超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

秀和青山レジデンス

渋谷駅徒歩圏!地上26階、高さ91.90m「秀和青山レジデンス」の建設状況!野村不動産と旭化成不動産レジデンスによるタワマンです(2022.6.29)

(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 渋谷駅東部のタワーマンション「(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画」の建設地です。渋谷スカイから2022年6月29日に撮影しました。

 同タワーマンションは「秀和青山レジデンス」(地上8階、1964年竣工)の建替えで、建替後の規模は地上26階、地下2階、高さ87.63m、最高高さ91.90m、敷地面積1,926.47屐建築面積881.51屐延床面積1万8258.13屬巴浪写反盟悗鮑陵僂靴震反鵡渋い箸覆蠅泙后7築主は秀和青山レジデンス管理組合法人(参加組合員:野村不動産、旭化成不動産レジデンス)、設計者はIAO竹田設計、施工者は鴻池組で2025年2月下旬竣工予定となっています。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 少し広角で撮影。建設地右隣の建物の地下1階〜地上2階は場外馬券売場の「ウインズ渋谷」となっていますが、出入口は同マンション側にはないのでそこまで気にならないかと思います。また、左下に見えている緑地は「金王八幡宮」です。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 さらに広角で撮影。左の大きな道路は六本木通りと首都高渋谷線、右の道路は明治通りで幹線道路からは離れた場所のため渋谷でも静かな場所となっています。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 同日に敷地西側から撮影。敷地の一部が区切られ舗装されていました。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 仮囲いの中です。作業工程は山留工事となっていました。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 敷地東側から撮影。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 赤レンガの塀に面した道路は八幡通りで、奥に見えている超高層ビルは左から「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)、「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.71m)、そして右端に辛うじて写っているのが「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ182.48m)です。渋谷駅周辺の超高層ビル群とは少しだけ離れているので、これらビル群を眺めるには最高のタワマンとなりそうです。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 「(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画」の完成予想図です。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 同建替計画はマンション建替法に基づく容積率の特例緩和制度の許可を受けるため、必要な市街地環境の整備改善として広場状空地や歩道状空地の整備が行われます。これにより「マンション建替法容積率許可」を取得し容積率は500%から655.40%へ割り増しとなっています。

 これは敷地南東側に設けられる空地で、赤レンガの壁も撤去され見通しの良い「安心で心地よい」歩行空間を確保します。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 敷地西側北西側には緑や水盤を設けて潤いある空間が演出されます。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。施工者は未定のままいつになっても更新されませんが鴻池組によって建設が行われています。

■物件概要■
名称:(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画
所在地:東京都渋谷区渋谷三丁目3番1他
交通:JR山手線・埼京線「渋谷駅」
   東急東横線・田園都市線「渋谷」駅
   東京メトロ銀座線・副都心線・半蔵門線「渋谷」駅
用途:共同住宅
階数:地上26階、地下2階
高さ:87.63m(最高91.90m)
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,926.47
建築面積:881.51
延床面積:18,258.13
事業者:秀和青山レジデンス管理組合法人
参加組合員:野村不動産、旭化成不動産レジデンス
設計者:IAO竹田設計
施工者:鴻池組
工期:2021年12月上旬着工〜2025年2月下旬竣工予定

渋谷駅徒歩圏「秀和青山レジデンス」の建替え状況!野村不動産と旭化成不動産レジデンスによる地上26階、高さ91.90mのタワマンへ(2022.5.8)

(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 渋谷駅南東部で建設中のタワーマンション「(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画」(地上26階、最高高さ91.90m)の建設地です。渋谷スカイから2022年5月8日に撮影しました。

 同タワーマンションは「秀和青山レジデンス」(地上8階)の建替えで、建替後の規模は地上26階、地下2階、高さ87.63m、最高高さ91.90m、敷地面積1,926.47屐建築面積881.51屐延床面積1万8258.13屐建築主は秀和青山レジデンス管理組合法人で参加組合員として野村不動産と旭化成不動産レジデンス参画。設計者はIAO竹田設計、施工者は鴻池組で2025年2月下旬竣工予定となっています。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 建設地にズームです。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 5月末日までは既存マンションである「秀和青山レジデンス」の解体工事の工期となっていますが、見た感じではほぼ終わっているように見えました。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 少々瓦礫が残っているように見えますがほぼ更地となっています。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 同じ日に敷地西側から撮影。この道路を挟んだ向かい側には場外馬券売り場の「ウインズ渋谷」がありますが、出入口は同マンションとは反対側にあるため人通りは少ないです。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 仮囲いの中です。建築計画のお知らせでは2021年12月上旬に着工となっていますが、この状態が着工しているのかは不明です。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 敷地東側から撮影。建築計画のお知らせの施工者は未定のまま更新されていませんが、鴻池組の看板や旗があるので施工者は鴻池組として扱います。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 この赤レンガに面した道路は八幡通りで、右側に行くと六本木通りや青山通りに出て、旧こどもの城、国連大学本部がある場所に突き当たり、左側に行くと明治通りに出て、そのまま進むとJRの線路を超えて代官山方面まで行くことができます。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 赤レンガの塀越しに見た「(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画」の建設地です。奥に見えている超高層ビルは左から「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)、「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.71m)、「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ182.48m)です。ここからもこれだけ見えているので、低層フロアでも渋谷の超高層ビル群がいい感じに見えるタワーマンションとなりそうです。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 「(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画」の完成予想図です。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 同建替計画はマンション建替法に基づく容積率の特例緩和制度の許可を受けるため、必要な市街地環境の整備改善として広場状空地や歩道状空地が設けられます。これにより「マンション建替法容積率許可」を取得しており容積率は500%から655.40%へ割り増しとなっています。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 敷地西側には広場が整備されます。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画
所在地:東京都渋谷区渋谷三丁目3番1他
交通:JR山手線・埼京線「渋谷駅」
   東急東横線・田園都市線「渋谷」駅
   東京メトロ銀座線・副都心線・半蔵門線「渋谷」駅
用途:共同住宅
階数:地上26階、地下2階
高さ:87.63m(最高91.90m)
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,926.47
建築面積:881.51
延床面積:18,258.13
事業者:秀和青山レジデンス管理組合法人
参加組合員:野村不動産、旭化成不動産レジデンス
設計者:IAO竹田設計
施工者:鴻池組
工期:2021年12月上旬着工〜2025年2月下旬竣工予定

秀和青山レジデンスの解体状況!野村不動産と旭化成不動産レジデンスによる26階建てタワマンに建替えられます(2022.1.25)

(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 渋谷で建設されるタワーマンション「(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画」(地上26階、最高高さ91.90m)の完成予想図です。同計画は「秀和青山レジデンス」の建替えで、野村不動産と旭化成不動産レジデンスがマンション建替組合として参画しています。

 建築計画のお知らせによると設計者はIAO竹田設計で施工者は未定となっていますが、現地では鴻池組によって解体工事が行われているため施工者も鴻池組かと思います。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 2022年1月25日に渋谷スカイから撮影した東京都心方面の景色です。この中で矢印を入れた場所が「(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画」の建設地です。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 建設地にズームです。現在は既存マンションである「秀和青山レジデンス」の解体工事が行われています。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 さらにズームです。建築計画のお知らせでは2021年12月上旬の着工予定のため、敷地内のどこかで着工済みの場所があるのかもしれません。竣工予定は2025年2月下旬となっています。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 同じ日に敷地西側から撮影。「秀和青山レジデンス」は地上8階建てのマンションでしたが残り2,3フロアくらいのようでした。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 敷地西側には広場が整備されます。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 次回訪問時にはもうマンション本体の解体は終わっていそうです。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 敷地東側から撮影。この左側には場外馬券売り場の「ウインズ渋谷」がありますが、出入口は同マンションとは反対側にあるためあまり邪魔にはならないかと思います。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 敷地の南側と東側には広場状空地や歩道状空地が設けられますが、これは「(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画」がマンション建替法に基づく容積率の特例緩和制度の許可を受けるために必要な市街地環境の整備改善となります。「秀和青山レジデンス」は「マンション建替法容積率許可」を取得しており容積率は500%から655.40%へ割り増しとなっています。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 敷地北東側から撮影。右奥に見えている超高層ビルが渋谷スカイのある「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.71m)です。ちょうど渋谷駅がある辺りとなります。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画
所在地:東京都渋谷区渋谷三丁目3番1他
用途:共同住宅
階数:地上26階、地下2階
高さ:87.63m(最高91.90m)
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,926.47
建築面積:881.51
延床面積:18,258.13
事業者:秀和青山レジデンス管理組合法人
参加組合員:野村不動産、旭化成不動産レジデンス
設計者:IAO竹田設計
施工者:鴻池組?
工期:2021年12月上旬着工〜2025年2月下旬竣工予定

「秀和青山レジデンス」の建替!地上26階「(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画」既存マンション解体工事状況(2021.11.20)

(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 渋谷駅徒歩圏のマンション「秀和青山レジデンス」の建替え計画「(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画」(地上26階、最高高さ91.90m)の完成予想図です。建築主は秀和青山レジデンス管理組合法人でマンション建替組合に野村不動産と旭化成不動産レジデンスが参画しています。

 同マンションは渋谷区初の「マンション建替法に基づく容積率の特例緩和制度」を活用して都市計画上の容積率が500%から655.40%へ割り増すことが可能となっています。これは「除却の必要性に係る認定」(耐震性不足の認定)を受けたマンションの建替えにより、新しいマンション計画において、公開空地・地域防災・環境貢献などの総合的な配慮がなされ、市街地環境の整備改善に資するものについて特定行政庁が許可した場合に容積率が緩和される制度です。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 現地案内図
現地案内図[出典:野村不動産]

 場所は渋谷駅の南東側で東京メトロ「渋谷駅」から徒歩6分、JR山手線「渋谷駅」南口より徒歩9分です。すぐ近くには「金王八幡宮」があります。目の前には場外馬券売り場の「ウインズ渋谷」がありますが、出入口は同マンションとは反対側にあるのでそこまで気にならないかと思います。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 2021年11月20日に「渋谷スカイ」から見た「秀和青山レジデンス」です。2022年5月末までの工期で解体工事が行われています。解体工事の施工者は鴻池組です。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 地上から撮影。「秀和青山レジデンス」は秀和レジデンスシリーズの第1号マンションで地上8階、延床面積9,393.89屬脳赦39年の竣工のでした。建替後の規模は地上26階、地下2階、最高高さ91.90m、延床面積18,258.13屬如各部屋の専有面積は約44屐遡121屬之弉茲気譴討い泙后



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 同じ方向の完成予想図です。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 敷地西側の八幡通り側から撮影。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 同じ方向の完成予想図です。広場状空地と歩道状空地も設けられますが、これは「マンション建替法に基づく容積率の特例緩和制度」の適用を受けるための市街地環境の整備改善に必要な整備となります。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画

 現地建築計画のお知らせでは「(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画」の着工予定は2021年12月上旬となっていますが、解体工事序盤のためまだ着工するとは思えない状況でした。



秀和青山レジデンス 解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが解体工事を行っている鴻池組になるかと思います。

■物件概要■
名称:(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画
所在地:東京都渋谷区渋谷三丁目3番1他
用途:共同住宅
階数:地上26階、地下2階
高さ:87.63m(最高91.90m)
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,926.47
建築面積:881.51
延床面積:18,258.13
事業者:秀和青山レジデンス管理組合法人
参加組合員:野村不動産、旭化成不動産レジデンス
設計者:IAO竹田設計
施工者:未定
工期:2021年12月上旬着工〜2025年2月下旬竣工予定

昭和39年竣工「秀和青山レジデンス」の解体工事開始!野村不動産と旭化成不動産レジデンスによる地上26階のタワマンへ建替えられます!

(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 渋谷駅近くの「秀和青山レジデンス」の建替え「(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画」(地上26階、最高高さ91.90m)の完成予想図です。マンション建替組合に野村不動産と旭化成不動産レジデンスが参画しているプロジェクトで渋谷区初の「マンション建替法に基づく容積率の特例緩和制度」を活用し都市計画上の容積率が500%から655.40%へ割り増しています。

 昭和39年竣工の「秀和青山レジデンス」は秀和レジデンスシリーズの第1号マンションで地上8階、延床面積9,393.89屬任靴燭、建替後は地上26階、地下2階、最高高さ91.90m、延床面積18,258.13屬箸い辰慎模になります。各部屋の専有面積は約44屐遡121屬之弉茲気譴討り、2025年2月の竣工予定となっています。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 現地案内図
現地案内図[出典:野村不動産]

 場所は渋谷駅の南東側で東京メトロ「渋谷駅」から徒歩6分、JR山手線「渋谷駅」南口より徒歩9分で金王八幡宮もすぐ近くにあります。



秀和青山レジデンス

 9月26日に撮影した「渋谷スカイ」からの景色です。矢印を入れた場所が「(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画」の建設地です。



秀和青山レジデンス

 少しズームです。「秀和青山レジデンス」の右側の白い建物には「ウインズ渋谷」がありますが、渋谷駅徒歩圏として人通りの少ない静かな場所です。



秀和青山レジデンス

 さらにズームです。昭和39年竣工だとさすがに古さは隠せないですね。耐震性不足の認定を受けたマンションでしたが建替後は地下免震層を採用した免震構造となります。



秀和青山レジデンス

 現地から撮影。横長のマンションです。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 同じ方向の完成予想図です。緑や水盤のある潤いある空間が演出されます。




秀和青山レジデンス

 南側から撮影。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 南東側の角には広場状空地と歩道状空地も設けられます。ちなみにの「マンション建替法に基づく容積率の特例緩和制度」は「除却の必要性に係る認定」(耐震性不足の認定)を受けたマンションの建替えで、新しいマンション計画において、公開空地・地域防災・環境貢献などの総合的な配慮がなされ、市街地環境の整備改善に資するものについて特定行政庁が許可した場合に容積率が緩和される制度とのことで「マンション建替法容積率許可」を取得するためにこういった広場や歩道が整備されます。



秀和青山レジデンス

 東側から撮影。現地に設置されている作業予定によると内装解体、外部足場組立となっていました。



秀和青山レジデンス 解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。2021年9月上旬から2022年5月末日までの解体工期となっています。



秀和青山レジデンスマンション建替事業に伴う解体工事
 解体工事の問い合わせ先はイム都市設計となっていますが施工は鴻池組です。



(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますがこのまま鴻池組が施工者になるかと思います。

■物件概要■
名称:(仮称)秀和青山レジデンスマンション建替計画
所在地:東京都渋谷区渋谷三丁目3番1他
用途:共同住宅
階数:地上26階、地下2階
高さ:87.63m(最高91.90m)
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,926.47
建築面積:881.51
延床面積:18,258.13
事業者:秀和青山レジデンス管理組合法人
参加組合員:野村不動産、旭化成不動産レジデンス
設計者:IAO竹田設計
施工者:未定
工期:2021年12月上旬着工〜2025年2月下旬竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク