超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

豊洲地区1-1街区開発計画

地上48階、高さ約180m「ブランズタワー豊洲」の建設状況(2020.9.22)

ブランズタワー豊洲

 豊洲駅のすぐ近くで建設中のタワーマンション「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。豊洲駅とは反対側にある東電堀越しに撮影しました。



ブランズタワー豊洲

 左の方に階数表記がある通り撮影した2020年9月22日時点では22階部分が建設中でした。



ブランズタワー豊洲

 近くから撮影。建設地は「豊洲ぐるり公園」に隣接しています。



ブランズタワー豊洲

 隣にある「豊洲西小学校」越しに撮影。こういったタワーマンションや超高層ビルが当たり前にある環境で育った子供でも超高層好きになったりするんですかね?自分の場合は10階建てくらいのマンションでも見上げるような環境で育ったので超高層に憧れがありました。



ブランズタワー豊洲

 「ブランズタワー豊洲」と「豊洲西小学校」の間では小学校の増築工事が行われています。同化してわかりにくいですが手前が小学校の増築工事で奥が「ブランズタワー豊洲」です。この増築用の土地はタワマン建設によって小学校が定員オーバーとならないように江東区に譲渡した土地です。



ブランズタワー豊洲

 ゲストルーム、パーティルーム、フィットネスルームなどの共用施設は4階に集約され5階からが住宅フロアとなります。その5階は普通のマンションだと8階くらいの高さはありそうです。また、共用施設としては33階の西角にビューラウンジも設置されます。



ブランズタワー豊洲

 「豊洲公園」と「豊洲ベイサイドクロス」を結ぶ橋から見た「ブランズタワー豊洲」です。



ブランズタワー豊洲

 少し離れた場所から撮影。まだ半分にも達していませんがかなりの迫力です。



ブランズタワー豊洲

 「ららぽーと豊洲」前の公園?から撮影。駅のすぐ近くなのに広い公園があり、ららぽーとがあり、そして水辺もある。個人的に好きな条件が揃ったタワマンです。これで最上階に共用施設が集約されていれば完璧でした。完璧でも経済的理由により買えませんが(^^;)



ブランズタワー豊洲

 晴海大橋から見た「ブランズタワー豊洲」です。



ブランズタワー豊洲

 少し広角で撮影。豊洲ぐるり公園はここまで続いています。



豊洲

 豊洲全体です。左端には東京スカイツリーも見えています。水辺と超高層は似合いますね。



ブランズタワー豊洲

 最後は9月28日に江戸川区の自宅から見た「ブランズタワー豊洲」です。レインボーブリッジのケーブルが見えなくなりました。引っ越して来た頃は結構レインボーブリッジが見えていたのですが、どんどん見えなくなってきています(^^;)



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。公式HPを見ると現在は先着順申込受付中で32戸が4720万円〜2億1700万円で販売中です。間取りは1LDK〜3LDK、専有面積は43.41屐112.52屬箸覆辰討い泙后

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸(その他、店舗等あり。事業協力者住戸1戸含む)
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,187.58
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズ
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

地上48階、高さ約180m「ブランズタワー豊洲」の建設状況(2020.8.10)

ブランズタワー豊洲

 豊洲駅前で建設中のタワーマンション「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。「ブランズ」の冠が付くタワーマンションですが売主は東急不動産だけではなくNIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズの4社となっています。

 これは昨日、2020年8月10日の撮影ですが工事用エレベータの表記では17階まで建設が進んでいました。ただ、3階部分が3フロア分くらいの高さがあるようなので階数表記以上の高さに見えます。



ブランズタワー豊洲

 豊洲公園から撮影。前回撮影に来たときは養生中で芝生には入れない状態でしたが既に開放されていました。



ブランズタワー豊洲

 普段はこの芝生で遊ぶ子供が多いのですが暑さのせいか少なかったです。それにしても「ブランズタワー豊洲」の北西向きの部屋ならばこの豊洲公園が目の前のため永久眺望と言って良い部屋になりますね。



ブランズタワー豊洲

 もし自分が「ブランズタワー豊洲」の住民ならばこの道を歩きながら自分の部屋を見ていそうです。



ブランズタワー豊洲

 周辺には大きな建物がないのでどこから撮っても絵になるマンションです。



ブランズタワー豊洲

 南側から撮影。



ブランズタワー豊洲

 こちら側には東電堀があるためこの方向も永久眺望が保障されていると言えそうです。



ブランズタワー豊洲

 隣では豊洲西小学校の増築工事が始まっていました。この土地は小学校が定員オーバーとならないように江東区に譲渡した土地となっています。総戸数は1152戸のため3000人くらい人口が増えることになると思いますがそうなると子供も一気に増えますからね。



ブランズタワー豊洲

 江戸川区の自宅からも「ブランズタワー豊洲」が見えるようになってきました。レインボーブリッジの主塔が隠れない位置で良かったです。



ブランズタワー豊洲 完成予想図
完成予想図[出典:公式HP]

 東電堀越しに見た「ブランズタワー豊洲」の完成予想図です。



ブランズタワー豊洲 完成予想図
完成予想図[出典:公式HP]

 敷地周辺には7950屬領价篭間が整備され「豊洲ぐるり公園」や「豊洲六丁目第二公園」などと繋がります。また、敷地内にはスーパーマーケット(図の左)と認可保育所(図の右)も建設されます。

 ゲストルーム、パーティルーム、フィットネスルームなどの共用施設は4階に集約されますが、33階の西角にはビューラウンジも設置されます。



ブランズタワー豊洲 スカイビューラウンジ完成予想図
スカイビューラウンジ完成予想図[出典:公式HP]

 そのスカイビューラウンジの完成予想図です。



ブランズタワー豊洲 スカイビューラウンジ完成予想図
スカイビューラウンジ完成予想図[出典:公式HP]

 億超えの部屋も多数あるタワーマンションなのでこういった共用施設の造りも豪華なんでしょうね。お金があれば住んでみたいタワーマンションです。公式HPを見ると現在は先着順受付中で販売戸数は49戸、間取りは1LDK〜3LDK、専有面積は43.41屐112.52屐販売価格は4500万円〜2億1700万円となっています。



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸(その他、店舗等あり。事業協力者住戸1戸含む)
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,187.58
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズ
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

地上48階「ブランズタワー豊洲」の建設状況(2020.5.30)

ブランズタワー豊洲

 豊洲駅から徒歩4分の位置で建設中のタワーマンション「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。目の前には豊洲ぐるり公園、豊洲六丁目第二公園、東電堀があり、そして敷地内にはスーパーマーケットという住みやすそうな場所が建設地となっています。

 名称には東急不動産のマンションブランド「ブランズ」の冠が付いていますが売主は東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズの4社となっています。


ブランズタワー豊洲

 豊洲西小学校の隣あたりから撮影。敷地の一部を江東区に譲渡し定員オーバーとならないように豊洲西小学校が増築されます。



ブランズタワー豊洲

 ゆりかもめの高架を超えたところにある豊洲公園から撮影。テントを張ってくつろぐ家族連れもいました。



ブランズタワー豊洲

 こちらは6月3日に同じ場所から撮影した夜の「ブランズタワー豊洲」です。



ブランズタワー豊洲

 豊洲公園の広い芝生エリアは養生中で入れなくなっており撮りやすい状態となっていました。普段は走り回って遊ぶ子供が多く撮るのを諦めている撮影スポットです。



ブランズタワー豊洲

 豊洲公園と豊洲ベイサイドクロスを結ぶ新設された橋から見た「ブランズタワー豊洲」です。現時点でも結構大きなマンションに見えますが、地上48階建てなのでまだ高くなり、総戸数は1152戸という巨大なタワーマンションとなります。

 共用施設として4階に2つのパーティルーム、3つのゲストルーム、フィットネスルームなどが設置され、33階には東京都心方面を眺められるビューラウンジが設置されます。4階はグランドエントランスホールにもなっており、一旦その4階を経由して住宅フロアに行く導線となります。



ブランズタワー豊洲

 同じ橋から撮影した夜の様子です。



ブランズタワー豊洲

 おまけで豊洲公園の遊具と一緒に撮影。



ブランズタワー豊洲

 晴海大橋から撮影した「ブランズタワー豊洲」です。



ブランズタワー豊洲

 晴海側から撮影。緊急事態宣言に伴い営業は一時休止していましたが、今は完全予約制で営業再開をしており、2020年7月上旬から第2期3次販売の予定となっています。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸(その他、店舗等あり。事業協力者住戸1戸含む)
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,187.58
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズ
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

豊洲駅徒歩4分!地上48階、高さ180m「ブランズタワー豊洲」の建設状況(2020.1.11)

ブランズタワー豊洲

 豊洲で建設中のタワーマンション「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。ちょうど東電堀から水陸両用バスのスカイダックが陸に上がって移動して行くところを撮れました。



ブランズタワー豊洲

 少し移動してもう1枚。背後で建設中の超高層ビルは「豊洲ベイサイドクロスタワーB」(地上24階、高さ125m)でその背後が「豊洲ベイサイドクロスタワーA」(地上36階、高さ180m)です。



ブランズタワー豊洲
完成予想図[出展:公式HP]

 同じような方向から見た「ブランズタワー豊洲」の完成予想図です。東急不動産の「ブランズ」の冠が付いた名称ですが売主は東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズの4社です。総戸数は1152戸という巨大なタワーマンションとなります。



ブランズタワー豊洲
空撮イメージイラスト[出展:公式HP]

 このように豊洲駅までは徒歩4分の距離で道路を渡れば「豊洲公園」や「アーバンドッグららぽーと豊洲」があり、そして敷地内にはスーパーマーケットも建設予定となっています。



ブランズタワー豊洲
配置図[出展:公式HP]

 敷地内にはスーパーマーケットの他、認可保育所も建設されます。また、右下にある小増設予定地は再開発により小学校が定員オーバーとなるため江東区に譲渡する土地で、江東区立豊洲西小学校が増築されます。



ブランズタワー豊洲

 その豊洲西小学校が増築される建設現場前あたりから見た「ブランズタワー豊洲」です。



ブランズタワー豊洲

 ゆりかもめの高架下から撮影。共用施設として4階に2つのパーティルーム、3つのゲストルーム、フィットネスルームなど、33階に東京都心方面を眺められるビューラウンジが設置されます。4階はグランドエントランスホールにもなっており、その4階を経由して住宅フロアに行く導線となります。撮影時はその4階あたりが建設中でした。



ブランズタワー豊洲

 隣の「豊洲公園」から撮影。



ブランズタワー豊洲

 もうちょっと離れた場所から撮影。ゆりかもめの高架より高くなったことがわかります。



ブランズタワー豊洲

 最後は晴海大橋から見た「ブランズタワー豊洲」です。手前に戸建てが見えますが住宅展示場です。



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸(その他、店舗等あり。事業協力者住戸1戸含む)
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,271.01
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズ
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

地上48階、高さ約180m「ブランズタワー豊洲」の建設状況と空撮(2019.11.30)

ブランズタワー豊洲

 2019年11月30日のヘリによる豊洲の空撮です。この中で中央にタワークレーンがある場所が建設中のタワーマンションが「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。右上は昨日のブログに載せた豊洲駅前の「豊洲ベイサイドクロス」(地上36階、高さ180m)です。



ブランズタワー豊洲

 左は「豊洲西小学校」で「ブランズタワー豊洲」との間に仮囲いがありますが、ここのスペースはタワーマンション建設による児童増加に対応するため校舎建設用地として譲渡した土地部分です。



ブランズタワー豊洲
配置図[出展:公式HP]

 向きは違いますがこの配置図のように敷地内には認可保育所とスーパーマーケットも建設されます。また、周辺は7950屬領价篭間となり「豊洲ぐるり公園」や「豊洲六丁目第二公園」などと繋がります。



ブランズタワー豊洲

 マンション本体にズームです。



ブランズタワー豊洲

 周辺は学校や公園、東電堀となっているので左のマンションがある箇所以外は超高層が建設される可能性は低く今後も眺望は確保されそうです。目の前の水色の高架はゆりかもめです。



ブランズタワー豊洲

 ここは宝くじが当たれば購入したい場所でしたが残念ながら毎回300円しか当たりません。



ブランズタワー豊洲

 ゆりかもめの高架下から見た「ブランズタワー豊洲」です。まだ3,4階くらいですかね。



ブランズタワー豊洲

 背後に見える「豊洲ベイサイドクロスタワー」(地上36階、高さ180m)がある辺りが豊洲駅で徒歩4分の距離です。



ブランズタワー豊洲

 東電堀越に撮影。ここから見るのが一番キレイに見えそうです。



ブランズタワー豊洲
完成予想図[出展:公式HP]

 公式サイトの完成予想図も同じような方向からの図となっています。33階には共用施設としてスカイビューラウンジが設置され、4階には2つのパーティルーム、3つのゲストルーム、フィットネスルームなどが設置されます。



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 隣にはもう一つの建築計画のお知らせも設置されています。年明けの1月中旬からは第1期3次の販売が開始予定となっています。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸(その他、店舗等あり。事業協力者住戸1戸含む)
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,271.01
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク