超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

東池袋

地上36階「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」の建設状況!東池袋駅直結タワマンです(2020.10.3)

プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ 外観完成予想図
外観完成予想図[出典:公式HP]

 東京メトロ有楽町線「東池袋」駅直結の野村不動産によるタワーマンション「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」(地上36階、最高高さ131.31m)の完成予想図です。滅多に出ない駅直結タワマンのため注目されています。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ 外観完成予想図
外観完成予想図[出典:公式HP]

 低層部の完成予想図です。敷地面積は2,665.68屬妊織錙璽泪鵐轡腑鵑箸靴討篭垢瓩良瀉呂里燭瓮好沺璽箸淵織錙璽泪鵐轡腑鵑箸覆蠅泙后



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ 敷地配置図
敷地配置図[出典:公式HP]

 建物内には入居者以外も使用できる「東池袋」駅の出入り口がありエスカレーターと階段が設置されます。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ 駅直結概念図
駅直結概念図[出典:公式HP]

 駅直結と言っても長いペデストリアンデッキや地下通路を通って改札まで何分も歩く場所もありますが、ここは改札までが近い駅直結タワマンとなります。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ 各階平面概念図
各階平面概念図[出典:公式HP]

 そしてここは改札のあるフロアからエレベーターで直接各住居フロアへアクセス可能となります。利便性は物凄く高いですがロビー階を寄らずに部屋まで行けてしまうので、郵便受けを見る機会がかなり減りそうですね。

 1階〜3階には商業・業務施設エリアとなり住宅フロアは4階からとなります。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 2020年10月3日に現地で撮影した「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」です。信号のところに閉鎖中の文字が見えますが、これはここに東池袋駅への出入り口があったためでです。このまま閉鎖になるわけではなく先程も書きましたがエスカーレーターもある出入り口が新たに整備されます。

 いつもは「サンシャイン60」にも写真を撮りに行っていますが、展望室内で鬼滅の刃のイベント開催中で予約制となっており、その場でチケットを取ろうとするもカードのセキュリティのIDとパスワードがわからず断念しました…。11月23日までの開催なので行く人は気をつけましょう。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 東池袋駅直結ということばかり注目されていますが目の前には都電荒川線(東京さくらトラム)の「東池袋四丁目」駅があります。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 近くには「エアライズタワー」(地上42階、最高高さ150.46m)と「アウルタワー」(地上52階、最高高さ189.2m)といったタワーマンションがあります。ただ、これとは反対側にはタワーマンションなど超高層はないので中層階あたりからは抜けた視界が広がります。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 都電荒川線越しに撮影。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 細い路地から見上げて撮影。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 もう少し建設が進むと路地からは上の方だけ見上げて撮ることになりそうです。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 少し角度を変えると右奥にもタワーマンションが見えますが、れは「としまエコミューゼタウン」(地上49階、高さ189m)で低層部が豊島区役所、中高層部が「Brillia Tower池袋(ブリリアタワー池袋)」となっています。ここも地下通路で東池袋駅直結となっているので豊島区役所まで外を歩くことなく行けるようになります。

 また、その目の前ではツインタワーマンションとなる「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」(北街区:地上53階、高さ約190m、南街区:地上50階、高さ約185m)の計画もあります。ちなみにここの撮影のあと現地を軽く歩いてみましたがまだ現地で動きはありませんでした。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。現地には東京都と豊島区の建築計画のお知らせがありますが、内容に違いはないので東京都の方を載せておきます。

■物件概要■
名称:プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
計画名:東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区東池袋四丁目254番(地番)
用途:共同住宅・店舗・診療所・子育て支援施設
総戸数:248戸 (うち非分譲住戸55戸)
階数:地上36階、地下2階
高さ:124.76m(最高高さ131.31m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:2,665.68
建築面積:1,324.16
延床面積:31,192.58
建築主:東池袋四丁目2番街区地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産
設計者:日建設計・日建ハウジングシステム共同企業体
施工者:前田建設工業
工期:2019年2月12日着工〜2022年2月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬竣工予定

東池袋駅直結タワマン!地上36階「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」の建設状況(2020.8.1)

プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
完成予想図[出典:公式HP]

 東京メトロ有楽町線「東池袋」駅直結のタワーマンション「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」(地上36階、最高高さ131.31m)の完成予想図です。プラウドの冠からわかる通り野村不動産の物件で売主も野村不動産単独です。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
完成予想図[出典:公式HP]

 近くには雑司ヶ谷霊園があるため遮る物のない視界が広がります。ただ、その雑司ヶ谷霊園との間には戸建てなどが建ち並ぶエリアがあるので、そこがもし再開発されると視界は狭くなります。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
完成予想図[出典:公式HP]

 Nタイプ(2LDK+WIC+SIC、80.01)、30階相当のリビングの完成予想図です。北側には池袋の超高層ビル群が建ち並んでいますが、南側は雑司ヶ谷霊園や低層の建物が多いため広範囲を見渡せます。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
駅直結[出典:公式HP]

 「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」はかなり注目されているようですが、それは何と言ってもこの駅直結というところではないでしょうか。ここは敷地内駅直結とかロビー階に直結ではなく、駅直結の地下通路から乗り換えなしにダイレクトに各住居フロアへアクセスが可能となっています。通勤等で駅を利用するのにこの利便性は大きいかと思います。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
敷地配置図[出典:公式HP]

 敷地面積は2,665.68屬妊織錙璽泪鵐轡腑鵑箸靴討篭垢なですが、周辺には広場や植栽が整備されます。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 「サンシャイン60」の最上階にある展望室からの眺めです。「アウルタワー」(地上52階、最高高さ189.2m)と「エアライズタワー」(地上42階、最高高さ150.46m)の隙間に見える建設現場が「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」です。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」にズームです。2基のタワークレーンで建設が進められています。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 撮影した2020年8月1日時点では1階部分の建設が始まっていました。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 現地から撮影。閉鎖中と書いてある場所に東池袋駅への出入り口がありましたが、同再開発によって再び出入り口は整備されます。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 東池袋駅直結ばかり注目されがちですが、目の前には都電荒川線(東京さくらトラム)の「東池袋四丁目」駅もあります。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 1階部分の鉄筋コンクリートです。ここまで来たらあとはどんどん高くなって行くだけです。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 周辺のタワーマンションの住民の方からすると、視界に影響が出るのでついに地上部の建設が始まってしまったか…という感じなんでしょうね。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 路地を入った場所から撮影。首都高下の幹線道路沿い以外からは撮影しにくい場所です。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 ただ、近くにオープンした「イケ・サンパーク」からは「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」のタワークレーンが見えました。建設がもう少し進むとマンション本体も見えてきます。



イケ・サンパーク

 その「イケ・サンパーク」からは池袋のタワーマンション群など今まで見られなかった光景が広がっていました。7月11日にオープンしたばかりの公園ですがもう賑わっていました。もっと知られてくるとさらに賑わいそうな公園です。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
計画名:東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区東池袋四丁目254番(地番)
用途:共同住宅・店舗・診療所・子育て支援施設
総戸数:248戸 (うち非分譲住戸55戸)
階数:地上36階、地下2階
高さ:124.76m(最高高さ131.31m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:2,665.68
建築面積:1,324.16
延床面積:31,192.58
建築主:東池袋四丁目2番街区地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産
設計者:日建設計・日建ハウジングシステム共同企業体
施工者:前田建設工業
工期:2019年2月12日着工〜2022年2月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬竣工予定

東池袋駅直結ツインタワマン!地上53階、50階「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の再開発組合の設立認可!

南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:東京都]

 東京都より2020年3月13日に「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」を行う「南池袋二丁目C地区市街地再開発組合」の設立を認可すると発表がありました。参加組合員として住友不動産、野村不動産、都市再生機構が参画しています。

 以前明らかになった数値も含めた規模は左の-騎攻(北街区)が地上53階、地下2階、高さ約190m、延べ11万979屐右の-恭攻(南街区)が地上50階、2階、高さ約185m、延べ7万8431屬2棟合わせて約189,410屬箸覆辰討い泙后

 今後のスケジュールとして2020年8月に権利変換計画認可の経て、2021年3月に工事着手、2025年3月に建物竣工予定となっています。

▼東京都:報道発表資料(2020年3月12日)
南池袋二丁目C地区市街地再開発組合の設立を認可します



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業
断面イメージ[出典:東京都]

 このように両棟の低層部には店舗、事務所、公共公益施設等が配置され、その上が両棟合わせて1495戸の共同住宅となります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業
整備方針図[出典:東京都]

 -騎攻(北街区)には地下広場が整備され、そこから地下通路を通って東京メトロ有楽町線「東池袋」駅に直結となります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:東京都]

 場所は豊島区役所の東側で「池袋」駅も徒歩圏となる立地です。あまり使う機会はないかもしれませんが都電荒川線「都電雑司ヶ谷」駅も目の前にあります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 2019年1月27日の池袋の空撮です。赤い網掛けをしたあたりが「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 もう少し近くから撮影。右下のタワーマンションは「ブリリアタワー池袋」(地上49階、高さ189m)で低層部が「豊島区庁舎」となっています。これとほぼ同じ高さのツインタワーが目の前に建ち並ぶことなります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 この「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」は空撮をしなくても「サンシャイン60」の展望台に行くとこうして計画地を見ることができます。

 左端の見切れているタワーマンションは「アウルタワー」(地上52階、最高高さ189.2m)、その右側が「エアライズタワー」(地上42階、最高高さ150.46m)でその隙間からは東池袋駅直結となる「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」(地上36階、最高高さ131.31m)の建設地も見ることができます。

 これらが完成すると山手線内側にかなり大きなタワーマンション群が誕生することになります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 計画地にズームです。写真上が南街区、下が北街区となります。北街区の首都高側には事務所、公共公益施設が入ります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 2018年7月27日に豊島区役所の10階屋上にある「豊島の森」から見た計画地です。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 「パームス東池袋」(地上12階、2001年11月竣工)などまだ数十年いけそうなマンションもありますが、位置図等を見る限りでは再開発に含まれています。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 南街区方面になると大きな駐車場があり再開発が始まるのを待っている感じとなります。

■物件概要■
事業名:南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区南池袋2丁目地内
用途:住宅、事務所、店舗、公共公益施設、子育て支援施設、駐車場等
総戸数:1495戸
階数(北街区):地上53階、地下2階
階数(南街区):地上50階、地下2階
高さ(北街区):約190m
高さ(南街区):約185m
敷地面積(北街区):8,761
敷地面積(南街区):6,305
延床面積(北街区):11万979
延床面積(南街区):7万8431
事業者:南池袋二丁目C地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産、野村不動産、都市再生機構
事業協力者:清水建設
事業推進コンサルタント:INA新建築研究所、ポリテックエイディディ
工期:2021年3月着工〜2025年3月竣工予定
総事業費:約1101億万円

東池袋駅直結タワーマンション!地上36階「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」の建設状況(2020.02.11)

プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
完成予想図[出典:公式HP]

 東池袋駅直結の野村不動産によるタワーマンション「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」(地上36階、最高高さ131.31m)の完成予想図です。

 今までは「東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業」として当ブログでも載せていましたが、名称が「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」に決定して公式HPもオープンしました。総戸数248戸(うち非分譲住戸55戸)、間取りは1LDK〜3LDK、専有面積44.30屐130.06屐2020年5月下旬から販売開始予定、2022年3月下旬から入居予定となっています。

▼公式HP
https://www.proud-web.jp/mansion/a115210/



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
完成予想図[出典:野村不動産]

 こちらは約1年前の着工時に野村不動産のプレスリリースに掲載された完成予想図です。公式HPの完成予想図がよりリアルになっただけで大きな変更はないように見えます。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
駅直結概念図[出典:公式HP]

 このように入居者専用エレベーターが設置され、東京メトロ有楽町線「東池袋」駅直結となり、他にも入居者以外も使える駅への出入り口も整備されます。また、この図にはありませんが目の前には都電荒川線(東京さくらトラム)の「東池袋四丁目」駅もあります。

 「東池袋」駅直結で「池袋」駅まで1駅で行くことができますが、「池袋」駅までは徒歩10分となっており徒歩でも行ける距離となっています。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
施設断面構成イメージ[出典:公式HP]

 フロア構成は1階が店舗、2階が子育て支援施設、3階が診療所?、4階が住宅駐輪場、そして5〜36階が住宅フロアとなります。1年前のプレスリリースでは3階が事務所等となっていましたが、建築計画のお知らせでは事務所から診療所に修正されているので3階は全て診療所となりそうです。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
配置図[出典:公式HP]

 このように敷地南側にマンション本体は配置され北側には広場が整備されます。南側は都電荒川線があるため周辺の建物に配慮して南側に寄せたのかもしれません。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 「サンシャイン60」の最上階にある展望室から見た「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」です。「アウルタワー」(地上52階、最高高さ189.2m)と「エアライズタワー」(地上42階、最高高さ150.46m)の隙間から建設地を見ることができます。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 建設地にズームです。地下躯体工事が行われています。設計者は日建設計・日建ハウジングシステム共同企業体、施工者は前田建設工業です。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 地上から撮影。既にタワークレーンが設置されています。スマートなタワーマンションとなるためタワークレーンはこのまま1基で建設されるかもしれません。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 このように北側にはタワーマンションや超高層ビルが建っています。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 目の前の首都高沿いには高層マンションが並んでいますが、その他は低層の住宅が多く開けた視界の住戸は多そうです。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 東側から都電荒川線越しに撮影。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」の背後では「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」が計画されています。規模は地上53階、高さ約180m、延べ11万979屬斑肋50階、高さ約180m、延べ7万8431屬如2棟合計1495戸という巨大なツインタワーマンションとなります。事業推進パートナーとして都市再生機構、住友不動産、野村不動産が参画しています。



東池袋

 ちょうどこの写真中央あたりが「南池袋二丁目C地区」の計画地です。左端が「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」です。池袋はゆっくりと超高層化しています。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
計画名:東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区東池袋四丁目254番(地番)
用途:共同住宅・店舗・診療所・子育て支援施設
総戸数:248戸 (うち非分譲住戸55戸)
階数:地上36階、地下2階
高さ:124.76m(最高高さ131.31m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:2,665.68
建築面積:1,324.16
延床面積:31,192.58
建築主:東池袋四丁目2番街区地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産
設計者:日建設計・日建ハウジングシステム共同企業体
施工者:前田建設工業
工期:2019年2月12日着工〜2022年2月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬竣工予定

地上53階、50階ツインタワマン!東池袋駅直結「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の概要が明らかに!

南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 池袋で計画されている超高層ツインタワーマンション「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。同再開発を計画している南池袋二丁目C地区市街地再開発準備組合が豊島区に本組合の設立認可を申請し10日から事業計画の公告・縦覧が開始され、開発事業の概要が明らかになりました。

 敷地は北街区と南街区に分かれており、北街区が地上53階、地下2階、敷地面積8,761屐延床面積11万979屬巴肋1〜9階に事務所や公共公益施設を配置し、10階以上が住宅となります。参照記事では10階以上が住宅となっていましたが、完成予想図を見ると一番北側にオフィスのような部分があり、住宅部はもっと低層からあるように見えます。最新の完成予想図は違うのかもしれません。北街区の建築物の高さの限度は190mとなっています。

 南街区は地上50階、地下2階、敷地面積6,305屐延床面積7万8431屬巴肋1〜4階に店舗や子育て支援施設を配置し、5階以上が住宅となります。南街区の建築物の高さの限度は185mとなっています。

 池袋に高さ約180m、2棟合計総戸数1495戸という巨大なツインタワーマンションが誕生します。準備組合には事業推進パートナーとして都市再生機構、住友不動産、野村不動産が参画、事業協力者は清水建設。コンサルタントはINA新建築研究所、ポリテック・エイディディとなっています。

 今後のスケジュールは本組合設立を経て2021年3月に着工、2025年3月の竣工を目指します。


▼日刊建設工業新聞:2019年10月11日
南池袋二丁目C地区再開発(東京都豊島区)/2棟総延べ19万平米に/準備組合

▼建設通信新聞:2019年10月11日
本組合設立を申請/事業費1101億、総延べ19万/南池袋二丁目C再開発



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 今年の1月にセスナから撮影した池袋の空撮です。左上の赤い網掛けをした部分が「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。右端がJR池袋駅です。計画地近くには東京メトロ有楽町線「東池袋」駅があり地下2階レベルで駅に地下通路で直結する計画となっています。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 1ヶ月くらい前に撮影したサンシャイン60の展望台からの眺めです。右の超高層が「としまエコミューゼタウン」(地上49階、高さ189m)で低層部が「豊島区庁舎」、中層階、高層階が「ブリリアタワー池袋」となっています。その目の前が「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の建設地となります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 計画地にズームです。写真上が南街区、下が北街区となります。南街区には大きめな駐車場がありますが街区全体はまだ既存建物がびっしり建っています。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 豊島区役所部分の10階屋上部分にある「豊島の森」から見た同再開発の計画地です。JTBの看板の右側のマンション「パームス東池袋」(地上12階、2001年11月竣工)も計画地に含まれています。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 割りと新しい建物が再開発に含まれて解体されるのは珍しくありませんが、やっぱりなんだかもったいない気もしますね。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 南街区方面です。すぐ近くには雑司ヶ谷霊園があるため遮る物のない視界が広がりそうです。逆に「ブリリアタワー池袋」の住宅からの眺望には大きな影響が出そうです。

■物件概要■
事業名:南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区南池袋2丁目
用途:共同住宅、事務所、店舗、公共公益施設
総戸数:1495戸
階数(北街区):地上53階、地下2階
階数(南街区):地上50階、地下2階
高さ:約180m
敷地面積(北街区):8,761
敷地面積(南街区):6,305
延床面積(北街区):11万979
延床面積(南街区):7万8431
事業者:南池袋二丁目C地区市街地再開発準備組合
事業推進パートナー:住友不動産、野村不動産、都市再生機構
事業協力者:清水建設
事業推進コンサルタント:INA新建築研究所、ポリテックエイディディ
工期:2021年3月着工〜2025年3月竣工予定
総事業費:1101億3300万円

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク