超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

ヒルトン最上級ブランド「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」日本初進出!地上52階、高さ284m「日本橋一丁目中地区」の39階〜47階に展開します

日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
新・イメージパース[出典:三井不動産]

 日本橋で2021年度に着工する「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上52階、高さ284m)の高層部に入るホテルがヒルトンの最上級ラグジュアリーブランド「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」が日本初進出することが発表されました。同ホテルは三井不動産が開発、ヒルトンが運営し、2026年の開業予定となっています。

 同再開発ビルはオフィス、商業店舗、サービスアパートメント等で構成される複合施設で「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」は39階〜47階の9フロアで展開されます。本ホテルは全197室の客室に、3つのレストランとウォルドーフ・アストリアの象徴でもあるラウンジ&バー「ピーコック・アレー」のほか、屋内プール、スパ、フィットネスセンター、宴会場、チャペルを備える予定とのことです。

 以前の情報では地上49階、高さ287mでしたが今回の発表では地上52階、高さ284mとなりました。高さは3mほど低くなりましたが階数が増えています。サービスアパートメントがどのフロアに入るのかは不明ですが、完成予想図を見た感じからすると高層部で最初にセットバックしている部分がホテル、次のセットバックしている部分がサービスアパートメント、斜めになっている箇所が塔屋といった感じですかね。新たな情報が出るまでは謎のままです。

▼三井不動産:ニュースリリース(2020年10月27日)
ヒルトンの最上級ラグジュアリーブランド「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」日本初進出(1.1MB)



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
旧・イメージパース[出典:東京都]

 こちらは約2年前に公開された完成予想図です。今回公開された完成予想図と比べるとカクカクしていた低層部が丸みを帯び、そして高層部がセットバックしたデザインに変更されています。また、日本橋川沿いの低層棟と繋がるペデストリアンデッキの位置も変更になっていることがわかります。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 配置図
新・配置図[出典:三井不動産]

 今回公開された最新の配置図です。日本橋川沿いには低層のA街区、B街区が配置され、「日本橋一丁目三井ビル(コレド日本橋)」(地上20階、最高高さ120.818m)の隣に超高層棟のC街区が配置されます。コレド日本橋とは地下通路とペデストリアンデッキで接続されます。

 また、この配置図の左下の方が東京駅となりますが、超高層棟のC街区は東京駅側のみセットバックすることもわかります。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 配置図
旧・配置図[出典:内閣府]

 以前の配置図と比べると低層部の形状とペデストリアンデッキの位置が変わったことがわかります。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:三井不動産]

 建設地は日本橋駅のすぐ近くで東京駅からも徒歩圏の位置となっています。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 建設地の空撮

 2019年12月14日にヘリから撮影した「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。39階〜47階に入る「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」は高さ200m以上に位置しているように見えるので日本橋の超高層ビルは全て見下すことなりそうです。

 写真右上に見える建設中の超高層ビルが「TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)」の「常盤橋タワー」(地上38階、高さ約212m)で、その右後が「Torch Tower(トーチタワー)」(地上63階、高さ約390m)の建設地となります。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 建設地の空撮

 すぐ近くを飛んでもらって撮影した「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。11月1日から街区内の道路が封鎖され、11月10日から既存ビルの解体工事が始まります。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 解体工事のお知らせ

 現地に設置されている解体工事のお知らせです。解体工期は2020年11月10日〜2022年3月31日で清水建設によって行われます。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 解体工事のお知らせ

 これら27の既存ビルが一気に解体されますが,痢嵬鄲朱券本社 旧館」は保存される計画のため解体されるのは一部だけになるかと思います。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 道路封鎖のお知らせ

 道路封鎖のお知らせです。今度の土曜日がC街区内を歩ける最後のチャンスとなります。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

 2020年10月11日に撮影した「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。「コレド日本橋」の北側、中央通り沿いの「日本橋西川ビル」です。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

 この辺りでは目立つオレンジ色の「日本橋御幸ビル」も解体されます。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

 その隣の「野村證券本社 旧館」は保存される計画となっています。ただ、解体工事のお知らせに含まれているので一部は解体されることになりそうです。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

 昭和通り沿いの既存ビルです。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 たいめいけん

 C街区の路地を入ると「日本橋たいめいけん」がありますがここも解体されます。「日本橋たいめいけん」は10月19日から一時休業していますが、来年3月初旬から日本橋室町の仮店舗で営業再開予定となっています。そして再開発ビルが完成後にはこの地に戻って来る予定となっています。どの街区に店を構えるかは不明です。


日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

 街区内には「コレド日本橋アネックス」もありましたがここも解体されます。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

 街区を封鎖しての解体のため割と早い段階で更地となりそうです。ただ、その後に埋蔵文化財調査があるようです。

■物件概要(C街区)■
事業名:日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業
ホテル名:ウォルドーフ・アストリア東京日本橋
所在地:東京都中央区日本橋1丁目地内
用途:ホテル、オフィス、商業施設、住宅、カンファレンス施設、ビジネス支援施設等
階数:地上52階、地下5階
高さ:284m
敷地面積:約18,990(全体?)
延床面積:約380,300(全体?)
事業主:日本橋一丁目中地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産、野村不動産、野村ホールディングス
設計:日建設計
工期:2021年度着工〜2025年度竣工予定

令和に完成する超高層ビル高さランキングベスト10

10位:八重洲一丁目北地区(235m)


 第10位は令和17年度(2035年度)竣工予定の「八重洲一丁目北地区」(東京都中央区八重洲)。地上45階、地下5階、高さ235mの規模で計画されている。場所は外堀通りと永代通りが交差する「呉服橋交差点」の角地で北側には首都高と日本橋川がある。その首都高地下が前提の再開発であるため竣工予定がまだまだ先の令和17年度となっている。低層部は店舗、機械室、宿泊施設で、中層部から高層部はオフィスフロアとなる。首都高地下化される日本橋川側には2階建ての店舗棟も建設予定である。

八重洲一丁目北地区
イメージパース[出典:内閣府]



10位:西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業(235m)


 同率第10位は令和11年度(2029年度)竣工予定の「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」(東京都新宿区西新宿)。地上65階、地下2階、高さ235mの規模で計画されている。場所は「東京オペラシティタワー」(地上54階、最高高さ234.371m)と「新宿パークタワー」(地上52階、高さ235m)の間で、北棟が約1650戸、南棟が約1550戸となり日本最大のツインタワーのタワーマンションとなる。建築主は西新宿三丁目西地区市街地再開発準備組合で参加組合員として野村不動産、東京建物、住友商事、首都圏不燃建築公社が参画している。

西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想イメージ[出典:野村不動産]



10位:(仮称)芝浦一丁目計画(235m)


 同率第10位は令和5年度(2023年度)と令和11年度(2029年度)竣工予定の「(仮称)芝浦一丁目計画」(東京都港区芝浦)。地上46階、地下5階のS棟と地上47階、地下5階のN棟が高さ235mで計画されている。これは中央が凹んだデザインでお馴染みの「浜松町ビルディング(旧東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)の建替え計画で、まずは低層棟部分の建替えが計画されており、その部分がS棟で令和5年度の竣工予定となっている。その後「浜松町ビルディング」を解体して令和11年度竣工予定のN棟を建設する。両棟とも低層部に商業施設を配置するオフィスビルとなるがS棟の高層部はホテル、N棟の高層部は住宅が計画されている。

(仮称)芝浦一丁目計画
イメージパース[出典:野村不動産]



9位:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区(237.20m)


 第9位は令和5年3月(2023年3月)竣工予定の「虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区」(東京都港区麻布台)。地上54階、地下5階、高さ237.20mとなるタワーマンションが計画されている。タワーマンションとしては高さ日本一の規模であるが、同再開発事業で同時に建設されるB-1街区に抜かれるため高さ日本一の座に着くことはない。森ビルによる再開発で「虎ノ門麻布台ヒルズ」になるのではと言われている。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区
イメージパース[出典:内閣府]



7位:八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業(240m)


 第7位は令和4年8月(2022年8月)竣工予定の「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(東京都中央区八重洲)。地上45階、地下4階、高さ240mの規模で既に建設工事が始まっている。建設地は東京駅の八重洲側の目の前で「中央区立城東小学校」などがあった場所である。そのため東京駅前の超高層ビルであるにも関わらず低層部には再び「中央区立城東小学校」が入ることになっている。7階〜38階はオフィスフロアとなり、40階〜45階には日本初となるブルガリのホテル「ブルガリ ホテル 東京」が入ることになっている。

八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:三井不動産]



7位:八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業(240m)


 同率第7位は令和4年度(2023年度)竣工予定の「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」(東京都中央区八重洲)。地上46階、地下4階、高さ240mの規模で計画されている。同じ高さ240mの「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の南隣の八重洲ブックセンターなどがある区画が計画地である。オフィスビルだが低層部にはインターナショナルスクール、最上部にはサービスアパートメントが計画されている。

八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:内閣府]



6位:東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業(250m)


 第6位は令和7年度(2025年度)竣工予定の「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」(東京都中央区八重洲)。地上50階、地下4階、高さ250mの規模で計画されている。建設地は東京駅の八重洲側の目の前で既に建設が始まっている「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の北隣の区画である。また、同ランキングに八重洲で計画されている超高層ビルがここ以外に3棟入っているが全て同じ外堀通り沿いが計画地となっており将来的には巨大な超高層ビルが建ち並ぶことになる。

東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:東京都]



5位:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区(262.81m)


 第5位は令和5年3月(2023年3月)竣工予定の「虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区」(東京都港区麻布台)。地上64階、地下5階、高さ262.81mとなるタワーマンションが計画されている。高さ262.81mはタワーマンションとしては高さ日本一となる。ただ、同再開発事業で同時に建設されるA街区の高層部は住宅フロアとなるため、住宅フロアとしての高さ日本一とはならない。
※ 当ブログではビルの大部分が住宅フロアである場合のみタワーマンションとして扱い、その他は複合ビルとして扱っています。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区
イメージパース[出典:内閣府]



4位:虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(265.75m)


 第4位は令和5年7月(2023年7月)竣工予定の「(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(東京都港区虎ノ門)。地上49階、地下4階、高さ264.00m、最高高さ265.75mの規模で現在は既存ビルの解体工事が行われている。現在建設中の日比谷線新駅「虎ノ門ヒルズ」駅とは直結となる。「虎ノ門ヒルズ」の中心となる「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)の両隣では「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(地上36階、最高高さ185.415m)と「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)が建設中で、ここが一番最後に完成することになる。

虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
イメージパース[出典:内閣府]



3位:日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業(287m)


 第3位は令和7年度(2025年度)竣工予定の「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」(東京都中央区日本橋)。地上49階、地下5階、高さ287mの規模で計画されている。建設地は「日本橋一丁目三井ビル(コレド日本橋)」の北側の区画である。低層部に店舗や会議室、中層部に事務所、高層部にサービスアパートメントとホテルが計画されている。既に「日本橋一丁目中地区市街地再開発組合」の設立が東京都より認可されおり、参加組合員として三井不動産、野村不動産、野村ホールディングスが参画している。首都高地下化される日本橋側沿いにある「日本橋野村ビル旧館」は歴史的建築物の保全活用により改修予定となっている。

日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:東京都]



2位:虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 A街区(325.24m)


 第2位は令和5年3月(2023年3月)竣工予定の「虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区」(東京都港区麻布台)。地上64階、地下5階、高さ325.24mとなる複合ビルが計画されている。高さ325.41mは竣工時は高さ日本一の超高層ビルとなり日本で2棟目のスーパートール(300m超えの超高層ビル)となる。建設地は「麻布郵便局」跡地のため名称には「JP」が入る可能性がある。低層部は店舗、インターナショナルスクール、中層部はオフィスフロア、そして高層部は住宅フロアとなり住宅としては日本一の高さとなる。イメージパースの東京タワーの右側が同ビルで住宅フロアからは東京タワーの展望台を見下ろすことになる。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区
イメージパース[出典:内閣府]



1位:東京駅前常盤橋プロジェクト B棟(390m)


 第1位は令和9年度(2027年度)竣工予定の「東京駅前常盤橋プロジェクト B棟」(東京都千代田区大手町)。地上61階、地下5階、高さ390mとなる規模で計画されており完成時には高さ日本一の超高ビルとなる。日本で3棟目のスーパートールとなり今のところこの高さを超える超高層ビル計画は出ていない。オフィスビルだが展望台の設置も計画されている。隣のビルはA棟で地上40階、高さ212mとなるが高さ390mの隣では小さく見えてしまう。建設地は東京駅日本橋口前で現在は「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)と「日本ビル」が建っている場所である。

東京駅前常盤橋プロジェクト B棟
イメージパース[現地看板を撮影]



 以上、令和に竣工予定の超高層ビル高さランキングベスト10でした。まだ概要が表に出ていないためこのランキングに載せられませんでしたが、第二六本木ヒルズ(六本木5丁目西地区)は300mを超えると昔から言われています。また、概要が発表になってから建設が始まるまでに規模縮小されることも多々あります。逆に規模拡大もありますが滅多にありません。そしてまだ表に出ていない再開発計画も多数存在すると思います。この高さランキングで最も遅い竣工予定は令和17年度(2035年度)ですが、その頃にはもっと凄い超高層ビルが既に建設されていたり、計画が出ていてこのランキングは懐かしい物になっていればいいなと思います。

追記
 大阪の高さ275mの「夢洲駅タワービル」は?といったコメントがありましたが、構想段階のはランキングには入れていません。正式に決まれば載せれるんですけどね。

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク