階の店舗はフロアの極一部です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 渋谷駅側から見た文化村通り沿いの「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の建設地です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 現地では鉄骨が組まれ始めています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:CBRE]

 同じ方向の完成予想図です。ここがエントランスゲートとなります。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
建物イメージ[出典:CBRE]

 最新の完成予想図ではバルコニーが無くなり完全なオフィスビルの外観に変わっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 文化村通り沿いの飛び出た部分の2ヵ所目の「旧ドン・キホーテ渋谷店」跡地です。ちなみに「MEGAドン・キホーテ 渋谷本店」があるのでこちらにドン・キホーテが入ることはないかと思います。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 今は単体のビルに見えますが背後で建設中のビル本体と接続されます。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
建物イメージ[出典:CBRE]

 同じような方向から見た完成予想図です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 建設地の周辺はビルに囲まれており撮影スポットが全然ない場所となっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 大きな通りに面しているのは先ほどの文化村通り沿いだけとなっているので、今のところメインの撮影スポットは最初に載せた渋谷スカイとなっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 現地にはテナント募集の張り紙もありました。2023年春のグランドオープンです。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。数値がところどころ違いますが、これは現地で流されている紹介映像に記載されていた数値を採用しているためです。

■物件概要■
名称:(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
所在地:東京都渋谷区道玄坂二丁目1番6号外(地名・地番)
用途:店舗、事務所、ホテル等(300室)
階数:地上28階、塔屋1階、地下1階(建築基準法上では地上27階、地下2階)
高さ:110m(最高120m)
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:5,897.39
建築面積:3,778.57
延床面積:41,874.170
建築主:パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス
事業協力者:東京リバブル
設計者:東急設計コンサルタント
施工者:熊谷組
工期:2019年1月11月中旬着工〜2023年3月中旬竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク