超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

汐留

本社移転や売却報道が続く汐留の超高層ビル群と秋葉原で建設中の日通新本社ビルの空撮

汐留の超高層ビル群の空撮

 少し古いですが2019年11月30日にヘリから撮影した汐留の超高層ビル群です。右下は築地市場跡地で左下は浜離宮恩賜庭園です。



汐留の超高層ビル群の空撮

 こちらは2019年12月14日の撮影。板状の緑色の超高層ビルが「東京汐留ビルディング」(地上37階、最高高さ172.5m、2005年)で28階〜37階が「コンラッド東京」となっており、3階〜26階はオフィスフロアでソフトバンクグループとソフトバンクの本社がありましたが、写真左端の「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」(地上40階、高さ208.83m、2020年)に移転中です。



汐留の超高層ビル群の空撮

 だいぶ古いですが2012年11月3日の空撮です。「東京汐留ビルディング」の右側の灰色の超高層ビルが売却で話題の「電通本社ビル」(地上48階、最高高さ213.337m、2002年)です。売却金額は3000億円規模でニューリックが優先交渉先となったと報道されています。売却後はオフィス利用面積を減らして賃借するとのことです。

 そして「東京汐留ビルディング」の左側のビルが売却報道のあった「日本通運本社ビル」(地上28階、高さ136.51m、2003年)です。こちらは1000億円超の規模になるようです。日通は秋葉原駅近くに新本社を建設中で元々2021年9月に移転することが決まっており、移転後は賃貸に出すことを予定していましたがコロナの影響で売却も検討とのことです。



浜離宮恩賜庭園から見た汐留の超高層ビル群

 2019年3月9日に浜離宮恩賜庭園から撮影した「日本通運本社ビル」です。



浜離宮恩賜庭園から見た汐留の超高層ビル群

 浜離宮恩賜庭園から見た汐留の超高層ビル群です。これだけの規模の超高層ビルで本社移転、本社売却が相次ぐことはなかなか耳にしませんね。



浜離宮恩賜庭園から見た汐留の超高層ビル群

 汐留は貨物ターミナルの跡地に建設されたこともって小規模なビルのない巨大な超高層ビル群が形成されました。この通り汐留は迫力ある超高層ビル群で格好いいのですが、上下の動線がわかりにくいので歩くのは好きではありません。汐留には何度も行っていますが未だに行きたい場所に行くのに道がなくて大回りをしたりと大変です。。



日本通運新本社ビル
完成イメージ図[出典:日本通運]

 日本通運が秋葉原で建設中の「日本通運新本社ビル」(地上14階、高さ66.68m)の完成予想図です。汐留に立派なビルがあるのでそちらをそのまま使えばいいのにと素人考えでは思ってしまいます。



日本通運新本社ビルの空撮

 2020年12月18日にヘリから撮影した「日本通運新本社ビル」(地上14階、高さ66.68m)です。設計者、施工者は鹿島建設で2021年8月31日竣工予定です。

 右側のタワーマンションは「タワーレジデンストーキョー」(地上37階、高さ124.8m)、背後の白い建物は「三井記念病院」(地上19階、最高高さ86.6m)です。



日本通運新本社ビルの空撮

 少しだけ広角でもう1枚。写真上の屋上に緑色が見えるビルがヨドバシアキバでその背後が秋葉原駅となります。こちら側は電気街とは反対側です。



(仮称)日本通運(株)新本社ビル計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)日本通運(株)新本社ビル計画
所在地:東京都千代田区神田和泉町2-1他
用途:事務所
階数:地上14階、地下1階
高さ:66.68m(最高66.68m)
構造:鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:7,298.57
建築面積:3,108.08
延床面積:42,599.43
建築主:日本通運
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2019年12月2日着工〜2021年8月31日竣工予定

フジテレビの球体展望室「はちたま」からの夜景(2015年1月12日撮影)

フジテレビ球体展望室「はちたま」からの夜景
 フジテレビの球体展望室「はちたま」からの夜景です。「はちたま」の営業時間は10時〜18時のため早く暗くなる冬しか夜景撮影が出来ません。ということで天気の良かった2015年1月12日に撮影してきました。

 レインボーブリッジの主塔がレインボーカラーにライトアップされている日に撮影したかったのですが、ノーマルの白でもいい感じです。

フジテレビ球体展望室「はちたま」からの夜景
 竹芝、汐留方面です。

フジテレビ球体展望室「はちたま」からの夜景
 ちょっと解読が難しいかもしれませんが、電通本社ビルの壁面に「祝!成人の日 & Tokyo 2020 2020日前」とメッセージが出ていました。

フジテレビ球体展望室「はちたま」からの夜景
 東京駅方面です。残照の赤色がガラスカーテンウォールに反射していました。

フジテレビ球体展望室「はちたま」からの夜景
 富士山方面です。手前は天王洲アイルの超高層ビル群です。

フジテレビ球体展望室「はちたま」からの夜景
 勝どき、晴海方面です。「東京スカイツリー」が上から下まで見えていますが、これから「パークタワー晴海」(地上48階、最高高さ178.49m)がスカイツリーの展望台から下を隠すように建設されます。次の冬に上棟していることはないと思いますが、ある程度伸びて来ていると思うのでフジテレビからスカイツリー夜景を撮影するなら今のうちです。


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

浜松町一丁目地区などを撮りに行くのに港区自転車シェアリングを使ってみた

浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業

汐留の超高層ビル群の空撮
 汐留の超高層ビル群の空撮です。汐留の超高層ビル群から線路を超えた矢印を入れた場所に浜松町一丁目地区の再開発「浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上37階、高さ約140m)があります。9月24日の日刊建設工業新聞に

 東京都港区の「浜松町一丁目地区市街地再開発組合」(藤井靖久理事長)は、延べ6・5万平方メートル規模の再開発ビルの建設に15年2月に着手する。

と掲載されたこともあり、現在状況を見に行って来ました。

▼日刊建設工業新聞(2014年9月24日)
浜松町一丁目地区再開発(東京都港区)/37階建て、15年2月着工/組合

浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業
 「浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。まだ既存建物の解体は開始されていませんでしたが、ほとんどの建物に解体工事のお知らせが出ていました。数ヶ所確認した感じだと1月末や4月末までの期間で解体工事が行われるようでした。

浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業
 ただ全部の解体工事のお知らせを確認したわけではないので、既存建物が全て解体が終わるのが来年4月末なのかどうかは不明です。ただ、日刊建設工業新聞に記事に2015年2月に建設着手とあるので来年1月末にはほとんどの建物が解体完了しているものを思われます。

浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図
浜松町一丁目地区の完成予想図[出典:環境影響調査書案]

 左側が高さ55mの事務所棟、右側が地上37階、高さ約140mの住宅棟です。総戸数は約560戸で三井不動産レジデンシャルが参加組合員となっています。三井なので「パークタワー浜松町」といった感じですかね。

■浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名:浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区浜松町一丁目3、4、5番地
用途:住宅、事務所、店舗、保育所、地域活動施設 等
総戸数:約560戸
階数:地上37階、塔屋2階、地下1階
高さ:約140m(住宅棟)、約55m(事務所棟)
敷地面積:約5,165(別途、提供公園:約300)
建築面積:約3,100
延床面積:約65,200
構造:鉄筋コンクリート造(中間免震構造)、一部鉄骨造
事業者:浜松町一丁目地区市街地再開発組合
事業協力者:三井不動産レジデンシャル、トーショー・ホールディングス、清水建設
設計:アール・アイ・エー
施工:未定
工期:2015年2月着工〜2017年度竣工予定
供用開始:2017年度予定

港区自転車シェアリング

港区自転車シェアリング
 今回の撮影では10月1日から本格スタートした「港区自転車シェアリング」を使用してみました。かなり便利だったので簡単に登録方法と使い方を載せておきます。

港区自転車シェアリング
 まずは公式サイトでメンバー登録を行います。自分はおサイフケータイ(FeliCaカード)で借りるコースで登録しました。するとこのようなパスコードがメールで送られて来ます。ここまでは自宅などどこにいても出来ます。

港区自転車シェアリング
 次に港区各所にある自転車置場に行きます。自転車の座席の後ろには全台このように操作パネルが設置されています。ここで「START」ボタンを押して「ENTER」を押します。次にカードリーダー部分にスマホを置いてきます。写真は撮り損ねましたが「登録完了」とかそんな感じのメッセージが表示されるので、それでメンバー登録は完了します。

 自転車を借りるときは「START」ボタンを押してカードリーダー部分にスマホを置くとガチャンと解錠されてすぐに利用出来ます。自転車の返却場所はどこの自転車置場でもOKです。結構あちこちにあるので事前に確認しておくことをオススメします。

港区自転車シェアリング
 返却方法は港区自転車シェアリングを行っている自転車置場に行き、操作パネル後ろの鍵を掛けます。するとこのようなメールが送信されてきます。このメールの通り鍵をかけただけで返却は完了していません。

港区自転車シェアリング
 鍵を掛けた後に「ENTER」ボタンを押すと返却完了です。このような返却メールが送信されてきたら無事に返却が完了したことになります。

港区自転車シェアリング
 自転車は電動自転車で残量を確認したら標準で27キロくらいでした。料金は30分で108円(税込み)で、今回は1時間15分くらい使用したので324円でした。

 今回は六本木一丁目駅近くで借りて品川に返却したのですが、品川の自転車置場の空きが1つしかなくて危なかったです。別な見方をすると近所に行くのに品川で借りた人がいたとしたらならば、その人が戻って来たときには返却場所がない…ということになります。今はまだ虎ノ門周辺がメインなので運が悪いと自転車を返却するのに大移動することになります。でも便利なのは間違いないのでこれから撮影時には結構お世話になりそうです。


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

地上37階「浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業」の環境影響調査書案の縦覧が開始

汐留の超高層ビル群の空撮
 汐留の超高層ビル群の空撮です。この超高層ビル群とは線路を挟んだ矢印を入れた場所に「浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業」という地上37階、高さ約140mのタワーマンション計画があるのですが、港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の縦覧が開始されました。

▼港区環境アセスメント
港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の縦覧(浜松町一丁目)
※ 閲覧期間:平成26年9月1日(月曜日)〜平成26年10月1日(水曜日)となっているので、この期間を過ぎると見られなくなると思います。

 場所は空撮の通りの場所でイタリア街に隣接しています。最寄駅は浜松町駅となりますが、大門駅、汐留駅、御成門駅、新橋駅あたりまで徒歩圏です。

浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業
 これは「世界貿易センタービル」の展望室から見た「浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。まだごちゃっと既存建物が建っていますが、この左側の方に地上37階、高さ約140mの住宅棟が、右側の方には高さ55mの事務所棟が建設されます。これだとわかりにくいので現地の写真も100%撮ってはいるのですが、30分くらい探しても見つけることが出来ませんでした…。

浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業の配置図
浜松町一丁目地区の配置図[出典:環境影響調査書案]

 配置図はこのようになっています。

浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業の断面図
浜松町一丁目地区の断面図[出典:環境影響調査書案]

 断面図です。中央には立体駐車場が設置されるので中層階までは内廊下となりそうです。高層階は吹き抜けとなっているので高層階は外廊下ですかね?

浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図
浜松町一丁目地区の完成予想図[出典:環境影響調査書案]

 完成予想図です。西向きの東京タワーが見える部屋が一番人気になる予感がします。東側は浜離宮が見えますが、汐留の超高層ビル群で視界の大部分が遮られます。

■浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名:浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区浜松町一丁目3、4、5番地
用途:住宅、事務所、店舗、保育所、地域活動施設 等
総戸数:約560戸
階数:地上37階、塔屋2階、地下1階
高さ:約140m(住宅棟)、約55m(事務所棟)
敷地面積:約5,165(別途、提供公園:約300)
建築面積:約3,100
延床面積:約65,200
構造:鉄筋コンクリート造(中間免震構造)、一部鉄骨造
事業者:浜松町一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
工期:平成26年度着工〜平成29年度竣工予定
供用開始:平成29年度予定


超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

「アクティ汐留」中層階の内覧 その4

アクティ汐留から見た虎ノ門ヒルズ
アクティ汐留」(地上56階、高さ190.25m)の
22階にある空中庭園(22〜24階まで3層吹き抜け)からの眺めです。

虎ノ門ヒルズ」(地上52階、最高部高さ255.5m)
が正面にいい角度で見ることが出来ました。

ただ、この空中庭園は室内で窓があり
そして窓がかなり汚れていました…
せっかくのスペースがちょっともったいなかったです。

アクティ汐留から見た東京タワー
また同じ場所から「東京タワー」全体も見ることが出来ました。
午前中なら順光でもっとキレイに見えたと思います。

東京タワーの右側は「六本木ヒルズ」です。

32階の反対側にも同じように空中庭園があるようでしたが
そちらには行っていないのでどれだけ視界があるのかは不明です。

また、42階の東京タワー側には集会所があるようです。
住民の方なら格安で利用出来ると思います。

これにてアクティ汐留シリーズは終了です。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク