超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

港町民間街区

高さ約150m「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」の事業協力者が三菱地所等5社に決定!高層部は賃貸レジデンスに!

関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
完成予想図[出典:三菱地所]

 三菱地所を代表企業とした、スターツコーポレーション、フジタ、ケン・コーポレーション、東急不動産の5社で構成される共同企業体は、2020年6月30日に関内駅前港町地区市街地再開発準備組合から「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」の事業協力者優先交渉権者に選定され、2020年10月1日に準備組合と事業協力に関する基本協定書を締結し、事業協力者として参画することが決定したことが発表されました。

 関内駅前では2つの大規模再開発が計画されており、この完成予想図の左側の棟が「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」で規模は地上31階、地下1階、高さ約150m、延床面積約8万8500屬之弉茲気譴討い泙后1βΔ両し薄く描かれている棟は「横浜市現市庁舎街区活用事業」で地上34階、地下1階、最高高さ約180m、延床面積約131,000屬之弉茲気譴討い泙后1γ爾防舛れている横浜スタジアムと関内駅の間に2棟の超高層ビルが建設されることになります。

 今後の目標スケジュールは2020〜2022年度に都市計画協議、事業計画案検討などを行い、2023年度の都市計画決定を経て2024年度に組合設立認可、そして2025年度に権利変換計画認可、建物解体・着工し、2029年度に竣工予定となっています。

 ところで左側にはさらに薄く高さ80〜100mくらいの箱が描かれているので、ここでも再開発が計画されているようです。全ての再開発が終わると関内駅前は大きく変わることになります。

▼三菱地所:ニュースリリース(2020年10月1日)
関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 
事業協力に関する基本協定書を締結




関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 施設概要図
施設概要図[出典:三菱地所]

 「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」のフロア構成は低層部に商業施設「くすのきテラス」や横浜にまつわる食材等のミュージアム、ナイトクラブ、グローバルシェアキャンパス、ベンチャー企業成長支援施設が配置され、中層部はグルーバルビジネス拠点となり、そして高層部は最高級グレード賃貸レジデンスとなります。その住宅部とオフィス部の境目には展望フロアとなるスカイラウンジも設置されます。このスカイラウンジは観光・集客のカテゴリーに入っているので一般の人も行ける場所となりそうです。



関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 再開発エリア
再開発エリア[出典:三菱地所]

 場所は関内駅の北側(海側)で旧横浜市庁舎があった場所の隣の街区です。



関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

 2020年10月4日に現地で撮影してきた「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」(地上31階、高さ約150m)の計画地です。これは関内駅前から見た様子です。



関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

 そこから海側に移動して撮影。左奥に少しだけ見えているのが旧横浜市庁舎で「横浜市現市庁舎街区活用事業」(地上34階、最高高さ約180m)の建設地です。



関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

 その旧横浜市庁舎側から見た計画地方面です。



関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

 旧横浜市庁舎側から線路側に移動した場所から見た様子です。どのビルも普通に稼働しているので再開発が行われる雰囲気は全くありません。



横浜市現市庁舎街区活用事業

 ちなみに旧横浜市庁舎は仮囲いが設置され再開発が行われる雰囲気が出てきていました。ちなみにこちら棟は保存活用したホテルとなるので解体はされません。この裏側の棟が解体されます。



横浜ランドマークタワーからの眺め

 場所は変わって同じ日に撮影した「横浜ランドマークタワー」の展望台からの眺めです。



関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

 その中で「横浜スタジアム」がある方向にズームです。



関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

 その中でこの辺りが「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」の建設地となります。横浜スタジアムと超高層ビルが並ぶのでそれなりに目立つ場所となりそうです。

■物件概要■
事業名:関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業
所在地:神奈川県横浜市中区港町2ほか
用途:事務所、教育施設、商業施設、賃貸住宅、展望施設
階数:地上31階、地下1階
高さ:約150m
敷地面積:約7,500
建築面積:約5,500
延床面積:約8万8500
事業主:関内駅前港町地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三菱地所(代表)、スターツコーポレーション、フジタ、ケン・コーポレーション、東急不動産
工期:2025年度着工〜2029年度竣工予定

地上31階、高さ約150m「関内駅前港町地区市街地再開発」の規模判明!関内駅前に旧市庁舎街区と合わせて2棟の超高層ビルが誕生へ!

関内駅前港町地区市街地再開発
イメージパース[出典:建設通信新聞]

 JR関内駅前で計画されている「関内駅前港町地区市街地再開発」の概要が報道各社の記事により判明しました。規模は地上31階、地下1階、高さ約150m、延べ約8万8500屬離フィス中心のビルで、低層部に商業施設、高層部に高級賃貸マンションや展望フロアで構成されます。オフィスにはグローバル企業の本社の誘致を見込むとのことなので、ある程度企業誘致の目処は立っているのかもしれません。

 事業主は関内駅前港町地区市街地再開発準備組合、事業協力者は三菱地所(代表)、ケン・コーポレーション、スターツコーポレーション、東急不動産、フジタの5社となっています。

 今後のスケジュールは2020-2022年度に都市計画協議、事業計画案検討など、2023年度に都市計画決定、2024年度の組合設立認可を経て2025年度に権利変換計画認可、既存建物解体、着工となっています。

 この完成予想図の左が「関内駅前港町地区市街地再開発」(地上31階、高さ約150m)で、右が既報のもう一つの再開発「横浜市現市庁舎街区活用事業」(地上34階、最高高さ約180m)です。現在は両街区の間に道路がありますが、記事とこの図を見た感じだとその道路は廃道となり、両街区の低層部は連続・連携した配置となります。

 また、図の高層部の少し飛び出た部分が展望施設部分かと思いますが、誰でも行ける場所なのか高層部に配置される高級賃貸マンション用の施設なのかイマイチよくわかりません。続報待ちです。

▼建設通信新聞(2020年7月2日)
三菱地所グループに決定/延べ約9万峭眩悒咼/関内駅前港町地区再開発

▼カナロコ(2020年7月1日)
関内駅前に超高層ビル 三菱地所など再開発へ 横浜



関内駅前港町地区市街地再開発
位置図[出典:横浜市]

 この位置図の「港町民間街区」と書いてある場所が「関内駅前港町地区市街地再開発」の計画地です。右側の「現市庁舎街区活用事業」は移転する「横浜市庁舎」の再開発で現在は新庁舎へ引っ越し中です。



関内駅前港町地区市街地再開発

 2013年1月のセスナから撮影した関内方面です。赤い網掛けが「関内駅前港町地区市街地再開発」の計画地で、青い網掛けが「横浜市現市庁舎街区活用事業」の計画地です。この関内駅前に2棟の超高層ビルが建ち並ぶことになります。



関内駅前港町地区市街地再開発

 今年の2月に撮影した「横浜ランドマークタワー」からの眺めです。矢印を付けたあたりが「関内駅前港町地区市街地再開発」の計画地です。

 矢印の左下の超高層ビルは「横浜市新市庁舎」(地上32階、高さ155.4m)で、関内にある現市庁舎からここへ引っ越しとなります。



関内駅前港町地区市街地再開発

 ズームです。横浜スタジアムが目立っています。



関内駅前港町地区市街地再開発

 「関内駅前港町地区市街地再開発」の計画地を赤い網掛け、「横浜市現市庁舎街区活用事業」の計画地を青い網掛けをしてみました。関内方面は微妙な超高層しかなかったので、ここの2棟が完成すると関内のランドマークとなりそうです。

■物件概要■
事業名:関内駅前港町地区市街地再開発
所在地:神奈川県横浜市中区港町2ほか
用途:事務所、教育施設、商業施設、賃貸住宅、展望施設
階数:地上31階、地下1階
高さ:約150m
地区面積:約1.4ha
延床面積:約8万8500
事業主:関内駅前港町地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三菱地所(代表)、ケン・コーポレーション、スターツコーポレーション、東急不動産、フジタ
工期:2025年度着工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク