超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

日本医科大学武蔵小杉病院

武蔵小杉に三菱地所レジによる50階建てツインタワマン「日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画」の既存建物解体状況(2022.3.25)

学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 武蔵小杉で計画されている地上50階、高さ約180mのツインタワーマンション「学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画(C地区)」の計画地です。2022年3月25日に敷地南西側から撮影しました。現地では背後に移転した日本医科大学 武蔵小杉病院の解体工事がフジタによって行われています。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 跡地には地上50階、高さ約180m、2棟合わせた延床面積17万4800屐¬1500戸のツインタワーマンションが2026年2月28日竣工予定で建設されます。事業者は三菱地所レジデンスと大成建設の予定ですが、解体工事をフジタが行っていることから変更になっている可能性もあります。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 解体中の日本医科大学 武蔵小杉病院です。左上にちらっと見えているのが移転先です。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 先に解体された場所はほぼ更地になっています。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 ここが解体されると2万178.29屬旅大な更地が出現します。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 解体工期は2023年4月15日までとなっていますが夏にはほぼ更地になっていそうです。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 敷地北西側から撮影。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 敷地北東側から撮影。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 日本医科大学 武蔵小杉病院だったことがまだわかる状態でした。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 敷地南東側から撮影。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 こちらの棟はもうすぐ地上から姿を消しそうでした。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 計画地越しには「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズ」(地上53階、高さ178.90m)のツインタワーが見えるようになっています。三井のツインタワーに対してこちらには三菱によるほぼ同じ高さのツインタワーが建設されることになります。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 2019年1月にセスナから撮影した武蔵小杉のタワーマンション群です。赤い網掛けをした場所が「学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画(C地区)」の計画地です。武蔵杉野タワーマンション群の中で一番北側に位置しています。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画
土地計画図[出典:川崎市]

 かなり前に川崎市より公開された環境影響評価方法書に掲載された配置図です。B地区が「日本医科大学 武蔵小杉病院」の移転先で、C地区が現在解体工事が行われている「日本医科大学 武蔵小杉病院」です。武蔵小杉駅は図の右下の方で徒歩3分程度の距離です。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画
断面図[出典:川崎市]

 断面図です。両棟の間には健康増進施設(スポーツクラブ?)や店舗が配置されます。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。B地区の病院移転も含まれているので工期が長くなっています。

■物件概要■
計画名:学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画(C地区)
所在地:神奈川県川崎市中原区小杉町一丁目304番2ほか48筆
用途:共同住宅等
総戸数:約1500戸
階数:地上50階、地下1階
高さ:約180m
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,178.29
建築面積:10,500
延床面積:174,800
建築主:日本医科大学
事業者:三菱地所レジデンス、大成建設
設計者:未定
施工者:未定
工期:2026年2月28日竣工予定

武蔵小杉に建設される50階建てツインタワマン「日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画」の既存建物解体状況(2021.12.30)

学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 2019年1月にセスナから撮影した武蔵小杉のタワーマンション群です。赤い網掛けをした場所では地上50階、高さ約180mのツインタワーマンション「学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画」が計画されています。

 赤い網掛けが日本医科大学武蔵小杉病院で、その左が日本医科大学グラウンドですが、日本医科大学武蔵小杉病院がそのグラウンドがあった場所に移転しています。現在は元々あった日本医科大学武蔵小杉病院が解体中で、跡地には2棟合わせて17万4800屐¬1500戸のツインタワーマンションが2026年2月28日竣工予定で建設されます。

 写真中央あたりのツインタワーは「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」(地上53階、高さ178.90m)ですが、これと同じくらいの高さのツインタワーが建ち並ぶことになります。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画
土地計画図[出典:川崎市]

 かなり前に川崎市より公開された環境影響評価方法書の配置図です。図の上のB地区が「日本医科大学 武蔵小杉病院」の移転先で、C地区が現在解体工事中の「日本医科大学 武蔵小杉病院」がある場所です。武蔵小杉駅は図の右下の方で徒歩3分程度の距離です。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画
断面図[出典:川崎市]

 断面図です。両棟の間にある健康増進施設はスポーツクラブかと思います。ただ、情報が古いので色々と変わっている可能性があります。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 2021年12月30日に「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」のデッキから撮影した「学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画」の計画地です。日本医科大学武蔵小杉病院が解体中です。以前の情報だと事業者は三菱地所レジデンスと大成建設とされていましたが、解体工事はフジタによって2023年4月15日までの工期で行われています。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 この角地には2階建ての駐車場がありましたが既に解体されています。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 敷地面積は20,178.29屬塙いですが、5階建て程度の建物しかないので更地になるのは早そうです。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 背後の建物には解体用の足場が組まれていました。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 さらに背後の建物は足場を組んでいる途中のようでした。



日本医科大学武蔵小杉病院

 そのさらに背後には駐車場があり、その駐車場と道路を挟んだ場所に移転した日本医科大学武蔵小杉病院があります。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 日本医科大学武蔵小杉病院前の交差点から撮影。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 背後のツインタワーマンションが「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」です。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 解体が終わると「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」がキレイに見えそうです。



日本医科大学 武蔵小杉病院



日本医科大学 武蔵小杉病院

 武蔵小杉駅に一番近い棟では建物本体の解体工事が行われていました。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 武蔵小杉には複数路線が乗り入れており、一番近いのはJR南武線「武蔵小杉」駅で徒歩3分程度かと思います。その次に近いの東急東横線・目黒線「武蔵小杉」駅、そしてJR横須賀線「武蔵小杉」駅といった順になっています。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。B地区の病院移転も含まれているので工期が長くなっています。

■物件概要■
計画名:学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画(C地区)
所在地:神奈川県川崎市中原区小杉町一丁目304番2ほか48筆
用途:共同住宅等
総戸数:約1500戸
階数:地上50階、地下1階
高さ:約180m
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,178.29
建築面積:10,500
延床面積:174,800
建築主:日本医科大学
事業者:三菱地所レジデンス、大成建設?
設計者:未定
施工者:未定
工期:2026年2月28日竣工予定

地上50階、高さ180mツインタワーマンション「日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画」の建設地の様子(2020.06.27)

学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 2019年1月にセスナから撮影した武蔵小杉のタワーマンション群です。数日前に載せた「コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス(Kosugi 3rd Avenue The Residence)」(地上38階、最高高さ142m)で武蔵小杉のタワーマンション建設ラッシュは一旦途切れますが、次は赤い網掛けをした場所で「学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画」が始まります。

 同再開発は隣へ移転する「日本医科大学 武蔵小杉病院」跡地の再開発で地上50階、高さ約180m、延べ17万4000屐¬1500戸のツインタワーのタワーマンションが建設されます。事業者は三菱地所レジデンスと大成建設が予定されています。

 写真中央あたりのツインタワーは「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズ」(地上53階、高さ178.90m)で、これと同じくらいのツインタワーが2026年2月28日竣工予定で建設されます。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画
土地計画図[出典:川崎市]

 約5年前に公開された環境影響評価方法書に掲載されていた配置図です。図の上のB地区が「日本医科大学 武蔵小杉病院」の移転先で、C地区が現在の「日本医科大学 武蔵小杉病院」がある場所です。移転が完了すると病院は解体され南北に並ぶツインタワーマンションが建設されます。

 武蔵小杉駅は図の右下の方で駅前立地ではありませんが徒歩数分の距離です。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画
断面図[出典:川崎市]

 断面図です。健康増進施設はスポーツクラブのことでしょうか?計画が変わっていなければ店舗等も入る建物となります。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 2020年6月27日に撮影した「学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画」の計画地です。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 「日本医科大学 武蔵小杉病院」は移転前のため解体等はまだ始まっていません。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 こちらが病棟でしょうか?軽くググってみてもよくわかりませんでした(^^;)



日本医科大学 武蔵小杉病院

 武蔵小杉駅からは遠い側から撮影。右奥に見えているタワーマンションが「コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス」(地上38階、最高高さ142m)です。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 隣で建設中の「日本医科大学 武蔵小杉病院」の移転先です。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 2021年7月末竣工、グランドオープンは2021年秋の予定です。



日本医科大学 武蔵小杉病院
完成予想図[出典:日本医科大学]

 ここが完成し移転が完了したら、いよいよ三菱地所レジデンスによるツインタワーの建設が始まります。



建設反対

 ちなみに隣には建設反対の旗が出ていました。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。病院建設も含まれているので工期が物凄く長くなっています。

■物件概要■
計画名:学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画(C地区)
所在地:神奈川県川崎市中原区小杉町一丁目304番2ほか48筆
用途:共同住宅等
総戸数:約1500戸
階数:地上50階、地下1階
高さ:約180m
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,178.29
建築面積:10,500
延床面積:174,800
建築主:日本医科大学
事業者:三菱地所レジデンス、大成建設
設計者:未定
施工者:未定
工期:2026年2月28日竣工予定

武蔵小杉に高さ180mツインタワーが2つ「(仮称)小杉町二丁目開発計画」と「(仮称)日本医科大学武蔵小杉開発計画」

(仮称)小杉町二丁目開発計画

(仮称)小杉町二丁目開発計画 A地区
 武蔵小杉駅近くのJX日鉱日石エネルギーの社宅跡地の再開発「(仮称)小杉町二丁目開発計画 A地区」(地上54階、高さ180m)です。3月末に見に行ったときはまだ社宅の解体中でしたが、今は解体は終わっていました。

(仮称)小杉町二丁目開発計画 A地区
 敷地の中を覗いてもこの通り綺麗な更地になっていました。ただ、現地に掲示されている事業計画のお知らせでは8月1日着工予定となっており、この撮影した8月2日時点では着工した気配はありませんでした。

(仮称)小杉町二丁目開発計画 B地区
 こちらは「(仮称)小杉町二丁目開発計画 B地区」(地上54階、高さ180m)です。A地区と合わせて高さ180mのツインタワーとなります。多数のタワーマンションが建つ武蔵小杉ですが、このツインタワーが建てばよりタワーマンション群が大きくなるので、遠方から見たときにどう見えるのか今から楽しみです。

(仮称)小杉町二丁目開発計画 事業計画のお知らせ
 「(仮称)小杉町二丁目開発計画」の事業計画のお知らせです。

■(仮称)小杉町二丁目開発計画の物件概要■
計画名:(仮称)小杉町二丁目開発計画
所在地:川崎市中原区小杉町二丁目228番1ほか4筆
用途:店舗、事務所、集会所、保育所、共同住宅

--- A地区 ---
総戸数:640戸
階数:地上54階、地下1階
高さ:180.00m
敷地面積:8,480.00
建築面積:5,550.00
延床面積:69,130.00

--- B地区 ---
総戸数:640戸
階数:地上54階、地下1階
高さ:180.00m
敷地面積:8,650.00
建築面積:5,160.00
延床面積:70,170.00

構造:RC造、一部S造
事業主:三井不動産レジデンシャル、JX日鉱日石不動産
設計:竹中工務店
施工:竹中工務店
工期:2014年8月1日着工〜2017年7月末日竣工予定

(仮称)日本医科大学武蔵小杉開発計画

(仮称)日本医科大学武蔵小杉開発計画
 「(仮称)小杉町二丁目開発計画 A地区」の敷地の斜め向かい(北東)の「日本医科大学武蔵小杉病院」です。この場所にも三菱地所と大成建設によって高さ180mのツインタワーのタワーマンション計画「(仮称)日本医科大学武蔵小杉開発計画」があります。ツインタワーが2つ並ぶ姿はかなり目立ちそうですね。位置図や他の計画などは以下の資料に載っています。

▼川崎市:まちづくり委員会資料:2014年4月18日
日本医科大学病院跡地の超高層マンション建設計画に関する陳情


超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク