超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

朝潮運河

高さ約195m「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の既存ビル解体状況(2018.7.15)

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 既存建物解体中の「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟」(地上58階、最高高さ194.95m)の建設地です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 朝潮運河沿いの倉庫などの地上部は全て解体が終わっています。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 A1地区はこの倉庫を解体すれば地上部の建物は全て姿を消します。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 解体工事が始まるとあっという間ですね。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 現地から撮影した「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟」の建設地です。左のツインタワーは「ドゥ・トゥール」(地上52階、高さ177.3m)です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 A1地区で唯一残っている倉庫です。もうすぐ解体されるのか今だけ倉庫として使用しているのか…

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟 建築計画のお知らせ
 A1棟の建築計画のお知らせです。施工者は未定ですが鹿島建設になるものと思われます。

■物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A1棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目705番 他
用途:共同住宅、店舗
総戸数:約1590戸
階数:地上58階、地下3階
高さ:189.22m(最高194.95m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,015.18
建築面積:4,300
延床面積:182,190
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:鹿島建設
施工者:未定
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟
 既存建物解体中の「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟」(地上45階、最高高さ164.85m)の建設地です。後ろの黒いタワーマンションは勝どき駅直結の「勝どきビュータワー」(地上55階、高さ193m)です。同再開発でもA2地区の敷地内から勝どき駅に繋がる地下通路が整備される予定となっています。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟
 A2地区はまだ大きな既存建物の解体が残っています。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟
 敷地端にプレハブのような建物がありますが、これは「臨港消防署月島出張所仮設庁舎」で同再開発でA3地区にあった「臨港消防署月島出張所」が再び建設されるまでの仮庁舎です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟
 現地から撮影した「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟」の建設地です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A3棟
 このショベルカーがいるあたりがA3地区で「臨港消防署月島出張所」が建設されます。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟 建築計画のお知らせ
 A2棟の建築計画のお知らせです。施工者は未定ですが清水建設になるものと思われます。

■物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A2棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目501番 他
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所
総戸数:約1070戸
階数:地上45階、地下2階
高さ:159.35m(最高164.85m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
敷地面積:10,712.20
建築面積:4,745
延床面積:138,312
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:清水建設
施工者:未定
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定



勝どき東地区第一種市街地再開発事業

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」全体です。この朝潮運河沿いに巨大なタワーマンションが建ち並びます。

黎明スカイレジテル
 A2地区の隣の「黎明スカイレジテル」はB地区でA1・A2地区の建設後に地上29階、高さ約106mの板状のタワーマンションに建て替えられます。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 その「黎明スカイレジテル」の目の前にある黎明橋から見た「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」方面です。背後の巨大なツインタワーは「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)で、A1棟はこれとほぼ同じ高さのタワーマンションとなります。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
完成予想パース[出典:東京都]

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都]

 B棟の低層部はオフィスフロアとなり、各棟には公共公益施設も入ります。タワーマンションとしては全体戸数約3120戸という超巨大な規模となります。


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 同再開発では朝潮運河を渡る人道橋も建設されます。勝どきで一番楽しみな再開発です。

高さ約195m、高さ約165mの巨大タワマン「勝どき東地区」に建築計画のお知らせ設置!

勝どき東地区第一種市街地再開発事業

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
完成予想パース[出典:東京都]

 勝どきに建設される大規模タワーマンション「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の完成予想パースです。全体戸数約3120戸という凄まじい規模の計画となっています。参加組合員として三井不動産レジデンシャルが参画しています。


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都]

 A1棟が地上58階、最高高さ194.95m、A2棟が地上45階、最高高さ164.85m、B棟が地上29階、高さ約106mという規模となります。B棟以外は既に既存ビルの解体工事が始まっています。


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図

配置図[出典:東京都]

 場所はこのように勝どき駅から東側に行ったところの朝潮運河沿いの一帯で、勝どき駅とは地下通路で繋がります。また、朝潮運河を渡る人道橋の整備も計画されています。


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟」(地上58階、最高高さ194.95m)の建設地です。大部分の既存建物が解体されました。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 まだ瓦礫の山があったり元の道路が残っています。解体後期は2019年2月28日までで鹿島建設によって解体工事が行われています。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 すぐ近くから撮影。この倉庫が解体されるとA1地区のち上部の解体はほぼ完了かと思います。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 解体が進んだので今だけ空が広いです。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 朝潮運河を渡ったところには「ドゥ・トゥール」など巨大なタワーマンションが建ち並んでいます。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟 建築計画のお知らせ
 現地には建築計画のお知らせが設置されていました。最高高さ194.95mはすぐ近くの「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)よりも高いです。ただ、こういった数値は着工する頃には変更になることが多々あります。施工者は未定ですが鹿島建設になるものと思われます。

■物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A1棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目705番 他
用途:共同住宅、店舗
総戸数:約1590戸
階数:地上58階、地下3階
高さ:189.22m(最高194.95m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,015.18
建築面積:4,300
延床面積:182,190
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:鹿島建設
施工者:未定
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟
 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟」(地上45階、最高高さ164.85m)の建設地です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟
 こちらはまだ既存ビルが何棟か残っています。こちらも解体後期は2019年2月28日までですが、こちらは清水建設が解体工事を行っています。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟
 近くから撮影。この角に「勝どき」駅まで繋がる地下通路の出入り口が整備される計画となっています。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟
 解体中の既存ビルです。この辺りが解体されると広大な更地が誕生することとなります。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟 建築計画のお知らせ
 A2棟ももちろん建築計画のお知らせが設置されていました。こちらは設計は清水建設で施工者は未定ですが、そのまま清水建設が施工者になるかと思われます。

■物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A2棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目501番 他
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所
総戸数:約1070戸
階数:地上45階、地下2階
高さ:159.35m(最高164.85m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
敷地面積:10,712.20
建築面積:4,745
延床面積:138,312
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:清水建設
施工者:未定
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A3棟

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A3棟
 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A3棟」(地上3階、高さ17m)の建設地です。ここは「臨港消防署月島出張所」があった場所で、再び「臨港消防署月島出張所」が建設されます。

臨港消防署月島出張所
 現在はA2棟の敷地の端に仮設庁舎が建設され稼働しています。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A3棟 建築計画のお知らせ
 A3棟の建築計画のお知らせです。他よりは早い2020年3月下旬には完成予定となっています。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業の特定業務代行者が清水建設と鹿島建設に決定!

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:東京都]

 勝どき東地区ではこのような大規模なタワーマンションが計画されていますが、「勝どき東地区市街地再開発組合」が特定業務代行者として清水建設と鹿島建設に決定したと各建設系新聞で報道されました。参加組合員は三井不動産レジデンシャル、事業コンサルタントと基本設計は現代建築研究所、日本設計で、今後のスケジュールは調整中とのことです。また、計画規模は以下の通りです。

・A1地区:地上58階、地下1階、高さ約195m、延べ約18万0245屐⊇斬(約1590戸)・公共公益施設
・A2地区:地上45階、地下1階、高さ約165m、延べ約13万4410屐⊇斬(約1070戸)・事務所・商業公共公益施設
・A3地区:地上3階、延べ約1200屐⊂男表
・B地区:地上29階、地下1階、高さ約106m、延べ約5万3350屐⊇斬(約460戸)・商業・公共公益施設

▼建設通信新聞:2017年2月2日
清水・鹿島JVに決定/4棟構成延べ約37万/勝どき東地区再開発組合

▼日刊建設工業新聞:2017年2月2日
勝どき東地区再開発(東京都中央区)/特定業務代行に清水建設と鹿島/組合


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:東京都]

 配置図にも描かれていますが、計画では勝どき駅と繋がる約140mの地下通路と、朝潮運河を超えて晴海へ繋がる人道橋が建設される予定となっています。


勝どき東地区第一種市街地再開発事業の空撮
 2016年10月15日の「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の空撮です。朝潮運河の勝どき側が建設地で、現在は月島倉庫などがあります。左の白いマンション「黎明スカイレジテル」も建設地でそこがB地区となります。これからどういったスケジュールになるかはわかりませんが、以前のスケジュールだとA地区が終わってからB地区の計画でした。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業の空撮
 少し広角で撮影。どんどんタワーマンション密度が高くなっています。

勝どき方面の空撮
 さらに広角で撮影。左の月島側でも色々とタワーマンション計画があります。

勝どき・晴海方面の方面
 写真右側の豊海ではツインタワーとなる「豊海地区第一種市街地再開発事業」(地上56階、最高高さ189m)が計画されています。

勝どき方面の空撮
 巨大なツインタワーは「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)ですが、A1棟はこれと同程度の高さのタワーマンションとなります。

勝どき・晴海方面の空撮
 朝潮運河の両岸は巨大なタワーマンションが建ち並ぶこととなります。

勝どき・晴海・月島方面の空撮
 広角で見ると東京スカイツリーまで見えます。なかなかのタワーマンション群ですがまだまだ増えます。

総数3000戸超えの「勝どき東地区再開発」で特定業務代行者募集!

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
勝どき東地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:建設通信新聞]

 本日の建設通信新聞、日刊建設工業新聞に「勝どき東地区市街地再開発準備組合」が「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の特定業務代行者を公募すると掲載されました。募集要項は11月12日まで都市みらい推進機構から配布されます。応募資格は経営事項審査の建築一式の総合評点が1800以上かつ、土木一式の総合評点が1600点以上、過去10年間に都内で延べ床面積10万岼幣紂高さ150m以上の建築物を施工した実績などとなっています。

 計画では住宅と公共公益施設からなるA1棟(地上56階、地下2階、延べ約17万9000屐高さ約195m)、住宅・事務所・商業・公共公益施設かなるA2棟(地上44階、地下2階、延べ13万1000屐高さ約165m)、消防署となるA3棟(地上3階、延べ約1200屐法⊇斬陝商業施設からなるB棟(地上29階、地下2階、延べ約5万1000屐高さ約106m)を建設することとなっています。住戸の総数は約3120戸となります。他にも勝どき駅と繋がる延長約140mの地下通路、晴海へ繋がる人道橋が朝潮運河に建設される予定となっています。

 事業協力者として三井不動産レジデンシャル、鹿島建設、清水建設が参画、事業コンサルタントは日本設計、基本設計は現代建築研究所・日本設計JVとなっています。総事業費は約1655億円で2017年9月の本体着工、2027年3月の全体竣工を目指しています。

▼建設通信新聞:2015年10月30日
特定業務代行者を公募/11月12日まで要項配布/勝どき東再開発準備組合

▼日刊建設工業新聞:2015年10月30日
勝どき東地区再開発(東京都中央区)/特定業務代行者募集/準備組合

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 「ドゥ・トゥール」側から見た朝潮運河です。月島倉庫などがある一帯が「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。「THE TOKYO TOWERS」側にA1棟(地上56階、高さ約195m)、そして右側の黒い倉庫のような建物があるあたりにA2棟(地上44階、高さ約165m)が建設されます。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 A1棟の「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。今はまだ倉庫街となっています。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 この道路の両側がA1棟の建設地です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 先程の道路を進んだところからの景色です。このあたりにA2棟が建設されます。運河側しか写していませんが、道路の右側の方もA2棟の敷地となります。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 「黎明スカイレジテル」です。ここがB棟(地上29階、高さ約106m)となります。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 B棟はA地区の完成後に着工予定となっているので、ここはまだまだ再開発は行われません。

 下記物件概要ですが、住戸の総数は足すと約3020戸となります。今回の記事では総数は約3120戸となっているので、どこかの戸数が増えていると思われます。

■勝どき東地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都中央区勝どき4丁目5、6、13、14(A地区)、2丁目18(B地区)

[A1棟]
用途:住宅・公共公益施設
階数:地上56階、地下2階
高さ:約195m
総戸数:約1660戸
延床面積:約17万9000

[A2棟]
用途:住宅・事務所・商業・公共公益施設
階数:地上44階、地下2階
高さ:約165m
総戸数:約860戸
延床面積:約13万1000

[A3棟]
用途:消防署
階数:地上3階
延床面積:約1200

[B棟]
用途:住宅・商業施設
階数:地上29階、地下2階
高さ:約106m
総戸数:約500戸
延床面積:約5万1000

[共通]
事業協力者:三井不動産レジデンシャル、鹿島建設、清水建設
事業コンサルタント:日本設計
基本設計:現代建築研究所・日本設計JV

[スケジュール]
2015年11月:組合設立認可
2016年12月:権利変換計画の認可
2017年9月:本体着工
2027年3月:全体竣工

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)の建設状況(2015年4月18日)

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 晴海で建設中のツインタワー「ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)」(地上52階、高さ177.30m)です。朝潮運河に架かる人道橋の「朝潮小橋」から撮影しました。

 中央とその左が住友不動産の「ドゥ・トゥール」で、右側が前田建設工業の「(仮称)晴海三丁目西地区第一種市街地再開発事業計画 B街区」(地上33階、最高高さ115.21m)です。

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 中央清掃工場から撮影した「ドゥ・トゥール」です。

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 「ドゥ・トゥール」のEAST棟とWEST棟の間です。マンション本体の外観はほぼ完成していますが、この低層部はまだもうちょっとかかりそうです。

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 建設中の環状2号線と「ドゥ・トゥール」のWEST棟と「(仮称)晴海三丁目西地区第一種市街地再開発事業計画 B街区」です。環状2号線の開通はまだまだですが、晴海側では行き先表示の青看板が既に設置されていました。

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 晴海客船ターミナルから見た「ドゥ・トゥール」です。数年後には手前に選手村が建ちあがっています。

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 晴海大橋から見た「ドゥ・トゥール」です。タワークレーンは解体中のようで小さいクレーンになっています。

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 豊洲公園に隣接した春海橋公園から見た「ドゥ・トゥール」です。背後の低い場所に見えるタワークレーンは「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」(地上53階、最高高さ178.78m)です。これから勝どき東区のタワーマンション建設も始まるので巨大なマンションの壁が見えるようになります。

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 ゆりかもめの市場前駅の改札階から見た「ドゥ・トゥール」です。やっぱりツインタワーはいいですね。

■DEUX TOURS(ドゥ・トゥール)の物件概要■
名称:DEUX TOURS(ドゥ・トゥール)
計画名:(仮称)晴海三丁目西地区A2・A3街区計画
所在地:東京都中央区晴海三丁目102番
用途:共同住宅、事務所、物販店舗、診療所、自動車車庫、自転車駐車場
総戸数:1450戸、SOHO216区画、その他店舗2区画
階数:地上52階、塔屋1階、地下1階
高さ:177.30m
敷地面積:15,222.35
建築面積:10,073.63
延床面積:174,801.03
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:杭基礎工法
建築主(売主):住友不動産
設計:三井住友建設
施工:三井住友建設
完成予定:2015年9月下旬予定
入居予定:2016年3月上旬予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク