日本橋本町一丁目の木造高層建築物
完成予想パース[出典:三井不動産]

 三井不動産と竹中工務店より日本橋本町一丁目に地上17階、高さ約70m、延床面積約26,000屬量畋つ詑潺フィスビルの計画検討に着手したと発表がありました。これは現存する木造高層建築物では国内で最大・最高層となります。今後、詳細の検討を進め2023年着工、2025年竣工を目指すとのことです。また、同ビルには三井不動産が日本橋エリアで展開しているライフサイエンス事業の拠点を、主要な施設の一つとして設置予定となっています。

 同ビルの構造材に使用する木材量は国内最大規模の1,000立方メートル超となる見込みで、主要な構造部材には竹中工務店が開発した耐火集成材の「燃エンウッド」を採用するなど最先端の耐火・木造技術が導入されます。木材は三井不動産グループが北海道に保有する森林を積極的に活用し、建築資材の自給自足、森林資源と地域経済の持続可能な好循環の実現を目指します。

▼三井不動産:ニュースリリース(2020年9月29日)
三井不動産と竹中工務店、国内最大・最高層の木造賃貸オフィスビル計画検討に着手



燃エンウッド
耐火集成材「燃エンウッド」の仕組み[出典:三井不動産]

 竹中工務店が開発した「燃エンウッド」は国土交通大臣おり耐火構造の認可を受けた技術で、燃え止まり機構によりスギ・ヒノキ・カラマツなどの代表的な国産材を表面を耐火被覆などで覆わない『現し(あらわし)』で用いることが可能となっています。



日本橋本町一丁目の木造高層建築物
位置図[出典:三井不動産]

 建設地予定地は日本橋本町一丁目で東京メトロ「三越前」駅の近くでJR「新日本橋」駅や図の下の方にある「日本橋」駅が徒歩圏の場所です。建設予定地と思われる場所をストリートビューで見ると三井不動産による「(仮称)日本橋本町1丁目暫定利用計画」の建築計画のお知らせが確認できました。暫定利用施設なのでここでビンゴかと思います。



日本橋本町一丁目の木造高層建築物

 2019年12月14日にヘリから撮影した日本橋の空撮です。赤い網掛けをした場所が建設予定地かと思います。

 先程の建築計画のお知らせでは敷地面積2134,18屐∈2鵑離縫紂璽好螢蝓璽垢任良瀉鰐明僂鰐2,500屬蛤垢あるので、まだ残っていると思われる既存ビルも敷地に含まれると予想して区画全体に網掛けをしました。ただ、実際はどこまで含まれるかは不明でこのまま残るビルにも網掛けをしている可能性があります。



日本橋本町一丁目の木造高層建築物

 ここからは建設予定地に矢印です。その建設地の東側には首都高上野線、南北西側は細い路地のため、ここに木造の高層ビルが建設されても外観全体をキレイに眺める場所がなさそうなのがちょっと残念です。



日本橋本町一丁目の木造高層建築物

 日本橋で高さ70mだとそこまで目立つ高さではありませんが、外観のインパクトは大なので完成が楽しみです。



W350計画
完成予想パース[出典:日建設計]

 ところで2018年に住友林業によって高さ350mの木造超高層ビルの開発高層「W350計画」が発表されました。そのときに当ブログでは載せなかったと思いますが、これはそういった超高層ビル建設をできる技術を取得するのが目標で、実際の建築は現実味が薄いと思って取り上げませんでした。ただ、こうして高さ70mとは言え、実際に建設されるだろう木造構想ビル計画が出てくるとこちらの計画も実現する時代が来るのかもしれないですね。

■物件概要■
所在地:東京都中央区日本橋本町一丁目3番地
用途:事務所、店舗、駐車場 等
階数:地上17階
高さ:約70m
敷地面積:約2,500
延床面積:約26,000屐淵フィス基準階面積約300坪)
構造:ハイブリッド木造
建築主:三井不動産
設計者:竹中工務店(予定)
工期:2023年着工〜2025年竣工予定