超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

新川崎

パークタワー新川崎の建設状況(2016.5.7)

パークタワー新川崎
 新川崎駅と鹿島田駅の中間に建つタワーマンション「パークタワー新川崎」(地上47階、高さ165m)です。一部まだネットが付いている部分がありますが、マンションの住宅フロア部の外観は完成しているように見えました。

パークタワー新川崎
 「パークタワー新川崎」は2014年3月に施工ミスが発覚したため一部再施工することとなり販売を一旦休止していましたが、今年の4月から販売が再開しています。

パークタワー新川崎
 鹿島田駅と新川崎駅を結ぶペデストリアンデッキから撮影。低層部はまだ工事中ですが完成に近づいています。

パークタワー新川崎
 下から見るとこのような感じです。

パークタワー新川崎
 ペデストリアンデッキは「パークタワー新川崎」を通って両駅を繋ぐことになりますが、今はまだ工事中のため一旦歩道に降りないといけません。

パークタワー新川崎
 下から見るとこのような感じです。

パークタワー新川崎
 上の写真は鹿島田駅側でしたがこちらは新川崎駅側です。

パークタワー新川崎
 ここは駐車場の出入口ですかね。

パークタワー新川崎
 商業施設の「新川崎スクエア」と「パークタワー新川崎」です。鹿島田駅と新川崎駅を繋ぐペデストリアンデッキは「パークタワー新川崎」とこの「新川崎スクエア」も使って繋がります。

新川崎の超高層ビル群
 新川崎駅前から見た新川崎の超高層ビル群です。「パークタワー新川崎」がこの地域の最高層となります。

新川崎の超高層ビル群
 「横浜スカイビル」(地上30階、高さ132m)の29階にある北海道から撮影した新川崎方面です。高さ関係がよくわかります。

新川崎の超高層ビル群
 「横浜ランドマークタワー」(地上70階、高さ296m)の69階にある展望台から撮影した新川崎方面です。右手前のタワーは通称「三ツ池タワー」で高さ150mの「テレビ神奈川無線中継所」です。

■パークタワー新川崎の物件概要■
名称:パークタワー新川崎
計画名:(仮称)鹿島田駅西部地区第一種市街地再開発施設建築物 住宅棟
所在地:神奈川県川崎市幸区鹿島田1-1201番(地番)
用途:集合住宅・駐車場
総戸数:670戸(事業協力者戸数12戸含む、他に店舗3区画、事業協力者用店舗16区画)
階数:地上47階、地下2階(建築計画のお知らせでは地上46階)
高さ:165m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
敷地面積:6,131.20
建築面積:4,813.52
延床面積:76,064.73
建築主:鹿島田駅西部地区再開発
売主:三井不動産レジデンシャル
設計者:松田平田設計
施工者:清水建設
工期:2012年4月15日着工〜2016年10月上旬竣工予定
入居:2017年1月中旬入居予定

パークタワー新川崎の建設状況(2016.2.28)

パークタワー新川崎
 新川崎駅と鹿島田駅の中間くらいで建設中の分譲のタワーマンション「パークタワー新川崎」(地上47階、高さ165m)です。鹿島田駅前のペデストリアンデッキから撮影しました。まだタワークレーンは設置されたままでしたが塔屋の外観も完成しているように見えました。

 ここは施工ミスが発覚したため一部解体・撤去して再施工したため一旦販売が休止されていましたが、今年になってようやく一般販売が再開されることとなりました。販売予定時期が当初の3月中旬から4月上旬へと変更となっていますがモデルルームも公開となっています。

 また、当時と今では建築価格も高騰しているため、販売休止前よりは分譲価格が高くなっているようですが、ビックリするような値上がりはあまりないようです。最近は施工ミスのニュースを見かけることが多いですが、他とは違ってここはしっかりと再施工しているので何ら心配することはないかと思います。

パークタワー新川崎
 左のペデストリアンデッキは鹿島田駅から続いており「パークタワー新川崎」へ繋がります。

パークタワー新川崎
 「パークタワー新川崎」との接続部分です。

パークタワー新川崎
 この裏側を通って新川崎駅へと接続します。つまり鹿島田駅と新川崎駅がペデストリアンデッキで繋がることとなります。

パークタワー新川崎
 そのペデストリアンデッキを降りた場所から見上げた「パークタワー新川崎」です。

パークタワー新川崎
 これは新川崎駅側から見た「パークタワー新川崎」です。手前の商業施設は「新川崎スクエア」で、ここも鹿島田駅と新川崎駅を繋ぐ通路の一部となります。

パークタワー新川崎
 新川崎駅駅前から撮影。東京都心の電車のように5分待てば来るような駅ではありませんが、新川崎駅からは横浜にも東京都心にも一本で行けるので便利です。

パークタワー新川崎
 最上部にズームです。屋上には共用施設としてスカイデッキが設置されます。他にも25階には眺望ラウンジ「スカイリビング」やゲストルームが設置されます。

■パークタワー新川崎の物件概要■
名称:パークタワー新川崎
計画名:(仮称)鹿島田駅西部地区第一種市街地再開発施設建築物 住宅棟
所在地:神奈川県川崎市幸区鹿島田1-1201番(地番)
用途:集合住宅・駐車場
総戸数:670戸(事業協力者戸数12戸含む、他に店舗3区画、事業協力者用店舗16区画)
階数:地上47階、地下2階(建築計画のお知らせでは地上46階)
高さ:165m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
敷地面積:6,131.20
建築面積:4,813.52
延床面積:76,064.73
建築主:鹿島田駅西部地区再開発
売主:三井不動産レジデンシャル
設計者:松田平田設計
施工者:清水建設
工期:2012年4月15日着工〜2016年10月上旬竣工予定
入居:2017年1月中旬入居予定

パークタワー新川崎は3月中旬から販売再開!

パークタワー新川崎
 「パークタワー新川崎」(地上46階、高さ165m)の公式HPが再開しました。「パークタワー新川崎」は4階部分に充填材を注入しないまま5、6階(一部7階)を施工したため、4階部分の柱や梁のコンクリートにクラック、剥離が発生するという施工ミスが2014年3月に発覚。そのため4階まで解体・撤去して再施工することとなり、それと同時に販売も停止されていました。

 その後は順調に工事が進み最上階まで達していましたが、その間に販売停止する前に契約した人との再契約が進められ、そしてようやく今回の一般販売再開となりました。第3期1次として今年の3月中旬に販売開始予定です。まだ販売価格は出ていませんが、当時と今では建築費が高騰しているのでどのくらいの価格帯になるのか注目です。

▼パークタワー新川崎:公式HP
http://www.31sumai.com/mfr/F9907/

パークタワー新川崎
 公式HPに掲載されていた「パークタワー新川崎」の完成予想図です。新川崎エリアでは最高層となります。建物の足元の右側は一足先に完成・オープンした商業施設の「新川崎スクエア」です。

 その「新川崎スクエア」も通ることとなりますが、JR横須賀線&湘南新宿ラインの新川崎駅と、JR南武線の鹿島田駅までがペデストリアンデッキで直結となります。新川崎駅までは徒歩3分、鹿島田駅までは徒歩4分と両駅とも近く、行き先によって使い分けることができます。

パークタワー新川崎
 以前、載せた写真ですが1月4日の「パークタワー新川崎」です。

パークタワー新川崎
 既に最上階まで達していました。

パークタワー新川崎
 公式HPに掲載されていた共用施設一覧です。屋上にはスカイテラス、25階にはビューラウンジのスカイリビング、ゲストルームが設置されます。またペデストリアンデッキと繋がる3階にはフロントエントランスがあり、スタディルームなどの共用施設も設置されます。

■パークタワー新川崎の物件概要■
名称:パークタワー新川崎
計画名:(仮称)鹿島田駅西部地区第一種市街地再開発施設建築物 住宅棟
所在地:神奈川県川崎市幸区鹿島田1-1201番(地番)
用途:集合住宅・駐車場
総戸数:670戸(事業協力者戸数12戸含む、他に店舗3区画、事業協力者用店舗16区画)
階数:地上47階、地下2階
高さ:165m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
敷地面積:6,131.20
建築面積:4,813.52
延床面積:76,064.73
建築主:鹿島田駅西部地区再開発
売主:三井不動産レジデンシャル
設計者:松田平田設計
施工者:清水建設
工期:2012年4月15日着工〜2016年10月竣工予定
入居:2017年1月中旬予定

上棟したパークタワー新川崎の建設状況(2016.1.4)

パークタワー新川崎
 鹿島田駅と新川崎駅の間で建設中の「パークタワー新川崎」(地上46階、高さ165m)です。鹿島田駅前のペデストリアンデッキから撮影しました。

パークタワー新川崎
 最上部にズームです。既に塔屋も含めて上棟しているようでした。「パークタワー新川崎」は一部解体撤去して工事をやり直したため、一旦販売を中止しして再契約が進められましたが、残りの住戸の再販はまだ始まっていないようです。再販される住戸と再契約した住戸の価格差がどれくらいになるのか注目ですね。工事やり直しの費用は施工会社が負担すると思いますが、昨今の建築費高騰分の価格は上乗せされるのかなと思っています。

パークタワー新川崎
 鹿島田駅から続くペデストリアンデッキです。今は「パークタワー新川崎」の目の前で途切れていますがこの先へと繋がります。

パークタワー新川崎
 「パークタワー新川崎」の裏側を通って通路は続いていきます。

パークタワー新川崎
 「パークタワー新川崎」と商業施設の「新川崎スクエア」を結ぶ部分です。

パークタワー新川崎
 その「新川崎スクエア」越しに見た「パークタワー新川崎」です。この「新川崎スクエア」を通ってそのまま新川崎駅へと繋がります。

パークタワー新川崎
 その新川崎駅前から見た「パークタワー新川崎」です。背後のツインタワーは「新川崎三井ビルディング」(地上31階、最高高さ134m)です。

■パークタワー新川崎の物件概要■
名称:パークタワー新川崎
計画名:(仮称)鹿島田駅西部地区第一種市街地再開発施設建築物 住宅棟
所在地:神奈川県川崎市幸区鹿島田1-1201番(地番)
用途:集合住宅・駐車場
総戸数:670戸
階数:地上46階、地下2階
高さ:165m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
敷地面積:6,131.20
建築面積:4,813.52
延床面積:75,913.56
建築主:鹿島田駅西部地区再開発
売主:三井不動産レジデンシャル
設計者:松田平田設計
施工者:清水建設
工期:2012年4月15日着工〜2016年12月20日竣工予定

パークタワー新川崎の建設状況(2015.10.24)

パークタワー新川崎
 新川崎駅前から見た建設中の「パークタワー新川崎」(地上46階、高さ165m)です。撮影時点で何階まで達しているのかはわかりませんが最上階近くまで来ていると思います。

パークタワー新川崎
 「パークタワー新川崎」は施工ミスがあり一部解体撤去してやり直したため工期が大幅に遅れ、それに伴い販売も一旦中止されました。その後は当時契約していた人の再契約が進められました。そろそろ残りの住戸が再販されるのではと言われています。

パークタワー新川崎
 商業施設の「新川崎スクエア」越しに見た「パークタワー新川崎」です。

パークタワー新川崎
 「新川崎スクエア」から見上げてみました。

パークタワー新川崎
 「パークタワー新川崎」の低層部です。この辺りから「新川崎スクエア」を通って新川崎駅まで行けるデッキが建設されます。また、マンションの裏を通る感じで鹿島田駅方面にもペデストリアンデッキが建設される予定となっています。

パークタワー新川崎
 鹿島田駅前のペデストリアンデッキから撮影。鹿島田駅から新川崎駅までペデストリアンデッキで繋がりますが、残りは「パークタワー新川崎」あたりだけとなっています。

■パークタワー新川崎の物件概要■
名称:パークタワー新川崎
計画名:(仮称)鹿島田駅西部地区第一種市街地再開発施設建築物 住宅棟
所在地:神奈川県川崎市幸区鹿島田1-1201番(地番)
用途:共同住宅、商業施設等
総戸数:670戸(事業協力者住戸12戸含む、他に店舗19区画)
階数:地上46階、地下2階
高さ:165m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
敷地面積:6,131.20
建築面積:4,813.52
延床面積:75,913.56
建築主:鹿島田駅西部地区再開発
売主:三井不動産レジデンシャル
設計者:松田平田設計
施工者:清水建設

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク