超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

横浜北仲

横浜みなとみらいのロープウェイの建設状況!既に支柱が完成!ザ・タワー 横浜北仲から撮影(2020.7.23)

みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
景観イメージ[出典:横浜市]

 横浜みなとみらいで建設中のロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)」の完成時の景観イメージです。右上の位置△らの景観と書いてありますが、次の図を参考に見てください。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
事業概要[出典:横浜市]

 JR桜木町駅前の「桜木町駅前停留所」からワールドポーターズ前の「運河パーク停留所」まで結ぶ約630mのロープウェイで汽車道の南側を通るルートとなっています。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
景観イメージ[出典:横浜市]

 JR桜木町駅前の「桜木町駅前停留所」の完成予想図です。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
景観イメージ[出典:横浜市]

 支柱は地上2基、海上3基の合計5基で最大高さはおよそ40mとなっています。そこに8人乗りゴンドラが36基で運行される予定となっています。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
景観イメージ[出典:横浜市]

 ワールドポーターズ前の「運河パーク停留所」の完成予想図です。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 これは2020年7月23日に「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)にお邪魔したときに撮影した、屋上スカイテラスから見た建設中の「YOKOHAMA AIR CABIN」の支柱です。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 みなとみらいにロープウェイって本気なの?と半信半疑に思っていましたがもう支柱が出来上がっていました。海上の支柱の真ん中で段を数えた感じからしてこれが一番高い支柱かと思います。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 右上のワールドポーターズの目の前の建設現場が「運河パーク停留所」となります。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 その「運河パーク停留所」にズームです。着々と工事が進んでいるようでした。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 少し下がって「ザ・タワー 横浜北仲」の25階にあるビューラウンジから見た「運河パーク停留所」です。ロープウェイに載るときはパスモやスイカでサクッと乗れるようになるんですかね?価格や運用方法がどうなるのか気になるところです。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 8人乗りゴンドラということなので、左に乗るのか右に乗るのかで大きく眺めは変わりそうですね。楽しいのは汽車道を見下ろす側となりそうです。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 支柱の隣に船が係留されていますが支柱の点検や整備をするときは毎回船移動なんでしょうね。維持費もそこそこかかりそうですね。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 さらに下がって5階にあるパーティルームからの眺めです。5階まで来ると支柱は見上げる高さとなります。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 世の中、色々な再開発がありますがみなとみらいにロープウェイは全く予想できなかった未来図です。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 桜木町駅側の海上支柱です。手前の駐車場では住友不動産による再開発「北仲通北地区(A地区)再開発計画」(地上41階、最高高さ約162m)が計画されており、タワーマンションなどが建設されますが、ゴンドラと同じ高さの部屋だと落ち着かないでしょうね〜。

 もしこの都市型ロープウェイが成功したら全国各地で同じようなロープウェイが出現するのかもしれないですね。失敗すると支柱や土台だけ残る負の遺産となりそうですがここはどうなるんでしょうね?開業予定は2020年度末です。

「ザ・タワー 横浜北仲」隣の「北仲通北地区A-1、A-2地区」に住友不動産・大和地所が最高高さ162mの共同住宅・ホテルで構成される複合ビルを建設!

北仲通北地区
完成予想図[出展:三井不動産レジデンシャル]

 約4年前に公開された「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)の完成予想図です。この頃から周りに建設される超高層ビルの形だけ描かれていましたが、その右側の「北仲通北地区A-1、A-2地区」の概要が本日の建設通信新聞に掲載されました。

▼建設通信新聞:2020年1月17日
一体計画で再始動/設計は久米、21年着工/大和地所と住友不動産の北仲通北A-1・2地区



北仲通北地区A-1、A-2地区
配置図[出展:建設通信新聞]

 記事によると事業者は大和地所と住友不動産、設計は久米設計となっており、建設される建物は地上41階、地下3階、高さ約150m、最高高さ約162mのタワー部、地上11階、地下1階、高さ約45mの中層部、地上7階、地下1階、高さ約31mの低層部で構成され延べ約9万8960屬竜模で計画されており、2021年に着工、2025年の完成を目指すとのことです。

 主要用途は共同住宅と宿泊施設で共同住宅が約4万2820屐別400戸)、宿泊施設が約4万3260屐駐車場が約1万2880屐別390台)となっています。



北仲通北地区A-1、A-2地区

 「横浜ランドマークタワー」(地上70階、高さ296.33m)の69階にある展望室からの眺めです。「ザ・タワー 横浜北仲」の手前の赤く網掛けをした部分が「北仲通北地区A-1、A-2地区」となります。

 右側の塔屋が三角形に見えるビルが「横浜市新市庁舎」(地上32階、高さ155.4m)で南北デッキで結ばれる予定となっています。



北仲通北地区A-1、A-2地区

 約1年前にセスナから撮影した横浜の空撮です。赤い網掛けをした部分が「北仲通北地区A-1、A-2地区」です。北西側に「横浜ランドマークタワー」が見える立地で、途中に遮る建物が建設されそうにもない場所です。



北仲通北地区A-1、A-2地区

 フロア構成が不明なので住宅部が高層部になるのかどうかもわかりませんが、住友不動産なのでもし分譲なら「ザ・タワー 横浜北仲」のように完成前にサクッと完売することはないでしょうね。建設通信新聞の記事は環境影響評価審査会で明らかになった内容とのことだったので、その資料が横浜市のHPにアップロードされたらもう少し詳しいことがわかるかもしれません。
→低層部がホテルで高層部が共同住宅という情報を頂きました。そうなってくると住友不動産の超高級賃貸マンションシリーズの「ラ・トゥール」になるといったこともあり得そうですね。

■物件概要■
計画名:北仲通北地区A-1、A-2地区
所在地:神奈川県横浜市中区北仲通6丁目
用途:共同住宅・ホテル・駐車場
総戸数:約400戸
階数:地上41階、地下3階
高さ:約150m(最高高さ約162m)
建築面積:約5180
延べ面積:約9万8960
建築主:大和地所、住友不動産
設計者:久米設計
工期:2021年着工〜2025年竣工予定

2基目のタワークレーン組立て中!高さ約200m「ザ・タワー 横浜北仲」の建設状況(2017.8.27)

ザ・タワー 横浜北仲
 横浜ランドマークタワーの展望台から撮影した北仲通地区で建設中の「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)です。2基目のタワークレーンが組立て中で、現地作業工程では本体工事、杭・溝真柱工事となっていました。

ザ・タワー 横浜北仲
 2基目のタワークレーンの隣では地下部の鉄筋コンクリートの型枠が見えています。

ザ・タワー 横浜北仲
 「ザ・タワー 横浜北仲」はみなとみらい線「馬車道」駅直結徒歩1分となりますが、写真右下に少しだけ写っている桜木町駅は徒歩8分の距離で徒歩圏となります。

ザ・タワー 横浜北仲
 同じ方向から見た完成予想図です。現地看板を撮影しました。横浜ランドマークタワーからでは高さ約200mでもこのような感じに見えるようです。

ザ・タワー 横浜北仲
 地上から見た建設地です。現在2基目のタワークレーンが組立て中のため、次に撮影に行くときには地上部の建設が始まっているかもしれません。

ザ・タワー 横浜北仲
 その2基目のタワークレーンです。今日にでも組立ては終わりそうです。

ザ・タワー 横浜北仲
 現地看板を撮影した「ザ・タワー 横浜北仲」を見上げた完成予想図です。低層階は商業施設、5階〜45階と52階〜58階が総戸数1176戸(事業協力者住戸50戸含む)の分譲マンション、地上46階は展望フロア、レストラン、宿泊施設「オークウッド」のロビーとなり、47階〜51階がその「オークウッド」(175室)の客室となります。デザインが切り替わっているフロアが46階となります。高層部には居住者専用の共用施設や屋上デッキが整備されます。

ザ・タワー 横浜北仲
 現地版の完成予想図をもう1枚。左に白い形だけ描かれているのは建設中の「アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>」(地上35階、高さ135.50m)です。また、この完成予想図には描かれていませんが右側には「横浜市庁舎」(地上32階、高さ155.4m)が建設中です。そしてさらに周辺では2棟の超高層ビルが計画されています。

ザ・タワー 横浜北仲 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■ザ・タワー 横浜北仲の物件概要■
名称:ザ・タワー 横浜北仲
プロジェクト名:(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
計画名:(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画
所在地:神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57-2他
用途:共同住宅・ホテル・店舗・駐車場
総戸数:1176戸(事業協力者住戸50戸含む、他に宿泊施設・店舗・事務所等)
階数:地上58階、地下1階
高さ:199.95m
構造:RC造(一部S造)
敷地面積:13,135.37
建築面積:8,760.92
延べ面積:168,286.99
建築主:三井不動産レジデンシャル、丸紅
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2016年11月1日着工〜2020年2月下旬竣工予定
入居:2020年4月下旬予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク