超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

西新宿

地上35階、高さ約132m「(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト」の建設状況!住友不動産の分譲タワマンです(2022.5.6)

(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト

 西新宿五丁目で住友不動産が建設中のタワーマンション「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟」(地上35階、最高高さ131.57m)です。十二社通り沿いから5月6日に撮影しました。

 規模は地上35階、地下2階、高さ124.59m、最高高さ131.57m、敷地面積4,267.00屐建築面積2,081.09屐延床面積4万4545.03屐売主は住友不動産、設計者はアール・アイ・エー、施工者は大成・五洋建設共同企業体(B棟)で2023年1月下旬竣工予定となっています。



(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト
公式HPのキャプチャ

 ほとんどのページがまだ非公開となっていますが「(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト」として公式HPがオープンしています。

▼公式HP
(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト



(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト

 総戸数は427戸でそのうち非分譲住戸が254戸・非分譲SOHOが11室となっています。その他に店舗9区画と事務所が低層部に配置されます。販売開始予定は2022年10月初旬で間取りは1R〜3LDK、専有面積は25.59屐109.67屐入居開始予定は2023年6月下旬となっています。



(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト

 反対側の神田川側から撮影。既に最上階の35階に達しています。



(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト

 左側(北側)には今朝のブログに載せた「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟」(地上33階、高さ151.40m)、右側(南側)には「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)があり、そして背後(東側)には西新宿の超高層ビル群が建ち並んでいます。



(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト

 このように周辺は超高層ビルやタワーマンションが多数建ち並ぶ立地ですが、西向きの部屋の正面は抜けた視界となっています。



(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト

 グリーンのネットがある面は「ザ・パークハウス西新宿タワー60」とお見合い部屋となりますが、そこそこ距離が離れているのでそこまで気にならないのかもしれません。



(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト

 ちなみに西側の正面は抜けた視界となりますが、すぐ隣にはA棟の巨大なビルの壁があるので視界は90度程度となります。



(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト

 十二社通り沿いに戻って撮影。十二社通り側(北側)は「N.Y.T.アトラスタワー西新宿」(地上28階、最高高さ105m)とお見合い部屋となりますが、「(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト」の方が高いので最上階に近いフロアならば西新宿の超高層ビル群を間近に望めることになりそうです。



(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト 位置図
位置図[出典:公式HP]

 駅前立地ではありませんが東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅から徒歩8分、東京メトロ丸ノ内線「中野坂上」駅から徒歩8分、都営大江戸線「西新宿五丁目」駅から徒歩10分、都営大江戸線「都庁前」駅から徒歩11分と色々な駅が徒歩圏にあります。JR「新宿」駅は少々遠くて徒歩17分となっています。



(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト

 現地看板を撮影した「(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト」の完成予想図です。



(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要 B棟■
仮称:(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト
計画名:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目2番地
交通:東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅から徒歩8分
   東京メトロ丸ノ内方南支線「中野坂上」駅から徒歩8分
   都営大江戸線「西新宿五丁目」駅から徒歩10分
   都営大江戸線「都庁前」駅から徒歩11分
   JR総武・中央線「新宿」駅から徒歩17分
   小田急電鉄小田原線「新宿」駅から徒歩17分
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所、駐車場、駐輪場
総戸数:427戸(非分譲住戸254戸・非分譲SOHO11室含む)、その他 店舗9区画・事務所
階数:地上35階、地下2階
高さ:124.59m(最高高さ131.57m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免震構造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:4,267.00
建築面積:2,072.25
延床面積:44,555.42
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員(売主):住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施工者:大成・五洋建設共同企業体(B棟)
工期:2019年6月下旬着工〜2023年3月下旬竣工予定
公式HP:https://www.sumitomo-rd-mansion.jp/shuto/nishi5/

地上33階、高さ約151m「(仮称)ラ・トゥール西新宿五丁目プロジェクト」の建設状況!住友不動産の高級賃貸ラ・トゥールとオフィスの複合施設(2022.5.6)

(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 西新宿五丁目で住友不動産が建設中の「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟」(地上33階、高さ151.40m)です。青梅街道に十二社通りが接続する成子坂下交差点から5月6日に撮影しました。

 オフィス部は「(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト」として住友不動産のHPに掲載されていましたが、賃貸マンション部についても「(仮称)ラ・トゥール西新宿五丁目プロジェクト」として公式HPがオープンしています。

▼公式HP
(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト
(仮称)ラ・トゥール西新宿五丁目プロジェクト



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟
外観完成予想図[出典:住友不動産]

 フロア構成は18階までがオフィスビルの「(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト」で、19階〜35階が賃貸マンションの「(仮称)ラ・トゥール西新宿五丁目プロジェクト」となります。

 賃貸マンションの総戸数は184戸で、そのうち4戸が非賃貸住戸、151戸が広告対象外住戸となっています。広告対象外となるフロアは21〜23階、25〜29階、31〜34階でどういった扱いになるのかは不明ですが、当初の計画にあったSOHO住宅になるのかもしれません。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 青梅街道を中野坂上駅側へ移動した場所から撮影。規模は地上33階、地下2階、高さ151.40m、敷地面積7,980.01屐建築面積4,121.14屐延床面積9万702.50屐7築主は西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合で参加組合員として住友不動産が参画。設計者はアール・アイ・エー、E.D.L共同企業体、施工者は大成・五洋建設共同企業体で2023年3月下旬竣工予定となっています。

 背後で建設中のタワーマンションはB街区の「(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト」(地上35階、最高高さ131.57m)です。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 建設地の西側を流れる神田川沿いから撮影。左上に飛行機が見えていますが羽田空港に向けて次々に飛行機が飛んで行っていました。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 敷地の神田川側には広場が整備されますが、同時に護岸壁の整備も行われていました。この神田川が新宿区と中野区の境界になります。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 南西側から撮影。窓がない部分にはエレベーターやトイレといった設備が配置され、隣のB街区のタワマンとお見合い部屋にならないように配慮されています。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 基準階平面図
基準階平面図(14〜17階)[出典:住友不動産]

 南東角は窓があるデザインになっていますが基準階平面図を見るとその部分も専有部ではないことがわかります。

 オフィスフロアは天井高3m、専有面積599.31坪(1,981.17屐砲量誼豢間で、内階段の設置やミニキッチンの設置も可能となっています。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟」は板状の超高層ビルのため、B街区のタワマンから見ると北側は巨大な壁となります。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 南東側の十二社通り沿いから撮影。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 隣のB街区のタワーマンションとの距離はかなり近いです。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 2022年5月8日に「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.71m)の展望台「渋谷スカイ」から撮影。中央に見えている2基のタワークレーンが「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟」です。B街区のタワーマンションはここから見えることはなさそうです。



新宿の超高層ビル群

 高さ151.40mの超高層ビルでもこの新宿の超高層ビル群の中では埋もれてしまいます。



新宿の超高層ビル群

 同じ日に江戸川区の自宅から撮影。中央左のタワークレーンがB街区のタワマン、右がA街区の「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟」でここからも少ししか見えません。



(仮称)ラ・トゥール西新宿五丁目プロジェクト 位置図
位置図[出典:住友不動産]

 場所は東京メトロ丸ノ内線・都営大江戸線「中野坂上」駅と東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅の間で、若干「中野坂上」駅の方が近いです。JR「新宿」駅も徒歩圏ですが徒歩17分ほどかかります。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟」の完成予想図です。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 青梅街道沿いの低層部です。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 十二社通り沿いです。低層部には商業施設が入ります。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 ビル本体と神田川の間には広場が整備されます。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト・(仮称)ラ・トゥール西新宿五丁目プロジェクト
計画名:(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業防災施設建築物 A棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目1番地
交通:JR・小田急線・京王線「新宿」駅徒歩17分
   東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅徒歩7分
   東京メトロ丸ノ内線・都営大江戸線「中野坂上」駅徒歩6分
   都営大江戸線「西新宿五丁目」駅徒歩11分
   都営大江戸線「都庁前」駅徒歩12分
   都営新宿線「新宿」駅徒歩19分
用途:共同住宅、事務所、店舗、駐車場、駐輪場
総戸数:184戸(非賃貸住戸4戸、広告対象外住戸151戸含む)
階数:地上33階、地下2階
高さ:151.40m
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:7,980.01
建築面積:4,121.14
延床面積:90,702.50
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー、E.D.L共同企業体
施工者:大成・五洋建設共同企業体(A棟)

地上63階、62階ツインタワマン「西新宿三丁目西地区」の本組合設立の申請へ!合計約3200戸で2034年度竣工予定

西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想イメージ[出典:野村不動産]

 西新宿で計画されている「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」について久しぶりに続報が出ました。日刊建設工業新聞によると西新宿三丁目西地区市街地再開発準備組合が、東京都へ組合設立の申請を6月中に行えるように新宿とも調整していくとのことです。申請手続きが順調に進むと9月頃に本組合設立となる見込みで、組合設立後は権利変換計画の認可を経て2024年度にも既存建物の解体工事に着手し、34年度頃の竣工を目指します。

 同再開発はA-1、A-2、A-3街区に分かれており、A-1街区には北棟として地上63階、地下4階、延べ約18万3800屐南棟として地上62階、地下4階、延べ約19万5000屬離張ぅ鵐織錙璽泪鵐轡腑(合計で約3200戸)が建設されます。A-2街区には地上9階、地下1階、延べ3400屐A-3街区には地上9階、延べ1400屬僚斬陝店舗、生活支援施設が入る小規模なビルが建設されます。

 西新宿三丁目西地区市街地再開発準備組合には事業協力者として野村不動産、東京建物、住友商事、首都圏不燃建築公社、前田建設の5社が参画、事業コンサルタントは佐藤不動産鑑定コンサルティング、上野計画事務所、梓設計、環境管理センターが務め、梓設計は施設の基本設計も手掛けています。

▼日刊建設工業新聞(2022年5月13日)
西新宿三丁目西地区再開発(東京都新宿区)/組合設立手続き着手、6月中に都へ申請

▼野村不動産:ニュースリリース(2019年3月18日)
『西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業』都市計画決定のお知らせ(野村不動産 他)

▼新宿区景観まちづくり審議会(2018年7月31日)
第65回新宿区景観まちづくり審議会 [報告2]資料



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想イメージ[出典:野村不動産]

 計画地は「東京オペラシティタワー」(地上54階、最高高さ234.371m)と「新宿パークタワー」(地上52階、高さ235m)の間で、都市計画決定時は地上65階、高さ約235mのツインタワーマンションで計画されていました。今回の記事では地上63階と62階に数フロア減っているので高さにも変更があるのかもしれません。また、今回掲載している図は数年前に公開されたもののため現在は異なる可能性もあります。

 2000年に発表されたときの計画では地上77階、高さ338mの超高層ビルなどを建設する壮大な計画でした。随分と規模縮小となりましたが現在の計画規模でようやくプロジェクトが本格化することになりそうです。また、2024年度に解体工事着手から2034年度の竣工予定まで約10年間ありますが、この工期の長さから推測すると北棟と南棟を段階的に建設する可能性もありそうです。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
計画図(立面図)[出典:新宿区]

 約4年前の資料になりますが立面図です。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
計画図(断面図)[出典:新宿区]

 低層部には店舗なども入ります。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:野村不動産]

 この位置図が公開されたときの区域面積は約4.8haでしたが今回の日刊建設工業新聞の記事では区域面積は約4.6haと減っていました。そのためどこか対象区域から削られている可能性もあります。

 最寄駅は京王新線「初台」駅で敷地南東側は甲州街道に面しています。また、地区計画区域の南西側は山手通りです。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業 開発事業予定区域 敷地配置図
開発事業予定区域 敷地配置図[出典:野村不動産]

 A-1街区には巨大なツインタワーや広場が整備され、A-2街区、A-3街区は十二社通りに面した小さな街区となります。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
大屋根の完成イメージ[出典:野村不動産]

 広場の完成イメージです。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
広場の完成イメージ[出典:野村不動産]

 地上から見た広場の完成イメージです。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
水道道路の拡幅イメージ[出典:野村不動産]

 敷地北西側の水道道路は拡幅する計画となっています。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
歩行者デッキの完成イメージ[出典:野村不動産]

 北棟と南棟の間には大規模な歩行者デッキが整備され、隣の「NTT東日本 新宿本社ビル」(地上30階、最高高さ127m)のデッキに繋がり、そこからオペラシティ経由で京王新線「初台」駅まで行けるようになります。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業

 2020年12月18日にヘリから撮影した「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。赤い網掛けをしました。

 計画地の左側は「東京オペラシティタワー」(地上54階、最高高さ234.371m)で右側は「新宿パークタワー」(地上52階、高さ235m)です。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業

 2022年3月13日に甲州街道から撮影した「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」の計画地方面です。目の前は首都高の高架です。茶色のマンションから左が計画地です。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業

 十二社通りから撮影。三角形に塗られた黄色のビルまでが計画地です。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業

 敷地北西側を通る角筈和泉町線から撮影。玉川上水新水路の跡を埋め立ててつくられたため水道道路と呼ばれています。



西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業

 「東京都交通局 新宿支所」の手前までが計画地となっています。

■物件概要(A-1街区)■
仮称:西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目8〜19番
用途:住宅、店舗、事務所、生活支援施設、駐車場、保育所等
総戸数:合計約3200戸
階数:北棟 地上63階、地下4階、南棟 地上62階、地下4階
高さ:235m?
構造:RC一部S造
敷地面積:約29,800
建築面積:北棟 約9,100屐南棟 約10,800
延床面積:北棟 約183,800屐南棟 約195,000
建築主:西新宿三丁目西地区市街地再開発準備組合
事業協力者:野村不動産、東京建物、住友商事、首都圏不燃建築公社、前田建設工業
工期:2024年度解体工事着手〜2034年度竣工予定

西新宿の住友不動産による高さ131mタワマンと高さ151mオフィス「西新宿五丁目北地区防災街区」の建設状況(2022.3.13)

(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト

(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト

 西新宿五丁目で建設中の「(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト」(地上33階、高さ151.40m)の建設地です。青梅街道に十二社通りが接続する成子坂下交差点から3月13日に撮影しました。オフィスや賃貸マンションで構成される複合施設となります。

 建築主は西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合で参加組合員として住友不動産が参画。設計者はアール・アイ・エー、E.D.L共同企業体、施工者は大成・五洋建設共同企業体で2023年3月下旬竣工予定となっています。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト

 同プロジェクトは「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」のA棟で、十二社通り沿いではB棟となる地上35階、最高高さ131.57mの「西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト」も建設中です。さらに奥の白いタワーマンションは「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)です。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト

 フロア構成は不明ですが以前の情報だと下半分がオフィスフロアで上半分がSOHO住宅となっていました。ただ、現地には住友不動産の超高級賃貸マンションシリーズの「ラ・トゥール」の看板が設置されていたのでSOHOになるのかどうはわかりません。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト

 中野坂上駅側から撮影。住所は西新宿5丁目ですが最寄駅としては中野区側の「中野坂上」駅で徒歩5分の距離となります。新宿駅まで歩けない距離ではありませんが徒歩だと20分くらいはかかります。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト

 建設地は西新宿の超高層ビル群の北西端に位置しているため、開けた眺望もあれば新宿の超高層ビル群を目の前に見たりと、色々な景色が楽しめる立地となっています。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト

 裏側から撮影。分譲タワマンとお見合いとなる場所は設備フロアとなっていることがわかります。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 建設地は神田川に面しており、神田川側には親水公園や広場などが整備されます。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト

 十二社通り側から見た裏側です。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト

 現地に設置されたラ・トゥールの看板です。住友不動産のHPを見てもまだサイトは見当たりませんでした。来年春から入居開始となるようです。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 「(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト」の完成予想図です。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 通常、オフィスフロアとマンションフロアは明らかに階高が変わるので境目がわかるのですが、この完成予想図ではどのフロアからがラ・トゥールになるのかはわかりません。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 青梅街道沿いの低層部です。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 十二社通り沿いの低層部です。低層部には商業施設が入ります。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 神田川側に整備される広場です。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 基準階平面図
基準階平面図[出典:住友不動産]

 14〜17階の基準階平面図によるとオフィスフロアは599.31坪(1,981.17屐砲量誼豢間となります。B棟とお見合いとなる箇所には窓はなくエレベーターやトイレといった設備が配置されます。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 建築計画のお知らせ

 A棟の建築計画のお知らせです。

■物件概要 A棟■
仮称:(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト
計画名:(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業防災施設建築物 A棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目1番地
交通:丸ノ内線「西新宿」駅徒歩6分、都営大江戸線「都庁前」駅徒歩9分、丸ノ内線 都営大江戸線 「中野坂上」駅徒歩5分
用途:共同住宅、事務所、店舗、駐車場、駐輪場
総戸数:92戸(賃貸)
階数:地上33階、地下2階
高さ:151.40m
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:7,980.01
建築面積:4,121.14
延床面積:90,012.09
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー、E.D.L共同企業体
施工者:大成・五洋建設共同企業体(A棟)
工期:2019年5月下旬着工〜2023年3月下旬竣工予定




西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト

西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト

 「(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト」の隣で建設中の「西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト」(地上35階、最高高さ131.57m)の建設地です。十二社通り沿いから3月13日に撮影しました。住友不動産によるタワーマンションとなります。



西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト

 建築主は西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合で参加組合員として住友不動産が参画。設計者はアール・アイ・エー、E.D.L共同企業体、施工者は大成・五洋建設共同企業体で2023年3月下旬竣工予定となっています。



西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト

 現地には「西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト」として看板が出ていますが、建築物環境計画書制度で情報を見ると分譲291戸、賃貸118戸となっています。



西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト

 建設地の南側に建つ「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)の庭越しに撮影。背後の「(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト」がかなり幅があることがわかります。



西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト

 住友不動産のHPを見てもまだ公式サイトは見当たりませんでした。



西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト

 こちらは中野坂上駅方面向きの部屋で真正面には開けた視界が広がります。ただ、すぐ隣に「(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト」があるので巨大な壁が横にある状態となります。



西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト

 新宿駅側は超高層ビルやタワーマンションが建ち並んでいるので、全部屋が間近に超高層ビルが視界に入ることになります。



西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト

 十二社通り沿いから撮影。ところで眺望がほぼない高層階はどういった理由で選ばれるのでしょうね?眺望を気にしない人ならば安い低層階でいいと思うのですが。ずっと謎です。



西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト

 現地に「西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト」として設置されている看板です。




(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 配置図

配置図[出典:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合]

 全体の配置図です。A地区が「(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト」でB地区が「西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト」です。C地区には権利者向けの小規模ビルが配置されます。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 イメージパース
イメージパース[出典:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合]

 全体の完成予想図です。



西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト 建築計画のお知らせ

 B棟の建築計画のお知らせです。

■物件概要 B棟■
仮称:西新宿五丁目分譲マンションプロジェクト
計画名:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目2番地
交通:丸ノ内線「西新宿」駅、都営大江戸線「都庁前」駅、丸ノ内線 都営大江戸線 「中野坂上」駅
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所、駐車場、駐輪場
総戸数:404戸(ワンルーム36戸)
階数:地上35階、地下2階
高さ:124.59m(最高高さ131.57m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:4,267.00
建築面積:2,072.25
延床面積:44,555.42
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー、E.D.L共同企業体
施工者:大成・五洋建設共同企業体(B棟)
工期:2019年6月下旬着工〜2023年3月下旬竣工予定

西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業の建設状況!三井不動産レジデンシャルによる40階建てタワマンとなります(2022.1.7)

西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 完成予想CG
完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 西新宿の三井不動産レジデンシャルによるタワーマンション「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」(地上40階、高さ144.78m)の完成予想図です。建設地は「ザ・パークハウス西新宿タワー60」や昨日のブログに載せた「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」が建ち並ぶ十二社通り沿いです。

 建築主は西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合で三井不動産レジデンシャルが参加組合員として参画、設計と施工は熊谷組で工期は2021年12月1日着工〜2024年10月31日竣工予定となっています。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 完成予想CG
完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 その十二社通り側には商業施設などが入る施設棟が配置され、その背後に総戸数470戸のマンション本体が建設されます。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:三井不動産レジデンシャル]

 配置図です。図の上に「西新宿五丁目中央北地区(中央北地区)」と書いてある場所が「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」で、部屋の中から正面を見たときにお互いの部屋が丸見えになるお見合い部屋を回避する角度・位置に調整されているように見受けられます。

 また、この辺りは中に入ると細い路地が多い場所ですが、東側の道路は拡幅され南側には新しい道路が新設されます。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 断面イメージ図
断面イメージ図[出典:三井不動産レジデンシャル]

 同再開発は住宅棟と施設棟に分かれており、住宅フロアは施設棟よりも高い位置となる5階〜40階に配置されます。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:三井不動産レジデンシャル]

 最寄り駅は都営大江戸線「西新宿五丁目」駅で、他にも都営大江戸線「都庁前」駅、都営大江戸線・東京メトロ丸の内線「中野坂上」駅、東京メトロ丸の内線「西新宿」駅が徒歩圏にあります。また、この位置図の右端にJR「新宿」駅も描かれていますが歩くと20分程度はかかります。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業の計画地の空撮

 2020年12月18日にヘリから撮影した西新宿の空撮です。赤い網掛けをした場所が「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。

 新宿駅側には超高層ビル群が建ち並んでいますが、建設地は超高層ビル群が途切れる場所でもあるので東側は開けた視界が広がります。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 2022年1月7日に撮影した「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。奥に見えているのは中野坂上駅前の中高層ビル群で、右に見切れているのが「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)です。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 計画地内にあった既存建物の地上部は解体工事が終わっているようでした。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 自分が把握している限りではこの周辺ではここが最後のタワマンとなりますが、この辺りはまだまだタワマンが増えてもおかしくない場所です。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 計画地の隣には「新宿区立淀橋けやきばし公園」があり道路で分断されていますが、先ほどの配置図を見る限りではその道路は閉鎖され同再開発の敷地内に整備される広場と一体となります。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 路地を入った場所から撮影。西側の部屋だとこの西新宿の超高層ビル群が目の前となります。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 十二社通り側から見た仮囲いの中です。敷地南側には道路のような部分が出現していました。実際、この場所には道路が新設される計画となっているので、地域住民のためにも先に道路を建設して開放するのかもしれません。ただ、工事車両の出入口となる可能性もあります。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 建築計画のお知らせでは2021年12月1日着工予定となっていましたが、現地作業工程では解体工事となっていました。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 ただ、どこか敷地の一部で着工している可能性もあります。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 解体工事と建設工事が同時進行する現場だと、何をもって着工なのかは未だによくわかりません。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目及び六丁目 各地内
用途:共同住宅、事務所、飲食店、物販店舗、保育所
総戸数:470戸
階数:地上40階、地下1階
高さ:144.78m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造、免震構造(中間免振)
基礎工法:杭基礎
敷地面積:5,921.70
建築面積:3,178.63
延床面積:54,012.31
建築主:西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2021年12月1日着工〜2024年10月31日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク