超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

眈招設・青木あすなろ建設の新本社ビル!地上18階、高さ約86m「(仮称)TCGビル新築計画」の建設状況(2020.7.18)

(仮称)TCGビル新築計画 完成予想図
完成予想図[出典:眈哨灰鵐好肇薀ショングループ]

 田町と浜松町の間の芝で建設中の「(仮称)TCGビル新築計画」(地上18階、高さ85.834m)の完成予想図です。眈哨灰鵐好肇薀ショングループの眈招設、青木あすなろ建設が本社・本店を置く「TCGビル」の建て替えで「建設会社の本社ビルとしてふさわしい美しい建物」を設計コンセプトとなっており、エッジの繊細さにこだわったガラスカーテンウォールは300mmの厚さがある複層ガラスの中にブラインドを組み込んだ省エネ性にも優れた製品となっているとのことです。

 建設地は第一京浜と日本で2番目に短い国道の国道130号(旧海岸通り)が交差する芝4丁目交差点の角地で、ちょうど第一京浜がカーブしており下り方向においては遠くからの視認性が高い場所のため、ビル自体を広告塔として意識して建築的な美しさとLEDの社名看板の組み合わせにより、広告効果を最大限に引き出す設計ともなってるとのことです。



(仮称)TCGビル新築計画

 7月18日に現地で撮影した「(仮称)TCGビル新築計画」です。タワークレーンが1基設置され地上部の鉄骨が組まれ始めていました。

 左奥のタワーマンションは「グローバルフロントタワー」(地上34階、最高高さ119.5m)です。



(仮称)TCGビル新築計画

 田町寄りの方向から撮影。最寄駅は都営三田線「三田」駅となります。



(仮称)TCGビル新築計画

 敷地の隣にはJRの線路があり山手線や新幹線などが通っています。

 左奥に見える超高層オフィスビルは田町駅前の「msb Tamachi(ムスブ田町)」で「田町ステーションタワーN」(地上36階、高さ180.08m)と「田町ステーションタワーS」(地上31階、高さ168.98m)のツインタワーです。



(仮称)TCGビル新築計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)TCGビル新築計画
所在地:東京都港区芝4丁目23番1、28番1
用途:事務所、自動車車庫、診療所(患者の終章施設のないもの)
階数:地上18階、地下1階
高さ:85.834m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,529.71
建築面積:891.18
延床面積:16,488.64
建築主:眈哨灰鵐好肇薀ショングループ
設計者:プランテック・眈招設・青木あすなろ建設設計共同企業体(代表:眈招設)
施工者:青木あすなろ建設・眈焼団蠏設工事共同企業体(代表:青木あすなろ建設)
工期:2020年9月1日着工〜2023年2月28日竣工予定

 昨日、モデルナワクチンの1回目の接種をしました。熱は出なかったのですが副反応で腕が痛いので今日のブログは短めでした(^^;)

田町駅近くで日本土地建物が高さ100mの「(仮称)春日ビル建替計画」を建設へ

(仮称)春日ビル建替計画

 田町駅近くの「春日ビル」(地上10階、1966年竣工)が高さ100mの高層ビルへ建替えられることが港区より公開された環境影響調査計画書より判明しました。

 事業名は「(仮称)春日ビル建替計画」で、事業者は日本土地建物、敷地面積約5,140屐延床面積約55,500屐∈嚢盥發100mとなる高層ビルで事務所、カンファレンス、子育て支援施設、店舗、駐車場、駐輪場で構成されます。

 これは少し離れた高台から2020年3月15日に撮影した「春日ビル」です。もっと近くから撮った記憶もありますが軽く探しても見つからなかったので諦めました…(^^;)

 ところで「春日ビル」は「NEC春日ビル」や「UR都市機構田町駅前市街地住宅」と言った方が正しい呼び方なのかもしれません。UR賃貸でよく家探しをしていましたが、ここは場所はいいのに古く狭いため結構安かった記憶があります。

▼東京都港区:環境アセスメント(2020年12月1日)
港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査計画書の縦覧【(仮称)春日ビル建替計画】



(仮称)春日ビル建替計画 計画地位置図(詳細)
計画地位置図(詳細)[出典:港区]

 建設地はJR田町駅のすぐ近くで第一京浜とJRの線路に挟まれた場所で、都営浅草線・三田線「三田」駅は地下道を経由して計画地内に設ける出入口から直接アクセスできるようになります。



(仮称)春日ビル建替計画 計画地位置図(広域)
計画地位置図(広域)[出典:港区]

 田町駅近くの第一京浜沿いでは「(仮称)三田三・四丁目第一種市街地再開発事業」(地上42階、高さ215m)や「(仮称)TTMプロジェクト」(地上29階、高さ160m)といった再開発が進行中で、それらのビルと比べると高さ100mは低く感じてしまいますが、田町駅周辺の超高層ビル群を繋げるビルの一つとなりそうです。



(仮称)春日ビル建替計画

 撮影日がだんだん古くなっていきます。2019年12月14日にヘリから撮影した田町駅周辺です。赤い網掛けをした建物が「春日ビル」で「(仮称)春日ビル建替計画」の計画地です。

 そのすぐ上は東京工業大学の田町キャンパスで大規模な再開発が計画されています。「(仮称)春日ビル建替計画」と東工大の再開発で超高層ビルが建設されると、分断されている田町駅周辺の超高層ビル群が繋がることになります。



(仮称)春日ビル建替計画

 2016年10月15日のヘリからの空撮です。矢印を付けた場所が「春日ビル」です。



(仮称)春日ビル建替計画

 2015年10月3日のヘリからの空撮です。写真中央の大きな空き地は「msb Tamachi(ムスブ田町)」の建設地で、今は「田町ステーションタワーN」(地上36階、高さ180.08m)と「田町ステーションタワーS」(地上32階、高さ168.98m)といった超高層ツインタワーが建っています。

 田町駅周辺は再開発の余地がありそうな場所が複数あるので、今後もこうしてポツポツと再開発計画が出て来るのかなと思っています。

■物件概要■
事業名:(仮称)春日ビル建替計画
所在地:東京都港区芝五丁目34 番
用途:事務所、カンファレンス、子育て支援施設、店舗、駐車場、駐輪場
階数:不明
高さ:約100m
敷地面積:約5,140
延床面積:約55,500
事業者:日本土地建物
工期:2022年度着工〜2024年度竣工予定

眈招設・青木あすなろ建設の新本社ビル!地上18階、高さ約86m「(仮称)TCGビル新築計画」の建設地の様子(2020.6.27)

(仮称)TCGビル新築計画
完成予想図[出典:眈哨灰鵐好肇薀ショングループ]

 眈哨灰鵐好肇薀ショングループの眈招設、青木あすなろ建設が本社・本店を置く「TCGビル」の建て替え「(仮称)TCGビル新築計画」(地上18階、高さ85.83m)の完成予想図です。

 この完成予想図が公開されたときは地上16階、地下1階、延床面積約15,000屬之弉茲気譴討い泙靴燭、現地に設置された建築計画のお知らせでは地上18階、地下1階、延床面積16,492.86屬傍模拡大されています。そのため実際に建設されるビルは若干変わるかと思います。



(仮称)TCGビル新築計画

 2015年10月にヘリから撮影した「(仮称)TCGビル新築計画」の建設地です。赤い網掛けをしました。当時はまだ「TCGビル」がありました。



(仮称)TCGビル新築計画

 こちらは2016年10月の空撮です。場所は第一京浜沿いの角地でJR田町駅とJR浜松町駅の間です。距離的にはJR田町駅の方が近く都営線の三田駅の方がさらに近い立地です。



(仮称)TCGビル新築計画

 2020年6月27日に撮影した「(仮称)TCGビル新築計画」の建設地です。既存の「TCGビル」の解体は既に終わっているようにも見えましたが解体工期は8月31日までとなっており、着工予定は9月1日となっています。竣工予定は2023年2月28日までと規模の割には長めになっています。



(仮称)TCGビル新築計画

 第一京浜を田町駅側に移動して撮影。背後に見えるタワーマンションは「グローバルフロントタワー」(地上34階、最高高さ119.5m)です。



(仮称)TCGビル新築計画

 今度は浜松町側から撮影。中央奥に見える超高層ビルは数日前に街区全体竣工が発表された田町駅前の「msb Tamachi(ムスブ田町)」で「田町ステーションタワーN」(地上36階、高さ180.08m)と「田町ステーションタワーS」(地上31階、高さ168.98m)といったツインタワーがあります。

 それらと比べるとここは小規模なビルとなりますが、大きな通りが交差する角地のため第一京浜を通っているときにはそれなりに目立つビルとなりそうです。



(仮称)TCGビル新築計画

 最後は2019年1月にセスナから撮影した東京の超高層ビル群です。矢印を付けたあたりが建設地です。



(仮称)TCGビル新築計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)TCGビル新築計画
所在地:東京都港区芝4丁目23番1、28番1
用途:事務所、自動車車庫、診療所(患者の終章施設のないもの)
階数:地上18階、地下1階
高さ:85.83m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,529.71
建築面積:891.18
延床面積:16,492.86
建築主:眈哨灰鵐好肇薀ショングループ
設計者:プランテック総合計画事務所・眈招設・青木あすなろ建設設計共同企業体(代表:眈招設)
施工者:青木あすなろ建設・眈焼団蠏設工事共同企業体(代表:青木あすなろ建設)
工期:2020年9月1日着工〜2023年2月28日竣工予定

最高高さ約84m「(仮称)芝5丁目プロジェクト」の建設状況(2016.12.18)

(仮称)芝5丁目プロジェクト
 田町駅から品川方面に少し行ったところの辻の札交差点に架かる歩道橋から撮影した東京タワー方面の眺めです。このとき右手前に見える建設中のオフィスビルが「(仮称)芝5丁目プロジェクト」(地上18階、最高高さ83.85m)です。

(仮称)芝5丁目プロジェクト
 わかりにくいので歩道橋を少し移動した場所からズームです。このタワークレーンで建設中のビルが「(仮称)芝5丁目プロジェクト」です。

(仮称)芝5丁目プロジェクト
 近くから撮影。建設地は「NEC明生田町ビル」の跡地です。

(仮称)芝5丁目プロジェクト
 「(仮称)芝5丁目プロジェクト」の建設地の一部はこのように第一京浜にも面しています。ただ、狭い敷地なのでビル本体はこちら側には建設されないようです。こちらの敷地は「日本電気住生ビル」の跡地です。

(仮称)芝5丁目プロジェクト
 敷地隣の路地から撮影。隣のマンションとはスレスレのところで建設が進んでいます。

(仮称)芝5丁目プロジェクト 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)芝5丁目プロジェクトの物件概要■
計画名:(仮称)芝5丁目プロジェクト
所在地:東京都港区芝5丁目
用途:事務所、自動車駐車場、店舗
階数:地上18階、塔屋2階
高さ:82.00m(最高高さ83.85m)
構造:鉄骨造(柱CFT造)
基礎工法:場所打ち鋼管コンクリート杭
敷地面積:2,331.34
建築面積:1,500.00
延床面積:18,500.00
建築主:三井不動産、清水建設
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2016年3月中旬着工〜2018年1月下旬竣工予定

(仮称)芝5丁目プロジェクトの建設地の様子(2016.1.10)

田町駅前からの眺め
 田町駅前のペデストリアンデッキから見た品川方面の眺めです。この右の手前の…

(仮称)芝5丁目プロジェクト
 この仮囲いが少しだけ見える部分では「(仮称)芝5丁目プロジェクト」(地上18階、最高高さ83.85m)が計画されています。

辻の札から見た東京タワー
 上の部分だけだと敷地がかなり狭そうに見えますが、この東京タワーを見る名所の一つ「辻の札交差点」の右側に見える赤茶色のビルのあたりまで敷地が繋がっています。

(仮称)芝5丁目プロジェクト
 「(仮称)芝5丁目プロジェクト」を横から見るとこんな感じです。ここは「NEC明生田町ビル」の跡地で、最初の間口が狭い敷地は「日本電気住生ビル」の跡地です。

(仮称)芝5丁目プロジェクト
 敷地内を覗くとこのような感じで地中障害撤去の工事中でした。

(仮称)芝5丁目プロジェクト
 変わった形の敷地なのでどうビルが建つんでしょうね。

(仮称)芝5丁目プロジェクト 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)芝5丁目プロジェクトの物件概要■
計画名:(仮称)芝5丁目プロジェクト
所在地:東京都港区芝5丁目
用途:事務所、自動車駐車場、店舗
階数:地上18階、塔屋2階
高さ:82.00m(最高高さ83.85m)
構造:鉄骨造(柱CFT造)
基礎工法:場所打ち鋼管コンクリート杭
敷地面積:2,331.34
建築面積:1,500.00
延床面積:18,500.00
建築主:三井不動産、清水建設
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2016年3月中旬着工〜2018年1月下旬竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク