超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

新宿駅新南口ビル(仮称)

新宿駅新南口ビル(仮称)の建設状況(2014年12月中旬)

新宿駅新南口ビル(仮称)
 新宿駅新南口駅舎跡地で建設中の「新宿駅新南口ビル(仮称)」(地上33階、最高高さ168.16m)です。随分と高くなってきました。右隣は新宿タカシマヤです。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 地上から見た「新宿駅新南口ビル(仮称)」です。1〜5階が商業施設で6〜33階がオフィスフロアとなります。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 東京都庁の展望台から見たた「新宿駅新南口ビル(仮称)」です。さすがにこの高さからだと見下ろす視点となります。

JR駅ビル
 足元では低層のJR駅ビルが建設中で4階までは「新宿交通結節点」でバスやタクシー、駅などの設備となりますが、5階〜7階は文化交流施設となります。

新宿交通結節点
 「新宿交通結節点」です。屋上階となる4階が高速バス関連施設、その下の3階がタクシー、一般車の乗降場、2階が歩行者広場と駅施設となります。

新宿駅新南口ビル(仮称)と新宿交通結節点
 全体です。施設の下がJR新宿駅になっているのがよくわかるかと思います。新宿駅は様々な路線が乗り入れていることもあり、新宿ダンジョンとも言われていますが、この前普段使わない丸ノ内線の新宿駅で降りたら少し迷いました。初めて新宿に来た人が彷徨うのはよくわかります。

■新宿駅新南口ビル(仮称)の物件概要■
名称:新宿駅新南口ビル(仮称)
計画名:新宿駅南口地区基盤整備事業 新宿駅新南口開発ビル
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目他
階数:地上33階、地下2階
高さ:高さ167.31m(最高168.16m)
用途:駅舎、事務所、店舗、駐車場
敷地面積:17,860.96
建築面積:18,416.18
延床面積:136,541.88
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:国土交通省・東日本旅客鉄道
設計:東日本旅客鉄道
施工:大林・大成鉄建・共同企業体
工期:2013年9月着工〜2016年3月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

新宿駅新南口ビル(仮称)の建設状況(2014年9月中旬)

新宿駅新南口ビル(仮称)と新宿交通結節点
 新宿駅新南口駅舎跡地で建設中の「新宿駅新南口ビル(仮称)」(地上33階、最高高さ168.16m)と「新宿交通結節点」です。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 「新宿駅新南口ビル(仮称)」(地上33階、最高高さ168.16m)にズームです。隣の新宿タカシマヤ側のセットバックしている部分がたぶん4階部分だと思うので、撮影した9月21日時点では7階だと思います。

 1階〜5階が商業施設、6階から33階がオフィスフロアとなります。竣工は2016年3月の予定です。

新宿交通結節点
 「新宿交通結節点」にズームです。一番上の4階部分(屋上)が高速バス関連施設、3階がタクシー、一般車の乗降場、2階が歩行者広場、駅施設となり、1階は既存の新宿駅ホームです。もうすぐ完成しそうな雰囲気もありますが、完成は2015年度予定となっています。

JR駅ビル・文化交流施設
 隣の低層のJR駅ビルです。4階までは「新宿交通結節点」となっていますが、5階〜7階は文化交流施設となります。約300人規模の多目的ホールや屋外広場、子育て支援施設等が整備される予定となっています。

新宿駅新南口ビル(仮称)と新宿交通結節点
 新宿サザンテラスから新宿タカシマヤ方面へ行ける橋から見た「新宿駅新南口ビル(仮称)」と「新宿交通結節点」です。「新宿駅新南口ビル(仮称)」の存在感が出て来るのはまだもうちょっと先になりそうです。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 甲州街道沿いから見た「新宿駅新南口ビル(仮称)」です。ここは新宿駅を超える跨線橋となっているので、ビルの1階部分はまだ下になります。

新宿駅新南口ビル(仮称)のタワークレーン
 タワークレーンにズームです。AZUSA NO.1とAZUSA NO.2と名称が付いていました。建築主はJR東日本なので特急のあずさから名前を付けたんですかねー。タワークレーンが2基あるから「あずさ2号」だとか言いながら名称を付けた様子が思い浮かびます(笑)

■新宿駅新南口ビル(仮称)の物件概要■
名称:新宿駅新南口ビル(仮称)
計画名:新宿駅南口地区基盤整備事業 新宿駅新南口開発ビル
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目他
階数:地上33階、地下2階
高さ:高さ167.31m(最高168.16m)
用途:駅舎、事務所、店舗、駐車場
敷地面積:17,860.96
建築面積:18,416.18
延床面積:136,541.88
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:国土交通省・東日本旅客鉄道
設計:東日本旅客鉄道
施工:大林・大成鉄建・共同企業体
工期:2013年9月着工〜2016年3月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

地上33階「新宿駅新南口ビル」の建設状況(2014年4月中旬)

新宿駅新南口ビル(仮称)
 新宿駅新南口駅舎跡地で建設中の「新宿駅新南口ビル(仮称)」(地上33階、最高高さ168.16m)です。1ヶ月以上前にタワークレーンが組立が始まったと教えて頂いていたのですが、その頃は超高層ビビル4日本編2の作業で忙しく撮影に行けませんでした。今はもう印刷所での印刷・製本の段階に入っているのでようやく撮影に行くことが出来ました。撮影日は10日前の4月12日で埼京線ホームから撮影しています。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 今見えているのは地下部分で地下1階、と地下2階は駐車場となります。そして地上1階〜5階が商業施設となり、6階〜33階がオフィスフロアとなります。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 「新宿駅新南口ビル(仮称)」の建設地は甲州街道と新宿タカシマヤの間です。新宿と言えば超高層ビルですが、ここが一番JR新宿駅から近い超高層ビルとなります。

新宿駅新南口ビル(仮称)と新宿交通結節点
 「新宿駅新南口ビル(仮称)」の隣では「新宿交通結節点」が建設中です。もうかなり建設が進んでいるように見えますが完了予定は2015年度です。一番上の4階部分が高速バス関連施設、3階がタクシー、一般車の乗降場、2階が歩行者広場、駅施設となります。ちなみに1階は既存の新宿駅ホームです。

■新宿駅新南口ビル(仮称)の物件概要■
名称:新宿駅新南口ビル(仮称)
計画名:新宿駅南口地区基盤整備事業 新宿駅新南口開発ビル
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目他
階数:地上33階、地下2階
高さ:高さ167.31m(最高168.16m)
用途:事務所、店舗、駐車場、駅舎
敷地面積:18,699.08
建築面積:18,416.48
延床面積:136,700
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:国土交通省・東日本旅客鉄道
設計:東日本旅客鉄道
施工:大林・鉄建・大成・大和小田急共同企業体
工期:2006年2月4日着工〜2016年3月31日竣工予定

新宿駅新南口ビル(仮称)の完成イメージ図
JR東日本より新宿駅新南口ビル(仮称)の完成イメージ図

新宿駅新南口ビル(仮称)の断面図
JR東日本より新宿駅新南口ビル(仮称)の断面図


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

新宿駅南口地区基盤整備事業「新宿駅新南口ビル(仮称)」の空撮(2014年2月)

新宿駅新南口ビル(仮称)
 新宿駅新南口駅舎跡地で建設中の「新宿駅新南口ビル(仮称)」(地上33階、最高高さ168.16m)です。これは2013年末の撮影で最近は撮りに行っていなかったので、そろそろ撮りに行きたいなと思っていたのですが…

新宿駅新南口ビル(仮称)の建設地の空撮
 2月23日に乗ったセスナからの空撮を見てみると、それほど変化があるようには見えませんでした。「新宿駅新南口ビル(仮称)」の隣の新宿駅の上に建設中の大きな施設が「新宿交通結節点」で高速バス関連施設やタクシー、一般車の乗降などが整備されます。

新宿駅新南口ビル(仮称)の完成イメージ図
JR東日本より新宿駅新南口ビル(仮称)の完成イメージ図

 「新宿駅新南口ビル(仮称)」のイメージ図にある大きな通りが「甲州街道」です。この甲州街道の左が渋谷区、右が新宿区となっていますが、「新宿駅新南口ビル(仮称)」のところで区の境界が曲がっています。つまり「新宿駅新南口ビル(仮称)」が渋谷区と新宿の境目となります。

新宿駅新南口ビル(仮称)の断面図
JR東日本より新宿駅新南口ビル(仮称)の断面図

 地上1階〜5階は商業施設フロア、地上6階〜33階がオフィスフロアとなります。また、「新宿駅新南口ビル(仮称)」と「新宿交通結節点」の間には「文化交流施設」も建設されます。

新宿駅新南口ビル(仮称)の物件概要
名称:新宿駅新南口ビル(仮称)
計画名:新宿駅南口地区基盤整備事業 新宿駅新南口開発ビル
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目他
階数:地上33階、地下2階
高さ:高さ167.31m(最高168.16m)
用途:事務所、店舗、駐車場、駅舎
敷地面積:18,699.08
建築面積:18,416.48
延床面積:136,700
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:国土交通省・東日本旅客鉄道
設計:東日本旅客鉄道
施工:大林・鉄建・大成・大和小田急共同企業体
工期:2006年2月4日着工〜2016年3月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

「新宿駅南口地区基盤整備事業」の空撮と2013年2月建設状況

新宿駅南口地区基盤整備事業
新宿駅の南口で進められている整備事業
新宿駅南口地区基盤整備事業」です。

屋根のような鉄骨が組まれているところが4階部分で
高速バスのバスターミナルとなります。

その下の3階部分がタクシーや一般車両の乗降場となり
さらにその下の2階部分に駅の改札が整備されます。

そしてその右側で鉄骨が組まれている建物がJR駅ビルとなり
さらに右側の巨大な穴が開いている場所に
新宿駅新南口開発ビル」(地上33階、高さ168.16m)
の超高層オフィスビルが建設されます。

新宿駅南口地区基盤整備事業
地上から見た「新宿駅南口地区基盤整備事業」です。
超高層ビル以外は「新宿交通結節点整備」とも呼ばれています。

新宿駅南口地区基盤整備事業
反対側から見た「新宿駅南口地区基盤整備事業」です。

新宿駅南口地区基盤整備事業 新宿駅新南口開発ビル
新宿駅新南口ビル(仮称)」の工事現場です。

1階〜5階が商業施設の「ルミネ」
5階〜7階が多目的ホール、子育て支援施設、屋上広場
6階〜33階がオフィスフロア
そして地下は駐車場となる予定です。

完成は2016年春の予定です。

新宿駅南口地区基盤整備事業の空撮
新宿駅南口地区基盤整備事業」の空撮です。

左下に写っている大きな建物は「新宿タカシマヤ」です。

新宿の超高層ビル群の空撮
新宿全体の超高層ビル群の空撮です。

こうして見ると新宿は超高層ビルは高さがありますが
棟数はそれほど多くは見えないですね。

ただ「新宿駅南口地区基盤整備事業 新宿駅新南口開発ビル
が建つことによって新宿の超高層ビル群に広がりが出そうです。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク