超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

東京タワー

2021年元旦「初日の出」を見に東京タワーに行ってきました!

 2021年元旦の「初日の出」を見に東京タワーに行ってきました。これは東京タワーのクラウドファンディングでリターンとして250名限定の『2021年元旦「初日の出」見学 メインデッキ(150m)展望台チケット』というものがあり支援していました。最終的に218名が支援しましたが電車の終夜運転中止やGoToトラベル休止などもあったので、何人が来れたのかは不明ですがそこまで混み合うことなく窓際で見ることができました。

 ちなみに33名限定でトップデッキからの「初日の出」もあったのですが、メインデッキからの初日の出の支援申込み後に見つけて諦めました。ただ、トップデッキの広さを考えると33名なら結構混み合っていたと思うのでメインデッキで正解だったと思います。

 東京タワーに登れるのは申し込み順に6時から開始。自分は60番目の呼び出しで東京タワーのメインデッキへ。メインデッキの2階は保護フィルムで景色がグニャっとして見えますが、1階はフィルムを貼っていないのかキレイに見えるので迷わず1階に移動。ただ、他の人は少しでも高いところで見ようと2階に陣取っていたので1階はまだ誰もおらず好きな場所を選べる状態でした。



東京タワーから見た夜明けの東京夜景

 そんなこんなで午前6時過ぎに東京タワーのメインデッキに到着してすぐに撮った夜明けの東京夜景です。地平線はほんのり色付いた朝焼けが始まっており初日の出が期待できる空となっていました。



東京タワーから見た夜明けの東京夜景

 三脚は持って行かなかったので手持ち撮影ではまだちょっと厳しい暗さでした。



東京タワーから見た夜明けの東京夜景

 午前6時20分頃に撮影。このくらいの時間だと手持ちでも何とか耐えられる写真が撮れる明るさでした。



東京タワーから見た夜明けの東京タワーのメインデッキ

 後ろを見ると朝焼けが壁に反射してキレイでした。



東京タワーから見た夜明けの東京夜景

 少し明るくなったところで他の場所も撮影。間近で見る夜明けの超高層ビル群はいいですね。



東京タワーから見た夜明けの東京夜景

 ガラスカーテンウォールに朝焼けが反射してキレイでした。



東京タワーから見た夜明けの東京夜景

 東京都心に住むとこういった景色が日常なんですね。



東京タワーから見た夜明けの虎ノ門・麻布台プロジェクト

 夜明けの「虎ノ門・麻布台プロジェクト」を見れたのも良かったです。



東京タワーから見た初日の出直前

 日の出は6時50分頃だったと思うのですが地平線には雲がいたので50分を過ぎても太陽は見えず。ただ、雲が異様に明るい場所があって太陽が背後にいることがわかります。



東京タワーから見た初日の出

 そして雲の上から初日の出!無事に2021年初日の出を拝むことができて良かったです。



東京タワーから見た初日の出

 東京タワーから見て「シティタワーズ東京ベイ」の背後に太陽が見えました。



東京タワーから見た初日の出

 ちなみに初日の出が見えた瞬間に「おおお!」とか歓声が聞こえるかと思っていましたが展望室内は結構静かでした。



東京タワーから見た初日の出

 こうして初日の出をパシャパシャと撮ったら…



東京タワーから見た白金ザ・スカイ

 場所を移動してビル撮影。「白金ザ・スカイ」(地上45階、高さ156.10m)が周辺の普通のマンションよりも高くなっていました。



東京タワーから見た白金高輪駅方面

 白金高輪駅周辺ではタワマン建設ラッシュのため1年後には随分と景色が変わっていそうです。



東京タワーから見た虎ノ門・麻布台プロジェクト

 明るくなってからの「虎ノ門・麻布台プロジェクト」です。ここには地上64階、高さ325.19m、地上64階、高さ262.83m、地上54階、高さ237.20mの超高層3棟が建設中です。東京タワーの一番上のトップデッキ(海抜250m)からでも見上げる高さとなります。



東京タワーから見た東京タワーの影

 ここを撮っているときに同じ方向を撮っている女性がいたのでビル好きとは珍しいと思ったのですが…よく見るとビルに東京タワーの影が…これを撮っていたんですね〜。



東京タワーから見た虎ノ門方面

 虎ノ門方面。



東京タワーから見た虎ノ門・愛宕方面

 虎ノ門ヒルズ、愛宕グリーンヒルズ方面です。



東京タワーから見た初富士

 東京タワーから見た初富士。視界も良くキレイに見えました。



東京タワーから見た初富士

 初日の出が見えるかどうかは運任せですが、こうして富士山も見れて良かったです。支援額1万円でこれだけのリターンは安かったと思います。他にメインデッキの招待券などもついていたので支援して本当に良かったと思います。



ノッポン弟

 そして帰り。何とノッポン弟と同じエレベーターに。乗っていたお客によるノッポンの撮影会となりました(笑)



東京タワー

 最後に東京タワーを見上げて帰宅となりました。

東京タワーからの夕焼け&夜間のオープンエア外階段ウォークの様子(2020.5.30)

東京タワーのオープンエア外階段ウォーク

 5月28日から東京タワーが営業再開したので早速行ってきました。感染予防と拡大防止のため原則約600段の「オープンエア外階段」で上り下りとなっていますが、通常時は土日祝日の11時から16時限定で外階段が使えるところ、今回は9時〜20時まで外階段が使えるため夜間に階段を上り下りすることができます。ちなみに階段で上ってもエレベーターで上っても同じ料金です。

 今回は明るいうちに外階段で上り、夕焼け、夜景を撮ってから外階段で下りました。夕焼けは記事後半に載せていますので是非見てください。夕焼け写真は8枚載せています。



東京タワーのオープンエア外階段ウォーク

 このように東京タワーの鉄骨越しに夜景を見ることができます。



東京タワーの航空障害灯

 東京タワーの航空障害灯も真横に見ることができました。



東京タワーのオープンエア外階段ウォーク

 階段を下りて来たところの方が東京タワーの足元のアーチが見えたりと東京タワーらしさがありました。



東京タワーのオープンエア外階段ウォーク

 今しか見れないレアな景色です。



東京タワーのオープンエア外階段ウォーク

 浜松町駅方面です。



東京タワーのオープンエア外階段ウォーク

 同じ方向をもう少し階段を下りたところから撮影。



東京タワーのオープンエア外階段ウォーク

 こういった景色は結構好きです。



東京タワーのオープンエア外階段ウォーク

 工場にいるような景色はいいですね。



東京タワーのオープンエア外階段ウォーク

 東京タワー本体を外から見るのもいいですが中から見るのも良かったです。



東京タワーのオープンエア外階段ウォーク

 東京タワーの付け根です。建設中の様子を見たかったです。



東京タワー

 無料で行ける屋上部分から見上げた東京タワーです。格好いいです。



東京タワーのオープンエア外階段ウォーク

 一応上り始めたときに撮影した浜松町方面です。この辺りから上は細かい網目があって撮影には向いてなかったので写真はありません。



東京タワーからの夕焼け

 ここからは東京タワーから撮影した夕焼けです。撮った順に載せておきます。



東京タワーからの夕焼け



東京タワーからの夕焼け



東京タワーからの夕焼け



東京タワーからの夕焼け



東京タワーからの夕焼け



東京タワーからの夕焼け



東京タワーからの夕焼け



東京タワーからの夜景

 せっかくなので夜景も少しだけ撮りました。今の期間はレインボーブリッジは20時までブルーにライトアップされています。コロナウイルスの感染者が増加して東京アラートが発動されると赤くライトアップされます。左のお台場の観覧車も青く見えていましたが写真だと紫になってしまいました。



東京タワーからの夜景

 土曜だったためオフィス街は明かりが少なくつまらなかったですが、逆にタワーマンション街は明かりが多くてキレイでした。



東京タワーのインフィニティ・ダイヤモンドヴェール

 東京タワーを下りたあとは外観撮影。20時まではオレンジ色の通常ライトアップですが、金土は20時からインフィニティ・ダイヤモンドヴェールのライトアップが点灯します。



東京タワーのインフィニティ・ダイヤモンドヴェール

 足元が入らなかったので足元も撮影。



東京タワーのインフィニティ・ダイヤモンドヴェール

 芝公園に行くとちょうど東京タワーの真上に半月がいました。ここは通路の真ん中に東京タワーが見える有名なスポットがあるのですが、ウエディング撮影が数組行われており空きそうにもなかったのでこれを撮影して帰宅となりました。

虎ノ門駅直結!高さ約120m「虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2019.3.16)

虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業
完成予想パース[出典:野村不動産]

 東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅直結となるオフィスビル「虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業」(地上24階、最高高さ119.65m)の完成予想図です。外堀通りと桜田通りが交差する虎ノ門交差点の角地が建設地で国家戦略特区に認定されています。地権者として森村不動産、不二屋ビルデング、日本土地建物、虎ノ門リアルエステート、住友不動産の5社、参加組合員として野村不動産、東京地下鉄の2社が参画しています。


虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業
外観・断面イメージ[出典:野村不動産]

 外堀通り側は巨大な吹き抜けの駅前広場(約800屐砲整備されます。


虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業
外観・断面イメージ[出典:野村不動産]

 銀座線は古い地下鉄のため地下浅いところを通っており、このように地下に潜ったらすぐに改札となります。また「虎ノ門ヒルズ」まで地下通路で繋がりそのまま日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ」駅まで行けるようになります。


虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業

 今朝のブログにも載せた東京タワーのトップデッキ(旧特別展望台)からの眺めです。中央の「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)の左側に矢印を付けたタワークレーンが「虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業」です。


虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業

 東京タワーからの撮影の前日、3月16日に撮影した「虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業」です。


虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業

 どんどん鉄骨が組まれていっています。


虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業

 路地を入った場所から撮影。


虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業

 それほど大きなオフィスビルには見えませんが基準階貸室面積は1,349.67屬之觜修聞さがあります。

■物件概要■
名称:虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業 施設建築物新築工事及び公共施設工事
住所:東京都港区虎ノ門一丁目3番・6番
用途:事務所、店舗、駐車場
階数:地上24階、地下3階
高さ:119.25m(最高高さ119.65m)
構造:地上 鉄骨造、制震構造
   地下 鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造・鉄筋コンクリート造)
基礎工法:パイルド・ラフト基礎(直接基礎と杭基礎の複合基礎)
敷地面積:2,782.44
建築面積:2,003.11
延床面積:47,273.67
建築主:虎ノ門駅前地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産、東京地下鉄
地権者:森村不動産、不二屋ビルデング、日本土地建物、虎ノ門リアルエステート、住友不動産
設計者:日本設計・三菱地所設計 設計共同企業体
施工者:竹中・西松共同企業体(代表 竹中工務店)
工期:2018年1月4日着工〜2020年6月30日竣工予定

地上23階「(仮称)六本木一丁目計画」の建設状況(2019.3.17)

(仮称)六本木一丁目計画

 東京タワーのトップデッキ(旧特別展望台)から見た六本木一丁目駅方面の眺めです。


(仮称)六本木一丁目計画

 周辺の超高層ビル、タワーマンション群に少し埋もれた場所で建設中のタワーマンションがあります。


(仮称)六本木一丁目計画

 森トラストによるタワーマンションで「(仮称)六本木一丁目計画」(地上23階、最高高さ79.60m)です。東京都環境局のHPでは分譲74戸なっていますが、森トラストのHPを見てもこの物件は見当たらないので実際はどうなのかは不明です。


(仮称)六本木一丁目計画

 そろそろ最上階近くでしょうか?


(仮称)六本木一丁目計画

 分譲でも賃貸でも一般会社員には手も足も出ない物件となる立地です。


(仮称)六本木一丁目計画

 この右側では「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」によって日本一の高さのタワーマンションの建設が始まります。


(仮称)六本木一丁目計画

 そんなタワーマンションに住むのか景色として眺められる方に住むのか…。お金があれば色々考えを巡らせたりしているんですかね。自分は外から写真を撮ることしかできません。。


(仮称)六本木一丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)六本木一丁目計画
所在地:東京都港区六本木一丁目113-16他
用途:共同住宅
総戸数:74戸
階数:地上23階、地下2階
高さ:79.24m(最高79.60m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:1,715.93
建築面積:490.58
延床面積:12,445.75
事業主:森トラスト
設計者:竹中工務店東京一級建築士事務所
施工者:竹中工務店
工期:2017年10月6日着工〜2019年9月30日竣工予定

地上23階「(仮称)六本木一丁目計画」の建設状況(2018.10.7)

六本木一丁目駅方面
 東京タワーのトップデッキから見た六本木一丁目方面の超高層ビル群です。中央に1基だけ見えるタワークレーン。

(仮称)六本木一丁目計画
 この場所では森トラストによる総戸数74戸の分譲のタワーマンション「(仮称)六本木一丁目計画」(地上23階、最高高さ79.60m)が建設中です。

(仮称)六本木一丁目計画
 地上から撮影。

(仮称)六本木一丁目計画
 6階部分が建設中でした。

(仮称)六本木一丁目計画
 超高層ビルやタワーマンションが周辺に多い場所で高層階以外は開けた視界は期待出来ませんが、戸数と階数からして全戸角部屋が濃厚かつ場所的にも超一等地のため全戸億超えかと思います。

■物件概要■
計画名:(仮称)六本木一丁目計画
所在地:東京都港区六本木一丁目113-16他
用途:共同住宅
総戸数:74戸
階数:地上23階、地下2階
高さ:79.24m(最高79.60m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:1,715.93
建築面積:490.58
延床面積:12,445.75
事業主:森トラスト
設計者:竹中工務店東京一級建築士事務所
施工者:竹中工務店
工期:2017年10月6日着工〜2019年9月30日竣工予定


■お知らせ■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!大きな書店の建築コーナーに置いてあると思いますが見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな超高層ビビルですがレコードチャイナさんで紹介されました!是非見てください。

▼Record China
<写真特集>韓国の超高層ビル、知られてないが実は面白くてカッコいい!

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク