超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

溜池山王

上棟した高さ約205m「赤坂インターシティ AIR」の建設状況(2016.12.17)

六本木ヒルズから見た赤坂インターシティ AIR
 六本木ヒルズの展望台からの眺めです。この中で中央で建設中の超高層ビルが「赤坂インターシティ AIR」(地上38階、高さ205.08m)です。見た感じでは既に上棟しているようでした。

赤坂インターシティ AIR
 地上に降りて溜池交差点から撮影。六本木ヒルズから見ると細いビルに見えますが、こうして場所を変えてみるとかなり大きな超高層ビルということがわかります。

赤坂インターシティ AIR
 平面図で見ると四角ではなく斜めになっている部分があるので、こういった角度から見ると板状の超高層ビルに見えます。

赤坂インターシティ AIR
 さらに近くから撮影。このビルの足元に溜池山王駅へと続く地下通路の出入口が整備されます。

赤坂インターシティ AIR
 反対側から撮影。ビルの一部は住宅棟となっています。

赤坂インターシティ AIR
 汐見坂から撮影。道路の先にそびえ立つ超高層ビルという個人的に好きな景色です。

赤坂インターシティ AIR
 高層部にズームです。外壁やガラスカーテンウォールの取り付けがもうすぐ終わりそうです。

赤坂インターシティ AIR
 敷地内では低層棟の建設も進んでいました。

赤坂インターシティ AIR
 現地看板を撮影した低層棟などの完成予想図です。

赤坂インターシティ AIR
 都心でありながら緑と水がある空間となります。

赤坂インターシティ AIR
 これはオフィスのロビーですかね。これだけ緑があると気持ちの良さそうです。

赤坂インターシティ AIR 緑地詳細図
 緑地詳細図です。このような配置となります。

赤坂インターシティ AIR 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■赤坂インターシティ AIRの物件概要■
名称:赤坂インターシティ AIR
計画名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区赤坂一丁目5 番(一部)、6番、8番、9番(一部)
用途:事務所・共同住宅・集会施設・店舗など
階数:地上38階、塔屋1階、地下3階
高さ:205.08m
構造:鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造(制震構造)
基礎工法:杭併用べた基礎
敷地面積:16,088.32
建築面積:7,130.00
延床面積:178,328.01
建築主:赤坂一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産
設計者:日本設計
施工者:大林組
工期:2014年9月9日着工〜2017年4月30日竣工予定

高さ約205m「赤坂インターシティ AIR」の空撮と建設状況(2016.10.15)

赤坂インターシティ AIRの空撮
 赤坂一丁目で建設中の超高層ビル「赤坂インターシティ AIR」(地上38階、高さ205.08m)の空撮です。1フロアの大きさも高さもあるかなり大きな超高層ビルです。目視で37階まで建設が進んでいるようでした。上棟までもう少しです。

 「赤坂インターシティ AIR」の足元左下にある10階建てくらいのビルがアメリカ大使館で、その左のL字型の建物がアメリカ大使館公邸です。本来は撮影禁止のビルですがグーグルにも載っているので問題ないでしょう(笑)

赤坂インターシティ AIR
 汐見坂から撮影。ビルの低層部の黒っぽい部分は住宅棟部分です。

赤坂インターシティ AIR
 ホテルオークラ東京の建替え現場越しに撮影。隣の黄色のビルは「赤坂インターシティ」です。

赤坂インターシティ AIR
 目の前から撮影。この角地に溜池山王駅直結の出入口ができます。

赤坂インターシティ AIR
 ちょっとだけ離れて「赤坂ツインタワー」跡地のコインパーキングから撮影。

赤坂インターシティ AIR
 溜池交差点から撮影。首都高や電線が邪魔ですが全景を斜めからキレイに撮るにはここが一番良いスポットかと思っています。

赤坂方面の超高層ビル群の空撮
 最後に最初とは反対側からの空撮です。中央やや左のタワークレーン3基で建設中のビルが「赤坂インターシティ AIR」です。

 左下の洋館は迎賓館で広大な緑地は赤坂御用地です。

■赤坂インターシティ AIRの物件概要■
名称:赤坂インターシティ AIR
計画名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区赤坂一丁目5 番(一部)、6番、8番、9番(一部)
用途:事務所・共同住宅・集会施設・店舗など
階数:地上38階、塔屋1階、地下3階
高さ:205.08m
構造:鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造(制震構造)
基礎工法:杭併用べた基礎
敷地面積:16,088.32
建築面積:7,130.00
延床面積:178,328.01
建築主:赤坂一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産
設計者:日本設計
施工者:大林組
工期:2014年9月9日着工〜2017年4月30日竣工予定

赤坂インターシティ AIRの建設状況(2016.9.17)

赤坂インターシティ AIR
 赤坂一丁目で建設中の「赤坂インターシティ AIR」(地上38階、高さ205.08m)です。溜池交差点から撮影しました。

赤坂インターシティ AIR
 六本木一丁目駅方面から撮影。この角に溜池山王駅と続く地下通路の出入り口が整備されます。

赤坂インターシティ AIR
 横から撮影。高さ200mを超えるビルだけあってなかなかの迫力です。

赤坂インターシティ AIR
 反対側から撮影。低層部の左の飛び出た部分は住宅棟部分です。

赤坂インターシティ AIR
 汐見坂から撮影。道路の正面に見える巨大な超高層ビルは迫力があります。

赤坂インターシティ AIR
 虎ノ門交差点から撮影。ここも道路の先にそびえ立って見える好きなスポットです。

■赤坂インターシティ AIRの物件概要■
名称:赤坂インターシティ AIR
計画名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区赤坂一丁目5 番(一部)、6番、8番、9番(一部)
用途:事務所・共同住宅・集会施設・店舗など
階数:地上38階、塔屋1階、地下3階
高さ:205.08m
構造:鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造(制震構造)
基礎工法:杭併用べた基礎
敷地面積:16,088.32
建築面積:7,130.00
延床面積:178,328.01
建築主:赤坂一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産
設計者:日本設計
施工者:大林組
工期:2014年9月9日着工〜2017年4月30日竣工予定

30階到達!赤坂インターシティ AIRの建設状況(2016.8.21)

赤坂インターシティ AIR
 2016年8月21日の六本木ヒルズの屋上スカイデッキからの眺めです。この超高層ビル群の中央で建設中のビルが「赤坂インターシティ AIR」(地上38階、高さ205.08m)です。撮影時点で30階まで建設が進んでいました。

赤坂インターシティ AIR
 外堀通りと六本木通りが交差する溜池交差点から撮影。このクラスの超高層ビルになると手前に首都高など高架があってもそれほど気になりません。

赤坂インターシティ AIR
 六本木通りを少し六本木方面に移動して撮影。見る角度によって印象が変わるビルです。

赤坂インターシティ AIR
 目の前から撮影。この角地に溜池山王駅直結の出入口が整備されます。

赤坂インターシティ AIR
 横から撮影。

赤坂インターシティ AIR
 少し離れて撮影。左が「ANA インターコンチネンタル ホテル東京」(地上36階、高さ133m)、右の黄色のビルが「赤坂インターシティ」(地上29階、高さ134.77m)です。

赤坂インターシティ AIR
 ホテルオークラ東京の建替え現場越しに撮影。左が「赤坂インターシティ」で中央が「赤坂インターシティ AIR」となります。もし「赤坂インターシティ AIR」で働くこととなった場合、AIRを省略して先方に伝えると隣のビルに行ってしまいます。

 手前に頭だけ見えているビルはアメリカ大使館です。そのため周辺では警察官が常時警備しているので何か狙われたりしない限り治安の良い場所です。

赤坂インターシティ AIR
 汐見坂から撮影。手前に別のビルがあるように見えますがこれは「赤坂インターシティ AIR」の一部で住宅フロア部となります。

■赤坂インターシティ AIRの物件概要■
名称:赤坂インターシティ AIR
計画名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区赤坂一丁目5 番(一部)、6番、8番、9番(一部)
用途:事務所・共同住宅・集会施設・店舗など
階数:地上38階、塔屋1階、地下3階
高さ:205.08m
構造:鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造(制震構造)
基礎工法:杭併用べた基礎
敷地面積:16,088.32
建築面積:7,130.00
延床面積:178,328.01
建築主:赤坂一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産
設計者:日本設計
施工者:大林組
工期:2014年9月9日着工〜2017年4月30日竣工予定

高さ約205m「赤坂インターシティ AIR」の建設状況(2016.7.10)

赤坂インターシティ AIR
 溜池山王駅近くで建設中の「赤坂インターシティ AIR」(地上38階、高さ205.08m)です。

赤坂インターシティ AIR
 建設地の目の前から撮影。溜池山王駅とはこの角地に整備される出入口から地下通路で直結となります。

赤坂インターシティ AIR
 外堀通りと六本木通りが交差する溜池交差点から撮影。高さ200mを超える巨大なビルのためこれくらい離れた場所の方が撮影しやすいです。

赤坂インターシティ AIR
 低層部ではガラスカーテンウォールの取り付けが始まっています。

赤坂インターシティ AIR
 この白い部分は何と呼ぶのでしょうか?斜めにせり上がって行く感じにデザインされています。

赤坂インターシティ AIR
 反対側から撮影。この写真だとちょっとわからないかもしれませんが、こちら側に少し飛び出た部分は住宅フロアとなります。さらにビルの手前には5000崢兇梁腟模な緑地も整備されます。

赤坂インターシティ AIR
 近くの汐見坂から見ると道路の先に「赤坂インターシティ AIR」が見えます。この道路の左側では「ホテルオークラ東京」が建替え中です。また右側では「新虎の門病院」が建設されます。

六本木ヒルズから見た赤坂インターシティ AIR
 六本木ヒルズの展望台からの眺めです。中央で建設中のビルが「赤坂インターシティ AIR」です。

■赤坂インターシティ AIRの物件概要■
名称:赤坂インターシティ AIR
計画名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区赤坂一丁目5 番(一部)、6番、8番、9番(一部)
用途:事務所・共同住宅・集会施設・店舗など
階数:地上38階、塔屋1階、地下3階
高さ:205.08m
構造:鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造(制震構造)
基礎工法:杭併用べた基礎
敷地面積:16,088.32
建築面積:7,130.00
延床面積:178,328.01
建築主:赤坂一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産
設計者:日本設計
施工者:大林組
工期:2014年9月9日着工〜2017年4月30日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク