超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

横浜

高さ約161m「(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画」の建設地の様子!現地には開発事業のお知らせが設置(2020.10.4)

(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画
完成予想図[出典:横浜市]

 みなとみらい21地区53街区に建設される「(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画」の完成予想図です。右がWEST棟で地上30階、高さ約161m、左がEAST棟で地上16階、高さ85.5mの規模で両棟合わせて約183,000屬了務所、店舗、ホテルで構成される複合ビルとなります。以前の情報だとWEST棟は高さ153mだったのでそれよりも高くなっています。

 事業者は大林組、ヤマハ、京浜急行電鉄、日鉄興和不動産、みなとみらい53EAST合同会社の5社で、工期は2021年4月1日着工、2024年3月31日竣工が予定されています。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画
概要図[出典:横浜市]

 各棟のフロア構成は以下の通りで、WEST棟の高層部はホテルとなります。

▼WEST棟
26〜30階:ホテル
5〜24階:オフィス
4階:全体共用
3階:店舗・にぎわい施設
2階:アトリウム・店舗・にぎわい施設
1階:アトリウム・店舗・駐車場

▼EAST棟
16階:全体共用
5〜15階:オフィス
4階:全体共用
3階:オフィス・店舗
2階:店舗
1階:店舗・オープンイノベーションスペース・駐車場

(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画
完成予想図[出典:国土交通省]

 WEST棟とEAST棟の間はアトリウムとなり、北側の「横浜グランゲート」(地上18階、高さ98.5m)とはペデストリアンデッキで接続されます。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画
周辺状況図[出典:横浜市]

 建設地はみなとみらい線「新高島」駅の目の前で徒歩1分の場所です。この図の左上にある「横浜」駅は徒歩7分の距離で、駅まではペデストリアンデッキや各ビルを通り抜けることで道路を通ることなく駅まで行くことができるようになります。



横浜ランドマークタワーからの眺め

 2020年10月4日に「横浜ランドマークタワー」の展望台から見たみなとみらいの超高層ビル群です。この中央あたりが「(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画」の建設地です。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 建設地にズームしても手前のビルでほぼ敷地は見えていませんが、地上部の建設が始まれば見えるようになります。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 現地に設置された開発事業のお知らせです。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 土地利用計画図にズームです。2階レベルのデッキ部分が結構な面積があります。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 「(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画」の建設地です。今はまだ草原となっています。かつては「横浜BLITZ」があった場所です。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 歩道橋から見た建設地です。周辺では複数の高層ビルが建設中でどんどん空き地が埋まっていっています。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 着工するとこの通路は閉鎖になるかと思います。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 計画図を見た感じだとこちらのフェンスで囲まれた部分までが計画地かと思います。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 横浜駅側の「横浜グランゲート」のペデストリアンデッキから見た「(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画」の建設地です。

■物件概要■
事業名:(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画
街区:みなとみらい21中央地区53街区
所在地:横浜市西区みなとみらい五丁目1番1 他
用途:事務所、ホテル、飲食店舗、物販店舗、集会場、サービス業を営む店舗、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上30階、塔屋2階、地下1階(WEST棟)、地上16階、塔屋2階(EAST棟)
高さ:約161m(WEST棟)、85.5m(EAST棟)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,620.58
建築面積:約14,500
延床面積:約183,000
事業主:大林組、京浜急行電鉄、新日鉄興和不動産、ヤマハ、みなとみらい53EAST合同会社
工期:2021年4月1日着工〜2024年3月31日竣工予定

みなとみらいにフォーシーズンズホテルが進出!水族館の併設へ

みなとみらいのフォーシーズンズホテル
イメージパース[出典:横浜市]

 昨日、6月5日に横浜市より「みなとみらい21中央地区62街区」の事業予定者をマレーシアのベルジャヤコーポレーションを代表企業とするグループ(構成企業:丸別、大和ハウス工業)に決定したと発表がりました。

 提案していた内容はグローバルラグジュアリーホテル&ホテルコンドミニアム、水族館、店舗の新設でホテルは「フォーシーズンズホテル」を含む国際的なラグジュアリーホテルブランドを誘致する予定とのことです。発表資料にはLOI(関心表明書)を取得したと書いてあるので確定ではありませんが検討中ということかと思います。

 規模は地上14階、地下2階、高さ59.95m、延べ面積82,661.98屬2022年10月着工、2026年3月の竣工を予定しています。

 この完成予想図の左側の低層棟が水族館部分かと思います。ホテル本体は地下2階にプール、地下1階にフィットネスルーム、1階〜2階にレストラン・バンケットルーム、3階にスパ、会議室、4階にウェディング施設、そして4階〜14階がホテルコンドミニアム、7階〜14階がホテル客室となっています。ホテルコンドミニアムは部屋を分譲し、オーナーが利用しないときは客室として運用できるタイプの部屋です。

 完成予想図を見ると川側には遊歩道が整備され船着き場も整備されるようです。ここに水上バスが寄るようになれば山下公園などにも気軽に行ける場所となりそうです。

▼横浜市(2020年6月5日)
みなとみらい21中央地区62街区の事業予定者を決定しました



みなとみらいのフォーシーズンズホテル
位置図[出典:横浜市]

 場所はみなとみらいの北端に位置しています。最寄り駅はみなとみらい線の新高島駅かみなとみらい駅になりますが、横浜駅からも歩いて行ける距離です。



みなとみらいのフォーシーズンズホテル

 2019年1月27日にセスナから空撮したみなとみらいです。写真中央あたりに矢印を付けたあたりが「みなとみらい21中央地区62街区」となります。



みなとみらいのフォーシーズンズホテル

 敷地上空から撮影。赤い網掛けをした川沿いの場所が計画地です。

 隣のタワーマンションは「ブルーハーバータワーみなとみらい」(地上27階、高さ97.70m)で、左下の空き地は「Kアリーナプロジェクト」の計画地でケン・コーポレーションによって音楽アリーナ(地上7階、延べ48,982.13屐法▲フィス棟(地上21階、延べ27,853.12屐法▲曠謄訶錙蔽肋25階、35,272.40屐砲建設される予定となっています。



みなとみらいのフォーシーズンズホテル

 みなとみらい橋から撮影した「みなとみらい21中央地区62街区」です。みなとみらいの端で駅からもちょっと遠い場所なので何ができるのかと思っていましたが、「フォーシーズンズホテル」を誘致とはビックリです。まだ確定はしておらずこのご時世なので不安要素はありますが楽しみな計画が増えました。超高層ではありませんがリゾート感溢れるホテルもいいですね。



みなとみらいのフォーシーズンズホテル

 「ホテルビスタプレミオ横浜」(地上20階、高さ約85m)から見た計画地です。みなとみらいの空き地が残りわずかになってきています。

■物件概要■
街区名:みなとみらい21中央地区62街区
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい六丁目3番2ほか
用途:グローバルラグジュアリーホテル&ホテルコンドミニアム、水族館、店舗
階数:地上14階、地下2階
高さ:59.95m
敷地面積:22,188.34
延床面積:82,661.98
建築主:BMD 62(代表企業:Berjaya Corporation Berhad、構成企業:丸紅、大和ハウス工業)
工期:2022年10月着工〜2026年3月竣工予定

高さ60m「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

 「横浜ランドマークタワー」の展望室から撮影した『横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート』(地上14階、高さ60m)です。高さはありませんが内側に丸く凹んだ特徴的なデザインとなっています。ここは2020年4月10日に竣工していますが、撮影は2月8日のためまだ建設中だった頃の姿です。

 ベイコート倶楽部は完全会員制で一般客は入ることが出来ませんが、ここはラグジュアリーホテルの『ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜』も併設されます。建物内でどのように棲み分けされているのかは公式HPを見てもよくわかりませんでしたが、スパやプールなど同じ完成予想図が使用されている個所もありました。

 『横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート』並びに『ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜』は2020年6月17日の開業予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の拡大により当面の間延期することが発表されています。



横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

 隣接地には展示場の「パシフィコ横浜ノース」(地上6階、高さ36.2m)も建設され4月24日に開業していますが、そのまま5月31日まで臨時休館となっています。



横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

 場所はみなとみらいのタワーマンション群と臨港パークの間で、以前からあるパシフィコ横浜の北側に位置しています。



横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

 現地から見た『横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート』です。最初にここは完全会員制と書きましたが、その内容は年間24泊タイプと12泊タイプの会員権を購入する方式で以下のような価格となっています。

ロイヤルスイート(54室、4〜13階、客室専有面積89.96〜137.36屐
 年間24泊タイプ:4029万1273円、管理費(年)34万9800円
 年間12泊タイプ:2162万0920円、管理費(年)23万9800円


ラグジュアリースイート(31室、4〜10階、客室専有面積71.31〜96.21屐
 年間24泊タイプ:3021万2931円、管理費(年)26万7300円
 年間12泊タイプ:1622万0582円、管理費(年)18万4800円

ベイスイート(53室、4〜10階、客室専有面積49.09〜73.22屐
 年間24泊タイプ:2018万4212円、管理費(年)21万7800円
 年間12泊タイプ:1081万7633円、管理費(年)15万1800円



横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

 ところで気になるのはやっぱりこの部分。建物内のこの部分は行けるようになっているんですかね?窓拭きもどのように行うのか気になるところです。



横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

 国際大通りがある臨港パーク入口交差点から撮影。こちらから見るとオフィスビルのような外観となっています。



横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

 国際大通りには歩行者デッキ「キングモール橋」が建設中でした。



パシフィコ横浜ノース

 「キングモール橋」と「パシフィコ横浜ノース」です。



パシフィコ横浜ノース

 「パシフィコ横浜ノース」です。ここは既存の「パシフィコ横浜」とデッキで接続され、そのまま「キングモール橋」にも繋がります。



横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

 「ホテルビスタプレミオ横浜」(地上20階、高さ約85m)の19階にあるレストラン「オリエンタルビーチ」から見た『横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート』です。



パシフィコ横浜ノース

 「パシフィコ横浜」方面です。「キングモール橋」はかなりの幅がある大きな橋となっています。遠くには「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)の高層部も見えています。

■物件概要■
名称:横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
名称:ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜
計画名称:みなとみらい21中央地区20街区ホテル施設
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい一丁目9番他
用途:ホテル、自動車車庫
総客室数:138室(横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート)
総客室数:146室(ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜)
階数:地上14階、塔屋1階、地下1階
高さ:60.00m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造
敷地面積:9,486.76
建築面積:7,584.21
延床面積:48,114.46
建築主:リゾートトラスト
設計者:観光企画設計社
施工者:鹿島建設
工期:2017年8月1日着工〜2020年4月10日竣工
開業:2020年6月17日(延期が決定しています)

高さ約100m「ウェスティンホテル横浜」の建設状況(2020.2.8)

ウェスティンホテル横浜
外観パース[出典:積水ハウス]

 横浜みなとみらい21地区で建設中の「ウェスティンホテル横浜」(地上23階、高さ99.84m)の完成予想図です。

 事業主は積水ハウス、ホテルの運営は「ウェスティン」ブランドも展開しているマリオット・インターナショナルが行います。「ウェスティンホテル横浜」としての総客室数は373室となりますが、他に長期滞在対応型ホテル201室も併設されます。



ウェスティンホテル横浜
外観パース[出典:積水ハウス]

 建設地はみなとみらい21中央地区44街区でみなとみらいの中で高速道路や線路がある側です。奥に白く描かれている縦線のあるビルが「横浜銀行本店ビル」(地上28階、高さ152.5m)で、そこと同じみなとみらい大通り沿いが建設地です。

 また、白く描かれている低層の建物は「ぴあアリーナMM」で完成予想図を見るとペデストリアンデッキで接続され、そのまま他の周辺街区へペデストリアンデッキは伸びるようです。



ウェスティンホテル横浜

 2019年1月のセスナから撮影したみなとみらい方面の空撮です。左に赤い網掛けをした部分が「ウェスティンホテル横浜」の建設地です。



横浜みなとみらいの空撮

 せっかくなので少しだけズームした写真をもう1枚。中央がかつて高さ日本一の超高層ビルだった「横浜ランドマークタワー」(地上70階、高さ296.33m)です。



ウェスティンホテル横浜

 その「横浜ランドマークタワー」の展望台から見たみなとみらいの超高層ビル群です。この中で左下の建設現場が「ウェスティンホテル横浜」の建設地です。



ウェスティンホテル横浜

 建設地にズームです。既に着工しており2022年2月28日の竣工予定で、ホテルの開業予定は2022年5月となっています。



ウェスティンホテル横浜

 南東側から撮影。仮囲いの中に重機がチラッと見えるだけです。



ウェスティンホテル横浜

 南側から撮影。中央で建設中のビルが「株式会社村田製作所みなとみらいイノベーションセンター」(地上18階、高さ99.95m)、右の見切れているビルが神奈川大学みなとみらいキャンパス」(地上22階、高さ99.99m)です。ここに建設される「ウェスティンホテル横浜」はこれらとほぼ同じ高さとなります。



ウェスティンホテル横浜

 最寄駅はこの写真の左の方にあるみなとみらい線「みなとみらい」駅で徒歩5分となっています。他にもこのみなとみらい大通りを奥に進んだところにある「桜木町」駅徒歩12分、その逆側にある「横浜」駅徒歩15分となっています。



ウェスティンホテル横浜 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが竹名工務店が施工者です。



IMG_2805_ウェスティンホテル横浜 都市景観行為のお知らせ

 都市景観行為のお知らせです。



ウェスティンホテル横浜 配置図

 都市景観行為のお知らせに掲載されている配置図です。



ウェスティンホテル横浜 立面図(南側)

 南側の立面図です。



ウェスティンホテル横浜 立面図(東側)

 東側の立面図です。他より階高が高い最上階の23階部分はレストラン、バンケット部分かと思います。



ウェスティンホテル横浜 開発事業のお知らせ

 開発事業のお知らせです。



ウェスティンホテル横浜 土地利用計画図

 そのお知らせに掲載されている土地利用計画図です。

■物件概要■
名称:ウェスティンホテル横浜
計画名:みなとみらい44街区計画 新築工事
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目2-4(みなとみらい44街区)
用途:ホテル・飲食店・物品販売業を営む店舗・集会所
総客室数:373室、他に長期滞在対応型ホテル201室
階数:地上23階、塔屋1階
高さ:99.84m
構造:S造
敷地面積:9,604.59
建築面積:5,981.88
延床面積:65,877.29
建築主:積水ハウス
設計者:日本設計
施工者:竹中工務店
工期:2019年11月6日着工〜2022年2月28日末竣工予定
開業:2022年5月予定

みなとみらいの住宅展示場跡地!地上28階「(仮称)MM37タワー」の建設地の様子(2020.2.8)

(仮称)MM37タワー
イメージパース[出典:横浜市]

 横浜みなとみらい21中央地区37街区で計画されている「(仮称)MM37タワー」(地上28階、高さ145.82m)の完成予想図です。建築主はパナホーム、ケネディクス、鹿島建設で構成される合同会社KRF48となっています。

 ここは「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画」として現地に建築計画のお知らせが設置されましたが、すぐに「(仮称)MM37タワー」へ名称が変更されています。



(仮称)MM37タワー
施設断面図[出典:横浜市]

 フロア構成は1階に店舗、2階にオフィスロビーとオフィスフロア、3階に機械室を挟んで4階〜18階までがオフィスフロア、そして19階に機械室を挟んで20階〜28階がホテルとなります。20階がホテルロビーとなります。



(仮称)MM37タワー
施設断面図[出典:横浜市]

 このようにホテルフロアからはセットバックしています。



(仮称)MM37タワー
配置図[出典:横浜市]

 この配置図は上が海側、下が陸側となっています。そのためホテルの客室は海側と陸側に分かれることになりますが、やっぱり海側の方が宿泊料は高くなるんですかね。



(仮称)MM37タワー

 2019年1月のセスナからみなとみらい21の空撮です。

 「(仮称)MM37タワー」の計画地は写真左下の住宅展示場「横浜ホームコレクション」があった場所です。右隣りには「三菱重工横浜ビル」(地上33階、高さ151.9m)があり、計画地も三菱重工が元々所有しており「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区II期棟計画」として高さ160m程度の超高層ビルが計画された時期もありましたが、その土地はケネディクスに売却され今回の再開発に至っています。

 ちなみに「横浜ランドマークタワー」(地上70階、高さ296.33m)も近いですが、「三菱重工横浜ビル」の影になって展望室に行っても敷地はほとんど見えません。逆に言うとここに建設されるホテルから「横浜ランドマークタワー」は見えなさそうです。



(仮称)MM37タワー

 2020年2月8日に現地で撮影した「(仮称)MM37タワー」の計画地です。住宅展示場の「横浜ホームコレクション」は姿を消していました。



(仮称)MM37タワー

 解体工事は終わって着工しているようにも見えましたが、着工予定は2020年4月1日予定となっていたので撮影時はまだ着工していません。



(仮称)MM37タワー

 みなとみらいはあちこちで建設工事が行われておりどんどん空き地が埋まって行っています。右端に見えるのは「神奈川大学みなとみらいキャンパス」(地上22階、高さ99.99m)です。



(仮称)MM37タワー

 初めてみなとみらいに来たときは空き地だらけでしたが随分と減ってきましたね。まだ計画が発表されていない空き地は残りわずかです。



(仮称)MM37タワー

 最後は仮囲いの中です。ほぼ更地になっていました。



(仮称)MM37タワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。名称が「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画」から「(仮称)MM37タワー」に変更になった他に、高さが150mから145.82mへ変更されるなど数値が詳細な値になっています。施工者は未定となっていますが鹿島建設になるかと思います。

■物件概要■
名称:(仮称)MM37タワー
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目3番地
用途:事務所・ホテル・店舗・駐車場
階数:地上28階、地下1階
高さ:145.82m
構造:SRC造(一部RC)、S(一部CFT柱)造
敷地面積:10,082.20
建築面積:6,105.89
延床面積:121,726.85
建築主:合同会社KRF48(パナホーム、ケネディクス、鹿島建設)
設計者:鹿島建設
施工者:未定
工期:2020年4月1日着工〜2023年3月31日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク