超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

新宿

地上43階、高さ約160m「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の既存ビル解体開始!三井不動産レジデンシャルによるタワマンが建設されます(2021.4.24)

西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業の計画地の空撮

 2020年12月18日にヘリから撮影した新宿の超高層ビル群です。この中で赤い網掛けをした場所では「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約160m)が計画されています。

 同再開発の建築主は西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合で三井不動産レジデンシャルが参加組合員として参画しており、総戸数471戸の住宅棟と業務・商業・保育所が入る低層の施設棟で構成されます。実施設計と施工は特定業務代行者は熊谷組で工期は2020年度着工、2023年度竣工予定でした。ただ、現地ではようやく既存ビルの解体工事が始まったところなので計画よりは1年程度遅れそうです。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京都]

 「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。十二社通り側に低層の施設棟が配置されます。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業
断面図[出典:東京都]

 2016年の情報だと施設棟は1,2階業務・商業施設、3階が保育所、その隣の住宅棟は4階〜43階が住宅フロアで計画されています。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:東京都]

 計画地の南側には新たな道路が整備され、西側の道路は拡幅される計画となっています。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:東京都]

 最寄り駅は都営大江戸線「西新宿五丁目」駅で、他にも都庁前駅、中野坂上駅、西新宿駅が徒歩圏です。この位置図のさらに右の方に行くとJR「新宿」駅もありますが、徒歩だと20分程度の距離となります。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業の計画地の空撮

 計画地の左の白いタワーマンションが「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)で、さらに左の工事現場が昨日のブログに載せた「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」(A地区:地上33階、高さ151.40m、B棟:地上35階、最高高さ131.57m)の建設地です。これらは十二社通りに面しているため、十二社通りの両側に超高層が建ち並ぶといった光景となります。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業の計画地の空撮

 新宿と言えば新宿駅側の高さ200mを超える超高層ビル群が有名ですが、都庁の北西側にはこういった超高層ビル群が広がっており、未だに新宿の超高層ビル群は拡大を続けています。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 解体工事のお知らせ

 現地では複数の既存建物に解体工事のお知らせが設置されていました。何枚か撮影しましたが代表してこの1枚だけ貼っておきます。全部見たわけではありませんが、見たものはどれも熊谷組によって12月31日までの工期で解体されることになっていました。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 十二社通りから見た「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。左端の黒と白の縞々のマンションの右側の建物からが計画地となっています。

 右側の上が見えないタワーマンションが「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)です。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 その「ザ・パークハウス西新宿タワー60」側から撮影。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 一部建物では解体工事が既に始まっていました。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 細かく見てはいませんがだいたいの建物に解体工事のお知らせが貼れていたので、年末にはほとんどの建物が解体され広大な更地が誕生していそうです。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 路地を入った側から撮影。背後のタワーマンションは「コンシェリア西新宿 TOWER'S WEST」(地上44階、最高高さ159.8m)です。「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約160m)はそれとほぼ同じ高さとなります。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 ところどころ仮囲いが設置されていましたが、街区全体を封鎖して一気に解体するのかあちこちで同時に解体工事を行うのかはまだ不明です。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 このレンガ調のビルも計画地に含まれていますがまだ普通に稼働していました。ただ、再開発に向けてこれから解体工事がどんどん進んで行くものと思われます。

■物件概要■
計画名:西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目及び六丁目各地内
用途:住宅、商業・業務、保育所 等
総戸数:471戸
階数:地上43階、地下1階
高さ:約160m
地区面積:約0.8ha
延床面積:約58,140
建築主:西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:熊谷組(予定)
施工者:熊谷組(予定)
工期:2020年度着工〜2023年度竣工予定(予定よりは遅れます)
総事業費:約273億円

B棟の地上部建設開始!高さ151.40m、高さ131.57m「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の建設状況(2021.4.24)

(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 住友不動産による西新宿の大規模再開発「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の建設地です。青梅街道から査定しました。手前の道路側がA地区で地上33階、高さ151.40mの店舗、オフィス、SOHO向けマンションで構成されるA棟、タワークレーンが見えているB地区には地上35階、最高高さ131.57mの店舗、SOHO向けマンション、共同住宅で構成されるB棟が建設中です。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟

 B棟がプレハブ事務所に隠れていたので少し場所を移動して撮影。見た感じでは4階まで建設が進んでいました。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 青梅街道に十二社通りがぶつかる成子坂下交差点から撮影。左のタワーマンションは「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)で、それと同じ並びに「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の超高層が2棟並びます。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟

 B棟にズームです。B棟は3階がSOHO住宅、4階が駐輪場、そして5階〜35階が住宅フロアとなるタワーマンションとなります。建築物環境計画書制度によると分譲291戸、賃貸118戸となっています。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 十二社通りから見たA棟の建設地方面です。A棟は以前の情報だと3階〜17階がオフィスフロア、19階〜34階がSOHO住宅となります。ただ、建築計画のお知らせによると33階建てで2フロア減っているためどこかのフロアが削られています。建築物環境計画書制度によると賃貸92戸となっています。ちなみに当初のA棟は住宅中心のタワーマンションで計画されていましたが、途中でオフィス中心の超高層ビルに大きく計画変更となっています。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟

 十二社通りから見たB棟です。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟

 この左側が権利者向けの小規模なビルが建設されるC地区となります。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 C地区

 そのC地区には先行して地上6階、最高高さ19.210mの店舗、共同住宅で構成されるビルが建設されていました。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟

 十二社通りを少し南側に行ったところから見ると道路の先にB棟の建設現場が見えていたので、将来的には道路の先にタワーマンションという光景になります。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟

 「ザ・パークハウス西新宿タワー60」の公開空地越しに撮影。タワークレーンが設置されたことでどこに建つのかわかりやすくなりました。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟

 計画地の西側を流れる神田川越しに撮影。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 今はこうして西新宿の超高層ビル群が見えるようになっていますが…



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟

 解体から地上部が建設が始まるまでの数年間だけ楽しめる光景で、たぶんA棟もそろそろ地上部の建設が始まると思うのでもうすぐ終了です。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 イメージパース
イメージパース[出典:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合]

 「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の完成予想図です。右が地上33階、高さ151.40mのA棟、左が地上35階、最高高さ131.57mのB棟です。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 配置図
配置図[出典:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合]

 各地区の配置図です。神田川側にいは親水公園も整備され、B地区の周知にはグルっと一周できる道路も整備されます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
断面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 断面図です。A棟35階建てで計画されていた時代のものと思われますがフロア構成に大きな変化はないかと思います。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟 建築計画のお知らせ

 A棟の建築計画のお知らせです。

■物件概要 A棟■
計画名:(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業防災施設建築物 A棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目1番地
用途:共同住宅、事務所、店舗、駐車場、駐輪場
総戸数:92戸(賃貸)
階数:地上33階、地下2階
高さ:151.40m
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:7,980.01
建築面積:4,121.14
延床面積:90,012.09
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー、E.D.L共同企業体
施工者:大成・五洋建設共同企業体(A棟)
工期:2019年5月下旬着工〜2023年3月下旬竣工予定



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟 建築計画のお知らせ

 B棟の建築計画のお知らせです。こちらは特に変更はないようです。

■物件概要 B棟■
計画名:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目2番地
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所、駐車場、駐輪場
総戸数:分譲291戸、賃貸118戸
階数:地上35階、地下2階
高さ:124.59m(最高高さ131.57m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:4,267.00
建築面積:2,072.25
延床面積:44,555.42
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー、E.D.L共同企業体
施工者:大成・五洋建設共同企業体(B棟)
工期:2019年6月下旬着工〜2023年3月下旬竣工予定

新宿御苑近くに住友商事と三菱地所レジデンスによる35階建てタワマン!現地には「(仮称)新宿区四谷四丁目計画」の建築計画のお知らせ設置!(2021.4.24)

(仮称)新宿区四谷4丁目計画 外観イメージ
外観イメージ[出典:新宿区]

 新宿区四谷4丁目で計画されているタワーマンション「(仮称)新宿区四谷4丁目計画」(地上35階、高さ132.35m)の完成予想図です。記事の最後に載せますが現地に建築計画のお知らせが設置され、建築主は住友商事と三菱地所レジデンス、設計者は鹿島建設で2021年12月上旬着工、2025年2月下旬竣工予定ということが判明しました。以前の情報のままだと総戸数は286戸で専有面積は43.45屐209.39屬箸覆蠅泙后施工者が未定ですが設計者と同じ鹿島建設になるかと思います。



(仮称)新宿区四谷4丁目計画 外観イメージ
外観イメージ[出典:新宿区]

 高層部の完成予想図です。この後断面図も載せますが最上階にはメゾネットタイプの部屋もあるのでこの角部屋がその部分かと思われます。



(仮称)新宿区四谷4丁目計画 外観イメージ
外観イメージ[出典:新宿区]

 低層部です。建設地は新宿通りに面していますが、店舗スペースはなく住宅と保育所で構成されるタワーマンションとなります。



(仮称)新宿区四谷4丁目計画 配置図
配置図[出典:新宿区]

 このように四方が道路に囲まれた長細い敷地ですが南側の新宿通り以外は狭い路地となっています。



(仮称)新宿区四谷4丁目計画 平面図
平面図[出典:新宿区]

 平面図を見るとフロア構成は地下に駐輪場、1階にエントランス等、2階に認定保育所と共用施設、そして2階から住戸が配置されます。駐車場はタワーパーキングとなります。



(仮称)新宿区四谷4丁目計画 断面図
断面図[出典:新宿区]

 この断面図では36階までありますが、建築計画のお知らせが35階なのでどこか1フロア削った状態となりそうです。低層部、中層部、高層部と上層階に行くに連れて部屋が広くなり、そして最上階にはメゾネットタイプの部屋も用意されることがわかります。



(仮称)新宿区四谷4丁目計画 立面図
立面図[出典:新宿区]

 どこが削られたフロアかわからないので36階建てとして書きますが、2階〜10階は低層フロア、11階〜27階はミドルフロア、28階〜35階はプレミアムフロア、そして36階はエグゼクティブフロアとなります。また、27階には共用施設としてラウンジも設置されます。



(仮称)新宿区四谷4丁目計画 立面図
立面図[出典:新宿区]

 ミドルフロアからは億ションとなりそうな立地ですが、メゾネットタイプの部屋があるので最高価格は跳ね上がりそうです。



(仮称)新宿区四谷4丁目計画 案内図
案内図[出典:新宿区]

 建設地は東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑」駅から東側へ徒歩数分の新宿通りに面した場所です。その新宿通りを挟んだ南側には「四谷区民センター(新宿区民センター)」があり、その先には広大な「新宿御苑」が広がっています。



(仮称)新宿区四谷4丁目計画 建設地の空撮

 ちょっと古いですが2010年5月に飛行船から撮影した「(仮称)新宿区四谷4丁目計画」の建設地方面の空撮です。赤い網掛けをした場所が建設予定地で当時はIDCフロンティアという会社が入るビルがありました。今は「新宿ソリューションセンタービル解体工事」として前田産業によって地上部の解体工事が3月末まで行われていました。



(仮称)新宿四谷四丁目計画

 こちらは2020年12月18日にヘリから撮影した「(仮称)新宿区四谷4丁目計画」の建設地方面の空撮です。撮影時点では既存ビルの解体工事が行われている真っ最中でした。

 左の巨大なタワーマンションは「富久クロス」(地上55階、最高高さ191m)で400m程度離れています。



(仮称)新宿四谷四丁目計画

 ここからは2021年4月24日に現地から撮影した「(仮称)新宿区四谷4丁目計画」の計画地です。



(仮称)新宿四谷四丁目計画

 四隅が透明な仮囲いとなっているので中を覗くことができます。奥には「富久クロス」が見えています。



(仮称)新宿四谷四丁目計画

 新宿御苑駅に近い側から撮影。



(仮称)新宿四谷四丁目計画

 仮囲いの中です。地上部の解体は終わっていますが地下部は残っていることがわかります。2021年12月上旬の着工予定前には地下部の解体工事が始まるものと思われます。



(仮称)新宿四谷四丁目計画

 路地を入った側から撮影。



(仮称)新宿四谷四丁目計画

 仮囲いの中です。敷地面積は2,249.70屬旅さがあります。



(仮称)新宿四谷四丁目計画

 このように周囲にはマンションやオフィスビルがあります。



(仮称)新宿四谷四丁目計画

 一番の難敵はこの「四谷区民センター(新宿区民センター)」です。この背後に「新宿御苑」が広がっていますが高層階の部屋しか借景するのは難しそうです。「新宿御苑」が見える部屋かどうかで価格は大きく変わりそうですね。



(仮称)新宿四谷四丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)新宿区四谷四丁目計画
地名地番:東京都新宿区四谷4丁目29番3
用途:共同住宅、保育所、自動車車庫
総戸数:286戸
階数:地上35階、地下1階
高さ:132.35m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:2,249.70
建築面積:1,350
延床面積:32,400
建築主:住友商事、三菱地所レジデンス
設計者:鹿島建設
施工者:未定
工期:2021年12月上旬着工〜2025年2月下旬竣工予定

歌舞伎町に高さ225mの超高層ビル!新宿ミラノ座跡地「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画」の建設状況(2021.4.4)

 昨日、三井不動産から「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ240m)の街区名が「東京ミッドタウン八重洲」に決定したというニュースリリースがありました。今日のブログで扱おうとも思ったのですが、元々今週末に撮りに行く予定だったのでこれに関しては週明けに載せます。また、昨日は東京建物が大阪で建設中の地上49階、高さ195mの複合ビルがフォーシーズンズホテルとブリリアのマンションになるというニュースリリースもありました。こちらは昨夜のうちにブログにまとめて公開しています。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 ということで本日のブログは新宿ミラノ座跡地の建設中の複合ビル「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)」(地上48階、高さ225m)です。「シネシティ広場」から撮影しました。

 低層部から中層部にかけて商業施設、劇場、映画館等となり、そして中層部から高層部が東急ホテルズの運営するホテルとなります。上の方で作業場が飛び出していますが、その上あたりからがホテル部となります。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 外壁にズームです。全部窓にも見えますが少し古い完成予想図だとところどころが窓となっているだけでした。この外壁がある部分は映画館や劇場で窓が必要のないフロアが多く、全て同じに見えるので景色が見られる窓はほぼないのかもしれません。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:新宿区]

 これが少し古い完成予想図でこのように窓があったりなかったりしています。現状はこの状態になっているようには見えません。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 時計回りにグルっと一周載せていきます。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 建設地は大きな通りに面していないため撮りにくいです。そろそろ違う撮影スポットを探す時期かもしれません。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 ただ、ストリートビューで周辺を色々と見てみましたがこれといった撮影場所は見つかりませんでした。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 「ハイジア」前の広場から撮影。ビルの隙間から撮ることになりますがこの場所が一番まともに撮れる場所となりそうです。ただ、まだまだ高くなるので足元から撮ろうとすると超広角のレンズが必要になるかもしれません。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 もう一度外壁にズームです。淵がザラザラとした感じが新しいです。少なくても超高層でこういった外壁は見た記憶がありません。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 少し離れた場所から撮影。左の黒いビルが旧コマ劇場跡地の「新宿東宝ビル」(地上30階、高さ130.25m)で中高層部は「ホテルグレイスリー新宿」となっています。右の「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画」(地上48階、高さ225m)の手前が「アパホテル<新宿 歌舞伎町タワー>」(地上28階、高さ90.5m)、そして左側にはビルがあって見えませんが「新宿プリンスホテル」(地上25階、高さ94m)があり、超高層ホテル4棟が密集する珍しい場所となっています。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)」にズームです。手前のアパホテルが小さく感じます。

 ホテル部はセットバックしますがここからだとその様子がわかります。セットバックする部分は王冠のようにギザギザしていることもわかります。



新宿の超高層ビル群

 現地からの写真は4月4日の撮影ですが、こちらはその前日に「渋谷スカイ」から見た新宿の超高層ビル群です。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)」にズームです。タワークレーンの先よりもう少し上が高さ225m地点かと思います。遠くから歌舞伎町を探すときのランドマークとなりそうです。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:東急]

 「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)」(地上48階、高さ225m)の完成予想図です。中層階の細くなっている部分からが東急ホテルズの運営するホテルとなります。建築主は東急レクリエーションと東急の2社です。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 建築計画概要
建築計画概要[出典:東急]

 フロア構成は地下1階〜地下4階が約1500人収容可能な約3200屬離薀ぅ屮曄璽襪箸覆蠹絞淌を挟んで8階〜11階が約3300屐¬850席のプロセニアム形式の劇場、地上12階〜15階が約5800屐¬8スクリーンの映画館(運営:東急レクリエーション)、そして17階〜47階が東急ホテルズが運営するホテルとなります。

 ホテルは高さ100mを超える位置で高層階にはアートや音楽といった街の文化を織り込んだ客室も整備される予定とのことです。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 映画イベントイメージ
映画イベントイメージ[出典:東急]

 目の前にある「シネシティ広場」と連携した映画イベントも開催できるようになります。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 地域連携音楽イベントイメージ
地域連携音楽イベントイメージ[出典:東急]

 「シネシティ広場」と連携した野外音楽イベントも計画されています。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 位置図
位置図[出典:出典:新宿区]

 建設地は「新宿ミラノ座」跡地で最も近い駅は西武新宿線「西武新宿」駅となりますが、JR「新宿」駅や小田急、メトロ、都営の駅からも徒歩圏に位置しています。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。竣工時期が2022年8月31日から2023年1月11日に少し伸びていました。

■物件概要■
仮称:(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 新築工事
計画名称:新宿 TOKYU MILANO 再開発計画
所在地:東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番1、同番3
用途:ホテル、劇場、映画館、店舗、駐車場等
階数:地上48階、塔屋1階、地下5階
高さ:225m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:4,603.74
建築面積:3,171.05
延床面積:87,949.98
建築主:東急レクリエーション、東急
設計者:久米設計・東急設計コンサルタント設計共同企業体
施工者:清水・東急建設共同企業体
工期:2019年8月1日着工〜2022年8月31日竣工予定

空撮8枚&現地写真!高さ151.40m、高さ131.57m「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の建設状況(2020.12.18〜27)

西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 2020年12月18日にヘリから撮影した住友不動産による「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の建設地です。左の青梅街道沿いがA地区、中央がB地区、右上の三角形部分がC地区、下の神田川沿いの三角形部分がD地区です。

 A地区は地上33階、高さ151.40mの店舗、オフィス、SOHO向けマンションで構成される複合ビルが建設されます。B地区には地上35階、最高高さ131.57mの店舗、SOHO向けマンション、共同住宅で構成されるタワーマンションが建設されます。C地区には権利者向けの小規模ビル、D地区は親水公園が整備されます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
配置図[出典:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合]

 各地区の配置図です。B地区をグルっと一周する道路も整備されます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

イメージパース[出典:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合]

 A棟は以前の情報だと3階〜17階がオフィスフロア、19階〜34階がSOHO住宅でした。最新情報では35階から33階に2フロア減っているためどこかのフロアが削られています。さらに前の計画ではA棟は住宅中心のタワーマンションでしたが、オフィス中心に大きく計画変更となっています。

 B棟は3階だけSOHO住宅で4階に駐輪場を挟んで5階〜35階が住宅フロアとなるタワーマンションとなります。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
断面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 断面図です。A棟のSOHO住宅は約94戸で1戸あたり200岼幣紊鳩觜修聞さで計画されています。

 B棟は総戸数404戸(ワンルーム36戸)で計画されています。分譲マンションになるかと思いますが住友不動産なので安いということはあり得ません。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 せっかくなので空撮をいっぱい載せていきます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 建設地の隣には現時点で日本一の階数を誇るタワーマンション「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)があります。まだ解体工事すら始まっていませんがその右側には「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約160m)が計画されています。西新宿の端にはタワーマンションが建ち並ぶことになります。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 新宿の超高層ビル群の空撮です。新宿の超高層ビル群と言えば都庁があるオフィスビル街のイメージが強いと思いますが、未だに西新宿の超高層ビル群は成長を続けています。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 中野坂上の超高層ビル群と新宿の超高層ビル群の空撮です。中野坂上側と新宿側の間に見える線は神田川です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 この角度からだと神田川がはっきりとわかりますね。

 それにしてもこの超高層ビルとタワーマンションの密集度。都庁側の超高層ビル群はゆとりある配置ですがこちらはビッシリと詰まった感が凄いですね。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の建設地にズームです。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 空撮最後は別角度から見た新宿の超高層ビル群全体です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 2020年12月27日に現地から撮影した「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の建設地です。これはC地区側です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 C地区では先行して地上6階、最高高さ19.210mの店舗、共同住宅で構成される建物が建設中です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 A地区、B地区方面です。地上から見ても何をしているのかはわかりません。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 ただ、今だけは空が広いです。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 そのため今だけこういった新宿の超高層ビル群を見ることができます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 地上部の建設が始まるまでの間はこういった景色を楽しむ期間です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟 建築計画のお知らせ

 A棟の建築計画のお知らせです。以前と比べて地上35階、高さ158.85mから地上33階、高さ151.40m、延床面積が90,823.78屬ら90,012.09屬悗半し規模縮小となっています。

■物件概要 A棟■
計画名:(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業防災施設建築物 A棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目1番地
用途:共同住宅、事務所、店舗、駐車場、駐輪場
階数:地上33階、地下2階
高さ:151.40m
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:7,980.01
建築面積:4,121.14
延床面積:90,012.09
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー、E.D.L共同企業体
施工者:大成・五洋建設共同企業体(A棟)
工期:2019年5月下旬着工〜2023年3月下旬竣工予定



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟 建築計画のお知らせ

 B棟の建築計画のお知らせです。こちらは特に変更はないようです。

■物件概要 B棟■
計画名:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目2番地
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所、駐車場、駐輪場
総戸数:404戸(ワンルーム36戸)
階数:地上35階、地下2階
高さ:124.59m(最高高さ131.57m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:4,267.15
建築面積:2,072.25
延床面積:44.555.42
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー、E.D.L共同企業体
施工者:大成・五洋建設共同企業体(B棟)
工期:2019年6月下旬着工〜2023年3月下旬竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク