超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

逓信総合博物館ていぱーく

大手町二丁目地区の既存の解体状況(2015年2月21日、3月7日撮影)

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
 大手町の「逓信総合博物館ていぱーく」が入っていた「逓信ビル」の解体現場です。2月21日に撮影しました。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
 こちらは3月7日撮影です。地上部の解体が終わるまでもう少しの段階まできています。今週か来週中には地上から姿を消すかもしれません。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
 「逓信ビル」の解体後の跡地には地上35階、最高高さ182mとなるオフィスビル「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟」が建設されます。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
 一方、同再開発の敷地内で解体中だった「東京国際郵便局ビル」は2月21日の段階で地上から姿を消していました。こちらの跡地には地上33階、高さ約170mとなるオフィスビル「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟」が建設されます。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:東京都HP]

■大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の概要■
計画名:大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都千代田区大手町二丁目地内
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数(A棟):地上35階、塔屋1階、地下3階
高さ(A棟):179.00m(最高高さ182.00m)
階数(B棟):地上33階、塔屋1階、地下3階(※ 32階という情報もあり)
高さ(B棟):約170m
敷地面積:19,898.68屐柄澗痢
建築面積:13,929.00屐柄澗痢
延床面積:約199,000
構造:地上 S造、地下 SRC造、RC造、S造
建築主:独立行政法人都市再生機構、エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
設計者(A棟):日本設計
施工者(A棟):竹中工務店
設計者(B棟):大林組
施工者(B棟):大林組
工期:2015年5月15日着工〜2018年7月15日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

大手町二丁目地区の既存建物解体状況を空撮と現地から見る(2015年1月末)

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の空撮
 「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地の空撮(1月25日撮影)です。現在は「逓信ビル」と「東京国際郵便局ビル」の解体工事が行われています。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:東京都HP]

 解体後の再開発「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」では地上35階、最高高さ182mのA棟と地上33階、高さ約170mのB棟の2棟の超高層オフィスビルが建設されます。ただ、この図を見てもわかる通り低層部で繋がっているビルなので、建築基準法だと1棟扱いになるのか現地に掲示されている建築計画のお知らせではA棟の階数、高さしか記載されていません。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
 1月31日に撮影した「逓信ビル」の解体現場です。このビルには「逓信総合博物館ていぱーく」がありました。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
 「東京国際郵便局ビル」の解体現場です。外側の壁を残して解体が行われています。

大手町の超高層ビル群の空撮
 大手町の超高層ビル群の空撮です。低層のビルはどんどん超高層ビルへ建て替えが行われていますが、「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の左や上にある低層のビルで再開発の話は今のところ聞いたことがありませんが、きっとそのうち超高層ビルに建て替えられると思います。線路を超えた左下の場所では規模は不明ですが「常盤橋地区再開発事業」として再開発が計画されています。

■大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の概要■
計画名:大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都千代田区大手町二丁目地内
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数(A棟):地上35階、塔屋1階、地下3階
高さ(A棟):179.00m(最高高さ182.00m)
階数(B棟):地上33階、塔屋1階、地下3階(※ 32階という情報もあり)
高さ(B棟):約170m
敷地面積:19,898.68屐柄澗痢
建築面積:13,929.00屐柄澗痢
延床面積:約199,000
構造:地上 S造、地下 SRC造、RC造、S造
建築主:独立行政法人都市再生機構、エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
設計者(A棟):日本設計
施工者(A棟):竹中工務店
設計者(B棟):大林組
施工者(B棟):大林組
工期:2015年5月15日着工〜2018年7月15日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の既存建物解体状況(2014年12月末)

東京スカイツリーから見た大手町
 元旦に東京スカイツリーから撮影した大手町の超高層ビル群です。

 写真中央下のクレーンが見える場所では2棟のビルの解体工事が行われており、解体後の跡地は「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」として地上35階、最高高さ182mと地上33階、高さ約170mの超高層オフィスビルが2棟建設されます。前まで東京駅と神田駅の間を電車で移動中に見えた大きなパーキングだった場所です。

東京国際郵便局ビル
 スカイツリーからも見えていた解体中の「東京国際郵便局ビル」です。8階建てのビルでしたが上から3フロア分解体されて5階建てになっています。

 解体後の跡地は手前の敷地も使って「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟」(地上32階、高さ約170m)が建設されます。

逓信ビル(逓信総合博物館ていぱーく)
 解体工事中の「逓信ビル」です。「逓信総合博物館ていぱーく」が入っていたビルです。

逓信ビル(逓信総合博物館ていぱーく)
 こちらのビルは横から解体しています。

逓信ビル(逓信総合博物館ていぱーく)
 解体中の建物は世紀末的な感じがして結構好きだったります。これは12月30日の撮影なのでまだ解体中の様子は見ることが出来ます。

 解体後の跡地は「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟」(地上35階、最高高さ182m)が建設されます。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:東京都HP]

 この完成予想図からも何となくわかるかと思いますがA棟とB棟は低層部で繋がります。そのため建築基準法では1棟扱いとなるのか現地計画計画のお知らせには高いA棟の階数と高さしか記載されていません。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の配置図[出典:東京都]

 A棟とB棟はこのように配置されます。また右上にも描かれていますが人道橋が整備されます。

■大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の概要■
計画名:大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都千代田区大手町二丁目地内
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数(A棟):地上35階、塔屋1階、地下3階
高さ(A棟):179.00m(最高高さ182.00m)
階数(B棟):地上33階、塔屋1階、地下3階(※ 32階という情報もあり)
高さ(B棟):約170m
敷地面積:19,898.68屐柄澗痢
建築面積:13,929.00屐柄澗痢
延床面積:約199,000
構造:地上 S造、地下 SRC造、RC造、S造
建築主:独立行政法人都市再生機構、エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
設計者(A棟):日本設計
施工者(A棟):竹中工務店
設計者(B棟):大林組
施工者(B棟):大林組
工期:2015年5月15日着工〜2018年7月15日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の既存建物解体状況(2014年12月7日)

大手町の空撮
 超高層ビル建設が続いている大手町の空撮です。中央に見える大きな空き地が「大手町二丁目地区」で、「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」が行われています。

 同再開発の対象地はこの空き地とそれに隣接したビルも含むL字型の敷地で、現在は既存ビルの解体工事が行われています。空き地の左上が「逓信ビル(逓信総合博物館ていぱーく)」で右上が「東京国際郵便局ビル」です。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
 12月7日に撮影した解体工事中の「逓信ビル(逓信総合博物館ていぱーく)」です。解体後の跡地には「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟」(地上35階、最高高さ182m)が建設されます。

逓信ビル(逓信総合博物館ていぱーく)
 東側からは解体真っ最中の「逓信ビル」を見ることが出来ました。

逓信ビル(逓信総合博物館ていぱーく)
 東側の3フロア分が既に解体されています。こういったビルは屋上に重機を乗せて上から解体するものだと思っていましたが下から解体なんですね。

■大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟の概要■
計画名:大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
所在地:東京都千代田区大手町二丁目地内
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上35階、塔屋1階、地下3階
高さ:179.00m(最高高さ182.00m)
敷地面積:19,898.68屐柄澗痢
建築面積:13,929.00屐柄澗痢
延床面積:約199,000
構造:地上 S造、地下 SRC造、RC造、S造
建築主:独立行政法人都市再生機構、エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
設計者:日本設計
施工者:竹中工務店
工期:2015年5月15日着工〜2018年7月15日竣工予定


大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
 解体工事中の「東京国際郵便局ビル」です。このビルの周りを歩いてみましたが中は見えませんでした。解体後の跡地には「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟」(地上33階、高さ約170m)が建設されます。

■大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟の概要■
計画名:大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
所在地:東京都千代田区大手町二丁目地内
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上33階、塔屋1階、地下3階(※ 32階という情報もあり)
高さ:約170m
敷地面積:19,898.68屐柄澗痢
建築面積:13,929.00屐柄澗痢
延床面積:約150,000
構造:地上 S造、地下 SRC造、RC造、S造
建築主:独立行政法人都市再生機構、エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2015年5月15日着工〜2018年7月15日竣工予定


大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:東京都HP]

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建築計画のお知らせです。A棟とB棟がありますが建築計画のお知らせはこの1種類だけでした。低層階では両棟が繋がっているので建築基準法上では1棟扱いということだと思います。


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

大手町駅周辺の再開発状況(2014年10月)

(仮称)三井住友銀行本店東館計画

(仮称)三井住友銀行本店東館計画
 2日前に「(仮称)大手町1-1計画」の建設状況を載せましたが、今日はその周辺の超高層ビルの建設状況です。

 これはほぼ外観が完成した「(仮称)三井住友銀行本店東館計画」(地上29階、高さ150m)です。撮影した10月12日時点で低層部の足場が撤去中だったので近いうちに全景を見られるようになるかと思います。竣工は2015年2月末の予定です。

■(仮称)三井住友銀行本店東館計画の物件概要■
名称:(仮称)三井住友銀行本店東館計画
所在地:東京都千代田区丸の内一丁目8-6,19他
用途:事務所、ホール、駐車場
高さ:高さ150m、地上29階、塔屋2階、地下4階
敷地面積:5,960.07
建築面積:3,382.09
延床面積:89,115.85
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
建築主:三井住友銀行
設計:日建設計
施工:鹿島・三井住友・熊谷・鴻池 建設工事共同企業体
工期:2012年1月1日〜2015年2月28日完了予定

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
 「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟」(地上35階、高さ約179m)の建設地です。「逓信ビル(逓信総合博物館ていぱーく)」の解体準備が進んでおり足場で覆われていました。来年春頃までには解体され、2015年6月からの着工予定となっています。

 「逓信総合博物館」はこの建替のため2013年8月31日に閉館となりましたが、博物館の一部が「郵政博物館」として「東京スカイツリータウン」に移転して2014年3月1日にオープンしています。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
 隣の「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟」(地上32階)の建設地です。背後の「東京国際郵便局ビル」もB棟の敷地ですが、今は手前のコインパーキングだった部分のみ工事をしているように見えました。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:東京都HP]

 手前がA棟で右後ろに少しだけ見えているのがB棟です。B棟の高さは判明していませんが、A棟との差は10mないと思います。

■大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の概要■
計画名:大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都千代田区大手町二丁目地内
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数(A棟):地上35階、地下3階
階数(B棟):地上33階、地下3階
高さ(A棟):179m(最高高さ182m)
高さ(B棟):約170m
敷地面積:約2.0ha
延床面積(A棟):約199,000
延床面積(B棟):約150,000
建築主:独立行政法人都市再生機構、エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
設計者(A棟):日本設計
施工者(A棟):竹中工務店
設計者(B棟):大林組
施工者(B棟):大林組
工期:2015年6月着工〜2018年5月竣工予定

(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業

(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟
 「大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟」(地上31階、高さ168.28m)の建設地です。「日本政策投資銀行本店ビル」「公庫ビル」の跡地です。

(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟
大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟の完成予想図[出典:東京都HP]

 超高層ビルが密集している大手町ですが、A棟の北側には超高層ビルはなく、逆光でブラインドを閉める必要もないのでここで働く人は素晴らしい景色を見ることが出来そうです。

■(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟の物件概要■
名称:(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟
所在地:東京都千代田区大手町一丁目9番
階数:地上31階、塔屋2階、地下4階
高さ:高さ168.28m
敷地面積:11,171.91(全体)
建築面積:7,146.76(全体)
延床面積:205,354.38(全体)
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計・NTTファシリティーズ
施工者:戸田建設
工期:2014年4月1日着工〜2016年4月1日完了予定

(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 B棟
 「(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 B棟」(地上18階、高さ87.67m)の建設地です。ここは「新公庫ビル」の跡地で「大手町温泉」もある星野リゾートのホテル「星のや東京」(総客室数84室)となります。

(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 B棟
大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 B棟の完成予想図[出典:東京都HP]

 こちらはA棟と違って四方を超高層ビルで囲まれた立地なので客室からの景色はほぼないものと思われます。ただ、「星のや東京」はホテルではなく日本旅館ということなので、景色を楽しむのではなく部屋の雰囲気を楽しむ宿泊施設になりそうです。

■(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 B棟の物件概要■
名称:星のや東京
所在地:東京都千代田区大手町一丁目9番
階数:地上18階、塔屋1階、地下3階
高さ:高さ87.67m
客室数:84室
敷地面積:11,171.91(全体)
建築面積:7,146.76(全体)
延床面積:205,354.38(全体):約12,200(単体)
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計・NTTファシリティーズ
施工者:戸田建設
工期:2014年4月1日着工〜2016年4月1日完了予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク