超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

梅田

地上38階、高さ約189m「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」の建設状況!低層部は阪神梅田本店です(2021.12.20)

大阪梅田ツインタワーズ・サウス

 大阪駅前で建設中の「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」(地上38階、高さ188.9m)です。2021年12月20日に撮影しました。低層部が百貨店の「阪神梅田本店」で、その上がオフィスフロアという複合ビルとなっています。

 こうして見ると特段珍しいところはない超高層ビルに見えますが、オフィスフロアがない左部分は鬼工事として先に建設して営業開始し、その後に右側のオフィスフロアがある超高層棟部分を挟工事として建設しています。全体竣工予定は2022年3月下旬となっています。



大阪梅田ツインタワーズ・サウス

 左側の鬼は先に営業開始していましたが右側の挟部分も合わせて12月9日から営業開始しています。ただ、地下1階の「阪神食品館」は工事しながら営業中で2022年春の完成予定とのことです。



大阪梅田ツインタワーズ・サウス

 ツインタワーのもう片方となる「梅田阪急ビル(大阪梅田ツインタワーズ・ノース)」(地上41階、高さ186.95m)の15階スカイロビーから見た「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」です。ちょっと反射光が酷いですね(^^;)



大阪梅田ツインタワーズ・サウス

 その「梅田阪急ビル(大阪梅田ツインタワーズ・ノース)」前の地上から撮影。右奥に見える建設現場は昨日のブログに載せた「梅田3丁目計画(仮称)」(地上40階、高さ188m)です。



大阪梅田ツインタワーズ・サウス

 その「梅田3丁目計画(仮称)」前から見た「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」です。



大阪梅田ツインタワーズ・サウス

 同じような方向で近くから撮影。



大阪梅田ツインタワーズ・サウス

 通りを入った場所からもう1枚。仮囲いが設置されておりまだ工事が続ていることがわかります。



大阪梅田ツインタワーズ・サウス 計画地周辺図
計画地周辺図[出典:阪急阪神ホールディングス]

 場所は大阪駅前でビルの地下2階からは阪神本線の「大阪梅田」駅に行くことができます。建設地は「大阪神ビルディング」(1963年竣工)と「新阪急ビル」(1962年竣工)の跡地です。



大阪梅田ツインタワーズ・サウス 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせを見つけることが出来なかったので、鬼工事のときに撮影した建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:大阪梅田ツインタワーズ・サウス
計画名称:梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)
所在地:大阪府大阪市北区梅田1丁目1番他
用途:百貨店、オフィス、ホール等
階数:地上38階、塔屋2階、地下3階
高さ:188.9m
敷地面積:12,192.83
建築面積:10,348.95
延床面積:258,856.89
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:阪神電気鉄道、阪急電鉄
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2015年7月下旬着工〜2022年3月下旬竣工予定

地上40階、高さ188m「梅田3丁目計画(仮称)」の建設状況!大阪中央郵便局跡地の再開発です(2021.12.20)

梅田3丁目計画(仮称)

 大阪中央郵便局跡地等で建設中の「梅田3丁目計画(仮称)」(地上40階、高さ188m)です。撮影した2021年12月20日時点で8階まで建設が進んでいるようでした。ホテル、オフィス、劇場、商業施設で構成される複合ビルとなります。



梅田3丁目計画(仮称)

 建築主は日本郵便、大阪ターミナルビル、JTBの3社で、設計者は日建設計、施工者は竹中工務店で2024年3月31日竣工予定となっています。大阪中央郵便局跡地のため名称は「JPタワー大阪」「JPタワー梅田」「JPタワー大阪梅田」のどれかになると思います。



梅田3丁目計画(仮称)

 低層部は商業施設と劇場となり、中層部がオフィスフロア、高層部がホテルとなります。オフィスフロアは大規模スペースとなる基準階貸室面積が約4,000屐別1,200)坪の広さとなります。また、最小約120屐別36坪)のオフィス空間も設け小規模スペースのニーズにも対応します。



梅田3丁目計画(仮称)

 場所はJR「大阪」駅の西側で歩行者デッキで接続されます。また、梅田の広大な地下街にも接続されるため西梅田や東梅田、梅田などの各駅にも直結となります。



梅田3丁目計画(仮称)

 大阪駅の上を通るデッキから見た「梅田3丁目計画(仮称)」です。



梅田3丁目計画(仮称)

 さらに上の「大阪ゲートゲートビルディング」の14階にある天空の農園からも見えるようになっていました。もう少し建設が進むと背後の超高層ビル群は見えなくなります。



梅田3丁目計画(仮称)

 場所は変わって「梅田スカイビル」の空中庭園展望台から見た「梅田3丁目計画(仮称)」です。



梅田3丁目計画(仮称)

 線路を挟んだ手前では板状の超高層ビル「大阪駅西高架エリア開発」(地上23階、高さ121.6m)が建設されるため低層部全体が見えるのは今だけとなります。また、さらに手前では「うめきた2期地区 南街区」の超高層ビル群が建設されます。



梅田3丁目計画(仮称) 外観イメージ
外観イメージ[出典:日本郵政不動産]

 「梅田3丁目計画(仮称)」の完成予想図です。超高層部がない側に劇場が入ります。



梅田3丁目計画(仮称) フロア構成イメージ
フロア構成イメージ[出典:日本郵政不動産]

 建築計画のお知らせでは地上40階となっているのでどこか1フロアが増えているかと思いますが、39階建てで計画されていたときのフロア構成イメージです。フロア構成は地下1階〜6階に商業施設、5〜8階に劇場(運営:MBSメディア ホールディングス、約1200席)、7〜8階がホテル(バンケット)、9階がオフィスサポート、11〜27階がオフィスフロア、29〜38階がホテルフロア(約400室)となります。



梅田3丁目計画(仮称) 外観イメージ
外観イメージ[出典:日本郵政不動産]

 現地写真1枚目と同じような方向から見た完成予想図です。



梅田3丁目計画(仮称) 外観イメージ
外観イメージ[出典:日本郵政不動産]

 同じ方向の低層部の外観イメージです。JR大阪駅側と繋がる歩行者デッキが整備されます。



梅田3丁目計画(仮称) 歩行者ネットワーク
歩行者ネットワーク[出典:日本郵政不動産]

 歩行者デッキの他に梅田の地下街にも接続され、そして線路を挟んだところで建設中の「大阪駅西高架エリア開発」ともJR高架下貫通通路で接続されるようになります。そのJR高架下貫通通路よりJR大阪駅に将来整備される新改札口に直結となります。



梅田3丁目計画(仮称) 外観イメージ
外観イメージ[出典:日本郵政不動産]

 商業エリアの完成予想図です。



梅田3丁目計画(仮称) 外観イメージ
外観イメージ[出典:日本郵政不動産]

 商業施設部の建物内には4層吹き抜けのアトリウムが設けられます。また、旧大阪中央郵便局舎の歴史やJR大阪駅周辺の街の記憶を継承するため、アトリウムに面して旧局舎の一部を保存・移設されます。



梅田3丁目計画(仮称) 位置図
位置図[出典:日本郵政不動産]

 場所はJR「大阪」駅の南西側で大阪メトロ四つ橋線「西梅田」駅もすぐ近くです。



梅田3丁目計画(仮称)建設工事 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:梅田3丁目計画(仮称) 建設工事
所在地:大阪府大阪市梅田3丁目2-4
用途:事務所、ホテル、劇場、店舗(飲食、物販)、自動車車庫、公衆浴場、倉庫(倉庫業を営まない倉庫)
階数:地上40階、塔屋2階、地下3階
高さ:188.00m
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:12,893.31
建築面積:9,800
延床面積:229,000
建築主:日本郵便、大阪ターミナルビル、JTB
設計者:日建設計一級建築士事務所
施工者:竹中工務店大阪本店
工期:2020年9月30日着工〜2024年3月31日竣工予定

うめきた2期のホテルが決定!ヒルトンの「ウォルドーフ・アストリア大阪」「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」、阪急阪神ホテルズのホテルとなります。

うめきた2期地区 全景完成予想イメージ
うめきた2期地区 全景完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 うめきた2期開発事業者のJV9社(三菱地所、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、三菱地所レジデンス、うめきた開発特定目的会社)より「うめきた2期地区開発事業」において計画している、スーパーラグジュアリーホテル(SLホテル)、ライフスタイルホテル(LSホテル)、アップスケールホテル(USホテル)について、SLホテル、LSホテルのオペレーターをヒルトンに、USホテルのオペレーターを阪急阪神ホテルズに決定したことが発表されました。

 また、同プロジェクトでホテル事業の幹事社であるオリックス不動産とヒルトンが運営委託契約を締結し、SLホテルの名称を「ウォルドーフ・アストリア大阪」に、LSホテルの名称「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」に決定したことも発表されています。USホテルについては名称未定となっています。

▼三菱地所:ニュースリリース(2021年11月24日)
米ヒルトンの最上級ホテルブランド「ウォルドーフ・アストリア」が関西初進出!
「うめきた2期地区開発事業」3ホテルのオペレーター決定 (PDF 1,884KB)




うめきた2期地区 ホテル事業の配置図
うめきた2期地区 ホテル事業の配置図[出典:三菱地所]

 各ホテルは「ウォルドーフ・アストリア大阪」が南街区賃貸棟・西棟、名称未定のUSホテルは南街区賃貸棟・東棟、そして「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」は北街区賃貸棟に入居し、「ウォルドーフ・アストリア大阪」は2025年度上期、「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」は2024年度上期、USホテルは2024年度下期の開業を目指しています。

■物件概要(南街区賃貸棟)■
計画名:(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟
所在地:大阪府区大阪市大深町1番39のちイブ、19番13の一部、19番7の一部
用途:事務所、ホテル(ウォルドーフ・アストリア大阪、USホテル)、商業施設等
階数:地上39階、地下3階(西棟)、地上28階、地下3階(東棟)
高さ:181.50m
構造:S造(一部RC造・SRC造)
敷地面積:約25,260
延床面積:約314,250
建築主:三菱地所(代表企業)、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、うめきた開発特定目的会社
設計者:三菱地所設計、日建設計、大林組、竹中工務店
施工者:うめきた2期共同企業体(竹中工務店・大林組)
工期:2020年12月上旬着工〜2024年11月下旬竣工予定

■物件概要(北街区賃貸棟)■
計画名:(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟
所在地:大阪府区大阪市大深町1番40、1番41の一部、1番18の一部
用途:事務所、ホテル(キャノピーbyヒルトン大阪梅田)、商業施設等
階数:地上26階、地下3階
高さ:124.30m
構造:S造(一部RC造・SRC造)
敷地面積:約8,400
延床面積:約64,200
建築主:三菱地所(代表企業)、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、うめきた開発特定目的会社
設計者:日建設計、竹中工務店
施工者:うめきた2期共同企業体(竹中工務店・大林組)
工期:2021年2月中旬着工〜2024年4月下旬竣工予定




ウォルドーフ・アストリア大阪

ウォルドーフ・アストリア大阪 外観完成予想イメージ
外観完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 ヒルトンの最上級ラグジュアリーブランド「ウォルドーフ・アストリア大阪」は関西初進出で、南街区賃貸棟・西棟の2階および28階〜38階に位置しています。総客室数は252室で50屬中心となり、ウォルドーフ・アストリアの象徴であるラウンジ&バー「ピーコック・アレー」や、レストラン、フィットネス、スパ、屋内プール、チャペル、ライブラリー・ラウンジ、宴会場、会議室といった施設が配置されます。

 ウォルドーフ・アストリアの日本初進出として発表されたのは東京の日本橋の大規模再開発「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上51階、高さ約284m)の39階〜47階部分に入る「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」でしたが、開業予定が2026年のため2025年度上期開業予定となっている「ウォルドーフ・アストリア大阪」が先に営業開始することになります。



ウォルドーフ・アストリア大阪 1階車寄せ完成予想イメージ
1階車寄せ完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 1階の車寄せ完成予想図です。



ウォルドーフ・アストリア大阪 ピーコック・アレー完成予想イメージ
ピーコック・アレー完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 ラウンジ&バーの「ピーコック・アレー」の完成予想図です。




キャノピーbyヒルトン大阪梅田

キャノピーbyヒルトン大阪梅田 外観完成予想イメージ
外観完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 ヒルトンのライフスタイルブランド「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」は日本初進出で、北街区賃貸棟の10階〜25階に位置しています。総客室数は308室で32屬中心となり、ブランドの象徴となる「キャノピー・セントラル」は、フロントやラウンジなどのほかにレストラン、ルーフ・トップバーも兼ね備えています。他にもシャワールームを完備する「トランスファー・ラウンジ」、フィットネス、会議室が設置予定となっています。また、1階には公園に面するカフェが併設されます。



キャノピーbyヒルトン大阪梅田 キャノピー・セントラル完成予想イメージ
キャノピー・セントラル完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 フロントやラウンジなどのほかにレストラン、ルーフ・トップバーも兼ね備えている「キャノピー・セントラル」の完成予想図です。




阪急阪神ホテルズのUSホテル

USホテル 外観完成予想イメージ
外観完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 社阪急阪神ホテルズのアップスケールホテル(USホテル)は南街区賃貸棟・東棟の5階〜28階に位置しています。総客室数は482室で23屬中心となり、レストラン、バー、フィットネスが設置予定となっています。

 ここが一番価格的に泊まりやすいホテルとなると思いますが、大阪に行ってもアパホテルとかに宿泊することが多い自分にとってはここでも敷居が高そうです。ちなみに関東以外への遠征を再開していますが、大阪は今年中に一度行くつもりでいます。大阪ネタが少ないと思っている方は少々お待ちください。

地上23階、高さ121.6m「大阪駅西高架エリア開発」に建築計画のお知らせ設置!大阪駅の新駅ビルとなります

大阪駅西高架エリア開発 外観イメージ
外観イメージ[出典:JR西日本]

 JR大阪駅の西側「大阪駅西高架エリア開発」(地上23階、高さ121.6m)の完成予想図です。左に描かれているのが大阪駅の駅ビル「ノースゲートビルディング」(地上29階、最高高さ150m)で、その西側に板状の新駅ビルが誕生します。

 同再開発ですが現地に建築計画のお知らせが設置されました。それによると規模は地上23階、塔屋1階、地下1階、高さ121.6m、敷地面積19,859.86(全体)に対して建築面積3,2690.46屐延床面積60,095.44屐2021年2月末日着工、2024年6月末日竣工予定となっています。建築主は西日本旅客鉄道(JR西日本)、大阪ターミナルビル、設計者は西日本旅客鉄道、施工者は大林組です。建築計画のお知らせはデベロップさんから写真を頂きましたので最後に載せます。



大阪駅西高架エリア開発 フロア構成
フロア構成[出典:JR西日本]

 フロア構成は1階が駅コンコース等、2階が通路・広場等、3階〜5階が商業ゾーン、そして6階にオフィスロビーを配置し、設備室等を挟んで9階〜22階がオフィスゾーンとなります。オフィスの賃貸面積は約23,000屬竜模で計画されています。



大阪駅西高架エリア開発 周辺鳥瞰図
周辺鳥瞰図[出典:JR西日本]

 「大阪駅西高架エリア開発」は大阪駅の新駅ビルとなり、それに伴い新改札口の整備など新たな駅空間が創出されます。

 右側に描かれている超高層ビルは大阪中央郵便局跡地等で計画されている「梅田3丁目計画(仮称)」(地上40階、高さ188m)で、こちらは2024年3月31日竣工予定とほぼ同時期に完成予定となっています。大阪駅を出てすぐの線路が超高層ビルで挟まれることになります。



大阪駅西高架エリア開発 1階・平面イメージ
1階・平面イメージ[出典:JR西日本]

 高架下の1階部分には各ホームにアクセス可能な新たな改札口が整備されます。他にも延床面積約7,000屐店舗面積約3,000屬両Χ肇勝璽鵑肇丱好拭璽潺淵襪眄鞍されます。



大阪駅西高架エリア開発 2階・ホーム階平面イメージ
2階・ホーム階平面イメージ[出典:JR西日本]

 駅がある2階のホームの端には新設される改札口へ繋がるエスカレーターとエレベーターが整備されます。梅田の地下街は複雑なため梅田ダンジョンや地下迷宮とも呼ばれたりしますが、JR大阪駅も色々な改札があるので初心者には難しい駅になりそうです。



大阪駅西高架エリア開発 位置図
位置図[出典:JR西日本]

 場所は大阪駅の西側、超大規模再開発「(仮称)うめきた2期地区開発事業」の道路を挟んだ隣に位置しています。



大阪駅西高架エリア開発

 2020年3月23日に「梅田スカイビル」の展望室から撮影した大阪・梅田の超高層ビル群です。



大阪駅西高架エリア開発

 一つ前の写真の左側にズームです。「ノースゲートビルディング」と立体駐車場に挟まれた線路の手前の細長い一帯が「大阪駅西高架エリア開発」の建設地です。かなり横幅のある板状の超高層ビルとなります。結構大きな壁となるので完成すると背後の超高層ビル群がかなり隠れてしまいそうです。



大阪駅西高架エリア開発

 「グランフロント大阪」から見た計画地方面です。この辺りの景色も大きく変わりそうです。



大阪駅西高架エリア開発

 地上から見た計画地方面です。この奥の方が「大阪駅西高架エリア開発」の建設地で手前が「梅田3丁目計画(仮称)」(地上40階、高さ188m)の建設地です。



大阪駅西高架エリア開発 建築計画のお知らせ

 デベロップさんに送った頂いた建築計画のお知らせです。ありがとうございます!本当なら大阪遠征に行きたい頃ですが、このご時世のため大阪遠征は控えています。ただ、基本的に屋外でのビル撮影の感染リスクはほぼないと思うのでどこかのタイミングで遠征に行くかもしれません。

■物件概要■
計画名称:大阪駅西高架エリア開発
所在地:大阪府大阪市大深町19番10の一部
用途:駅施設、事務所、物販手の、飲食店舗
階数:地上23階、塔屋1階、地下1階
高さ:121.6m
敷地面積:19,859.86(全体)
建築面積:3,690.46
延床面積:60,095.44
構造:S造 一部SRC造
建築主:西日本旅客鉄道(JR西日本)、大阪ターミナルビル
設計者:西日本旅客鉄道
施工者:大林組
工期:2021年2月末日着工〜2024年6月末日竣工予定

うめきた2期地区開発事業が国土交通省より優良な民間都市再生事業計画として認定!2020年12月に着工します

(仮称)うめきた2期地区開発事業 完成予想イメージ
完成予想イメージ[出典:国土交通省]

 2020年9月15日に国土交通省より「(仮称)うめきた2期地区開発事業」を優良な民間都市再生事業計画として認定したと発表がありました。これにより金融支援や税制上の特例措置等の支援が受けられるとのことです。同事業では大規模な都市公園を整備するとともに、オフィス、商業施設、ハイグレードな都市型住宅、スーパーラグジュアリーホテル、そしてイノベーション施設(MICE施設含む)等の高次都市機能を整備し「みどり」と「イノベーション」の融合拠点が実現されます。

 以下は概要のコピペですが、同事業者以下の4点を中心に関西を牽引する拠点が形成されます。

●大規模な都市公園の整備による緑豊かでゆとりのある空間の創出。
●国際水準の都市機能集積やイノベーション創出拠点の整備。
●大阪の一等地にハイグレードな都市型住宅、MICE施設等の高次都市機能を整備。
●JR大阪駅や周辺街区との回遊性を高める立体多目的通路や地下通路の整備

 同プロジェクトは大きく南街区(左)と北街区(右)に分け、中央に約45,000屬療垰垳園を配置する計画となっています。ところでこれは今回の発表で掲載されていた完成予想図ですがどれが最新になるんですかね?

▼国土交通省:道発表資料(2020年9月15日)
大阪駅前に「みどり」と「イノベーション」の融合拠点を実現
〜(仮称)うめきた2期開発事業を国土交通大臣が認定〜




(仮称)うめきた2期地区開発事業 完成予想イメージ
完成予想イメージ[出典:大阪市]

 こちらは大阪市の環境アセスメントで2020年3月25日に公開された環境影響評価準備書に掲載されていた完成予想図です。自分はこちらが最新の完成予想図だと思っています。

 事業主は三菱地所(代表企業)、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、三菱地所レジデンス、うめきた開発特定目的会社の9社で2020年12月上旬に南街区の賃貸棟から順次着工していき、2027年度に全体開業予定となっています。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 配置図
配置図[出典:三菱地所]

 このように業務、商業、住宅、宿泊など様々な機能を持つ建物群で構成されます。賃貸棟に関しては現地に建築計画のお知らせが設置されておりその値を採用しています。

■南街区■
分譲棟:地上51階、地下2階、高さ約185m、延床面積約93,000屐⊇斬陝¬600戸
賃貸棟:地上39階、地下3階、高さ181.50m、延床面積約317,249.30屐∋務所、ホテル、商業施設等、2020年12月上旬着工、2024年11月下旬竣工予定

■北街区■
分譲棟:地上47階、地下1階、高さ約175m、延床面積約85,000屐⊇斬陝¬600戸
賃貸棟:地上26階、地下3階、高さ約124.30m、延床面積約65,421.20屐∋務所、ホテル、商業施設等、2021年2月中旬着工、2024年4月下旬竣工予定



うめきた2期地区開発事業 用途別概要
用途別概要[出典:三菱地所]

 各棟の用途はこのようになっています。南街区賃貸棟の西棟に入るホテルは5つ星級のスーパーラグジュアリーホテルとなっていますが、どこのホテルが入居することになるんでしょうね?



(仮称)うめきた2期地区開発事業 完成予想イメージ
完成予想イメージ[出典:UR都市機構]

 約2年前に公開された街区内の完成予想図です



(仮称)うめきた2期地区開発事業 完成予想イメージ
完成予想イメージ[出典:UR都市機構]

 地元の方々の意見を見ているとガッカリしたという書き込みも見かけますが個人的にはいいと思いますけどねぇ。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 完成予想イメージ
完成予想イメージ[出典:UR都市機構]

 伊丹空港がなければ高さ300m以上の超高層ビルが建っても不思議じゃない場所なのでそういった意味でのガッカリなんですかね。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 周辺状況図
周辺状況図[出典:国土交通省]

 場所は大阪駅の北西側に広がる広大な貨物駅跡地です。図の中央に縦に並んだ建物群がグランフロント大阪でうめきたの先行開発区域です。大阪駅前の広大な超一等地。大阪でこれを超える再開発はもう見られないかもしれないですね。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区

 2020年2月23日に梅田スカイビルから撮影した「(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区」方面です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区

 こちらはグランフロント大阪から撮影。



(仮称)うめきた2期地区開発事業

 大阪駅の駅ビル「ノースゲートビルディング」から撮影。この中央が巨大な都市公園となります。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区

 「(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区」方面です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区

 梅田スカイビルから見た北街区です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 事業スケジュール
事業スケジュール[出典:国土交通省]

 事業スケジュールです。まずは賃貸棟から着工し、次に公園、住宅棟と着工し、住宅棟が一番最後に完成するスケジュールとなっています。住宅棟は分譲棟のことだと思いますが関西で最も高額なタワーマンションとなりそうですね。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟

 南街区賃貸棟の建築計画のお知らせです。デベロップさんから写真を頂いたので追記です。立面図の密集具合が素敵です。これらが一気に建設されて行く様子はかなり迫力がありそうですね。配置図の左のポッカリ空いている部分が分譲棟の建設地となります。ところでこの南街区賃貸棟のビル群は建築基準法上ではまとめて1棟扱いとなりそうですね。なかなか凄い1棟です。

■物件概要(南街区賃貸棟)■
計画名:(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟
所在地:大阪府区大阪市大深町1番39のちイブ、19番13の一部、19番7の一部
用途:事務所、ホテル、商業施設等
階数:地上39階、地下3階
高さ:181.50m
構造:S造(一部RC造・SRC造)
敷地面積:25,262.07
建築面積:17,586.72
延床面積:317,882.77
建築主:三菱地所(代表企業)、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、うめきた開発特定目的会社
設計者:三菱地所設計関西支店一級建築事務所
施工者:未定
工期:2020年12月上旬着工〜2024年11月下旬竣工予定



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟

 北街区賃貸棟の建築計画のお知らせもデベロップさんから写真を頂きました。南街区が凄すぎるので北街区は地味に感じてしまいますね。

■物件概要(北街区賃貸棟)■
計画名:(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟
所在地:大阪府区大阪市大深町1番40、1番41の一部、1番18の一部
用途:事務所、ホテル、商業施設等
階数:地上26階、地下3階
高さ:124.30m
構造:S造(一部RC造・SRC造)
敷地面積:8,402.88
建築面積:5,350.00
延床面積:65,421.20
建築主:三菱地所(代表企業)、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、うめきた開発特定目的会社
設計者:日建設計一級建築事務所
施工者:未定
工期:2021年2月中旬着工〜2024年4月下旬竣工予定

建築計画のお知らせの写真提供ありがとうございました!


 ところで本来ならそろそろ大阪遠征に行く時期ですが、このコロナ禍で大阪に行っていいのかと悩みどころです。現地に行ってもビル撮りしかしないので、普通の観光客と比べれば濃厚接触する機会はかなり少ないはずですし、普通に都内は撮り歩いているのでどこに行っても変わらないと言えば変わらないのですが、やっぱりまだ遠征に行くのは時期尚早かなとも思っています。

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク