超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

赤坂見附アネックス

赤坂見附に森トラストが地上26階、高さ140mの「(仮称)元赤坂一丁目計画」を建設!現在は既存ビル解体中(2022.5.6)

(仮称)元赤坂一丁目計画

 森トラストによる赤坂見附駅前の再開発「(仮称)元赤坂一丁目計画」の計画地方面です。2022年5月6日に青山通りに架かる歩道橋から撮影しました。

 中央の超高層ビルが「赤坂Kタワー」(地上30階、高さ157.93m)で、その手前で解体工事用の足場が組んでいるビルが同再開発の計画地となります。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 計画地にズームです。既存ビルの「赤坂見附MTビル」と「赤坂見附アネックス」はアサノ大成基礎エンジニアリングによって2022年3月10日〜12月26日の工期で解体工事が行われています。撮影時は解体用の足場を組んでいるところでした。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 跡地に建設される超高層ビルの規模は地上26階、塔屋1階、地下2階、高さ140m、敷地面積2,398.91屐建築面積1,200屐延床面積31,000屬妊曠謄襪隼務所で構成される複合ビルとなります。建築主は森トラスト、設計者はプランテック、施工者は未定で、2022年8月1日着工、2025年2月14日の竣工予定です。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 撮影から2週間近く経っているので現在は既存ビル全体に足場が設置されているかと思います。また、右後ろの超高層ビルは赤プリ跡地の「東京ガーデンテラス紀尾井町」(地上36階、高さ180m)です。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 「赤坂Kタワー」側から撮影。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 計画地との間には広場状の公開空地があります。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 北西側から撮影。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 計画地の北側にある弁慶濠に架かる弁慶橋から撮影。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 1枚目と同じ敷地東側の青山通りに架かる歩道橋から撮影。背の高い方の高架は首都高新宿線、背の低い方の高架は赤坂見附交差点の上空を通る青山通りです。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 2020年12月18日にヘリから撮影した赤坂見附駅周辺の空撮です。赤い網掛けをした場所が「(仮称)元赤坂一丁目計画」の計画地です。建築面積が約1,200屬靴ないので周辺の超高層ビルと比べるとかなりスリムな形状となりそうです。



(仮称)元赤坂一丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)元赤坂一丁目計画
所在地:東京都港区元赤坂一丁目201番1、205番3
交通:東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附」駅、東京メトロ半蔵門線・南北線・有楽町線「永田町」駅
用途:ホテル、事務所
階数:地上26階、塔屋1階、地下2階
高さ:140m(最高高さ140m)
構造:鉄骨造、SRC造、一部RC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:2,398.91
建築面積:1,200
延べ面積:31,000
建築主:森トラスト
設計者:プランテック
施行者:未定
工期:2022年8月1日着工〜2025年2月14日竣工予定
解体工期:2022年3月10日〜2022年12月26日

森トラストによる「(仮称)元赤坂一丁目計画」の既存ビルの解体工事が2022年3月10日から開始!跡地には地上26階、高さ140mの事務所、ホテルを建設へ

(仮称)元赤坂一丁目計画

 森トラストが赤坂見附駅近くの再開発「(仮称)元赤坂一丁目計画」の計画地の空撮(2020年12月18日撮影)です。赤い網掛けをした場所が計画地で、既存ビルの「赤坂見附MTビル」と「赤坂見附アネックス」の解体工事が2022年3月10日〜12月26日の工期でアサノ大成基礎エンジニアリングの施工によって行われることになりました。

 解体後の跡地に建設される超高層ビルの規模は地上26階、塔屋1階、地下2階、高さ140m、敷地面積2,398.91屐建築面積1,200屐延床面積31,000屬妊曠謄襪隼務所で構成される複合ビルとなります。建築主は森トラスト、設計者はプランテック、施工者は未定で、2022年8月1日着工、2025年2月14日の竣工予定となっています。

 建設地の左後ろは「赤坂Kタワー」(地上30階、高さ157.93m)、左下が「プルデンシャルタワー」(地上38階、高さ158.35m)、右側の大きなビルが赤プリ跡地の「東京ガーデンテラス紀尾井町」(地上36階、高さ180m)、その左側で半分くらい見えている茶色のビルが「ホテルニューオータニ ガーデンコート」(地上30階、最高高さ134.7m)です。高



赤坂見附MTビル 解体工事のお知らせ

 「赤坂見附MTビル」の解体工事のお知らせです。延床面積17,300屬任修譴覆蠅紡腓なビルとなっています。



赤坂見附アネックス 解体工事のお知らせ

 「赤坂見附アネックス」の解体工事のお知らせです。延床面積1,300屬脳規模なビルとなっています。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 「(仮称)元赤坂一丁目計画」(地上26階、高さ140m)の計画地方面です。背後のビルが「赤坂Kタワー」(地上30階、高さ157.93m)です。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 計画地内にある既存ビルの「赤坂見附MTビル」にズームです。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 「SUNTORY」の看板がありますがここはかつてサントリーの本社が入っていた「旧東京サントリービル」です。森トラストに売却され「赤坂見附MTビル」に名称が変更されています。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 場所は赤坂見附交差点に面した角地で目の前には「赤坂見附」駅の出入口があります。



赤坂見附

 赤坂見附交差点の上空には交差点を通過できる高架があり、その背後には首都高新宿線も通っています。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 南側から見た計画地方面です。左側の小規模なビルが「赤坂見附アネックス」です。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 「赤坂見附MTビル」と「赤坂見附アネックス」はパッと見た感じではくっついているビルにも見えますが別のビルです。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 近くから見てもビルとビルの隙間があまりないため、こういったデザインのビルに見えてしまいます。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 「赤坂見附MTビル」の北側にあった植栽のほとんどが伐採されていました。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 その植栽部分で使用していた石でしょうか?端に瓦礫が集められていました。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 計画地の北側には外堀通りが通っており弁慶濠もあります。



(仮称)元赤坂一丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)元赤坂一丁目計画
所在地:東京都港区元赤坂一丁目201番1、205番3
交通:東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附」駅、東京メトロ半蔵門線・南北線・有楽町線「永田町」駅
用途:ホテル、事務所
階数:地上26階、塔屋1階、地下2階
高さ:140m(最高高さ140m)
構造:鉄骨造、SRC造、一部RC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:2,398.91
建築面積:1,200
延べ面積:31,000
建築主:森トラスト
設計者:プランテック
施行者:未定
工期:2022年8月1日着工〜2025年2月14日竣工予定
解体工期:2022年3月10日〜2022年12月26日

森トラストが赤坂見附に高さ140mの超高層複合ビル建設!地上26階「(仮称)元赤坂一丁目計画」の計画地の様子

(仮称)元赤坂一丁目計画

 2020年12月18日にヘリから撮影した赤坂見附駅周辺です。写真中の赤い網掛けをした場所で森トラストによる超高層複合ビル「(仮称)元赤坂一丁目計画」が建設されることになりました。

 規模は地上26階、塔屋1階、地下2階、高さ140m、敷地面積2,398.91屬紡个靴瞳築面積1,200屐延床面積31,000屐▲侫蹈構成は不明ですがホテルと事務所で構成されます。建築主は森トラスト、設計者はプランテック総合計画事務所、施工者は未定で、2022年8月1日着工、2025年2月14日の竣工予定となっています。

 建設地の背後は「赤坂Kタワー」(地上30階、高さ157.93m)でこれよりも少し低いビルとなります。また、右側の大きなビルが赤プリ跡地の「東京ガーデンテラス紀尾井町」(地上36階、高さ180m)でその左側の茶色のビルが「ホテルニューオータニ ガーデンコート」(地上30階、最高高さ134.7m)です。これと同じくらいの高さの複合ビルとなります。



赤坂Kタワー

 2021年3月27日に撮影した「(仮称)元赤坂一丁目計画」の計画地方面です。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 「赤坂Kタワー」の手前にある「赤坂見附MTビル」(地上11階、地下2階、1975年2月)と「赤坂見附アネックス」(地上10階、地下1階、1964年6月)が建設地となります。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 弁慶橋から弁慶濠越しに撮影。



THE ROSE & CROWN

 「赤坂見附MTビル」の1階に入っていた「ザ・ローズ&クラウン 赤坂店」は2020年12月25日に閉店していました。この時期の閉店はコロナの影響と思われそうですが、再開発となると建替えに向けた閉店だったのかもしれないですね。



赤坂Kタワー

 「(仮称)元赤坂一丁目計画」の隣に建つ「赤坂Kタワー」は鹿島建設が企画・開発・設計・施工し所有する超高層複合ビルで、左の低いビルは鹿島建設の本社となっています。そんな鹿島建設と関わりのある地のため施工者は鹿島建設になるのではと思っています。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 少しズームです。青い案内標識のすぐ後ろの小さなビルが既存ビルの「赤坂見附アネックス」(地上10階、地下1階、1964年6月)です。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 その「赤坂見附アネックス」の背後が「赤坂見附MTビル」(地上11階、地下2階、1975年2月)です。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 現地には建築計画のお知らせが設置されていましたが、解体工事のお知らせはまだ設置されていませんでした。着工予定が来年8月のため1年後には既存ビルの地上部は姿を消していそうです。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 建設地は三角形の角地で建築面積は1,200屬靴ありません。高さ140mの超高層ビルとしては細身な外観となりそうです。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 ちなみに既存ビルが解体されたタイミングが背後の「赤坂Kタワー」(地上30階、高さ157.93m)をキレイに撮る最初で最後のチャンスだと思っています。



(仮称)元赤坂一丁目計画 計画地案内図

 現地に掲載されていた計画地案内図です。目の前には赤坂見附駅に繋がる地下通路の入り口があります。



(仮称)元赤坂一丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)元赤坂一丁目計画
所在地:東京都港区元赤坂一丁目201番1,205番3
用途:ホテル、事務所
階数:地上26階、塔屋1階、地下2階
高さ:140m(最高高さ140m)
構造:鉄骨造、SRC造、一部RC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:2,398.91
建築面積:1,200
延べ面積:31,000
建築主:森トラスト
設計者:プランテック総合計画事務所
施行者:未定
工期:2022年8月1日着工〜2025年2月14日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク