超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

浜松町ビルディング

地上43階、高さ約229m「芝浦プロジェクト 鬼S棟」の建設状況!ラグジュアリーホテル「フェアモント東京」が入る複合ビルに(2022.7.3)


芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:野村不動産]

 芝浦一丁目で建設中の「芝浦プロジェクト」の完成予想図です。左が地上43階、高さ228.88mの鬼S棟、右が地上45階、高さ227.28mの挟N棟で両棟合わせた総延床面積は約55万屬箸覆蠅泙后鬼、挟合わせた工期は約10年で、オフィス・ホテル・商業施設・住宅等で構成される大規模複合再開発となっています。この記事では同再開発の概要や建設状況、地図等を載せています。

続きを読む

欧州最大手のホテルグループ・アコーによるラグジュアリーブランド「フェアモント東京」が日本初進出!地上43階「芝浦プロジェクト」に2025年度開業予定

芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:野村不動産]

 国家戦略特別区域計画の特定事業である「芝浦プロジェクト」の計画詳細が野村不動産、JR東日本より発表がありました。同プロジェクトは浜松町ビルディング(東芝ビルディング)の建替事業として、ツインタワーが建設されます。左が鬼S棟で地上43階、地下3階、高さ228.88m、2025年2月竣工予定、右が挟N棟で地上45階、地下3階、高さ227.28m、2020年度竣工予定となっており、区域面積約4.7ha、総延床面積約55万屬離フィス・ホテル・商業施設・住宅を含む約10年間に及ぶ大規模複合再開発となっています。

 事業主体は野村不動産と東日本旅客鉄道、設計者は槇総合計画事務所と清水建設で鬼S棟の施工者は清水建設となっています。同再開発の建築計画のお知らせの名称は「(仮称)芝浦一丁目計画 新築工事」となっており、環境アセスでの事業名は「(仮称)芝浦一丁目建替計画」でした。そして事業主のニュースリリースでは「芝浦一丁目プロジェクト」となっていましたが今は「芝浦プロジェクト」になっているので、これからは「芝浦プロジェクト」の名称を採用します。

▼野村不動産:ニュースリリース(2022年5月23日)
延床面積約55 万崑腟模複合開発 「芝浦プロジェクト」 都心で空・海・緑を感じる新たな働き方 「TOKYO WORKation (トウキョウ ワーケーション)」を提案 ―東京湾岸部の景観を一新するオフィス・ホテル・商業施設・住宅の一体開発―
欧州最大手のホテルグループ・アコーによるラグジュアリーブランド「フェアモント」が日本初進出 「フェアモント東京」 芝浦・浜松町エリアに2025 年度開業
野村不動産グループ、2025 年に本社を「芝浦プロジェクト」S 棟へ移転 ―グループビジョン「まだ見ぬ、Life & Time Developer へ」のもと、チャレンジングな組織風土を醸成―

▼公式HP
https://www.shibauraproject.com/



芝浦プロジェクト 断面図
断面図[出典:野村不動産]

 S棟とN棟の低層部は商業施設となり、中層部はオフィスフロア、そしてS棟の高層部はホテル、N棟の高層部は住宅となります。S棟のオフィスフロアには野村不動産グループの本社機能の移転が決定しています。

 また、S棟高層部に入るホテルは欧州最大手のホテルグループであるアコーのラグジュアリーホテルブランド「フェアモント」の日本初進出が決定しており、ホテル名称は「フェアモント東京」で2025年度の開業を予定しています。ホテルはスイートを含む全219室のゲストルームと3つのレストランとバー、スパ、フィットネスセンター、プール、バンケット、カンファレンス、チャペルを備える予定です。



芝浦プロジェクト 位置図
位置図[出典:野村不動産]

 建設地はJR山手線・JR京浜東北線・東京モノレール「浜松町」駅の南東側で歩行者専用通路で敷地まで接続され、敷地内には庇(ひさし)が設置されるため駅まで雨に濡れずにアクセス可能となります。また、都営大江戸線・都営浅草線「大門」駅も建替え中の世界貿易センタービル内のステーションコア経由でアクセスできるようになります。浜松町駅周辺の詳細については数日前に載せた以下の記事を参照してください。

浜松町駅エリアの整備計画について詳細が公開!北口自由通路・南口自由通路・ステーションコアなどを整備


芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:野村不動産]

 東京湾上空から見た完成予想図です。



芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:公式HP]

 レインボーブリッジ越しに見た完成予想図です。



芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:公式HP]

 高さ約235mの超高層ツインはかなりの存在感となりそうです。



芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:公式HP]

 陸側から見た完成予想図です。



芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:公式HP]

 S棟とN棟の間に整備される「(仮称)セントラルプラザ」とテラスの完成予想図です。テラスの左側には船着場も整備されます。



芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:野村不動産]

 駅からは少々離れた場所ですが新たな賑わいが生まれそうな場所となります。



芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:公式HP]

 浜松町駅から続く歩行者専用通路を出たところの完成予想図です。



芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:公式HP]

 この図で言うと現在は東京モノレールの左側が歩行者通路となっていますが、再開発後は右側に店舗スペースもある歩行者通路が整備されます。



芝浦プロジェクト スカイラウンジ
スカイラウンジ[出典:野村不動産]

 28階の地上約138m地点にはワーカー専用のスカイラウンジが整備されます。



芝浦プロジェクト スカイラウンジ
スカイラウンジ[出典:野村不動産]

 ここが職場になった人だけがこの空間を楽しむことが可能です。



フェアモント東京
フェアモント東京[出典:野村不動産]

 階段状にセットバックする形状を活かしてホテル部の「フェアモント東京」はテラスも配置されるようです。ここからは視界を遮る建物が一切ない眺望が広がります。



芝浦プロジェクト

 2022年5月23日に撮影した「芝浦プロジェクト」の建設地です。以前は仮設の通路から建設地全体を見渡せたのですが、プレハブ事務所が設置され端の方しか見えなくなりました。



芝浦プロジェクト

 敷地南西側から撮影。「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)がある場所が挟N棟の建設地となります。



芝浦プロジェクト

 敷地南東側から撮影。このプレハブ事務所だけでは足りなかったようです。



芝浦プロジェクト

 敷地北東側から撮影。



芝浦プロジェクト

 ゲートが目の粗い網だったのでスマホで中を撮影してみました。かなり深く掘削されていることがわかります。



芝浦プロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:芝浦一丁目プロジェクト
計画名:(仮称)芝浦一丁目計画
所在地:東京都港区芝浦一丁目1番1 他51筆
交通:JR山手線・京浜東北線「浜松町」駅
   東京モノレール「浜松町」駅
   都営大江戸線・浅草線「大門」駅
   ゆりかもめ「日の出」駅
用途:事務所、商業施設、ホテル、住宅(約144戸)、駐車場
階数:地上43階、地下3階(鬼S棟)
階数:地上45階、地下3階(挟N棟)
高さ:228.88m(鬼S棟)
高さ:227.28m(挟N棟)
構造:S造 一部 RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:40,104.29
建築面積:28,192.39
延床面積:551,437.56
事業主体:野村不動産、野村不動産ビルディング、東日本旅客鉄道
建築主:野村不動産ビルディング、東日本旅客鉄道
設計者:槇総合計画事務所、清水建設
施工者:清水建設(鬼工事)、未定(挟工事)
工期:2021年9月1日着工〜2025年2月竣工予定(鬼工事)、2027年度着工〜2030年度竣工予定(挟工事)

浜松町駅エリアの整備計画について詳細が公開!北口自由通路・南口自由通路・ステーションコアなどを整備

整備後の浜松町駅周辺イメージパース
整備後の浜松町駅周辺イメージパース[出典:野村不動産]

 浜松町駅エリアの整備計画について「浜松町西口開発計画」を推進する世界貿易センタービルディング、東日本旅客鉄道、東京モノレール、鹿島建設と「芝浦プロジェクト」を推進する野村不動産、東日本旅客鉄道の5社より詳細が発表されました。

 既存の南口自由通路の他に北口側にも自由通路、旧芝離宮恩賜庭園側には歩行者専用道路、そして「浜松町西口開発計画」内では東京モノレールや都営地下鉄に繋がるステーションコアが整備されます。駅周辺エリアを広域的につなぐ歩行者ネットワークの構築、及び浜松町駅の交通結節点としての機能強化が図られます。

▼野村不動産:ニュースリリース(2022年5月18日)
【浜松町駅西口開発計画・芝浦プロジェクト】 歩行者ネットワークの構築・交通結節点の機能強化を目的とした 浜松町駅エリアの整備計画について(世界貿易センタービルディング・野村不動産・東日本旅客鉄道・東京モノレール・鹿島建設)



整備後の浜松町駅周辺イメージパース
整備後の浜松町駅周辺イメージパース[出典:野村不動産]

 北口自由通路は竹芝や汐留に繋がるデッキに接続され「浜松町西口開発計画」側には中央広場が整備されJR「浜松町」駅、東京モノレール「浜松町」駅、都営地下鉄「大門」駅、そしてバスターミナルに接続されます。



浜松町駅周辺エリアの位置関係
浜松町駅周辺エリアの位置関係[出典:野村不動産]

 「浜松町西口開発計画」はデッキで各棟が接続され、東京モノレール浜松町駅は建替えられます。このパースのA〜F地点から見た完成予想図を以下に載せていきます。



北口自由通路 鳥瞰イメージ
A. 北口自由通路 鳥瞰イメージ[出典:野村不動産]

 A地点から見た北口自由通路の鳥瞰イメージです。JR浜松町駅・東京モノレール浜松町駅の北口に新たに整備される3階レベルの改札に繋がります。



大門通り上の既存デッキから見た外観イメージ
B. 大門通り上の既存デッキから見た外観イメージ[出典:野村不動産]

 B地点から見た浜松町駅の外観イメージです。文化放送と世界貿易センタービルを繋いでいた大門通り上の既存デッキと浜松町駅が接続されます。



東京モノレール 浜松町駅 外観イメージ
東京モノレール 浜松町駅 外観イメージ[出典:東京モノレール]

 その隣には新たな東京モノレール浜松町駅が建設されます。竣工予定は2029年度です。



南口自由通路 鳥瞰イメージ
C. 南口自由通路 鳥瞰イメージ[出典:野村不動産]

 C地点から見た南口自由通路の鳥瞰イメージです。チラッと見えているトラス状の部分が既存の南口自由通路のため、その隣に新たな南口自由通路が整備されることになります。新たな自由通路は2024年度の使用開始予定で、その後既存の自由通路を改修し2026年度に全面使用開始予定となっています。



南口自由通路 芝浦側昇降口イメージ
D. 南口自由通路 芝浦側昇降口イメージ[出典:野村不動産]

 D地点から見た南口自由通路の芝浦側昇降口イメージです。現在は階段しかない場所にエスカレーターが設置されバリアフリー化されます。



芝浦エリアの歩行者専用道路イメージ
E. 芝浦エリアの歩行者専用道路イメージ[出典:野村不動産]

 首都高を超えたE地点から見た「芝浦プロジェクト」側の歩行者専用道路のイメージです。



芝浦エリアの歩行者専用道路イメージ
F. 芝浦エリアの歩行者専用道路イメージ[出典:野村不動産]

 F地点から見た芝浦エリアの歩行者専用道路イメージです。浜松町駅から「芝浦プロジェクト」まで庇(ひさし)が設置されるため雨に濡れずにアクセス可能となります。



中央広場イメージ(ステーションコア前)
中央広場イメージ(ステーションコア前)[出典:野村不動産]

 「浜松町西口開発計画」内に整備される中央広場のイメージです。2枚目に載せた浜松町駅周辺イメージパースでは屋外の広場に見えましたが、中央広場は建物内に整備されます。



中央広場イメージ(ステーションコア前)
中央広場イメージ(ステーションコア前)[出典:野村不動産]

 中央広場イメージは3層吹き抜けの大空間となります。



中央広場イメージ(東京モノレール改札前)
中央広場イメージ(東京モノレール改札前)[出典:野村不動産]

 東京モノレール改札前です。



ステーションコアイメージ
ステーションコアイメージ[出典:野村不動産]

 ステーションコアの完成予想図です。ステーションコアはJR、東京モノレール、都営地下鉄、バスターミナル、タクシープール等の交通施設をスムーズに繋ぐ大きな吹き抜け空間で、羽田からの東京の玄関口に相応しい、視認性の良い乗換空間が整備されます。



ステーションコア整備による乗換動線強化のイメージ
ステーションコア整備による乗換動線強化のイメージ[出典:野村不動産]

 現在の浜松町駅・大門駅エリアは複雑な動線となっていますが、整備後はステーションコアを中心にしたわかりやすい乗り換え動線となります。



浜松町駅

 2022年4月7日に既存デッキから撮影したJR浜松町駅の北口側です。ホーム上空に鉄骨を組んでおり、ここに新たな改札や北口自由通路が整備されます。



北口自由通路

 少々古いですが2022年2月7日に撮影した北口自由通路です。



北口自由通路

 撮影時は建設中でしたが今は既に一般開放されているようです。



浜松町駅

 2013年7月に文化放送の「くにまるジャパン」内の「おもしろ人間国宝」のコーナーに出演したときに撮影した旧芝離宮恩賜庭園方面の眺めです。旧芝離宮恩賜庭園沿いにある道路のような部分が歩行者専用道路として整備されます。



浜松町駅

 浜松町駅の南口側です。こちらには新たな南口自由通路が整備されます。



芝浦一丁目プロジェクト 外観イメージ図
芝浦プロジェクト 外観イメージ図[出典:野村不動産ホールディングス]

 「芝浦一丁目プロジェクト(芝浦プロジェクト)」の完成予想図です。左が挟N棟で地上43階、高さ228.88m、右が鬼S棟で地上45階、高さ227.28mの超高層ツインビルが建設されます。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 仮囲いに掲載されれいる完成予想図です。敷地内にある「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)は解体されることになります。



芝浦一丁目プロジェクト

 2022年4月7日に撮影した鬼S棟の建設地です。鬼S棟は2025年2月の竣工予定、挟N棟は2030年度の竣工予定となっています。同再開発の詳細は当ブログの過去記事をご覧ください。



浜松町二丁目4地区 外観イメージ
浜松町西口開発計画 外観イメージ[出典:鹿島建設]

 「浜松町二丁目4地区(浜松町西口開発計画)」の完成予想図です。A-1棟・A-2棟は中央広場やステーションコアなどが整備される地上46階、高さ約235mのオフィスビルで高層部はホテルとなります。A-3棟は既に開業している「世界貿易センタービルディング 南館」(地上39階、高さ197.317m)です。



世界貿易センタービルディング

 A-1棟の建設地では「世界貿易センタービルディング」(地上40階、最高高さ162.59m)が解体中です。解体後の跡地に建設されるA-1棟は2027年2月の竣工予定予定となっています。同再開発の詳細は当ブログの過去記事をご覧ください。


地上43階、高さ約229m「芝浦一丁目プロジェクト 鬼S棟」の建設状況!高層部にホテルが入る複合ビルとなります(2022.4.7)

芝浦一丁目プロジェクト

 芝浦の大規模再開発「芝浦一丁目プロジェクト S棟」(地上43階、高さ228.88m)の建設地です。2022年4月7日に撮影しました。低層部が商業施設、中層部がオフィス、高層部がホテルとなる複合ビルとなります。

 S棟の建設後には左の「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)が解体され、挟N棟として地上45階、高さ227.28mの超高層ビルが建設されます。高さ230m近い超高層ツインタワーが誕生することになります。

 事業主体は野村不動産、東日本旅客鉄道、鬼S棟の設計者は槇総合計画事務所と清水建設、施工者は清水建設で2020年度着工、2025年3月竣工予定です。挟N棟は2025年度着工、2030年度竣工予定となっています。以前は事業主体に野村不動産ビルディングも名を連ねていましたが2022年4月1日に野村不動産と合併統合しています。



芝浦一丁目プロジェクト

 敷地の端の方には瓦礫の山がありました。ここの建設地は飲食店などが入る「スリーワンプラザ」や屋上広場があった場所の跡地です。



芝浦一丁目プロジェクト

 敷地の大部分が掘削され構台が出来上がっていました。



芝浦一丁目プロジェクト

 現地の工事工程では土工事となっていました。まだ掘削作業が行われておりダンプに土砂が次々に積み込まれていました。



芝浦一丁目プロジェクト

 敷地南側です。



芝浦一丁目プロジェクト

 構台の下にも小さめ重機がいるのが見えました。



芝浦一丁目プロジェクト

 敷地南西側から撮影。最近は超高層ビルの解体が増えてきましたが、背後の「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)も挟N棟の建設地となるため解体されます。



芝浦一丁目プロジェクト

 敷地南東側から撮影。プレハブ事務所の端には外装モックアップがありましたが撤去作業中なのかブルーのネットで覆われていました。



芝浦一丁目プロジェクト

 建設地の東側にある芝浦運河に架かる仮設の橋から撮影。



芝浦一丁目プロジェクト

 その橋から北側を見ると芝浦運河に構台が組まれており、そこに「芝浦一丁目プロジェクト」で掘削された土砂がダンプによって次々に土運船に積み込まれていました。こんな運河の使い方があったんですね。ダンプの台数を大きく減らしつつ効率良く土砂運搬ができそうです。



芝浦一丁目プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:野村不動産ホールディングス]

 「芝浦一丁目プロジェクト」の完成予想図です。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 仮囲いに掲載されれいる完成予想図です。左が地上45階、地下3階、高さ227.28mとなる挟N棟でで、右が地上43階、地下3階、高さ228.88mとなる建設中の鬼S棟です。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 鬼S棟と挟N棟で低層部のセットバックする向きが異なっていますが同じようなデザインとなります。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:東京都環境局]

 レインボーブリッジから見たと思われる完成予想図です。海側から見たときに中央が凹んだ「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」が目立っていましたが、建替え後は巨大なツインタワーとなるのでさらに目立ちそうです。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 南北断面図
南北断面図[出典:東京都環境局]

 両棟の低層部には商業施設が入り、中層部はオフィスとなります。そして鬼S棟の高層部はホテル、挟N棟の高層部は総戸数約144戸の住宅となります。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 東西断面図S棟
東西断面図S棟[出典:東京都環境局]

 鬼S棟側の断面図です。高層部に向かってどんどんセットバックするデザインとなっています。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 東西断面図N棟
東西断面図N棟[出典:東京都環境局]

 挟N棟側の断面図です。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 緑化計画図
緑化計画図(配置図)[出典:東京都環境局]

 鬼S棟と挟N棟の配置図です。N棟がJR・東京モノレール「浜松町」駅に近い側です。両棟の間には「(仮称)セントラルプラザ」と芝浦運河沿いにテラスが整備され一体的な広場が整備されます。敷地左側を縦に横切っている細い線は東京モノレールで、その効果下には遊歩道が整備されます。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 「(仮称)セントラルプラザ」とテラスの完成予想図です。左側には船着場も整備されます。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 東京モノレールの高架下に整備される遊歩道です。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 浜松町駅に近い側には大きな屋根付きの空間も整備されます。浜松町駅からは屋根付きの通路があるので雨の日でも傘なしでアクセスできるようになりそうです。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 位置図
位置図[出典:東京都環境局]

 建設地はJR山手線・JR京浜東北線・東京モノレール「浜松町」駅の南側に位置しており歩行者専用通路で接続されます。また、都営大江戸線・都営浅草線「大門」駅も建替え中の世界貿易センタービル経由でアクセスできるようになります。ここへのアクセスに使う利用者はそれほど多くないと思いますがゆりかもめ「日の出」駅も近いです。



芝浦一丁目プロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:芝浦一丁目プロジェクト
計画名:(仮称)芝浦一丁目計画
所在地:東京都港区芝浦一丁目1番1 他51筆
用途:事務所、商業施設、ホテル、住宅(約144戸)、駐車場
階数:地上43階、地下3階(鬼S棟)
階数:地上45階、地下3階(挟N棟)
高さ:228.88m(鬼S棟)
高さ:227.28m(挟N棟)
構造:S造 一部 RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:40,104.29
建築面積:28,192.39
延床面積:551,437.56
事業主体:野村不動産、野村不動産ビルディング、東日本旅客鉄道
建築主:野村不動産ビルディング、東日本旅客鉄道
設計者:槇総合計画事務所、清水建設
施工者:清水建設(鬼工事)、未定(挟工事)
工期:2021年9月1日着工〜2025年3月竣工予定(鬼工事)、2025年度着工〜2031年3月31日竣工予定(挟工事)

芝浦一丁目プロジェクトの建設状況!高層部にホテルが入る地上43階、高さ約229mの鬼S棟が建設中です(2022.2.7)

芝浦一丁目プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:野村不動産ホールディングス]

 芝浦で建設中の「芝浦一丁目プロジェクト」の完成予想図です。右側が鬼S棟で地上43階、地下3階、高さ228.88m、左が挟N棟で地上45階、地下3階、高さ227.28mとなります。建設地は「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)の跡地です。

 事業主体は野村不動産、野村不動産ビルディング、東日本旅客鉄道で鬼S棟の設計者は槇総合計画事務所と清水建設、施工者は清水建設で2020年度着工〜2025年3月竣工予定です。挟N棟は2025年度着工〜2030年度竣工予定となっています。野村不動産ビルディングは2022年4月1日付けで野村不動産と合併し消滅します。

 同再開発の建築計画のお知らせでの名称は「(仮称)芝浦一丁目計画 新築工事」となっており、環境アセスでの事業名は「(仮称)芝浦一丁目建替計画」です。そして事業主のニュースリリースでは「芝浦一丁目プロジェクト」となっています。当ブログでは事業者が使用している「芝浦一丁目プロジェクト」を採用しています。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 同じ方向から見た仮囲いに掲載されれいる完成予想図です。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 同じようなデザインですが鬼S棟と挟N棟でセットバックする向きが異なっています。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:東京都環境局]

 レインボーブリッジから見たと思われる完成予想図です。海側から見たときにこの超高層ツインはかなり目立つ存在となります。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 南北断面図
南北断面図[出典:東京都環境局]

 両棟の低層部に商業施設、中層部にオフィス、そして鬼S棟の高層部がホテル、挟N棟の高層部が総戸数約144戸の住宅となります。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 東西断面図S棟
東西断面図S棟[出典:東京都環境局]

 高層部に向かってどんどんセットバックするデザインとなっています。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 東西断面図N棟
東西断面図N棟[出典:東京都環境局]

 挟N棟もセットバックするデザインとなっていますが鬼S棟とはセットバックする向きが違います。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 緑化計画図
緑化計画図(配置図)[出典:東京都環境局]

 鬼S棟と挟N棟の配置図でN棟がJR・東京モノレール「浜松町」駅に近い側です。両棟の間には広場となる「(仮称)セントラルプラザ」と芝浦運河沿いにテラスが整備されます。敷地左側を縦に横切っている細い線は東京モノレールの高架で、その下には遊歩道が整備されます。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 その「(仮称)セントラルプラザ」とテラスの完成予想図です。テラスの左側には船着場が整備されます。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 東京モノレールの高架下に整備される遊歩道です。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 浜松町駅に近い側の完成予想図です。大きな屋根付きの空間も整備されます。浜松町駅からは屋根付きの通路があるので雨の日でも傘なしでアクセスできるようになりそうです。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 位置図
位置図[出典:東京都環境局]

 建設地はJR山手線・JR京浜東北線・東京モノレール「浜松町」駅の南側で歩行者専用通路で接続され、都営大江戸線・都営浅草線「大門」駅も建替え中の世界貿易センタービル経由でアクセスできるようになります。鬼S棟はゆりかもめ「日の出」駅の方が近いです。



芝浦一丁目プロジェクト

 2022年2月7日に仮設階段から撮影した「芝浦一丁目プロジェクト 鬼S棟」の建設地です。ここには地上43階、地下3階、高さ228.88mの超高層ビルが建設されます。



芝浦一丁目プロジェクト

 掘削されている場所にズームです。左は「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)で、鬼S棟の完成後に解体され挟N棟が建設されます。



芝浦一丁目プロジェクト

 ここは飲食店などが入る「スリーワンプラザ」や屋上広場があった場所です。



芝浦一丁目プロジェクト

 2021年9月28日に起工式が執り行われ、2021年10月1日に着工しています。



芝浦一丁目プロジェクト

 挟(N棟)も含めた全体竣工は2031年3月31日で約9年後の予定です。



芝浦一丁目プロジェクト

 これだけの大規模再開発なのでプレハブ事務所もそれなりの大きさになっています。



芝浦一丁目プロジェクト

 敷地南西角から撮影。



芝浦一丁目プロジェクト

 南東角から撮影。プレハブ事務所の端は外装モックアップ思われます。



芝浦一丁目プロジェクト

 北東角から撮影。左奥は「シーバンス」(地上24階、高さ106m)で、ここから1棟しか見えませんがツインビルとなっています。そのためこの場所には超高層ツインが2つ並ぶことになります。



浜松町ビルディング(東芝ビルディング)

 竹芝から撮影。中央が「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)でその左に「芝浦一丁目プロジェクト 鬼S棟」(地上43階、高さ228.88m)が建設中です。鬼S棟の完成後に「浜松町ビルディング」が解体され、跡地に「芝浦一丁目プロジェクト 挟N棟」(地上45階、高さ227.28m)が建設されます。



芝浦一丁目プロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:芝浦一丁目プロジェクト
計画名:(仮称)芝浦一丁目計画
所在地:東京都港区芝浦一丁目1番1 他51筆
用途:事務所、商業施設、ホテル、住宅(約144戸)、駐車場
階数:地上43階、地下3階(鬼S棟)
階数:地上45階、地下3階(挟N棟)
高さ:228.88m(鬼S棟)
高さ:227.28m(挟N棟)
構造:S造 一部 RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:40,104.29
建築面積:28,192.39
延床面積:551,437.56
事業主体:野村不動産、野村不動産ビルディング、東日本旅客鉄道
建築主:野村不動産ビルディング、東日本旅客鉄道
設計者:槇総合計画事務所、清水建設
施工者:清水建設(鬼工事)、未定(挟工事)
工期:2021年9月1日着工〜2025年3月竣工予定(鬼工事)、2025年度着工〜2031年3月31日竣工予定(挟工事)

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク