超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

新宿駅

地上48階、高さ約260m「(仮称)新宿駅西口地区開発計画」の環境影響評価書案が公開されました!

(仮称)新宿駅西口地区開発計画
完成予想図[出典:東京都]

 小田急電鉄と東京地下鉄による新宿の大規模再開発「(仮称)新宿駅西口地区開発計画」の環境影響評価書案が公開されました。規模は地上48階、塔屋1階、地下5階、高さ約260m、敷地面積約15,720屬紡个靴同箴果明冖281,700屬脳Χ函業務、駅施設で構成されます。工期は2022年度〜2029年度で2029年度の供用開始予定となっています。

▼東京都:環境アセスメント(2020年8月17日)
「(仮称)新宿駅西口地区開発計画」 評価書案
※閲覧はInternet Explorerのみで8月17日〜9月15日まで



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 南北断面図
南北断面図[出典:東京都]

 このようにフロア構成は低層部に商業施設、中高層部に業務施設、そして最上部が商業施設となっています。最上部の商業施設に展望室スペースがあると嬉しいのですがどーなるんでしょうね?



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 東西断面図
東西断面図[出典:東京都]

 板状の超高層ビルのため見る角度によってはかなり細く見えそうです。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 配置図
配置図[出典:東京都]

 敷地の南側は小田急線の新宿駅上部のためこのように南北に細長い敷地となっています。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 計画地位置図
計画地位置図[出典:東京都]

 敷地北側は小田急百貨店がある場所となります。数日前に新宿メトロ食堂街の閉館(9月30日)が話題になっていましたが同再開発に伴う閉館のようです。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 計画地位置図
計画地位置図[出典:東京都]

 計画地はJR新宿駅に隣接した西側です。新宿駅にはJR、小田急、京王、東京メトロ、都営地下鉄が乗り入れていますがどの駅からも行きやすい場所となっています。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画

 計画地の空撮です。赤い網掛けをした部分の右側あたりに地上48階、高さ約260mの超高層棟が建設されます。

 また、JR新宿駅を挟んだ写真下にある「ルミネエスト新宿」がある場所でも高さ260mの超高層ビル構想もあります。新宿区は駅、駅前広場、駅ビル等を一体的に再編する「新宿グランドターミナル」を進めており、これら再開発もその実現に向けた計画となっており、将来的には新宿駅上空に歩行者デッキの新設なども計画されています。同作開発では小田急線の新改札の設置が計画されています。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画

 空撮をもう1枚。新宿で最も高い超高層ビルは左端の「東京都庁第一本庁舎」(地上48階、最高高さ243.4m、1990年竣工)ですが、ついに都庁の高さを抜く超高層ビルが出現することになります。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画

 地上48階、高さ約260mの超高層ビルが建設される小田急百貨店です。地上14階で高さは約60mです。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画

 同再開発によって解体されますが、計画地内にある小田急「新宿」駅、東京メトロ丸の内地線「新宿」駅の駅機能は維持したまま工事が行われます。そのため完成するまでは駅構内の通路などはコロコロと変わることになりそうです。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画

 小田急の隣には京王がありますが、こちらは今のところ再開発計画は耳にしていません。ただ、新宿駅前の一等地のため何か水面下では計画しているのかもしれませんね。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 工事工程表
工事工程表[出典:東京都]

 工程表です。解体も含めて約7年の工期が見込まれています。

■物件概要■
計画名:(仮称)新宿駅西口地区開発計画
所在地:東京都新宿区西新宿一丁目1番の一部
用途:商業・業務・駅施設 等
階数:地上48階、塔屋1階、地下5階
高さ:約260m
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
敷地面積:約15,720
延床面積:約281,700
建築主:小田急電鉄、東京地下鉄
工期:2022年度着工〜2029年度竣工予定
供用開始:2029年度予定

新宿駅の東西に高さ260mツインタワー!?「ルミネエスト新宿」を高さ260mに建替え報道

ルミネエスト新宿と小田急の高さ260mツインタワー

 数日前に小田急電鉄と東京地下鉄による大規模再開発「(仮称)新宿駅西口地区」(地上48階、高さ約260m、2029年度完成予定)の概要が明らかになりましたが、今度は新宿駅を挟んだ東口側にある「ルミネエスト新宿」がある場所に高さ260mの超高層ビル構想というニュースが飛び込んできました。

 赤い網掛けをした場所が「ルミネエスト新宿」で、青い網掛けをした場所が「(仮称)新宿駅西口地区」の計画地です。「(仮称)新宿駅西口地区」は南北に長い計画地となっており、その中で高さ260mの超高層ビルが建設される場所は「ルミネエスト新宿」の正面辺りで計画されています。そのため計画が全て実現すると新宿駅を挟んで高さ260mの超高層ビルが建ち並ぶこになります。

 今回の同ニュースは複数のメディアで報道されていますが、どれも同じ文面かつ『関係者への取材』が情報源となっており信憑性のある計画なのかよくわからない状態です。「ルミネエスト新宿」はJR東日本グループのため正式にJR東から情報が出るまではあまり喜ばずに待とうと思います。

▼日刊スポーツ(2020年7月18日)
新宿に都庁上回る260mツインタワー建設構想始動

▼産経新聞(2020年7月18日)
新宿大改造でツインタワー 都庁上回る260メートル 2040年代完成目指す



ルミネエスト新宿と小田急の高さ260mツインタワー

 報道記事中では『2040年代の完成を目指し』となっていますが、これには新宿駅の線路上に整備される空中デッキなども含む新宿駅周辺の再整備の完成時期かと思います。また記事中では『ツインタワーは商業施設やホテル、観光などの機能を集積』となっていますが、「(仮称)新宿駅西口地区」にはホテルの用途はなかったので「ルミネエスト新宿」側がホテルも入る計画となっているようです。



ルミネエスト新宿と小田急の高さ260mツインタワー

 新宿は誰もが知る超高層ビル群となっていますが、新宿駅前は見ての通りあまり超高層ビルはありません。同計画が実現し高さ260mのツインタワーが加わると新宿駅周辺の光景が一変しそうです。



ルミネエスト新宿

 損保ジャパンの42階にあった「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」から見た「ルミネエスト新宿」です。高さ260mの超高層ビルが建設できるような大きさには見えないので、JR東日本グループの強みを活かしてJR新宿駅の容積率移転も有り得そうですね。

 とにかく今回のニュースは続報待ちですね。ところで今回のニュースとは関係ありませんが新宿駅の地下1階で整備中だった「東西自由通路」は本日開通です。

バスタ新宿、ニュウマンの屋上庭園に行ってみた(2016.4.16)

JR新宿ミライナタワー
 旧新南口駅舎跡地に建設された「JR新宿ミライナタワー」(地上32階、最高高さ168.16m)です。新宿南口交通ターミナル「バスタ新宿」や商業施設の「NEWoManニュウマン)」がオープンしたので昨日ようやく行ってきました。主に施設からの眺めのレポートとなります。

バスタ新宿
 別の場所から撮影。バスターミナルが「バスタ新宿」でその右側が「ニュウマン」です。

バスタ新宿
 「バスタ新宿」にズームです。ここの完成により高速バス乗り場が集約されました。新宿から高速バスは何度か使ったことがありますが、いつも「ここでいいの…?」といった感じだったので、こういった場所からの発着は便利になりそうです。

バスタ新宿
 「バスタ新宿」の3階からの眺めです。2階には広場が整備され大勢の人で賑わっていました。

バスタ新宿
 そして線路もこのように見ることが出来ます。鉄道好きには良い場所かもしれません。

バスタ新宿
 2つ前の写真の左下に少しだけ写っていましたが、レインボーカラーの「SHINJUKU」のオブジェもありました。新たな記念写真の撮影スポットとなりそうです。

JR新宿ミライナタワー
 その「SHINJUKU」の裏から見上げた「JR新宿ミライナタワー」です。5階〜32階がオフィスフロアでそのうち15階〜23階には、2017年1月にLINEの本社が渋谷ヒカリエから移転して来る予定となっています。

NEWoMan(ニュウマン)からの眺め
 「バスタ新宿」と「ニュウマン」の正確な境目はどこかよくわかりませんが、「ニュウマン」部分は屋上庭園が歩けるようになっておりそこからの眺めです。そこまで高さはありませんが、普段と違った角度からの眺めは良いものです。

NEWoMan(ニュウマン)
 屋上庭園には階段がありどんどん上に行くこともできます。もちろん建物内から上に行くこともできますが、景色を見たかったので階段を使って上まで行きます。

NEWoMan(ニュウマン)
 階段上から撮影。今はかなり賑わっていましたが、オープンしたばかりなのでとりあえず見に来た人が一巡したら落ち着くかと思います。ただ、高速バスの待ち時間など散歩するには良い場所なので、常にそこそこ人はいる場所となりそうです。

NEWoMan(ニュウマン)
 屋上から見たバスターミナルです。

NEWoMan(ニュウマン)
 新宿の超高層ビル群も眺めることができます。

NEWoMan(ニュウマン)
 屋上庭園の一番高い部分には屋上菜園「ソラドファーム ニュウマン」があります。区画利用期間は2016年3月25日〜2017年1月31日までの約10ヶ月間で、利用料は3屬12万9600円、4屬15万1200円、7.5屬19万4400円となっています。この他に登録費として一人5400円がかかります。

NEWoMan(ニュウマン)
 屋上菜園がある場所からはルミネを見下ろすことも出来ました。

NEWoMan(ニュウマン)
 タカシマヤをこの角度から見るのは不思議な感じです。

NEWoMan(ニュウマン)
 なかなか良い眺めです。

NEWoMan(ニュウマン)
 といった景色を見ることができる「ニュウマン」の屋上部分全体はこのような感じです。

NEWoMan(ニュウマン)
 「ニュウマン」とオフィスビルの間にはオブジェがありました。

バスタ新宿
 せっかくなので一応バスターミナルも撮っておきました。今のところ高速バスを使う予定はありませんが、そのうち使うことなるかと思います。

JR新宿ミライナタワー 建築計画のお知らせ
 まだ建築計画のお知らせが残っていました。数値は掲示された頃から変わってなさそうです。

■JR新宿ミライナタワーの物件概要■
名称:JR新宿ミライナタワー
計画名:新宿駅新南口ビル(仮称)、新宿駅南口地区基盤整備事業 新宿駅新南口開発ビル
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目他
階数:地上32階、地下2階(建築基準法上では33階)
高さ:167.31m(最高168.16m)
用途:駅舎、事務所、店舗、駐車場
敷地面積:17,860.96
建築面積:18,416.18
延床面積:136,541.88
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:国土交通省・東日本旅客鉄道
設計:東日本旅客鉄道
施工(オフィス・商業施設):大林・大成・鉄建建設共同企業体
施工(文化施設等):大林・鉄建・大成・大和小田急共同企業体
工期:2013年9月着工〜2016年3月31日竣工

新宿駅新南口ビルの建設状況(2015年4月12日)

新宿駅新南口ビル(仮称)
 新宿駅新南口駅舎跡地で建設中の超高層オフィスビル「新宿駅新南口ビル(仮称)」(地上33階、最高高さ168.16m)です。それほど高いわけではありませんが、数値以上に大きく見える超高層ビルです。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 見た感じだと塔屋部の鉄骨まで組み終わっているので、既に上棟しているのかもしれません。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 オープンした頃は超大行列だったクリスピー・クリーム・ドーナツの横から撮影した「新宿駅新南口ビル(仮称)」です。新宿は古いビルが多いこともありここのようなガラスカーテンウォールの超高層ビルはそれほどありません。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 新宿ミロード横のデッキから撮影した「新宿駅新南口ビル(仮称)」です。

新宿交通結節点
 ビルの手前は「新宿交通結節点」として高速バスターミナルやタクシー、一般車の乗降場、そして歩行者広場と駅施設が建設中です。

新宿交通結節点
 バスターミナルは屋上となります。JRの高速バスは乗り場が代々木で、降り場が東口方面に分かれていますが、ここのバスターミナルに移設されたりするのでしょうか?詳細は不明ですが新宿はあちこちにバス乗り場があるので、少しでも集約されると便利になりますね。

 また、バスターミナルと「新宿駅新南口ビル(仮称)」の間のJR駅ビルの外観が少し見えるようになってきました。平成27年度の完成予定となっています。

新宿駅新南口ビル(仮称)の物件概要■
名称:新宿駅新南口ビル(仮称)
計画名:新宿駅南口地区基盤整備事業 新宿駅新南口開発ビル
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目他
階数:地上33階、地下2階
高さ:167.31m(最高168.16m)
用途:駅舎、事務所、店舗、駐車場
敷地面積:17,860.96
建築面積:18,416.18
延床面積:136,541.88
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:国土交通省・東日本旅客鉄道
設計:東日本旅客鉄道
施工:大林・大成鉄建・共同企業体
工期:2013年9月着工〜2016年3月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

新宿センタービルからの夜景


新宿センタービルからの夜景

新宿センタービル」(地上54階、高さ222.95m)
の53階にある無料展望ロビーからの夜景です。

一方向しか眺めることは出来ませんが
このような夜景が広がっています。

左下の大きな建物が「新宿タカシマヤ」で
その目の前が「新宿駅」です。

この辺りの「新宿駅」は整備工事が進めてられており
数年後には地上33階、高さ168.16mの超高層ビルが建つ予定です。

定点観測をするならここの展望室がいいかもしれません。


新宿センタービルからの夜景

東京タワー」方面の夜景です。

「東京タワー」の右側の超高層ビルが
東京ミッドタウン ミッドタウンタワー」(地上54階、高さ248.1m)です。

さらにその右側にはお台場の観覧車が少しだけ見えています。
というか、こうしてみると観覧車って小さいですね。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク