超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

東金町一丁目西地区市街地再開発

地上38階、高さ約150mタワマン「東金町一丁目西地区市街地再開発事業」の環境影響評価書公表

東金町一丁目西地区市街地再開発事業 完成イメージパース
完成イメージパース[出典:東京都]

 葛飾区の金町駅近くで計画されている「東金町一丁目西地区市街地再開発事業」について東京都より環境影響評価書が公表されました。事業区域約25,400屐延べ面積165,500屐∈嚢盥發橘150m、集合住宅(約700戸)、商業施設、公益施設、自動車教習所等で構成される複合施設が建設されます。

 同再開発は一期、二期、三期に分けて工事が行われる予定で、一期工事(2021年度〜2024年度)では商業施設や自動車教習所の入る地上6階、地下2階、高さ約33mの建物が建設されます。二期工事(2024年度〜2027年度)では低層部に商業施設が入る地上38階、地下1階、高さ約150mのタワーマンションが建設されます。そして三期工事(2028年度〜2029年度)では一番駅に近い側に約1000台規模の駐輪場が建設されます。

 事業主は東金町一丁目西地区市街地再開発準備組合、事業協力者として三菱地所レジデンスと三井不動産レジデンシャル、商業計画検討者として三菱地所が参画し、コンサルタントは佐藤総合計画が担当しています。

▼東京都環境局(2020年7月16日)
「東金町一丁目西地区市街地再開発事業」環境影響評価書
https://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/assessment/information/toshokohyo/publishdetail/349_higashikanamachi_tosho_syo.html
※閲覧期間は2020年7月16日〜7月30日でInternet Explorerが必要です



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建物断面図
建物断面図[出典:東京都]

 このように自動車教習所とタワーマンションの下が商業施設となります。教習所の下部分の商業施設が約49,000屐▲織錙璽泪鵐轡腑鵑硫蕊分が約13,600屐合わせて62,600屬箸いβ腟模な商業施設となります。



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建物断面図
建物断面図[出典:東京都]

 タワーマンション部は約88,900屬覗躙与瑤鰐700戸が予定されています。



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 配置計画図
配置計画図[出典:東京都]

 計画地はA棟敷地(約24,770)とB敷地(約650)に分かれており、A敷地に一期棟と二期棟、B敷地に公共駐輪場が建設されます。

 A敷地の二期棟部分には現在「イトーヨーカドー 金町店」があり、その屋上には「金町自動車教習所」があります。この自動車教習所等を一期棟に移転した後、二期棟の建設工事が始まります。



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建物平面図(地下2階)
建物平面図(地下2階)[出典:東京都]

 平面図です。



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建物平面図(地下1階)
建物平面図(地下1階)[出典:東京都]

 一期と二期は別の建物となるのではなく同じ建物となります。



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建物平面図(地上1階)
建物平面図(地上1階)[出典:東京都]

 見た感じだとタワーマンションの駐車場入口は図の右下部分のようですが、ここは金町駅からの人通りが多く、この大規模商業施設が完成すればさらに人通りが増えると思うのですが、スムーズに出し入れできるものなんですかね。



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建物平面図(地上2階)
建物平面図(地上2階)[出典:東京都]



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建物平面図(地上3階)
建物平面図(地上3階)[出典:東京都]



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建物平面図(地上4階)
建物平面図(地上4階)[出典:東京都]

 4階レベルの高さが自動車教習所となります。



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建物平面図(地上5階)
建物平面図(地上5階)[出典:東京都]



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建物平面図(地上6階)
建物平面図(地上6階)[出典:東京都]



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建物平面図(地上7階)
建物平面図(地上7階)[出典:東京都]



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建物平面図(地上8〜38階)
建物平面図(地上8〜38階)[出典:東京都]

 住宅フロアは内廊下仕様になるのか、外廊下仕様になるのかはこの図からはまだわからないですね。



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建物平面図(屋上階)
建物平面図(屋上階)[出典:東京都]



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 工事工程表
工事工程表[出典:東京都]

 工程表です。一期工事が完全に終わってから二期工事が始まることがわかります。タワーマンションの地上部の建設が始まるのは着工から55ヶ月後でまだかなり先となります。



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建設地の空撮

 ちょっと古いですが2015年1月のセスナから撮影した金町駅周辺です。赤い網掛けをした場所が「東金町一丁目西地区市街地再開発事業」の計画地となります。

 左側のタワーマンションが金町駅前の「ヴィナシス金町タワーレジデンス」(地上41階、最高高さ138.2m)、川沿いで建設中のタワーマンションが「シティタワー金町」(地上37階、最高高さ127.66m)です。「東金町一丁目西地区市街地再開発事業」はこれらを抜く地上38階、高さ約150mとなり、葛飾区で最も高い建物となります。



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建設地の空撮

 建設地にズームです。A敷地は一部駐車場として利用されていますが大部分が更地となっています。



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建設地の空撮

 「ヴィナシス金町タワーレジデンス」越しに見た建設地予定地方面です。



東金町一丁目西地区市街地再開発事業

 去年の9月に撮影した建設地予定地方面です。この右側の方がタワーマンションの建設地となります。

■物件概要■
計画名:東金町一丁目西地区市街地再開発事業
所在地:東京都葛飾区東金町1丁目-2136〜2169の一部
用途:集合住宅、商業施設、公益施設、自動車教習所、公共駐輪場、駐車場等
総戸数:約700戸
階数:地上38階、地下2階
高さ:約150m
計画対象面積:約2.54ha
敷地面積:約24,770屐A敷地)
延床面積:約16万5500
建築主:東金町一丁目西地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル
商業計画検討者:三菱地所
コンサルタント業務:佐藤総合計画
工期:2024年度着工〜2027年度竣工予定(集合住宅部)

金町駅近くの地上38階、高さ約150mタワーマンション「東金町一丁目西地区市街地再開発」の都市計画決定!

東金町一丁目西地区
完成予想図[出展:葛飾区]

 葛飾区が東金町一丁目西地区再開発準備組合によって計画されている「東金町一丁目西地区市街地再開発」の都市計画を決定したと本日の建設通信新聞に掲載されました。

 「東金町一丁目西地区市街地再開発」の計画地は金町駅近くの屋上に金町自動車教習所がある「イトーヨーカドー金町店」がある場所で、地上38階、地下2階、高さ約150mのタワーマンションと、地上6階、地下2階の商業施設で構成され総延べ約16万5500屬箸覆蠅泙后

 施工は3期に分けられ第1期として先に商業施設が建設されます。その商業施設は1〜3階が商業施設、4〜6階が自動車教習所となり3階屋上に運転コースが設置されます。タワーマンション部は第2期となっており2024年度頃の着工予定で延べ約8万8900屐¬700戸となります。第3期では約1000台規模の地下円筒型駐輪場が整備されます。

 全体のスケジュールは2020年度の組合設立認可、権利変換計画の認可を経て2021年度に着工、2029年度の完成を目指します。

 事業協力者として三菱地所レジデンスと三井不動産レジデンシャル、商業計画検討者として三菱地所が参画し、コンサルタントは佐藤総合計画が担当しています。

▼建設通信新聞(2019年11月15日)
16万屐21年度着工/東金町一丁目西再開発/葛飾区が都計決定

▼葛飾区(2019年5月9日)
東金町一丁目西地区の都市計画原案作成に向けた説明会を開催します【終了しました】
※配布された資料を見ることができます。



東金町一丁目西地区

 今年の1月に撮影した金町上空です。ほぼ真上のを飛んだので写真はイマイチですが右下が計画地です。「イトーヨーカドー金町店」と駐車場、空き地を含めた一体が計画地で結構な広さがあり、かなり大規模な商業施設となりそうです。商業・業務施設の合計は約7万6600屬箸覆辰討い泙后



東金町一丁目西地区

 こちらはかなり古く2015年の金町方面の空撮です。右側の「ヴィナシス金町タワーレジデンス」(地上41階、最高高さ138.2m)が金町駅前となります。左には当時はまだ建設中だった「シティタワー金町」(地上37階、最高高さ127.66m)があり、ここに「東金町一丁目西地区市街地再開発」(地上38階、高さ約150m)が加わることになります。



東金町一丁目西地区

 今年の9月22日に撮影した「東金町一丁目西地区市街地再開発」の建設地となる「イトーヨーカドー金町店」です。こちらから見ると「金町自動車教習所」の文字が目立ってイトーヨーカドーがあるようには見えません(^^;)



東金町一丁目西地区

 こちらは去年の7月27日の撮影でこのときは地質調査のボーリングが行われていました。再開発に向けて着々と準備は進んでいるようです。

■物件概要■
計画名:東金町一丁目西地区市街地再開発
所在地:東京都葛飾区東金町1丁目-2136〜2169の一部
用途:共同住宅、商業施設、自動車教習所、駐輪場
総戸数:約700戸
階数:地上38階、地下2階
高さ:約150m
計画対象面積:約2.5ha
延床面積:約16万5500
建築主:東金町一丁目西地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル
商業計画検討者:三菱地所
コンサルタント業務:佐藤総合計画
工期:2021年度着工〜2029年度竣工予定

金町駅近くに三菱地所レジ・三井不レジが37階タワマン計画「東金町一丁目西地区市街地再開発」

東金町一丁目西地区市街地再開発の空撮
 JR金町駅近く「東金町一丁目西地区市街地再開発」の計画地の空撮です。本日の日刊建設工業新聞、建設通信新聞にて、東金町一丁目西地区市街地再開発準備組合が三菱地所レジデンス・三井不動産レジデンシャルJVを事業協力者に選定したと報道がありました。

 想定している規模は地上37階、地下2階、高さ約140m、延べ約15万屬婆450戸の住宅、商業施設(約3万)、業務サービス、自動車教習所を配置する複合施設を計画しています。他に公共施設として、北東に葛新400号(理科大学通り)、北西に葛358号の道路を整備する計画となっています。

 事業スケジュール案は2018年8月頃に都市計画決定、2019年度に組合設立認可、2020年8月に権利変換計画認可、2020年度着工、2026年度完成を想定しています。コンサルタント業務は佐藤総合計画が担当しています。

 現在の計画地はイトーヨーカドー金町店、駐車場、空き地となっていますが、民間地権者9人のうち8人が準備組合に加入しているとのことです。ちなみにイトーヨーカドー金町店の屋上は金町自動車教習所となっていますが、先ほどZIP!を見ていたら変わった屋上施設として放送されていました。再開発後も自動車学校は屋上に整備されそうです。

▼建設通信新聞:2016年6月28日
15万峭眩慂9膸楡/事業協力者に地所レジ、三井不レジ/東金町一丁目西地区再開発

▼日刊建設工業新聞:2016年6月28日
東金町一丁目西地区再開発(東京都葛飾区)/事業協力者は三菱地所レジJV/準備組合


金町駅周辺の空撮
 2015年1月の金町駅周辺の空撮です。計画地は金町駅の近くです。金町駅前には「ヴィナシス金町タワーレジデンス」(地上41階、最高高さ138.2m)、中川近くには「シティタワー金町」(地上37階、最高高さ127.66m)が建っています。

金町駅周辺の空撮
 横から見るとこのような感じで「ヴィナシス金町タワーレジデンス」から「シティタワー金町」まで結構距離が離れていますが、ちょうどその間を埋める感じで「東金町一丁目西地区市街地再開発」が建設されることとなります。これだけ離れているとお見合い部屋の心配もありませんね。

■東金町一丁目西地区市街地再開発の物件概要■
計画名:東金町一丁目西地区市街地再開発
所在地:東京都葛飾区東金町1丁目-2136〜2169の一部
用途:共同住宅、商業施設、業務サービス、自動車教習所
階数:地上37階、地下2階
高さ:約140m
計画対象面積:約3ha
延床面積:約15万
建築主:東金町一丁目西地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル
コンサルタント業務:佐藤総合計画

■事業スケジュール案■
2018年8月頃:都市計画決定
2019年度:組合設立認可
2020年8月:権利変換計画認可
2020年度:着工
2026年度:竣工

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク