超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

豊洲シビックセンター

オープンしたばかりの豊洲シビックセンターからの眺め!

豊洲シビックセンターからの眺め
 2015年9月24日にオープンした「豊洲シビックセンター」(地上12階、高さ69.90m)の10階にあるテラスからの眺めです。

豊洲シビックセンターからの眺め
 「豊洲シビックセンター」の9階〜11階が図書館となっていますが、11階は図書館というよりキッズフロアでした。そのため一般の人が使えるテラスは10階となります。

豊洲シビックセンターからの眺め
 南西側にはガラスが入っているので、テラス内の木々は反射して入ってしまいました。

豊洲シビックセンターからの眺め
 この方向に東京五輪の選手村が建設されます。

豊洲シビックセンターからの眺め
 レインボーブリッジです。

豊洲シビックセンターからの眺め
 ゆりかもめです。手前の消防署の建物が伸びて来るので、ゆりかもめの線路をこうして見られるのはあとわずかです。

豊洲シビックセンターのテラス
 10階のテラスです。朝の雨が残っていたのでテラス席を使っている人は誰もいませんでした。

豊洲シビックセンターからの眺め
 11階の階段脇から見た豊洲センタービルです。私事ですが右側のアネックスに協力社員として通勤していたことがあります。

豊洲シビックセンターからの眺め
 超高層がない豊洲の街並みです。

豊洲シビックセンターからの眺め
 豊洲駅駅前の交差点です。右下にゆりかもめが見えていますが延伸されることはあるんですかね?

豊洲シビックセンター
 地上から見た「豊洲シビックセンター」です。館内の案内図に12階に屋上と書いてあったのですが、係の人に聞いてみたところ屋上は一般開放していないそうです。

豊洲シビックセンター
 少し離れたところから見た「豊洲シビックセンター」です。こうして見ると小さいですが眺めは良かったです。左側には「豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発」として地上35階、高さ180mのA棟、地上23階、高さ145mのB棟、そしてその2棟の間には高さ80mのC棟が建設される予定なので、今のうちに景色を楽しんでおくことをオススメします。

■豊洲シビックセンターの概要■
計画名:豊洲シビックセンター
所在地:東京都江東区豊洲2丁目2番
階数:地上12階、塔屋1階、地下1階
高さ:69.90m
用途:出張所、ホール、レクホール、会議室、図書館、駐車場等
敷地面積:3,300.00
建築面積:1,980.00
延床面積:15,600.00
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造および鉄筋コンクリート造
建築主:江東区
設計者:日建設計
施工者:鴻池・多田・増 建設共同企業体
工期:2013年2月1日着工〜2015年7月竣工予定
オープン:2015年9月24日

(仮称)丸仁豊洲5丁目プロジェクトの建設状況(2015年5月23日)

(仮称)丸仁豊洲5丁目プロジェクト
 豊洲駅近くで建設中の「(仮称)丸仁豊洲5丁目プロジェクト」(地上17階、最高高さ69.9m)です。低層が店舗でその上がマンションとなっていますが、分譲か賃貸かは判明していません。ただ、建築主の丸仁は賃貸マンションを何棟か所有しているようなので賃貸マンションになるものと思われます。

 背後のタワーマンションは「豊洲シエルタワー」(地上40階、最高高さ144.35m)で豊洲駅の隣です。ゆりかもめと有楽町の豊洲駅の出入口はそのすぐ近くです。圧縮効果とかではなくこの「(仮称)丸仁豊洲5丁目プロジェクト」からも豊洲駅は近いです。

(仮称)丸仁豊洲5丁目プロジェクト
 反対側から見た「(仮称)丸仁豊洲5丁目プロジェクト」です。撮影時点で14階くらいでしょうか?17階まで伸びても最高高さ69.9mには届かない気がするのですが、これから階高が高くなったり、塔屋が物凄く高かったりするんですかね。謎が多い物件です。

(仮称)丸仁豊洲5丁目プロジェクト
 豊洲6丁目の商業施設「キャナルプレイス豊洲」近くから撮影した「(仮称)丸仁豊洲5丁目プロジェクト」です。この方向はキレイに抜けているようです。

 このように部屋の正面が抜けていると、部屋に入った瞬間の眺めが気持ちが良いです。某ツインタワーのお見合い部屋に入ったことがあるのですが、部屋に入った瞬間に見えるのは隣のマンションだけで、しかも窓が額縁代わりとなってお見合い部屋が切り取られて見えるのでやたらと目立ちます。ここのこの方向はそういったことがなさそうですね。

豊洲
 こちらは晴海大橋から見た豊洲駅方面です。右側の建設中のマンションが「(仮称)丸仁豊洲5丁目プロジェクト」です。左の屋根が斜めの建物が9月24日開業予定の「豊洲シビックセンター」(地上12階、高さ69.90m)です。

■(仮称)丸仁豊洲5丁目プロジェクトの物件概要■
名称:(仮称)丸仁豊洲5丁目プロジェクト
所在地:東京都江東区豊洲5丁目2番8外
用途:共同住宅・店舗
階数:地上17階、塔屋1階
高さ:69.0m(最高高さ69.9m)、
敷地面積:3,573.23
建築面積:1,450.00
延床面積:17,600.00
構造:鉄筋コンクリート造(免震構造)
基礎工法:杭基礎
建築主:丸仁ホールディングス
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2014年7月1日着工予定〜2016年2月29日竣工予定

豊洲シビックセンターの建設状況(2015年2月21日撮影)

豊洲シビックセンター
 豊洲駅前で建設中の「豊洲シビックセンター」(地上12階、高さ69.90m)です。江東区の出張所、文化センター、図書館などが入るビルとなります。外観は完成に近付いているように見えますが、開業は約半年後の9月24日予定です。

豊洲シビックセンター
 「豊洲シビックセンター」の高層部にズームです。11階には東京湾への眺望を活かした展望ラウンジ、12階の屋上には屋上庭園が出来る予定となっています。

豊洲シビックセンター
 「豊洲シビックセンター」の目の前には広大な空き地がありますが、ここは「豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発」の計画地で、地上35階、高さ180mのA棟、地上23階、高さ145mのB棟、そしてその2棟の間には高さ80mのC棟が建設予定です。A棟はこの写真だと左側で、B棟は右の海側となります。A棟の高層階はホテルとなる予定です。

 今は特徴的な外観で高さの割には「豊洲シビックセンター」は目立っていますが、これら再開発ビルが建てばビル群の中に埋もれてしまいそうです。

■豊洲シビックセンターの概要■
計画名:江東区(仮称)シビックセンター
所在地:東京都江東区豊洲2丁目2番
階数:地上12階、塔屋1階、地下1階
高さ:69.90m
用途:出張所、ホール、レクホール、会議室、図書館、駐車場等
敷地面積:3,300.00
建築面積:1,980.00
延床面積:15,600.00
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造および鉄筋コンクリート造
建築主:江東区
設計者:日建設計
施工者:鴻池・多田・増 建設共同企業体
工期:2013年2月1日着工〜2015年7月竣工予定
オープン:2015年9月24日


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

外観が見えてきた「豊洲シビックセンター」の建設状況(2014年12月21日)

晴海客船ターミナルから見た豊洲
 晴海客船ターミナルから見た豊洲方面です。中央あたりに屋根が斜めになった建物が豊洲駅前で建設中の「豊洲シビックセンター」です。

豊洲シビックセンター
 豊洲駅前から見た「豊洲シビックセンター」(地上12階、高さ69.90m)です。このように外観が随分と見えてきました。江東区の出張所、文化センター、図書館などが入ります。11階には展望ラウンジ、12階には屋上庭園が出来る予定なので楽しみです。

豊洲シビックセンター
 ららぽーと豊洲側から見た「豊洲シビックセンター」です。目の前には広大な空き地がありますが、ここは「豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区」で地上35階、高さ約180mの高層階がホテルとなるA棟、地上23階、高さ約140mのB棟、高さ約80mのC棟が建設されます。低層部は商業施設となりららぽーと豊洲まで繋がる予定です。

豊洲シビックセンター
 「豊洲シビックセンター」の高層部です。11階には展望ラウンジ、12階には屋上庭園が出来る予定となっています。この見えている階段上の部分には木が植えられ緑化されます。詳細は下記、江東区のHPにある関連ドキュメントを御覧ください。

▼江東区
豊洲シビックセンターの整備

豊洲シビックセンター
 レインボーブリッジ側には「江東区 豊洲シビックセンター」の文字も取り付けられていました。11階の展望ラウンジのこの方向の窓側は行けそうなので、ここからの景色を見るのが楽しみです。ここまで完成しているので春頃にはオープンしそうに見えますが、2015年9月24日のオープン予定となっています。

■豊洲シビックセンターの概要■
計画名:江東区(仮称)シビックセンター
所在地:東京都江東区豊洲2丁目2番
階数:地上12階、塔屋1階、地下1階
高さ:69.90m
用途:出張所、ホール、レクホール、会議室、図書館、駐車場等
敷地面積:3,300.00
建築面積:1,980.00
延床面積:15,600.00
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造および鉄筋コンクリート造
建築主:江東区
設計者:日建設計
施工者:鴻池・多田・増 建設共同企業体
工期:2013年2月1日着工〜2015年7月竣工予定
オープン:2015年9月24日


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

豊洲二丁目駅前地区2-1街区の詳細判明!地上35階、高さ180mのAC棟、地上23階、高さ140mのB棟を建設へ!

豊洲二丁目駅前地区の空撮
 今年2月の豊洲駅前の空撮です。中央の広大な敷地は「豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」が行われており、「ゆりかもめ」の豊洲駅のすぐ左の2-2街区では「豊洲シビックセンター」が建設中で、その下の2-3街区では「消防署」が建設中です。そしてその左側の敷地が2-1街区です。この2-1街区はまだ未着工で大雑把な概要しかわかっていなかったのですが、24日の日刊建設工業新聞に詳細が載りました。

 A棟は地上35階、高さ約180m。低層部が商業施設、中層部がオフィスフロアで高層部が総客室数200室のホテルとなります。今までは地上31階となっていましたが、35階に階数が増えていました。

 C棟の階数は不明ですが高さは約80m。低層部に商業施設、上層階にエネルギーセンターが整備がされます。この整備により敷地の容積率の上限が緩和されたそうです。

 B棟は地上23階、高さ約140m。低層部が商業施設となるオフィスビルが建設されます。

 3棟合わせた総延床面積は約26万屬2015年度以降に着工し、2016年度の竣工を目指すとのことです。解体工事が必要ないとは言え工期が短いような気もしますが、2012年8月に豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の施行認可されたときのスケジュールでは、2017年3月に工事完了予定となっていたので計画通りということなんですかね。

 基本設計は日建設計が担当していますが、実施設計・施工は一括で発注する見通しです。2-1街区、2-2街区、2-3街区を合わせた総事業費は約1050億円ですが、工事費の上昇などの影響で引き上げる可能性が高いとのことです。

▼日刊建設工業新聞:2014年7月24日
IHI、三井不/東京・豊洲2・3丁目地区開発/実施設計・施工を一括発注へ

豊洲シビックセンター
 数日前に豊洲駅前の交差点から撮影した「豊洲シビックセンター」(地上12階、高さ69.90m)で江東区の出張所、文化センター、図書館などが入ります。11階には展望ラウンジ、12階には屋上庭園が出来る予定なので楽しみです。

 日刊建設工業新聞の記事にさらっと書いてありましたが、2014年度の竣工を目指していたのが、2月の大雪で鉄骨制作していた工場の屋根が崩落したため鉄骨入手に遅れが出て竣工時期が2015年度の延期となったそうです。

 この右側に「豊洲二丁目駅前地区 2-1街区」のビル3棟が建設されます。

豊洲二丁目駅前地区の完成予想図
豊洲二丁目駅前地区 2-1街区の完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 奥の海側からB棟、C棟、A棟となっています。A棟の高層階にはホテルが入ります。絶景は間違いないので完成したら一度は泊まってみたい場所です。

豊洲二丁目駅前地区
 「豊洲シビックセンター」は随分と鉄骨が組まれて来ましたが、3棟が建設される2-1街区部分はこの通り原っぱとなっています。

豊洲二丁目駅前地区
 「晴海大橋」から見た「豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」方面です。左の白いオフィスビルが「豊洲センタービル」(地上37階、高さ165m)ですが、これよりも大きな超高層ビルが建設されることになります。これが完成したら豊洲2・3丁目地区の再開発は完了ですかね。

■豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業2-1街区の物件概要■
名称:豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業2-1街区
所在地:東京都江東区豊洲二丁目

[A棟・C棟]
用途:事務所・ホテル(200室)・商業施設・エネルギーセンター
階数:地上35階、地下2階
高さ:最高高さ約180m(A棟)、最高高さ約80m(C棟)

[B棟]
用途:事務所・商業施設
階数:地上23階、地下1階
高さ:最高高さ約140m

基本設計:日建設計
実施設計・施工:未定(一括発注予定)
工期:2015年度以降に着工〜2016年度竣工予定
総事業費:約1050億円(引き上げの可能性アリ)

■豊洲シビックセンターの概要■
計画名:江東区(仮称)シビックセンター
所在地:東京都江東区豊洲2丁目2番
階数:地上12階、塔屋1階、地下1階
高さ:69.90m
用途:出張所、ホール、レクホール、会議室、図書館、駐車場等
敷地面積:3,300.00
建築面積:1,980.00
延床面積:15,600.00
建築主:江東区
設計:日建設計
施工:鴻池・多田・増 建設共同企業体
工期:2013年2月1日着工〜2015年度竣工予定


超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク