超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

浜松町二丁目C地区

浜松町二丁目地区の建設状況!地上46階、高さ185mの三井不レジと三菱地所レジによるタワマンです(2022.2.7)

浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 浜松町で建設中の「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、最高高さ185.43m)の建設地です。2月7日に「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」のデッキから撮影しました。低層部がオフィスフロア、中高層部が住宅となるタワーマンションと港区文化芸術ホールが建設されます。

 建築主は浜松町二丁目地区市街地再開発組合で参加組合員として世界貿易センタービルディング、鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンスが参画。設計と施工は鹿島建設でタワーマンション部は2024年11月の竣工予定。港区文化芸術ホールも含めた全体竣工は2026年12月24日予定です。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 他にもデッキから撮った建設現場を載せていきます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 地下2階建てですが地下部には機械式駐車場が設置されることもありかなり深く掘ってあります。チラッと見えている作業員と比べると深さがわかるかと思います。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 広いでデッキなので移動して撮影。しばらくの間は地下部の工事が続きそうです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 構台の上は色々な工事車両がいます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 ここのすぐ近くの事務所で仕事をしていたことがあり、ここの建設現場にあった店で食事もしたことがあったので、あのあたりがこんなに変わるとはといった感じです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 プレハブ事務所です。この端に外装モックアップがあったのですがもう撤去中のようでした。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 こちらは2021年12月26日に撮影した外装モックアップです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 二段構成の外装モックアップとなっており、上段が住宅フロア、下段が低層部のオフィスフロアかと思います。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 住宅フロアのモックアップにズームです。配管や隔て版などモデルルームのようにしっかりと作り込んでありました。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 南西角から撮影。奥のタワークレーンが設置されている超高層ビルは解体工事が始まっている「世界貿易センタービルディング」(地上40階、高さ162.59m)です。解体後は高さ235mの超高層ビルへ建替えられるため、北・北東・東は超高層ビルに囲まれた場所となります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 敷地西側から撮影。最初の写真の撮影場所であるデッキが見えています。そのデッキはまだどこにも繋がっておらずこの工事現場を見学するためにあるような感じになっています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京都港区]

 「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都港区]

 現在建設中の高層棟は低層部がオフィスフロア、中高層部が住宅フロアとなります。隣の港区文化芸術ホールはまだ工事が始まっていません。

 住宅フロアは高さ49.73mの港区文化芸術ホールよりも高い位置のため、マンションだと20階相当となる高さ60mあたりからが住宅フロアとなりそうです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 計画地位置図
計画地位置図[出典:東京都港区]

 建設地の東側にはJR山手線・JR京浜東北線・東京モノレール「浜松町」駅、北側には都営大江戸線・浅草線「大門」駅があります。それぞれの駅にはデッキ等を経由して駅直結となります。

 この位置図には描かれていませんが西の方には東京タワーがあり、西向きの部屋ならば東京タワービューとなります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物
住所:東京都港区浜松町二丁目地内
用途:共同住宅、事務所、店舗、港区文化芸術ホール、地下鉄施設、駐車場 等
総戸数:約400戸
階数:地上46階、塔屋2階、地下2階
高さ:180.98m(最高高さ185.43m)(高層部)、49.73m(中層部)
構造:鉄筋コンクリート造(高層部)、鉄骨造(中層部)
基礎工法:直接基礎(高層部)、杭基礎(中層部)
敷地面積:5,888.55
建築面積:4,423.80
延床面積:74,873.73
建築主:浜松町二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:世界貿易センタービルディング、鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス
設計者:鹿島建設 一級建築士事務所
施工者:鹿島建設
工期:2021年3月13日着工〜2026年12月24日全体竣工予定(高層棟は2024年11月竣工予定)

外装モックアップ設置!地上46階、高さ185m「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2021.12.26)

浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 外装モックアップ

 少し前に載せた浜松町で建設中のタワーマンション「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、最高高さ185.43m)ですが、12月26日に現地に行ってみると外装モックアップが完成していました。二段構成で上が中高層部の住宅フロア部、下が低層部のオフィスフロア部かと思います。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 外装モックアップ

 住宅フロアのモックアップにズームです。配管や隔て版などモデルルームのようにしっかりと作り込んでいました。色々な現場で外装モックアップを見てきましたがマンション部を見たのは初めてのような気がします。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 12月26日に「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」のデッキから見た「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。

 建築主は浜松町二丁目地区市街地再開発組合で世界貿易センタービルディング、鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンスが参加組合員として参画。設計と施工は鹿島建設で約3年後の2024年11月の竣工予定です。この右隣には港区文化芸術ホールも建設されそちらは2026年12月24日の竣工予定となっています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 同じ場所から見た少し目線を上げると…



東京タワー

 東京タワーの先端が見えます。住宅フロアは一番低い階でも高さ60mくらいはありそうなので、この方角の部屋ならば東京タワーがキレイに見えそうです。ただ、東京タワーと同タワーマンションの直線上には巨大な「芝パークビル(通称:軍艦ビル)」があるので、東京タワーが足元から見えるのは高層階だけになりそうです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 撮影した「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」のデッキ部分と一緒に撮影。今はこのデッキの先には何もありませんが将来的には同再開発と繋がり浜松町駅直結となります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 地上から撮影。奥のタワークレーンが設置されているビルが解体工事が始まっている「世界貿易センタービルディング」(地上40階、高さ162.59m)です。解体後は高さ235mの超高層ビルへ建替えられるため、この方角は超高層ビルに囲まれた場所となります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京都港区]

 「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都港区]

 右の高層棟が現在建設中で低層部はオフィスフロアとなり中高層部からが住宅フロアとなります。左隣の港区文化芸術ホールはまだ既存建物の解体工事すら始まっていません。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 計画地位置図
計画地位置図[出典:東京都港区]

 場所は東京都港区浜松町二丁目で東側にはJRと東京モノレールの「浜松町」駅、北側には都営大江戸線と浅草線の「大門」駅があり、デッキや周辺のビルを経由して駅直結となります。

 また、北、北東、東には超高層ビルが建ち並ぶ立地のためその方角の部屋の眺望はほぼない部屋となりますが、西側の部屋ならば東京タワーが正面に見えます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物
住所:東京都港区浜松町二丁目地内
用途:共同住宅、事務所、店舗、港区文化芸術ホール、地下鉄施設、駐車場 等
総戸数:約400戸
階数:地上46階、塔屋2階、地下2階
高さ:180.98m(最高高さ185.43m)(高層部)、49.73m(中層部)
構造:鉄筋コンクリート造(高層部)、鉄骨造(中層部)
基礎工法:直接基礎(高層部)、杭基礎(中層部)
敷地面積:5,888.55
建築面積:4,423.80
延床面積:74,873.73
建築主:浜松町二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:世界貿易センタービルディング、鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス
設計者:鹿島建設 一級建築士事務所
施工者:鹿島建設
工期:2021年3月13日着工〜2026年12月24日全体竣工予定(高層棟は2024年11月竣工予定)

地上46階、高さ185m「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設状況!浜松町駅直結タワマンです(2021.12.4)

浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 浜松町で建設中のタワーマンション「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、最高高さ185.43m)の建設地です。建築主は浜松町二丁目地区市街地再開発組合で世界貿易センタービルディング、鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンスが参加組合員として参画しています。

 設計と施工は鹿島建設で約5年後の2026年12月24日竣工予定となっていますが、これは隣に建設される港区文化芸術ホールも含んだ工期で、タワーマンションとしては約3年後の2024年11月の竣工予定です。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 この写真は2021年12月4日に「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」のデッキから撮影しています。将来的には同再開発ビルに接続されるデッキですが、今はどこにも接続しておらずこの建設現場を眺めるために開放しているのでは?と思えてくるデッキになっています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 背後の白いビルは「東京都交通局大門庁舎」で「港区文化芸術ホール」となる中層棟の建設地となります。先に高層棟を建設するためしばらくは解体されずに残るかと思います。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 建設地を覗き込むと地下2階にしてはかなり深く掘削されているように見えました。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 地上から撮影。中央奥のビルは解体工事が行われている「世界貿易センタービル」(地上40階、最高高さ162.59m)で、解体後は地上46階、高さ約235mの超高層ビルへ建て替えられます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 プレハブ事務所の端にあるこの部分は外装モックアップだと思うのですが足場があってよく見えません。モックアップではない別な何かなのかもしれません。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京都港区]

 「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都港区]

 高層棟の低層部はオフィスフロアとなり中高層部からが住宅フロアとなります。隣の港区文化芸術ホールよりも住宅フロアが高い位置となっているため、普通のマンションだと20階相当となる高さ60mくらいからが住宅フロアとなりそうです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 計画地位置図
計画地位置図[出典:東京都港区]

 場所は東京都港区浜松町二丁目で東側にはJRと東京モノレールの「浜松町」駅、北側には都営大江戸線と浅草線の「大門」駅がある立地にで、駅まではデッキや周辺のビルを経由して駅直結となります。

 また、北、北東、東には超高層ビルが建ち並ぶ立地のためその方角の部屋の眺望はほぼなさそうです。ただ、西側の中層階以上ならば東京タワーが正面に見えます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物
住所:東京都港区浜松町二丁目地内
用途:共同住宅、事務所、店舗、港区文化芸術ホール、地下鉄施設、駐車場 等
総戸数:約400戸
階数:地上46階、塔屋2階、地下2階
高さ:180.98m(最高高さ185.43m)(高層部)、49.73m(中層部)
構造:鉄筋コンクリート造(高層部)、鉄骨造(中層部)
基礎工法:直接基礎(高層部)、杭基礎(中層部)
敷地面積:5,888.55
建築面積:4,423.80
延床面積:74,873.73
建築主:浜松町二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:世界貿易センタービルディング、鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス
設計者:鹿島建設 一級建築士事務所
施工者:鹿島建設
工期:2021年3月13日着工〜2026年12月24日全体竣工予定(高層棟は2024年11月竣工予定)

浜松町駅直結タワマン!地上46階、高さ185m「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2021.11.1)

浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 浜松町で建設中のタワーマンション「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、最高高さ185.43m)の建設地です。建築主は浜松町二丁目地区市街地再開発組合で世界貿易センタービルディング、鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンスが参加組合員として参画しており、設計と施工は鹿島建設となっています。竣工予定は2026年12月24日竣工となっていますが、これは隣に建設される港区文化芸術ホールも含んだ工期で、タワーマンション部は2024年11月の竣工予定です。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 これは「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」のデッキから11月1日に撮影したものです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 この撮影場所のデッキと「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」は将来的に繋がりますが、今はどこにも行けないデッキとなっています。通常、こういったデッキは閉鎖されて入れなくなっていることが多いのですが、ここは普通に行けるようになっており、こうして建設現場を見下ろすことができています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 この白いビルは「東京都交通局大門庁舎」で「港区文化芸術ホール」となる中層棟の建設地ですが、高層棟が完成してから建設が始まるためしばらくの間は解体されずに残ります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 デッキから下りて地上から撮影。建設地は細い路地しかない角地です。中央奥のこげ茶色のビルは解体工事が行われている「世界貿易センタービル」(地上40階、最高高さ162.59m)で、解体後は地上46階、高さ約235mの超高層ビルへ建て替えられます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 「東京都交通局大門庁舎」前にあるプレハブ事務所の端では外装モックアップの設置作業が行われているように見えました。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京都港区]

 「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都港区]

 高層棟の低層部はオフィスフロアとなり中高層部が住宅フロアとなります。住宅フロアは隣の港区文化芸術ホールよりも高い位置となるため、高さの60mくらいからが住宅フロアとなりそうです。そのため住宅部の一番下のフロアでも通常のマンションだと20階程度の高さとなるのでどのフロアでもタワーマンションと呼べる高さとなります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 計画地位置図
計画地位置図[出典:東京都港区]

 場所は東京都港区浜松町二丁目で東側にはJRと東京モノレールの「浜松町」駅、北側には都営大江戸線と浅草線の「大門」駅がある立地になっています。

 北、北東、東には超高層ビルが建ち並ぶ立地のためその方角の部屋の眺望はほぼなさそうですが、西側の中層階以上ならば東京タワーが正面に見える立地となります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物
住所:東京都港区浜松町二丁目地内
用途:共同住宅、事務所、店舗、港区文化芸術ホール、地下鉄施設、駐車場 等
総戸数:約400戸
階数:地上46階、塔屋2階、地下2階
高さ:180.98m(最高高さ185.43m)(高層部)、49.73m(中層部)
構造:鉄筋コンクリート造(高層部)、鉄骨造(中層部)
基礎工法:直接基礎(高層部)、杭基礎(中層部)
敷地面積:5,888.55
建築面積:4,423.80
延床面積:74,873.73
建築主:浜松町二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:世界貿易センタービルディング、鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス
設計者:鹿島建設 一級建築士事務所
施工者:鹿島建設
工期:2021年3月13日着工〜2026年12月24日全体竣工予定(高層棟は2024年11月竣工予定)

三井不レジや三菱地所レジ等によるタワマン!地上46階、高さ185m「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設状(2021.8.9)

浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京都港区]

 浜松町で建設中のタワーマンション「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、最高高さ185.43m)の完成予想図です。周辺ビルとはペデストリアンデッキで繋がりそのまま「浜松町」駅まで行けるようになります。

 建築主は浜松町二丁目地区市街地再開発組合で世界貿易センタービルディング、鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンスが参加組合員として参画、設計者と施工者は鹿島建設で2026年12月24日竣工予定となっています。ただ、これは隣に建設される港区文化芸術ホールも含んだ竣工予定で、タワーマンション部は2024年11月の竣工予定となっています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:鹿島建設]

 明日から解体工事が始まる「世界貿易センタービル」の建替えを含む隣接街区と共に、浜松町駅西口地区地区計画の指定を受けて進行する再開発事業となっており、周辺とのビルとは青矢印の場所においてペデストリアンデッキで接続され浜松町駅とは各ビルを経由して直結となります。ただ、完成予想図等を見てもこのデッキが屋根付きなのかどうかは不明です。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都港区]

 断面図です。右が現在建設中のタワーマンションで、左が後から建設される港区文化芸術ホール(高さ49.73m)です。タワーマンション部の低層部はオフィスフロアとなり中高層部の住宅フロア部は隣の港区文化芸術ホールよりも高い位置となります。そのためマンションだと20階相当高さの60mくらいからが住宅フロアとなるので、住宅部の一番下のフロアでもタワーマンションと呼べる高さとなります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 計画地位置図
計画地位置図[出典:東京都港区]

 場所は東京都港区浜松町二丁目で東側にはJRと東京モノレールの「浜松町」駅、北側には都営大江戸線と浅草線の「大門」駅がある立地になっています。

 北、北東、東には超高層ビルが建ち並ぶ立地のためその方角の部屋はほとんど眺望はなさそうですが、西側の中層階以上ならば東京タワーが正面に見える立地です。ただ、東京タワーと同タワーマンションの直線上には巨大な「芝パークビル(通称:軍艦ビル)」があるので、もし超高層への建て替えがあれば東京タワーが見えなくなる可能性もあります。目の前が大きな公園や川、海、学校等でない限り眺望が将来にわたって安泰の場所は存在しませんね。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 2021年8月9日に現地で撮影した「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、最高高さ185.43m)の建設地です。左から「日本生命浜松町クレアタワー」(地上29階、高さ156m)、「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)、「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」(地上39階、高さ197.321m)で、中央の「世界貿易センタービル」は地上46階、高さ約235mの超高層ビルへ建て替えれらます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」のデッキから撮影した「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 作業予定

 現地作業予定ではボックスカルバート設置となっていました。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 長年、再開発現場を見てきていますがボックスカルバートという単語を見たのは初めてです。ググるとコンクリートの箱型の筒のようなものが出てきましたが、それっぽいのは見当たりませんでした。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 15年以上各地の再開発を追ってきていますが、見る専門で建築知識には乏しいので深追いはしません。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 工法とか覚えようと本を買ってきたこともありますが全然頭に入らないので、やっぱり自分は建設現場を見る専門の超高層ビルマニアのようです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 こうして上から見られる場所があるので適当にズームして載せていきます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 こうして鉄骨がむき出しの光景はやっぱりいいですね〜。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 それにしてもこれで地下2階の深さがありますかね?ここは逆打工法なのかもしれないですね。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物
住所:東京都港区浜松町二丁目地内
用途:共同住宅、事務所、店舗、港区文化芸術ホール、地下鉄施設、駐車場 等
総戸数:約400戸
階数:地上46階、塔屋2階、地下2階
高さ:180.98m(最高高さ185.43m)(高層部)、49.73m(中層部)
構造:鉄筋コンクリート造(高層部)、鉄骨造(中層部)
基礎工法:直接基礎(高層部)、杭基礎(中層部)
敷地面積:5,888.55
建築面積:4,423.80
延床面積:74,873.73
建築主:浜松町二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:世界貿易センタービルディング、鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス
設計者:鹿島建設 一級建築士事務所
施工者:鹿島建設
工期:2021年3月13日着工〜2026年12月24日全体竣工予定(高層棟は2024年11月竣工予定)

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク