超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

淀屋橋駅東地区都市再生事業

淀屋橋駅直結!地上31階、高さ149.205m「(仮称)淀屋橋プロジェクト」の建設状況!最上部には展望テラス(2022.12.7)


淀屋橋駅東地区都市再生事業 完成イメージ
完成イメージ[出典:中央日本土地建物]

 大阪の淀屋橋で建設中のオフィスビル「(仮称)淀屋橋プロジェクト(淀屋橋駅東地区都市再生事業)」(地上31階、高さ149.205m)の完成予想図です。低層部には商業施設、最上部に展望テラスがある「淀屋橋」駅直結の超高層オフィスビルとなります。この記事では同再開発の概要や建設状況、地図等を載せています。

続きを読む

地上31階、高さ約150m「淀屋橋駅東地区都市再生事業」が着工!最上階には一般来館者も利用可能な展望テラスを整備

淀屋橋駅東地区都市再生事業 完成イメージ
完成イメージ[出典:中央日本土地建物]

 御堂筋の玄関口である淀屋橋で「淀屋橋駅東地区都市再生事業」が2022年7月8日に着工したと中央日本土地建物と京阪ホールディングスより発表がありました。

 同事業は中央日本土地建物が所有する「日土地淀屋橋ビル」と京阪ホールディングスが所有する「京阪御堂筋ビル」の共同建替事業で、規模は地上31階、地下3階、高さ149.205m、敷地面積3,940.82屐建築面積2,686.84屐延床面積7万2853.77屐∪澤彈圓隼楾者は竹中工務店で2025年5月竣工、2025年夏頃開業予定となっています。

▼中央日本土地建物:ニュースリリース(2022年7月12日)
御堂筋の玄関口に、高さ約150mのランドマークビル 「淀屋橋駅東地区都市再生事業」着工



淀屋橋駅東地区都市再生事業 用途構成
用途構成[出典:中央日本土地建物]

 フロア構成は地下2階〜地上2階が商業施設、4〜8階がオフィスフロア、10〜11階がビジネスラウンジ、12〜29階がオフィスフロア、そして30階が一般来館者が利用可能な商業施設・展望テラスとなります。



淀屋橋駅東地区都市再生事業 完成イメージ
完成イメージ[出典:中央日本土地建物]

 建設地は淀屋橋を渡ったところの東側で、大阪メトロ御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅直結となります。



淀屋橋駅東地区都市再生事業 完成イメージ
完成イメージ[出典:中央日本土地建物]

 2022年4月には国土交通大臣より優良な「民間都市再生事業計画」として認定を受けています。



淀屋橋駅東地区都市再生事業 完成イメージ
完成イメージ[出典:中央日本土地建物]

 高さ約50mに形成された基壇部の軒線が御堂筋の統一感ある景観の形成に貢献します。



淀屋橋駅東地区都市再生事業 ビジネスラウンジ
ビジネスラウンジ[出典:中央日本土地建物]

 その高さ50mとなる10〜11階部分にはビジネスラウンジがとなり、コワーキングスペースや少人数対応のオフィス、カンファレンス等が整備されます。



淀屋橋駅東地区都市再生事業 基準階平面計画
基準階平面計画[出典:中央日本土地建物]

 オフィスフロアの基準階事務所面積は約1,600屐別480坪)で、基準階専有部はアウトフレーム工法により柱のないオフィスレイアウが実現されます。



淀屋橋駅東地区都市再生事業 VOID空間内のリフレッシュスペース
VOID空間内のリフレッシュスペース[出典:中央日本土地建物]

 エレベーターシャフト上部を活用したVOID空間(吹き抜け)内では重力換気により約2回/時間の自然換気が行われます。また、高層階のVOID空間内の一部はリフレッシュスペースとして活用されます。



淀屋橋駅東地区都市再生事業 駅コンコース接続部
駅コンコース接続部[出典:中央日本土地建物]

 地下1階に接続する京阪電車・大阪メトロ「淀屋橋」駅の地下通路も一体的にリニューアルし、駅コンコースや周辺地区への歩行環境を改善するとともに、利便性を高め、周辺地区のネットワークが強化されます。



淀屋橋駅東地区都市再生事業 立体多目的広場
立体多目的広場[出典:中央日本土地建物]

 駅と接続する地下1階には3層吹き抜けの立体多目的広場が整備され、地上2階まで商業施設等を誘致します。また、観光ステーションを整備して駅利用者や観光客へ観光情報の提供・発信を行い、周辺地区と連携したイベントも計画されています。



淀屋橋駅東地区都市再生事業 展望テラス
展望テラス[出典:中央日本土地建物]

 最上階となる30階には中之島や御堂筋の新しい観光・文化配信の機能を担う展望ホールやギャラリーが整備されます。ここは一般来館者も利用可能なフロアで、商業施設等も誘致し大阪の街並みを一望できる空間が創出されます。

 この完成イメージより展望テラスは主に北西向きとなるようなので、中之島から梅田にかけて広がる超高層ビル群を眺められる場所となります。



淀屋橋駅東地区都市再生事業 位置図
位置図[出典:中央日本土地建物]

 建設地は御堂筋と土佐堀通が交差する淀屋橋交差点の角地で、大阪メトロ御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅に直結となります。北側には中之島や梅田の街が広がります。



淀屋橋駅東地区都市再生事業

 2021年12月20日に撮影した「淀屋橋駅東地区都市再生事業」の計画地です。撮影時は「(仮称)淀屋橋プロジェクト解体工事」として竹中工務店によって解体工事が行われていましたが、既に地上部は見えなくなっていました。



淀屋橋駅東地区都市再生事業

 南西側から御堂筋越しに撮影。背後のビルは今年の8月に竣工予定の「日生淀屋橋ビル」(地上25階、高さ123m)です。



淀屋橋駅東地区都市再生事業

 路地を入ったところの敷地南東側から撮影。



淀屋橋駅東地区都市再生事業

 北東側から土佐堀通越しに撮影。御堂筋を挟んだ西側でも解体工事が行われており、そこでは「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ約135m)が計画されています。御堂筋の玄関口がツインタワーで迎えられることになります。

■物件概要■
事業名:淀屋橋駅東地区都市再生事業
所在地:大阪府大阪市中央区北浜3丁目1番1他(地番)
交通:大阪メトロ御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅直結
用途:事務所、物販店舗、飲食店舗、駐車場
階数:地上31階、地下3階
高さ:149.205m
構造:鉄骨造(一部 鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造)
敷地面積:3,940.82
建築面積:2,686.84
延床面積:72,853.77
建築主:中央日本土地建物、京阪ホールディングス
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2022年7月8日着工〜2025年5月竣工予定
開業:2025年夏頃予定

淀屋橋に超高層ツインビル誕生へ!地上28階、高さ150m「淀屋橋駅東地区」と地上28階、高さ約135m「淀屋橋駅西地区」

淀屋橋超高層ツインビル

淀屋橋超高層ツインビル
完成予想図[出典:日経新聞]

 大阪の淀屋橋では御堂筋の両側でデザインを合わせた超高層ビル計画があります。左が「淀屋橋駅東地区都市再生事業」(地上28階、高さ約150m)で右が「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ約135m)です。



淀屋橋超高層ツインビル
完成予想図[出典:日経新聞]

 それぞれ事業者は異なるので一般的なツインビルではありませんが、大阪市がデザイン面の配慮を働きかけていたのことでデザインが統一されています。両棟とも高さ50mでセットバックしていますが、これは統一感のある街並みをつくるために市がデザインガイドラインを策定しています。

 東京だと高さ31mまでに規制されていた「百尺規制」を引き継いで高さ31mでセットバックしている地区があり、低層部の高さが揃っている街並みはキレイです。ここ御堂筋も超高層ビルが増えて低層部の高さが揃って来るとさらに街並みがキレイになりそうです。




淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業

淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:大和ハウス工業]

 8月6日に市街地再開発組合設立が発表された「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ約135m)の完成予想図です。同再開発には大和ハウス工業、住友商事、関電不動産開発が地権者かつ参加組合員として参画しています。



淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:大和ハウス工業]

 オフィスフロアは貸室面積1,000坪を超える規模となり、低層部の1、2階には商業施設となり、歩行者空間と一体となった風格ある街並みと上質なにぎわい空間が創出されます。また、地下鉄「淀屋橋」駅とは地下で接続され地下商業空間も創出されます。

 また、高さ50mの基壇部屋上階(地上11階)には一般の方も利用できる眺望空間となる基壇部屋上庭園、カフェラウンジ等が整備されます。中之島を一望できるビュースポットとなります。



淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:大和ハウス工業]

 場所は御堂筋と土佐堀通が交差する角地の西側で目の前の地下には大阪メトロ「淀屋橋」駅があります。北側には土佐堀川や中之島があり屋上庭園からは梅田の超高層ビル群も見えそうなので楽しみな場所です。



淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業

 今年の2月に土佐堀川越しに撮影した「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」の建設地方面です。こんな写真しかないので次に大阪に行ったときにはきちんと撮っておきたいです。新型コロナウイルスの影響で今年の大阪遠征は諦めていますけどね。。

■物件概要■
名称:淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業
所在地:大阪府大阪市中央区北浜4丁目1番地
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上28階、地下2階
高さ:約135m
敷地面積:約7,200
延床面積:約131,800
施工者:淀屋橋駅西地区市街地再開発組合
参加組合員:大和ハウス工業、住友商事、関電不動産開発
工期:2021年着工〜2025年竣工予定




淀屋橋駅東地区都市再生事業

淀屋橋駅東地区都市再生事業
完成予想図[出典:京阪ホールディングス]

 昨年の7月23日にる都市計画案が都市再生特別措置法に定める都市再生特別地区として審議・可決された「淀屋橋駅東地区都市再生事業」(地上28階、高さ約150m)の完成予想図です。事業主体は日本土地建物と京阪ホールディングスとなっています。



淀屋橋駅東地区都市再生事業
完成予想図[出典:京阪ホールディングス]

 低層部には「淀屋橋」駅と直結する地下部分も含めた地下1階〜地下2階は商業施設となり、中高層部が高規格オフィスとなります。また、4層吹き抜けの多目的広場(淀屋橋広場)の整備や淀屋橋駅コンコースの歩行者空間の拡幅・リニューアルも計画されています。



淀屋橋駅東地区都市再生事業
位置図[出典:京阪ホールディングス]

 場所は御堂筋と土佐堀通が交差する角地の東側で目の前の地下には大阪メトロ「淀屋橋」駅があります。建設地は日土地淀屋橋ビルと京阪御堂筋ビルがある場所で、西地区よりは狭い敷地となっています。



淀屋橋駅東地区都市再生事業

 今年の2月に撮影した「淀屋橋駅東地区都市再生事業」の建設地方面です。2020年に既存建物解体開始が予定されています。

■物件概要■
名称:淀屋橋駅東地区都市再生事業
所在地:大阪府大阪市中央区北浜3丁目1番1他
用途:事務所、店舗
階数:地上28階、地下4階
高さ:約150m
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造)
敷地面積:約3,940
延床面積:約73,600
事業主体:日本土地建物、京阪ホールディングス
工期:2022年着工〜2025年竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク