超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

田町

東京三田再開発プロジェクトの建設状況!住友不動産による地上42階、高さ215mの超高層オフィスビルです(2022.1.18)

東京三田再開発プロジェクト

 住友不動産による超高層オフィスビル「東京三田再開発プロジェクト三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟-1)」(地上42階、高さ215m)です。2022年1月18日に田町駅前のペデストリアンデッキから撮影しました。

 左後ろの赤いビルは同じ住友不動産による「住友不動産三田ツインビル西館」(地上43階、最高高さ179.3m)です。同再開発は西館と同じく赤いラインを使ったデザインとなっているため、ツインビルのもう片方にも見えますが、少し離れた場所に「住友不動産三田ツインビル東館」があります。



東京三田再開発プロジェクト

 目の前の札の辻交差点に架かる歩道橋から見上げて撮影。



東京三田再開発プロジェクト

 低層部です。西館に比べて赤いラインが細いですが色は同じに見えます。



東京三田再開発プロジェクト

 高輪ゲートウェイ駅側に移動して撮影。田町駅側から見ると普通の箱型ですがこちらか見ると斜めに切り込まれています。



東京三田再開発プロジェクト

 低層部でセットバックし、中層部で少し形が変わることがわかります。



京三田再開発プロジェクト

 三田の高台側から撮影。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1

 同じ場所から高台側を見ると「旧東急アパート本館・別館」跡地で建設中の「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1」(地上9階、高さ31.5m)を真横から見ることができます。背後の要塞のようなビルは丹下健三作品の「クウェート大使館」です。



東京三田再開発プロジェクト

 住宅棟-1の建設地越しに撮影。地上部の建設が始まるとこの景色は見られなくなります。



東京三田再開発プロジェクト

 見るからにワンフロアが大きなビルですが、高層階(35階)でも889.33坪(2939.89)という広さがあります。



東京三田再開発プロジェクト 基準階平面図(35F)
基準階平面図(35F)[出典:住友不動産]

 その35階の基準階平面図です。オフィスフロア部には柱のない無柱空間となります。



東京三田再開発プロジェクト

 低層部はさらに大きく7階の基準階で1203.68坪(3979.02)の広さがあります。



東京三田再開発プロジェクト 基準階平面図(7F)
基準階平面図(7F)[出典:住友不動産]

 その7階の基準階平面図です。セットバックする前のフロアのため最大幅は90mあります。



東京三田再開発プロジェクト

 高台を下る坂の途中から撮影。



東京三田再開発プロジェクト

 高台を下った場所から撮影。手前の同再開発の敷地で聖徳学園の校舎などがあります。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2

 その聖徳学園の移転先として「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2」(地上7階、高さ28.5m)が建設中です。1、2階が幼稚園、3階からが専門学校となります。現在の校舎がある場所には広場が整備されます。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2

 奥の方では鉄骨が組まれて始めていました。



東京三田再開発プロジェクト

 場所を変えて高輪ゲートウェイ駅のデッキから撮影。ツインタワーのようにそびえ立っているので目立ちます。



東京三田再開発プロジェクト

 さらに場所を変えて恵比寿ガーデンプレイスタワーから見た白金・高輪・三田方面です。



東京三田再開発プロジェクト

 「東京三田再開発プロジェクト」にズームです。



東京三田再開発プロジェクト

 ここからは日付が古くなって2021年12月27日に東京タワーから見た「東京三田再開発プロジェクト」です。



東京三田再開発プロジェクト

 こちらは六本木ヒルズから見た様子です。この辺りでは最も高い超高層ビルとなるのでランドマーク的存在となりそうです。



東京三田再開発プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 「東京三田再開発プロジェクト」の完成予想図です。札ノ辻交差点に架かる歩道橋が架け替えられ「札の辻橋」側と高台側に延伸されます。



東京三田再開発プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 その歩道橋から見た完成予想図です。現在の歩道橋とは全く外観が違うため新しく架け替えられることがわかりますが、今はまだ工事は始まっていません。



東京三田再開発プロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(複合棟-1)■
仮称:東京三田再開発プロジェクト
計画名称:(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業 複合棟-1 新築工事
所在地:東京都港区三田三丁目11番2他
用途:事務所、貸会議室等、店舗、駐車場
階数:地上42階、塔屋1階、地下4階
高さ:215m
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:19,170
建築面積:8,140
延床面積:199,709
建築主:三田三・四丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:久米設計
施工者:大林組
工期:2019年10月中旬着工〜2023年12月中旬竣工予定

地上33階、高さ約120m「プラウドタワー芝浦」の建設状況(2021.11.23)

プラウドタワー芝浦

 芝浦の野村不動産による分譲のタワーマンション「プラウドタワー芝浦」(地上33階、最高高さ119.98m)です。撮影した2021年11月23日時点で13階まで建設が進んでいました。

 建設地はJR「田町」駅から徒歩11分、JR「高輪ゲートウェイ」駅からは徒歩18分となっています。高輪ゲートウェイ駅周辺の再開発が進むと駅までのルートがもう少し短くなるかと思います。



プラウドタワー芝浦

 建設地は日本航空田町ビルディング跡地の角地ですがマンション本体は奥側に建設し、角地側にはそこそこ広い公開空地が整備されます。



プラウドタワー芝浦

 本日、12月10日から11日まで第1期6次の18戸が販売開始で、間取りは2LDKと3LDK、専有面積は49.93屐85.73屐販売価格は6750万円〜1億4800万円となっています。



芝浦アイランドとプラウドタワー芝浦

 晴海客船ターミナルの展望台から見た芝浦アイランドのタワマン群です。ちょうど隙間から「プラウドタワー芝浦」が顔を出していました。



プラウドタワー芝浦 敷地配置図
敷地配置図[出典:公式HP]

 配置図です。「PLAZA」と名付けられた公開空地が角地側に整備されます。エントランスは田町駅がある北側と高輪ゲートウェイ駅がある南側の2か所に設けるダブルエントランスとなっています。



プラウドタワー芝浦 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 「プラウドタワー芝浦」の完成予想図です。



プラウドタワー芝浦 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 「木の温かさ」を表現したタワー・デザインとなっており、塔屋は天空にアーチを描く弓形の木目ティアラとなっています。



プラウドタワー芝浦 PLAZA完成予想CG
PLAZA完成予想CG[出典:公式HP]

 公開空地の「PLAZA」は約1900屬旅さで四季を彩る植栽が計画されています。



プラウドタワー芝浦 エントランスホール完成予想CG
エントランスホール完成予想CG[出典:公式HP]

 エントランスホールの完成予想図です。石や木といった自然素材と、透明感のあるガラスを積極的に採用したデザインとなっています。



プラウドタワー芝浦 エントランスホール完成予想CG
エントランスホール完成予想CG[出典:公式HP]

 エントランスホールからは水景のあるプライベートガーデンを望むことができます。



プラウドタワー芝浦 ゲストルーム完成予想CG
ゲストルーム完成予想CG[出典:公式HP]

 27階には共用施設として2つのゲストルームが設置されます。



プラウドタワー芝浦 スカイデッキ完成予想CG
スカイデッキ完成予想CG[出典:公式HP]

 また、屋上には共用施設としてスカイデッキも設置されます。。



プラウドタワー芝浦 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プラウドタワー芝浦
計画名称:(仮称)芝浦4丁目計画
所在地:東京都港区芝浦四丁目4-45番地
用途:共同住宅・保育所
総戸数:421戸
階数:地上33階、地下1階
高さ:119.50m(最高高さ119.98m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:4,134.51
建築面積:1,559.15
延床面積:43,398.61
建築主:野村不動産
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2020年3月11日着工〜2023年1月中旬竣工予定
入居:2023年3月中旬予定

地上鉄骨建方開始!地上29階、高さ156m「(仮称)TTMプロジェクト」の建設状況(2021.11.23)

(仮称)TTMプロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:港区]

 港区芝5丁目で建設中の超高層オフィスビル「(仮称)TTMプロジェクト」(地上29階、高さ156m)の完成予想図です。一部壁面を少しずらした特徴的なデザインとなっています。建築主は三菱重工、設計者は三菱地所設計、施工者は清水建設で2023年5月末日竣工予定となっています。

 ところで「TTMプロジェクト」の「TTM」は建築計画のお知らせが設置された当初の建築主である田町ビル、徳栄商事、三菱重工業の3社の頭文字と思われます。ただ、現在の建築主は三菱重工1社となっています。



(仮称)TTMプロジェクト 立面図
立面図[出典:港区]

 東西南北全ての面が同じようなデザインとなっています。。



(仮称)TTMプロジェクト 断面図
断面図[出典:港区]

 フロア構成は低層部の1〜4階が店舗等、6〜29階がオフィスフロアとなります。29階の一部に店舗等を示すピンク色となっていますが、それが一般の人が行けるレストラン等の店舗なのか、就業者専用の店舗なのかは不明です。

 最高高さは約160mとなっていますが建築計画のお知らせは160mから156mに変更になっています。塔屋部分に調整が入ったものと思われます。



(仮称)TTMプロジェクト 土地利用平面図
土地利用平面図[出典:港区]

 隣にある「森永プラザビル」の歩行者デッキと接続されるためJR「田町」駅まで直結となります。また、同ビルの歩行者デッキはL字型に配置され新たな歩行者動線が誕生します。



(仮称)TTMプロジェクト 計画地位置図
計画地位置図[出典:港区]

 建設地の目の前にはJR「田町」駅と都営三田線・浅草線の「三田」駅があるように見えますが、JR「田町」駅は改札からは少々離れています。都営線の「三田」駅は敷地内に出入口があったため再び駅直結になると思われます。



(仮称)TTMプロジェクト

 2021年11月23日に現地で撮影した「(仮称)TTMプロジェクト」(地上29階、高さ156m)です。タワークレーンが2基設置され鉄骨が組まれ始めました。



(仮称)TTMプロジェクト

 建設地は三菱自動車の本社があった「第一田町ビル」とその隣の「徳栄ビル」の跡地です。建設地の隣に見えている歩行者デッキと接続されます。



(仮称)TTMプロジェクト

 その「森永プラザビル」の歩行者デッキから見た「(仮称)TTMプロジェクト」の建設地です。



(仮称)TTMプロジェクト

 地上部の鉄骨が組まれ始めたばかりだったようです。撮影から10日くらい経っているので今はもっと鉄骨が組まれているかと思います。



(仮称)TTMプロジェクト

 左後ろのツインタワーは「msb Tamachi(ムスブ田町)」の「田町ステーションタワーN」(地上36階、高さ180.08m)と「田町ステーションタワーS」(地上32階、高さ168.98m)です。田町駅周の超高層ビル群がゆっくりと拡大しています。



(仮称)TTMプロジェクト

 工事車両の出入りが激しく撮影しているときはゲートは開いたままで鉄骨がよく見えました。



(仮称)TTMプロジェクト

 東側から撮影。左端に見切れている建設中の超高層ビルは数日前のブログに載せた「東京三田再開発プロジェクト(三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟-1)」(地上42階、高さ215m)です。また、写真には写っていませんがこの線路の下には反対側へ行ける歩行者通路があります。



(仮称)TTMプロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)TTMプロジェクト
所在地:東京都港区芝5丁目315番1他
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上29階、塔屋1階、地下2階
高さ:156m(最高156m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:8,617.93
建築面積:5,949.77
延床面積:112,178.97
建築主:三菱重工業
設計者:三菱地所設計
施工者:清水建設
工期:2021年1月末着工〜2023年5月末日竣工予定

最上階までもう少し!地上42階、高さ215m「東京三田再開発プロジェクト(三田三・四丁目地区)」の建設状況(2021.11.23)

東京三田再開発プロジェクト

 住友不動産による三田の大規模再開発「東京三田再開発プロジェクト三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟-1)」(地上42階、高さ215m)です。2021年11月20日に渋谷スカイから撮影しました。

 右側の赤い超高層ビルが同じ住友不動産による「住友不動産三田ツインビル西館」(地上43階、最高高さ179.3m)で、見比べると同じくらいの高さまで建設が進んでいることがわかります。



東京三田再開発プロジェクト

 少し広角で撮影。この辺りは羽田空港の高さ制限があることもあり、超高層ビル群のスカイラインが一直線になっていますが、同再開発は国家戦略特区として認定を受けており高さ制限が緩和されています。そのためここだけ少し飛び出たスカイラインとなります。



東京三田再開発プロジェクト

 11月23日に建設地からは少し離れた第一京浜の芝五丁目交差点から撮影。第一京浜の先に「東京三田再開発プロジェクト」が見えます。手前に田町駅と繋がる歩道橋が見えていますが…



東京三田再開発プロジェクト

 その歩道橋から見た「東京三田再開発プロジェクト」です。背後の「住友不動産三田ツインビル西館」とツインタワーのようにも見えますが、ツインビルのもう片方は東館として別の場所にあります。また、ビルの目の前に歩道橋が見えていますが…



東京三田再開発プロジェクト

 その歩道橋と「東京三田再開発プロジェクト」です。同ビルとこの歩道橋は接続されることになりますが、後から載せる完成予想図を見ると歩道橋は架け替えられるようです。



東京三田再開発プロジェクト

 その歩道橋から撮影。



東京三田再開発プロジェクト

 低層部です。隣の「住友不動産三田ツインビル西館」と比べると赤い部分がこちらの方が少ないです。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2

 この右の方では「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2」(地上7階、高さ28.5m)が建設中です。敷地内にある聖徳学園の移転先で1、2階が幼稚園、3階からが専門学校となります。現在の校舎がある場所は広場として整備されます。



東京三田再開発プロジェクト

 先ほどの歩道橋がある札の辻交差点を海側に行った場所にある歩道橋から撮影。この左側のビルがツインビルのもう片方である「住友不動産三田ツインビル東館」(地上17階、高さ85.5m)です。また、道路の先に見えている建物は「クウェート大使館」です。



東京三田再開発プロジェクト

 「東京三田再開発プロジェクト」にズームです。



クウェート大使館

 丹下健三作品の「クウェート大使館」にズームです。今はこうして見えていますがその手前では「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1」(地上9階、高さ31.5m)が建設中のためほぼ見えなくなるかと思います。



東京三田再開発プロジェクト

 第一京浜を品川方面に行った場所から撮影。撮影時で36階あたりまで建設が進んでいるようでした。最上階まで残りわずかです。



東京三田再開発プロジェクト

 「住友不動産三田ツインビル西館」の公開空地から撮影。



東京三田再開発プロジェクト

 そこから高台側へ行くエレベーターを登ったところから撮影。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1

 そこからは「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1」の建設現場を真横から見ることができます。



クウェート大使館

 そこからも「クウェート大使館」が見えますが、ここもまた地上部の建設が始まる前の今しか見られない光景です。ちなみに右側に見えている建設中の超高層ビルは一時的に高さ日本一の超高層ビルとなる「虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)」(地上64階、高さ325.20m)です。



東京三田再開発プロジェクト

 住宅棟-1の建設地越しに撮影。そこそこ高さのある高台のため、ここから見るのと坂の下から見るのとでは高さ感が全然違います。




東京三田再開発プロジェクト

 坂を少し下った場所から撮影。西館の高層部は超高級賃貸マンションの「ラ・トゥール三田」となっています。この場所で左を見ると…



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-2

 2005年の着工以来ずっと工事が続いていることから三田のガウディとしても有名な「蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)」があります。ここも同再開発に含まれていますが2024年までに完成させ曳家をするそうです。



東京三田再開発プロジェクト

 ビルの隙間から撮影。



東京三田再開発プロジェクト

 坂を下りた北東側から撮影。見る角度によって見た目が変わるビルとなっています。



東京三田再開発プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 「東京三田再開発プロジェクト」の完成予想図です。札ノ辻交差点に架かる歩道橋が架け替えられ「札の辻橋」にも延伸され接続することがわかります。



東京三田再開発プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 その歩道橋から見た完成予想図です。この完成予想図からしても歩道橋が架け替えられることがわかりますが、今はまだ何も工事は始まっていません。



東京三田再開発プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 隣の「住友不動産三田ツインビル西館」とツインタワーに見える完成予想図となっていますがツインビルの東館が既に存在します。



東京三田再開発プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 上空から見た完成予想図です。



東京三田再開発プロジェクト 基準階平面図(7F)
基準階平面図(7F)[出典:住友不動産]

 7階の基準階平面図です。セットバックする前のフロアのため最大幅は90mもあり、1234.68坪(3979.02)という巨大な無柱空間となります。



東京三田再開発プロジェクト 基準階平面図(35F)
基準階平面図(35F)[出典:住友不動産]

 35階の基準階平面図です。7階よりは狭くなりますがそれでも889.33坪(2939.89)もあるオフィスフロアとなります。



東京三田再開発プロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(複合棟-1)■
仮称:東京三田再開発プロジェクト
計画名称:(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業 複合棟-1 新築工事
所在地:東京都港区三田三丁目11番2他
用途:事務所、貸会議室等、店舗、駐車場
階数:地上42階、塔屋1階、地下4階
高さ:215m
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:19,170
建築面積:8,140
延床面積:199,709
建築主:三田三・四丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:久米設計
施工者:大林組
工期:2019年10月中旬着工〜2023年12月中旬竣工予定

地上33階、高さ約120m「プラウドタワー芝浦」の建設状況(2021.10.24)

プラウドタワー芝浦

 芝浦で建設中のタワーマンション「プラウドタワー芝浦」(地上33階、最高高さ119.98m)です。名称からわかる通り野村不動産が売主の分譲タワマンで11月中旬より第1期5次の分譲が開始予定となっています。先着順では29戸が販売中で間取りは2LDKと3LDK、専有面積は49.93屐124.46屐販売価格は7090万円〜2億8000万年となっています。

 ところで2基のタワークレーンが横に並んでいますが板状でもない超高層でこうして並ぶのは珍しい気がします。



プラウドタワー芝浦

 これは完成時には角地側が公開空地となりスペースに余裕があるためかと思います。そのためプレハブ事務所も角地側にあります。



プラウドタワー芝浦

 東側から撮影。こちら向きの住戸はレインボーブリッジビューとなります。東側には芝浦アイランドがありますがちょうどレインボーブリッジを隠さない位置関係になっています。



プラウドタワー芝浦

 低層部からガラスの取り付けなども始まっています。



プラウドタワー芝浦 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 「プラウドタワー芝浦」の完成予想図です。



プラウドタワー芝浦 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 「木の温かさ」を表現したタワー・デザインとなっており、塔屋は天空にアーチを描く弓形の木目ティアラとなっています。



プラウドタワー芝浦 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 公開空地側から見上げた「プラウドタワー芝浦」の完成予想図です。



プラウドタワー芝浦 PLAZA完成予想CG
PLAZA完成予想CG[出典:公式HP]

 その公開空地は約1900屬旅さで「PLAZA」と名付けられており四季を彩る植栽が計画されています。



プラウドタワー芝浦 敷地配置図
敷地配置図[出典:公式HP]

 エントランスは田町駅側の北側と高輪ゲートウェイ駅側の南側の2つ設けるダブルエントランスとなっています。



プラウドタワー芝浦 エントランスホール完成予想CG
エントランスホール完成予想CG[出典:公式HP]

 エントランスホールの完成予想図です。石や木といった自然素材と、透明感のあるガラスを積極的に採用したデザインとなっています。



プラウドタワー芝浦 エントランスホール完成予想CG
エントランスホール完成予想CG[出典:公式HP]

 エントランスホールからは水景のあるプライベートガーデンを望むことができます。



プラウドタワー芝浦 水盤完成予想CG
水盤完成予想CG[出典:公式HP]

 そのプライベートガーデンの水盤です。



プラウドタワー芝浦 ファミリーラウンジ完成予想CG
ファミリーラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]

 公開空地のPLAZAを望むことができるファミリーラウンジの完成予想図です。



プラウドタワー芝浦 ゲストルーム完成予想CG
ゲストルーム完成予想CG[出典:公式HP]

 27階には共用施設として2つのゲストルームが設置されます。



プラウドタワー芝浦 スカイデッキ完成予想CG
スカイデッキ完成予想CG[出典:公式HP]

 また、屋上には共用施設としてスカイデッキも設置されます。。



プラウドタワー芝浦 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プラウドタワー芝浦
計画名称:(仮称)芝浦4丁目計画
所在地:東京都港区芝浦四丁目4-45番地
用途:共同住宅・保育所
総戸数:421戸
階数:地上33階、地下1階
高さ:119.50m(最高高さ119.98m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:4,134.51
建築面積:1,559.15
延床面積:43,398.61
建築主:野村不動産
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2020年3月11日着工〜2023年1月中旬竣工予定
入居:2023年3月中旬予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク