超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

地上39階、高さ約140m「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の再開発組合設立認可!東急不動産や三井不動産レジデンシャルによるタワマン建設へ

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京都]

 白金一丁目で計画されている「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」において、東京都は白金一丁目西部中地区市街地再開発組合の設立を6月24日に認可すると発表がありました。本事業では、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図り、安全な都市基盤の形成による地域防災機能の強化、まちの新たなにぎわいの創出、良質な都市型住宅の導入と工場機能継続のための環境整備が図られます。

 同再開発はタワーマンションとなるA街区と工場棟となるB街区に分かれており、A街区の規模は地上39階、地下1階、高さ約140m、延床面積約9万7720屬箸覆蝓B街区の規模は地上4階、高さ約15m、延床面積約1,990屬之弉茲気譴討い泙后事業者は白金一丁目西部中地区市街地再開発組合で参加組合員として東急不動産、三井不動産レジデンシャル、大成建設、大成有楽不動産、日本郵政不動産が参画予定。特定業務代行者は大成建設で2023年度の権利変換計画認可経て、2025年度着工、2028年度竣工予定となっています。

▼東京都:報道発表(2022年6月23日)
白金一丁目西部中地区市街地再開発組合の設立を認可します

▼建設通信新聞(2022年6月24日)
再開発3地区 組合設立を認可/虎ノ門一丁目東、白金一丁目西部中、赤坂七丁目2番/東京都都市整備局



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:港区議会]

 反対側からの完成予想図です。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東急不動産]

 こちらは東急不動産から2019年10月に公開された完成予想図です。どちらの完成予想図が最新デザインに近いのかは不明です。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 敷地の大部分がA街区で南側にタワーマンション本体が配置され、北側には広場が整備されます。また、敷地北東角がB街区となり低層の工場棟が建設されます。

 敷地北側の区画道路1号(幅員約10m、延長約150m)は新設され、敷地南側の区画道路2号(幅員約10m、延長約130m)と西側の区画道路3号(幅員約8m、延長約110m)は拡幅されます。また、周囲には歩道上空地も整備されます。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都]

 A街区のフロア構成は1階が店舗、2階が保育園と駐輪場等、3階〜39階が住宅フロアとなります。B街区は1、2階が工場と事務室、3、4階が住宅となります。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:港区議会]

 白金高輪駅に近い敷地南東側から見た低層部の完成予想図でです。1階が店舗フロアとなります。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京都]

 建設地は「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)がある「白金アルエシティ」の西側で最寄駅は都営三田線・東京メトロ南北線「白金高輪」駅となります。敷地北東側の「白金一丁目東部北地区」と書いてある場所は「白金ザ・スカイ(SHIROKANE The SKY)」(地上45階、高さ156.10m)のことです。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 2020年12月18日にヘリから撮影した白金高輪駅周辺です。赤い網掛けをした場所が「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」(地上39階、高さ約140m)の計画地で、左隣がほぼ同じ高さの「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)で、写真下で建設中の建物は「白金ザ・スカイ(SHIROKANE The SKY)」(地上45階、高さ156.10m)です。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 南側からの空撮です。計画地の南側には20階建ての「プレイス白金ブライトレジデンス」や建設中の「アトラスタワー白金レジデンシャル」(地上23階、最高高さ80.14m)があるため南向きの低層フロアだと開けた視界がほぼない部屋も出てきます。



白金高輪のタワーマンション群

 六本木ヒルズの展望台から見た白金高輪駅周辺のタワーマンション群です。この中で右端あたりが「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の計画地となっていあmす。 



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 現地から撮影した「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。この郵政による「白金宿舎」が区域内で一番大きな建物となっています。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 「白金宿舎」越しに見た白金高輪駅方面です。中央が「白金タワー」でこれとほぼ同じ高さのタワーマンションがここに建設されます。高さはほぼ同じでも幅はこちらの方が倍くらいあります。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 敷地南東側です。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 敷地北東側のB地区あたりです。

■物件概要(A地区)■
事業名:白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業 A地区
地名地番:東京都港区白金1丁目の一部
交通:東京メトロ南北線・都営三田線「白金高輪」駅 徒歩1分
用途:住宅、店舗、子育て支援施設、駐車場
総戸数:約900戸(以前の情報)
階数:地上39階、地下1階
高さ:約140m
敷地面積:約11,126
建築面積:約5,100
延べ面積:約97,720
建築主:白金一丁目西部中地区市街地再開発組合
参加組合員:東急不動産、三井不動産レジデンシャル、大成建設、大成有楽不動産、日本郵政不動産
特定業務代行者:大成建設
工期:2025年度着工〜2028年度竣工予定
総事業費:約790億円

ブランズタワー白金!?東急不動産による白金一丁目西部中地区の39階建てタワマンは25年度着工、28年度竣工予定

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:港区議会]

 白金高輪駅徒歩圏で計画されているタワーマンション「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」について、港区議会の建設常任委員会より再開発組合の設立認可申請についての資料が公開されました。

 規模は従来の情報とは多少の誤差はありますが、地上39階、地下1階、高さ約139m、敷地面積約11,126屬紡个靴瞳築面積約5,100屐延床面積約97,719屬能斬陲梁召謀絞泙隼勸蕕道抉膸楡澆入ります。参加組合員幹事企業に東急不動産が選定されており、特定業務代行者は大成建設となっています。

 今後のスケジュールは2022年度に組合設立認可、2023年度に権利変換計画認可、2025年度に着工、2028年度に竣工予定となっています。

▼港区議会:建設常任委員会(2022年2月9日)
資料10_白金一丁目西部中地区市街地再開発組合の設立認可申請について (PDF 752KB)



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東急不動産]

 この図は東急不動産が「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」に参画することを発表された時に公開された完成予想図です。最新の完成予想図と見比べるとデザインが大きく異なっています。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:港区]

 ただ、それよりも前に公開されていたこの完成予想図は今回のデザインと同じに見えます。そのため今回は先祖返りして古い完成予想図が掲載されてしまった可能性もあり、どれが現時点の完成予想図なのかは不明です。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:港区議会]

 白金高輪駅にも近い敷地南東側から見た低層部の完成予想図です。フロア構成は不明ですが完成予想図を見ると1階が店舗フロアとなるようです。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:港区議会]

 敷地はA地区の住宅棟とB地区の工場棟に分かれており、A地区は敷地南側、B地区は北東側に位置しています。また、敷地北側の大部分は約3,300屬旅場、敷地の周囲には2m〜5mの歩道状空地が整備され、そして東側以外には区道が再整備されます。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:港区議会]

 建設地は「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)のある「白金アルエシティ」の西側です。北西側の「白金一丁目東部北地区」と書いてある場所は「白金ザ・スカイ(SHIROKANE The SKY)」(地上45階、高さ156.10m)のことです。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 2020年12月18日にヘリから撮影した白金高輪駅周辺です。赤い網掛けをした場所が「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。隣の「白金タワー」とほぼ同じ高さのタワーマンションがこの場所に建設されます。東急不動産のため「ブランズタワー白金」といった名称になりそうです。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 南側からの空撮です。南側には20階建ての「プレイス白金ブライトレジデンス」や建設中の「アトラスタワー白金レジデンシャル」(地上23階、最高高さ80.14m)があるため低層フロアの南向きだと抜けた視界はありません。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 かなり前に撮った「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。この郵政宿舎が区域内で一番大きな建物となっています。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 郵政宿舎越しに見た白金高輪駅方面です。中央が「白金タワー」でこれとほぼ同じ高さのタワーマンションとなります。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 敷地南東側です。こういった大規模再開発になるとまだまだ現役で使えそうな建物も含まれることが多々あります。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 敷地北東側のB地区となるあたりです。

■物件概要(A地区)■
事業名:白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業 A地区
地名地番:東京都港区白金1丁目の一部
用途:住宅、店舗、子育て支援施設、駐車場
総戸数:約900戸(以前の情報)
階数:地上39階、地下1階
高さ:約139m
敷地面積:約11,126
建築面積:約5,100
延べ面積:約97,719
建築主:白金一丁目西部中地区市街地再開発準備組合
参加組合員:東急不動産(幹事企業)
特定業務代行者:大成建設
工期:2025年度着工〜2028年度竣工予定

地上40階、高さ約140m、約900戸「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の参加組合員幹事企業に東急不動産!

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:東急不動産]

 白金高輪駅近くで計画されている「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の検討を進めている「白金一丁目西部中地区市街地再開発準備組合」が実施した参加組合員幹事企業募集において参加組合員幹事企業に東急不動産が選定されたと発表がありました。同時に特定業務代行者として大成建設に決定したことも判明しています。

 今回のニュースリリースでは規模は未定となっていましたが、港区の環境アセスのページで公開されていた資料では地上40階、高さ約140m、延床面積約100,000屐¬900戸となっていました。

▼東急不動産ホールディングス:ニュースリリース(2019年10月30日)
〜大規模再開発が進む白金高輪エリアの新たな街づくり〜
「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」に参画
約3,300屬旅場を備える、住宅・商業・工場等の複合再開発




白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:東急不動産]

 区域面積約1.6haの敷地に地域最大級の空地となる約3,300屬旅場の整備も目標となっています。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:港区]

 こちらは港区の環境アセスのページで公開されたときの完成予想図です。ディテールは異なりますが大きく変化はないように思います。左に形だけ描かれているタワーマンションは「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)で、両棟を比べるとかなり巨大なタワーマンションになることがわかります。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:港区]

 敷地北東角は地権者向けと思われる工場敷地となっています。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:東急不動産]

 「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の建設地は「白金タワー」などがある「白金アエルシティ」の西隣です。

 北側の「白金一丁目東部北地区」となっている場所は「SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)」(地上45階、高さ156.10m、総戸数1247戸)の建設地で、他にも白金高輪駅周辺では「プレミストタワー白金高輪」(地上35階、高さ135.64m、総戸数280戸)、「ザ・パークハウス 高輪タワー」(地上26階、最高高さ96.63m、総戸数164戸)の3棟のタワーマンションが現在建設中です。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 約4年前の白金高輪駅周辺の空撮です。赤い網掛けをした部分が「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。何棟以上が揃えばタワーマンション群と呼べるのか問題もありますが…将来の白金高輪駅周辺に出現するタワーマンション群は日本で一番平均坪単価の高いタワーマンション群となりそうですね。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 以前に載せた写真と同じですが同再開発事業の建設地予定地です。見た感じではこの白金宿舎が区域内で一番大きな施設です。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 白金宿舎越しに「白金タワー」も見えます。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 区域内にはまだまだ現役で行けそうな建物もありました。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 今回のニュースリリースでは竣工時期は未定となっていましたが、以前の情報では2021年度着工〜2025年度竣工予定となっています。ところで東急不動産ということで名称は「ブランズタワー白金高輪」か「ブランズタワー白金」あたりになりそうですね。

■物件概要■
事業名:白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
地名地番:東京都港区白金1丁目の一部
用途:住宅、商業・生活利便施設、工場、駐車場
総戸数:約900戸
階数:地上40階
高さ:約140m
敷地面積:約12,200
建築面積:約5,700
延べ面積:約100,000
建築主:白金一丁目西部中地区市街地再開発準備組合
参加組合員:東急不動産(幹事企業)
特定業務代行者:大成建設
工期:2021年度着工〜2025年度竣工予定

地上40階「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の建設地の様子(2019.2.23)

白金高輪駅周辺の空撮
 ちょっと古いですが3年半くらい前の白金高輪駅周辺の空撮です。白金高輪駅周辺では複数のタワーマンション計画があり、黄色の網掛けをした場所に「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ156.1m)、青の網掛けをした場所に「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」(地上35階、高さ135.64m)、緑の網掛けをした場所に「(仮称)港区高輪1丁目計画」(地上26階、最高高さ96.63m)が建設されます。

 そして赤の網掛けをした場所では「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」(地上40階、高さ約140m)が計画されています。

 写真中央は「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)と「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)で白金高輪駅の超高層と言えばこの2棟でしたが、数年後には新たなタワーマンション群が誕生することになります。

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出展:港区]

 「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。既に公開期間は過ぎてしまいましたが港区の環境アセスのページで公開されていました。この完成予想図では「白金タワー」が小さく感じる大きさのタワーマンションが計画されています。


白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
配置図[出展:港区]

 敷地内には工場棟もあります。


白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
位置図[出展:港区]

 場所は白金高輪駅から徒歩5分くらいでしょうか。かなり大きな再開発となります。事業主は白金一丁目西部中地区市街地再開発準備組合で2021年度に着工、2025年度の竣工を予定しています。


白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
 「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。着工予定はまだ先のため今はどの建物も普通に稼働しています。

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
 この白金宿舎が再開発地で一番の面積がありそうです。

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
 奥には「白金タワー」が見えています。

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
 ここが白金高輪駅周辺の最後のタワーマンションになるのか…他にも表に出ていない計画があるのか…しばらく白金高輪には撮影で通うことになりそうです。

■物件概要■
名称:白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
地名地番:東京都港区白金一丁目及び三丁目
用途:住宅、商業・生活利便施設、工場、駐車場
総戸数:約900戸
階数:地上40階
高さ:約140m
敷地面積:約12,200
建築面積:約5,700
延べ面積:約100,000
建築主:白金一丁目西部中地区市街地再開発準備組合
工期:2021年度着工〜2025年度竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク