超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

新高島

高層部はホテル!地上30階「(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画」が国土交通大臣の民間都市再生事業計画に認定!

(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画
完成予想図[出典:横浜市]

 みなとみらい21地区53街区の開発事業「(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画」が2020年3月10日に国土交通大臣の民間都市再生事業計画の認定を受けました。事業者は大林組、ヤマハ、京浜急行電鉄、日鉄興和不動産、みなとみらい53EAST合同会社で、2021年4月1日〜2024年3月31日が施工期間となっています。

 発表と同時に最新の完成予想図も公開されましたが、発表当初と比べると配置や形はほぼ同じでデザインや広場部分などが変わっています。左が地上16階のEAST棟、右が地上30階のWEST棟でWEST棟の高層部はホテルとなります。

※民間都市再生事業計画とは、国土交通大臣が定める基準を満たした公共施設の整備を伴う民間都市開発事業で、国土交通大臣の認定を受けた計画のことで不動産取得税、固定資産税等の税制優遇等を受けることができるとのことです。

▼横浜市:記者発表資料(2020年3月10日)
みなとみらい21地区53街区の開発事業が、国土交通大臣の民間都市再生事業計画の認定を受けました

▼国土交通省:報道発表資料(2020年3月10日)
民間都市再生事業計画((仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画)を認定
〜高品質なオフィスやホテルを整備し、国際競争力を強化〜




(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画
完成予想図[出典:大林組]

 こちらは事業予定者選定時に公開された当初の完成予想図です。見比べると色々と違いがあります。

 当初はWEST棟が地上28階、塔屋2階、高さ153m、EAST棟が地上15階、塔屋2階、高さ85.5mで発表されていましたが、今回の発表ではWEST棟が地上30階、塔屋2階、地下1階、EAST棟が地上16階と変更になっています。延べ床面積は182,825屬ら182,864.84屬半しだけ数値が変わっています。高さは今回の資料に記載はありませんでした。

 当初の完成予想図にはアンテナのような尖塔が両側にありましたが今回の完成予想図ではありません。その部分も高さに含まれていたならば大きく変わりそうですがどうなんでしょうね?当ブログでは高さが判明するまでは当初の高さで記載することにします。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画
概要図[出典:横浜市]

 各棟のフロア構成は以下の通りとなっています。

▼WEST棟
26〜30階:ホテル
5〜24階:オフィス
4階:全体共用
3階:店舗・にぎわい施設
2階:アトリウム・店舗・にぎわい施設
1階:アトリウム・店舗・駐車場

▼EAST棟
16階:全体共用
5〜15階:オフィス
4階:全体共用
3階:オフィス・店舗
2階:店舗
1階:店舗・オープンイノベーションスペース・駐車場


(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画
完成予想図[出典:国土交通省]

 同開発事業では隣接街区からのペデストリアンデッキを延伸して事業区域内に引き込み、既存歩道橋を撤去・新設して歩行者ネットワークを向上させます。

 これはそのペデストリアンデッキと接続されるWEST棟とEAST棟の間のアトリウム部分かと思います。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画
周辺状況図[出典:横浜市]

 このようにペデストリアンネットワークが強化され横浜駅から道路を渡ることなくグランモールまで行けるようになります。各線の「横浜」駅までは徒歩7分の距離ですが、みなとみらい線「新高島」駅は目の前で徒歩1分の距離です。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 約1年ちょっと前にセスナから撮影した「(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画」の計画地です。以前は「横浜BLITZ」などがあった場所です。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 2020年2月8日に現地で撮影した「(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画」の計画地です。背後のオフィスビルは清水建設による「横浜グランゲート」(地上18階、高さ98.5m)です。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 その手前のこの空き地が計画地です。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 近くの歩道橋から撮影。ここが撤去・新設される歩道橋かと思います。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 今は計画地内を斜めに横切る通路がありますが、開発が始まるとこの通路も撤去され新しくビルができるまでは車道側の歩道を通ることになりそうです。



横浜グランゲート

 「横浜グランゲート」の手前の空き地に柵があるのでここが敷地の境目かと思います。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 「横浜ランドマークタワー」からの眺めです。この中央あたりに「(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画」が建設されることになります。

■物件概要■
事業名:(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画
街区:みなとみらい21中央地区53街区
所在地:横浜市西区みなとみらい五丁目1番1 他
用途:事務所、ホテル、飲食店舗、物販店舗、集会場、サービス業を営む店舗、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上30階、塔屋2階、地下1階(WEST棟)、地上16階、塔屋2階(EAST棟)
高さ:153m(WEST棟)、85.5m(EAST棟)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,620.33
建築面積:14,505,00
延床面積:182,864.84
事業主:大林組、京浜急行電鉄、新日鉄興和不動産、ヤマハ、みなとみらい53EAST合同会社
工期:2021年4月1日着工〜2024年3月31日竣工予定

みなとみらい21中央地区53街区の開発事業者が大林組(代表)グループに決定!地上28階、高さ153mなど総延べ面積182,825屬粒発!

みなとみらい21中央地区53街区
EAST棟(左)、WEST棟(右)[出展:大林組]

 横浜市が開発事業者を公募していた「みなとみらい21中央地区53街区」の事業予定者に大林組、京浜急行電鉄、新日鉄興和不動産、ヤマハの4社で構成する企業グループを選定しました。敷地面積は20,620.33屬播效呂稜箋儔然覆216億6371万8698円。総投資額は約1100億円の開発となります。

 「みなとみらい21中央地区53街区」はWEST棟とEAST棟の2棟構成で両棟合わせた延べ面積は182,825屬燃陛錣粒詰廚楼焚爾猟未蠅箸覆辰討い泙后

 WEST棟は地上28階、塔屋2階、高さ153mでフロア構成は1〜2階が店舗、オープンアトリウム、3階がカンファレンス、小ホール等、4階が全体共用、5〜8階が自社オフィス、9〜24階が賃貸オフィス、25〜28階がホテルとなります。

 EAST棟は地上15階、塔屋2階、高さ85.5mでフロア構成は1〜3階が店舗、3階がオープンイノベーションスペース、4〜15階がオフィスとなります。

▼大林組:ニュース(2019年3月28日)
「みなとみらい21中央地区53街区」の事業予定者に選定されました

▼横浜市(2019年3月28日)
53街区について


みなとみらい21中央地区53街区
みなとみらい21中央地区53街区 完成イメージ[出展:大林組]

 この完成イメージがオープンアトリウムでしょうか?広々とした空間も整備されます。


みなとみらい21中央地区53街区
みなとみらい21中央地区53街区 完成イメージ[出展:大林組]

 最近のみなとみらいは各街区の開発がどんどん決定していっていますが、高さ100mくらいまで多くちょっと寂しい感じでしたが、高さ153mということでみなとみらいの超高層ビル群がどう変わるのか楽しみです。


みなとみらい21中央地区53街区
位置図[出展:大林組]

 「みなとみらい21中央地区53街区」の場所はこのようにみなとみらい線「新高島」駅のすぐ上です。また、横浜駅から「新高島」駅の目の前までペデストリアンデッキが続いていますが延伸されます。2020年12月着工、2023年11月竣工予定となっています。


みなとみらい21中央地区53街区

 2019年1月27日のみなとみらいの空撮です。赤く網掛けをした場所が「みなとみらい21中央地区53街区」の建設地です。以前は「横浜BLITZ」などがあった場所です。


みなとみらい21中央地区53街区

 かなり空き地が減ってきましたが、全ての街区が完成するのはいつになるんでしょうね?気が付けばかなり巨大な超高層ビル群へと成長しています。


みなとみらい21中央地区53街区

 2019年2月2日に撮影した「みなとみらい21中央地区53街区」の建設地です。右側で建設中の「横浜グランゲート」(地上18階、高さ98.5m)の目の前です。


みなとみらい21中央地区53街区

 今はこのように草原となっています。


みなとみらい21中央地区53街区

 このように「新高島」駅からグランモール軸に繋がる歩道がありますが、位置図を見る限りではここも計画地内で右側のフェンスまでが敷地かと思います。

■物件概要■
街区:みなとみらい21中央地区53街区
所在地:横浜市西区みなとみらい五丁目1番1 他
用途:事務所、店舗、ホテル等
階数:地上28階、塔屋2階(WEST棟)、地上15階、塔屋2階(EAST棟)
高さ:153m(WEST棟)、85.5m(EAST棟)
敷地面積:20,620.33
延床面積:182,825
事業主:大林組、京浜急行電鉄、新日鉄興和不動産、ヤマハ
工期:2020年12月着工〜2023年11月竣工予定

空撮あり!高さ約100m「横浜グランゲート」の建設状況(2019.2.2)

横浜グランゲート
 2019年1月27日にセスナから撮影した横浜みなとみらい21で建設中の「横浜グランゲート」(地上18階、高さ98.5m)です。黒っぽく見えるガラスカーテンウォールと青い養生ネットで覆われているため目立っていました。

横浜グランゲート
 2月2日に「横浜ランドマークタワー」の展望台から撮影した「横浜グランゲート」です。横幅のある1フロアが大きなオフィスビルです。

横浜グランゲート
 少し広角で撮影。写真左上あたりが横浜駅です。ペデストリアンデッキや地下通路で直通徒歩7分です。また建設地はみなとみらい線「新高島」駅の直上となります。

横浜グランゲート
 横浜駅側から見た「横浜グランゲート」です。

横浜グランゲート
 建築主、設計、施工が全て清水建設のオフィスビルです。

横浜グランゲート

横浜グランゲート

横浜グランゲート
 最後に別角度からの空撮です。いつも横浜ランドマークタワーから眺めているので、こちら側から見るみなとみらいの超高層ビル群はまた違った感じに見えますね。

横浜グランゲート 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。現在は公式サイトが見れなくなっていますが、下記の数値は公式サイトの数値を優先したものだったと思います(前回の記事のコピペです)。

■物件概要■
名称:横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)
計画名:(仮称)MM21-54街区プロジェクト
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい五丁目1番16他
用途:事務所、店舗、保育所、集会所、駐車場
階数:地上18階、塔屋2階
高さ:約98.5m
構造:鉄骨造(免震構造)
開発面積:13,503.78
建築面積:約6,700
延床面積:約100,000
事業主:清水建設
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2017年8月1日着工〜2020年3月竣工予定

高さ約100m「横浜グランゲート」の建設状況(2018.7.21)

横浜グランゲート
 横浜みなとみらい21地区の54街区で建設中の「横浜グランゲート」(地上18階、高さ98.5m)です。タワークレーン4基が設置され鉄骨が組まれ始めていました。これは横浜駅(徒歩7分)へと繋がるペデストリアンデッキから撮影しています。

横浜グランゲート
 高さは約100mでそれほど高くはありませんが、このように横幅のある板状のビルとなります。

横浜グランゲート
 ここのペデストリアンデッキから見るみなとみらいのタワーマンション群が好きでしたが少し移動しないと全景が見えなくなりそうです。

横浜グランゲート
 地上から撮影。左下はみなとみらい線「新高島」駅への出入口で「横浜グランゲート」は「新高島」駅の直上に位置しています。

横浜グランゲート
 かつて「横浜BLITZ」があった場所から撮影。左のビルは「富士ゼロックス R&D スクエア」(地上20階、高さ99.9m)でこれとほぼ同じ高さとなります。

横浜グランゲート
完成予想図[出典:公式HP(清水建設)]

 同方向から見た完成予想図です。広場や新たなペデストリアンデッキも整備されます。建築主、設計者、施工者の全てが清水建設のオフィスビルです。


横浜グランゲート
 「横浜ランドマークタワー」から見た「横浜グランゲート」です。

みなとみらい
 周辺の超高層ビル群と一緒に撮影。あちこちで工事中だったり、または計画が決定しており空き地が随分と少なくなってきています。

■物件概要■
名称:横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)
計画名:(仮称)MM21-54街区プロジェクト
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい五丁目1番16他
用途:事務所、店舗、保育所、集会所、駐車場
階数:地上18階、塔屋2階
高さ:約98.5m
構造:鉄骨造(免震構造)
開発面積:13,503.78
建築面積:約6,700
延床面積:約100,000
事業主:清水建設
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2017年8月1日着工〜2020年3月竣工予定

高さ114m「(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト」の建設地の様子(2018.7.21)

(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト
完成予想図[出典:みなとみらいエリアマネジメント]

 みなとみらい21地区58街区に建設される「(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト」(地上21階、高さ114m)の完成予想図です。鹿島建設、三井住友海上火災保険、住友生命保険相互の3社の企業グループが事業者で鹿島建設が代表企業となっています。

 フロア構成は1階が飲食、物販店舗、2階がプラネタリウム、デジタルプラネットカフェ、保育所、3階がイノベーターズコミュニティラウンジ、インキュベートオフィス、カンファレンススクエア、アーバンテラス、4階がクリニックモール、5階〜21階がオフィスフロアとなります。完成予想図ある球体がプラネタリウム部分かと思われます。

▼横浜市:横浜市記者発表資料(2017年10月20日)
みなとみらい21地区58街区の事業予定者を決定しました


(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト
 「(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト」の建設地です。みなとみらい線「新高島」駅のすぐ近くです。

(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト
 今はまだこのように草原となっていますが現地には開発事業のお知らせが設置されていました。背後の4階建ての建物は2018年4月1日創立の「みなとみらい本町小学校」です。

みなとみらい
 「横浜ランドマークタワー」からの眺めです。現在のみなとみらいは複数の開発事業が同時に行われていますが「(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト」は写真中央あたりです。

(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト
 ほとんど敷地は見えませんがこのタワークレーンの左側の一帯が建設地です。そのタワークレーンは「京急グループ本社ビル」(地上18階、高さ85.55m)です。

(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト 開発事業のお知らせ
 現地に設置されていた開発事業のお知らせです。

(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト 開発事業のお知らせ
 土地利用計画図です。敷地が斜めに切られている箇所の地下には高島線(貨物線)を通っているものと思われます。

■物件概要■
仮称:(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト
所在地:神奈川県横浜市西区高島一丁目2番50ほか
用途:業務、商業、文化交流施設
階数:地上21階、地下1階
高さ:114m
敷地面積:9,308.92
建築面積:6,600
延床面積:86,000
建築主:鹿島建設、三井住友海上火災保険、住友生命保険相互
設計者:鹿島建設
施行者:鹿島建設
工期:2019年4月着工〜2021年7月竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク