超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

愛宕

地上43階、高さ160m「(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業」の環境影響調査計画書が公開!愛宕に新規タワーマンションが建設されます!

(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 東京都港区愛宕で計画されている「(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業」の環境影響調査計画書の縦覧が開始されました。同再開発を最初に知ったのは2014年8月でそのときは森ビルが代表者となっていましたが、今は都市再生機構が代表者となったようです。

 また、地域住民への説明では東急も事業者に加わっていますが、今回の再開発に含まれていない「東京虎ノ門東急REIホテル」がある場所がH地区として再開発が計画されているためだと思います。今回の再開発にも東急が参加するのかどうかは不明です。

 これは2019年11月30日にヘリから撮影した愛宕方面ですが、赤い網掛けをした愛宕神社の出世の石段を挟む場所が計画地となっています。そのうち手前がF地区で地上43階、地下2階、高さ約160m、延床面積約55,000屬離織錙璽泪鵐轡腑鵝△修慮紊蹐G地区で地上3階、高さ約15mの店舗と寺院が計画されています。今回の再開発には含まれていませんが、さらに奥の「東京虎ノ門東急REIホテル」がある場所がH地区として地上14階、高さ約50mの住宅、店舗が計画されています。

 同再開発は2024年度着工、2031年度竣工予定と7年もの工期となっています。詳細な工期が出ていないので予測となりますが、F地区とG地区の着工時期が違うのではと思われます。

▼東京都港区:環境アセスメント(2021年7月12日)
港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査計画書の縦覧【(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業】



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業 位置図
計画地位置図(詳細)[出典:港区]

 「(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業」は東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅、「神谷町」駅、都営三田線「御成門」駅の3駅の中心あたりに位置しています。

 計画地の南側には「愛宕グリーンヒルズ フォレストタワー」(地上42階、最高高さ157.26m)、東側には「パークキューブ愛宕山タワー」(地上31階、高さ104.55m)といった賃貸のタワーマンションが目の前にあり、そして北側には「虎ノ門ヒルズ」があります。西側は愛宕山のためお見合い部屋になる心配のない方角となります。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 2021年5月30日に撮影した「(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業」のF地区です。現地にはいくつか既存建物が残っていますが敷地の大部分は更地となっており、現地には「令和3年度愛宕地区埋蔵文化財発掘調査工事」の看板と土壌汚染対策工事のお知らせが掲示されています。土壌汚染対策工事は2022年1月31日まで、埋蔵文化財の発掘調査は2022年3月31日までとなっていますが、それを過ぎると令和4年度に書き換えられるかもしれません。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 愛宕山の中腹あたりから撮影。奥のレンガ色のビルがG地区となります。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 愛宕山を下りたところから撮影。多少距離はありますが「虎ノ門ヒルズ」が目立ちます。右が「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)、左が「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)です。

 今回の環境影響調査計画書には掲載されていませんでしたが、入手した地域住民の説明会資料(転載禁止のため載せられません)によるとF地区の1階に店舗、2、3階に生活・産業支援施設、4階〜6階に事務所、そして7階〜43階が住宅フロアとなっていました。住宅フロアはちょうど愛宕山の高さくらいだと思いますが、7階だと目の前は愛宕山の木々になるようです。同資料には完成予想図も掲載されているのですがここに載せられないのが残念です。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 F地区を虎ノ門ヒルズ側から撮影。写真は撮っていませんがこの右側に出世の階段があり、その方向に店舗や広場を配置して愛宕神社の参道空間の整備も行われます。



令和3年度愛宕地区埋蔵文化財発掘調査工事

 現地に設置されている令和3年度愛宕地区埋蔵文化財発掘調査工事の看板です。施工者は鴻池組になっていますが、着工は2024年度予定とまだまだ先のためこのままビル本体の施工者が鴻池組になるかはわかりません。

■物件概要(F地区)■
事業名:(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区愛宕一丁目
用途:共同住宅、事務所、生活・産業支援施設、店舗、駐車場
階数:地上43階、地下2階
高さ:約160m
敷地面積:約2,910
建築面積:約1,500
延床面積:約55,000
事業者:都市再生機構
工期:2024年度着工〜2031年度竣工予定(F地区・G地区)

高さ221.55m「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」の建設状況!メゾネットタイプでプール付きの部屋もあるようです(2021.5.30)

虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 森ビルによる高さ日本一のタワーマンション「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、高さ215.25m、最高高さ221.55m)です。2021年1月31日竣工予定で建設が進められていますが、地下1階で火災が発生したことが影響したのか2022年1月31日と工期が1年ほど伸びています。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 開発が進む「虎ノ門ヒルズ」の住宅棟でこの「虎ノ門ヒルズ 森タワー」とはペデストリアンデッキで接続されます。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 完成時には高さ日本一のタワーマンションとなりますが、同じ森ビルによる大規模再開発「虎ノ門・麻布台プロジェクト(虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業)」で建設中のタワーマンションが地上64階、高さ262.83mと地上54階、高さ237.20m規模となるのでこれらに抜かれます。また、数日前に概要が明らかになった「日本橋一丁目東地区」の住宅棟が地上52階、高さ約225m規模で計画されているため、規模縮小がなければこれに抜かれます。また新宿ではツインタワーとなる「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」(地上65階、高さ235m)もあり計画通りに建設されるとこちらにも抜かれることになります。

 ただ虎ノ門・麻布台プロジェクト以外は計画段階のため、少しの期間だけタワーマンションの高さ日本1位となったあとはしばらくの間は日本3位が続きます。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 フロア構成の詳細はは後半に載せていますが4-11階がサービスアパートメントで12階以上が一般のレジデンスフロアとなります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 建築物環境計画書制度で概要を見ると分譲391戸、賃貸160戸となっていますが、公式HPでは総戸数547戸となっており微妙な誤差があります。ただ、店舗区画が4区画あるのでそれを賃貸の戸数に含めると総戸数はそろいます。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 愛宕神社車道と一緒に撮影。右側の仮囲い部分は「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」の敷地に含まれます。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 愛宕山のトンネルを通る道路がある交差点から撮影。左が「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」で右が「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)です。

 ところで手前の仮囲いがある一帯では愛宕一丁目地区埋蔵文化財発掘調査工事が行われていますが、この辺りは2014年に「(仮称)愛宕山周辺地区(F・G地区)」として森ビルが高さ約160mの超高層ビルを建設するという情報がありました。ただ、今は別の事業者によって開発が進められることになったようです。たぶん今年中に情報は出ると思うのでそのときにお伝えします。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 愛宕山を登ったところから撮影。レジデンシャルタワーの高さ約222mのため森タワーの高さ255.5mに負けない存在感があります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 先ほどの写真に写っていた愛宕神社車道を少し下りたところから撮影。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 坂をさらに下りて行くとグルグル巻きになった設置されたばかりの鳥居がありました。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 この鳥居の先には「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」のデッキがあります。つまり「虎ノ門ヒルズ」と愛宕山はペデストリアンデッキで接続されることになります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 デッキ前には階段状の広場の建設工事が進められています。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 森タワー側から見た様子です。火災の影響で工期が伸びたのかと思っていましたが、まだ工事は続いているようなので他の要因もあって工期が伸びたのかもしれないですね。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 森タワーとは既にペデストリアンデッキが接続されていますが通行はまだできません。ここが通れるようになると愛宕山へのアクセスが格段に良くなります。出世の階段で愛宕山を登りたい人には関係ない道になりますが。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
虎ノ門ヒルズ 完成予想図[出典:公式HP]

 そのデッキ部分の完成予想図です。いつの間にかオープンしていた「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」の公式HPに掲載されていました。

▼公式HP
https://www.toranomonhills-residentialtower.com/



虎ノ門ヒルズ 構成図
虎ノ門ヒルズ 構成図[出典:公式HP]

 その公式HPに掲載されていた「虎ノ門ヒルズ」の構成図です。各ビルは左から順に以下のようになっており高さ220m超えの超高層ビルが3棟建ち並びます。

・虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(地上36階、最高高さ185.415m)
・虎ノ門ヒルズ 森タワー(地上52階、最高高さ255.5m)
・虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(地上54階、最高高さ221.55m)
・虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(地上49階、最高高さ265.75m)



虎ノ門ヒルズ 完成予想図
虎ノ門ヒルズ 完成予想図[出典:公式HP]

 高さ255.5mと高さ265.75mの超高層ビルの隣では高さ221.55mのレジデンシャルタワーも小さく見えてしまいます。



虎ノ門ヒルズ 完成予想図
虎ノ門ヒルズ 完成予想図[出典:公式HP]

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」が完成した頃はポツンと超高層ビルがある感じでしたが巨大な超高層ビル群となりますね。他にも周辺では超高層ビルの建設が進んでいるので虎ノ門エリアの超高層ビル群は迫力ある光景となりそうです。



虎ノ門ヒルズ 完成予想図
虎ノ門ヒルズ 完成予想図[出典:公式HP]

 「愛宕グリーンヒルズフォレストタワー」から撮影した写真に合成したと思われる「虎ノ門ヒルズ」全体の完成予想図です。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
住戸概要[出典:公式HP]

 「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」の住戸概要です。

 フロア構成は4〜11階にサービスアパートメント、12〜42階に1BR〜4BR、328戸のスイート、41階にゲストハウス ゲストルーム、ゲストハウス リビング・ダイニング、42階にスカイサロン、スカスイート専用フロント、そして43階〜54階が2BR〜5BR、59戸のスカイスイートとなります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー ゲストハウス リビング・ダイニング
ゲストハウス リビング・ダイニング[出典:公式HP]

 41階にはゲストハウス ゲストルームが2部屋。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー ゲストハウスダイニング
ゲストハウスダイニング[出典:公式HP]

 約210屬離僉璽謄などに利用可能なゲストハウス リビング・ダイニングが配置されます。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー スカイサロン
スカイサロン[出典:公式HP]

 43階以上のスカイスイートに住む方の専用ラウンジのスカイサロンです。42階に設置されコーヒーやソフトドリング、スナックなどが用意されているとのことです。まだ、1階にある虎ノ門ヒルズキッチンからルームサービスも利用可能とのことです。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
メゾネットタイプの角部屋[出典:公式HP]

 これはスカイスイートの部屋になるのでしょうか?吹き抜けの豪華な部屋も用意されているようです。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
プールのある部屋[出典:公式HP]

 これもスカイスイートでしょうか?プライベートプールのある部屋もあるようです。特に何の説明もなく居室のページに掲載されていたので共用施設ではないと思います。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
プールのある部屋[出典:公式HP]

 10億円超えの部屋が多数あるようですがこれを見ると納得です。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 販売概要

 公式HPの販売概要を見ると専有面積が227.00屐1277.73屬噺たことのない広さの部屋まで用意されているようです。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 問い合わせフォーム

 問い合わせフォームを見ると予算の欄が2億円スタートで20億円以上まであります。1277.73屬良屋の販売価格は20億円を軽く超えて日本最高額になっても不思議ではないですね。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 問い合わせフォーム

 世帯年収は30億円以上まで用意されています。世帯年収が30億円以上って日本に何人いるんですかね?異次元過ぎます。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 駐車場・駐輪場

 ちなみに駐車場は機械室が月額6万〜7万円、自走式が月額9万円〜17万円となっています。駐輪場にはプレミアム駐輪場なるものがあって月額1万5000円となっています。毎月安い自転車が買えてしまいます。。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
計画名称:(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)新築計画
所在地:東京都港区愛宕一丁目2番6 外
用途:共同住宅、店舗、駐車場、子育て支援施設
総戸数;551戸(分譲391戸、賃貸160戸)
階数:地上54階、塔屋1階、地下4階
高さ:215.25m(最高高さ221.55m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎・現場造成杭
敷地面積:6,535.76
建築面積:4,000
延床面積:121,000
建築主:森ビル
設計者:竹中工務店
デザイナー(外装):インゲンホーフェン・アーキテクツ
デザイナー(内装):トニーチー・アソシエイほか
施工者:竹中工務店
工期:2017年3月20日着工〜2021年1月31日竣工予定

公式HPオープン!地上28階、高さ約105m「シティタワー虎ノ門」の建設状況(2021.5.8)

シティタワー虎ノ門
公式HP

 虎ノ門で建設中の住友不動産のタワーマンション「シティタワー虎ノ門」(地上28階、高さ99.99m、最高高さ105.09m)の公式HPがオープンしました。

 まだHPがオープンしただけでデザインすら公開となっていませんが、28階建てとして少なめの総戸数で144戸(非分譲住戸2戸、その他住戸14戸含む)、販売開始は2022年1月中旬予定、間取りは1LDK+S〜3LDK、専有面積は60.06屐75.13屬箸覆辰討い泙后

▼公式HP
https://www.sumitomo-rd-mansion.jp/shuto/toranomon/



シティタワー虎ノ門 現地案内図
現地案内図[出典:公式HP]

 建設地は東京メトロ日比谷線「神谷町」駅から徒歩2分で、都営三田線「御成門」駅も徒歩圏の場所に位置しています。また、東側の隣接地は森ビルの「愛宕グリーンヒルズ」となっています。



シティタワー虎ノ門

 2020年12月18日にヘリからの空撮です。写真中央あたりの矢印を入れた場所が「シティタワー虎ノ門」の建設地です。このように「東京タワー」にも近い立地のため南向きの高層階住戸からは目の前が東京タワービューとなります。

 一番左のタワーマンションは「ウェリスタワー愛宕虎ノ門」(地上22階、高さ77.52m)でこれよりも高いタワーマンションとなります。



シティタワー虎ノ門

 その東京タワーのトップデッキから4月11日に撮影した虎ノ門・愛宕方面です。赤い網掛けをしたあたりが「シティタワー虎ノ門」の建設地ですが手前にはマンションなどが建っているので敷地はほとんど見えません。



シティタワー虎ノ門

 「シティタワー虎ノ門」の建設地にズームです。このように矢印を入れた場所にチラッと敷地が見えるだけのため、手前のマンションやビルよりも高いフロアにならないと東京タワービューとはなりません。



シティタワー虎ノ門

 2021年5月8日に現地から撮影した「シティタワー虎ノ門」の建設地です。この目の前の通りを左に行くと神谷町駅、右に行くと御成門駅があります。メインの通りに面している間口はこれしかありませんが右側奥に敷地は広がっています。



シティタワー虎ノ門

 通り沿いのマンションやビルの背後に敷地がこのように広がっています。



シティタワー虎ノ門

 隣の愛宕グリーンヒルズ側から撮影。坂の上にある寺院に行くためのエスカレーターや通路がありそこから建設地を望むことができます。



シティタワー虎ノ門

 この辺りはこのように傾斜地となっていますが、建築計画のお知らせを見ても地上28階、地下1階となっているため、傾斜地の上を1階扱いにせずに道路に面した部分が建築基準法上でも1階となりそうです。



シティタワー虎ノ門

 ここの建設地はこうして上から見ることが出来るので基礎段階でも楽しめる建設現場となりそうです。



シティタワー虎ノ門

 敷地はそこそこ広く見えますが俊朝寺建替工事も同時に行われており「シティタワー虎ノ門」としての敷地は1,436.01屬如⊇喞寺の敷地は912,89屬箸覆辰討い泙后デザインが公開されるとどのように配置されるのかもわかってくるかと思います。



シティタワー虎ノ門 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。敷地面積に青松寺の所有地0.57屬盍泙爐箸△蠅泙垢、この青松寺は愛宕グリーンヒルズの真ん中にあるお寺です。

■物件概要(共同住宅)■
名称:シティタワー虎ノ門
計画名:(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事
所在地:東京都港区虎ノ門3丁目209番1他
用途:共同住宅
階数:地上28階、地下1階
高さ:99.99m(最高105.09m)
敷地面積:1436.01屐弊直昌の所有地0.57峇泙燹法販売対象面積:1435.44
建築面積:1,010.66
延床面積:16,997.03
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
基礎工法:現場造成杭
建築主:住友不動産 住宅分譲事業部
設計者:西松建設一級建築士事務所
施工者:西松建設 関東建設支社
工期:2021年5月1日着工〜2024年8月31日竣工予定

高さ日本一のタワマン!「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)の建設状況(2020.12.6)

虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー

 高さ日本一となるタワーマンション「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、高さ215.25m、最高高さ221.55m)です。

 「虎ノ門ヒルズ」の住宅棟として2021年1月31日竣工予定で建設が進められていますが、ご存知の通り11月18日の早朝に地下1階で火災が発生しました。その後の続報は耳にしていませんが竣工時期が少し伸びそうな気がしています。



虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー

 「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(地上49階、最高高さ265.75m)の建設地前から見た「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」です。

 高さ日本一のタワーマンションとなりますが、同じ森ビルによって建設工事が進められている「虎ノ門・麻布台プロジェクト(虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業)」のタワーマンションが地上64階、高さ262.83mと地上54階、高さ237.20mとなるのでこれらに抜かれます。



虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」のオーバル広場から見た様子です。



虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」の東側の道路沿いから撮影。分譲391戸、賃貸160戸となる予定で竣工までもうすぐですが、一般の人が知らないところで販売や募集をしていたりするんですかね?普通の会社員では手も足も出ない物件になるのは間違いないので富裕層向けのコミュニティで営業したりするのかなと勝手に想像しています。

 フロア構成は1階〜3階が店舗・スパ・子育て支援施設、4階〜11階がサービスアパートメント、12階〜54階がレジデンスフロアで分譲は10億円超え、賃貸は家賃100万円超えが相当数用意されているとのことです。



虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー

 愛宕神社車道前から撮影。右側も「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」の敷地です。



虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー

 愛宕神社前交差点から撮影。中央が「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)、右が「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)です。

 ところで手前の仮囲いがある一帯では令和2年度港区愛宕一丁目地区埋蔵文化財発掘調査工事が行われていました。この辺りは2014年に「(仮称)愛宕山周辺地区(F・G地区)」として森ビルが高さ約160mの2棟の超高層ビル建設するという情報が出ていました。その後の続報は耳にしていませんでしたが動き出していそうです。



虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー

 愛宕山を登ったところにある愛宕神社の入り口あたりから撮影。こちら向きの部屋からは愛宕山を借景することができます。



愛宕山の紅葉

 愛宕山を登る一本の道路があるのですが、そのあたりがいい感じに紅葉していました。



愛宕山の紅葉

 超高層とは関係ありませんがせっかくなので載せておきます。



愛宕山の紅葉

 紅葉と言えばやっぱり真っ赤になったもみじですね。



虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー

 その道路からも「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」が見えます。



虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー

 そのまま進んで行くと目の前まで行くことができます。



虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー

 この場所にペデストリアンデッキが建設中でレジデンシャルタワーと愛宕山が繋がることになります。



虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー

 森タワー側から撮影。デッキに繋がる階段も整備中でした。



虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー

 地上から撮影。レジデンシャルタワーと森タワーもペデストリアンデッキで接続されるため、フラっと愛宕山に立ち寄る人も増えそうです。



虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー

 森タワー側のペデストリアンデッキの接続部分です。ここが通れるようになるのはいつ頃なんでしょうね。



虎ノ門ヒルズ・愛宕グリーンヒルズ

 最後は『さし旅』の収録前に東京タワーから撮影した景色です。左が「虎ノ門ヒルズ」で右側が「愛宕グリーンヒルズ」です。その間が先程書いた「(仮称)愛宕山周辺地区(F・G地区)」となります。



虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。火災がありましたが竣工時期に変更はありませんでした。

■物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
計画名称:(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)新築計画
所在地:東京都港区愛宕一丁目2番6 外
用途:共同住宅、店舗、駐車場、子育て支援施設
総戸数;551戸(分譲391戸、賃貸160戸)
階数:地上54階、塔屋1階、地下4階
高さ:215.25m(最高高さ221.55m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎・現場造成杭
敷地面積:6,535.76
建築面積:4,000
延床面積:121,000
建築主:森ビル
設計者:竹中工務店
デザイナー(外装):インゲンホーフェン・アーキテクツ
デザイナー(内装):トニーチー・アソシエイほか
施工者:竹中工務店
工期:2017年3月20日着工〜2021年1月31日竣工予定

地上28階「(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事」の建設地の様子!愛宕グリーンヒルズ隣に住友不動産の分譲タワマンです(2020.9.27)

(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 虎ノ門で住友不動産による新規のタワーマンション「(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事」が出ました。規模は地上28階、地下1階、高さ99.99m、最高高さ105.09m、敷地面積1,433.54屬紡个靴瞳築面積は1,060屐延床面積17,005屬箸覆辰討い泙后設計と施工は西松建設で同じ敷地では俊朝寺の建替えも行われます。

 場所は赤い網掛けをした愛宕グリーンヒルズの西側、住所的には虎ノ門3丁目で敷地の北側は愛宕2丁目となります。最寄り駅は東京メトロ日比谷線「神谷町」駅で徒歩2,3分くらいの距離です。

 建築計画のお知らせでは住友不動産の住宅分譲事業部が建築主となっていたので分譲のタワーマンションとなるようです。名称は「シティタワー虎ノ門」か「シティタワー愛宕」といった感じになりそうですね。



東京タワー

 建設地は東京タワーの近くでこの空撮に矢印を入れた場所あたりとなります。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 その東京タワーからの眺めです。手前に建物があるため敷地は見えませんが、赤い網掛けをしたあたりが建設地となります。手前に建物があるため低中層階はわかりませんが高層階なら目の前に東京タワーというタワーマンションとなります。また、東京タワーが見えない北側の愛宕山側には墓地等があるため、今のところはお見合い部屋になって視界がなくなる心配はなさそうです。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 「(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事」の建設地です。右側のゲートが緑色になっている方が計画地です。左側は東急不動産とリストデベロップメントによるマンション「(仮称)港区虎ノ門三丁目計画 新築工事」(地上17階、高さ58.98m)の建設地です。両方とも西松建設が施工者のため同じ建設現場のようにも見えてしまいます。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 「(仮称)港区虎ノ門三丁目計画 新築工事」の建設地越しに見た「(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事」の建設地です。通りに面した間口の奥に広い敷地があります。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 裏側から見た建設地です。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 ここには俊朝寺などがありましたが解体工事は既に終わっていました。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 隣の愛宕グリーンヒルズから見た計画地です。このようにそこそこの広さがあり住友不動産のマンションの敷地は1,433.54屐⊇喞寺の敷地は912,89屬箸覆蠅泙后マンションと寺院がどのように配置されるのかは不明ですが、手前側にある道路は私道で、そして元々俊朝寺が手前側にあったため、マンションは奥、寺院は手前に配置されると予想しています。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 周辺には寺院がありそこに行く道が高い位置にあるため、こうして建設地を上から見ることができます。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 この高台側は住所的には愛宕で、この下の土地は虎ノ門となります。左は愛宕グリーンヒルズです。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 敷地内には瓦礫が少しありましたがほぼ更地となっていました。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 敷地奥ではまだ重機がいましたが既存建物は全て解体済みで基礎部が一部残っている感じでした。



ウェリスタワー愛宕虎ノ門

 建設地の道路を挟んだ向かい側には「ウェリスタワー愛宕虎ノ門」(地上22階、高さ77.52m)がありますが、「(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事」はそれよりも高い地上28階、最高高さ105.09mとなります。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(共同住宅)■
計画名:(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事
所在地:東京都港区虎ノ門3丁目209番1他
用途:共同住宅
階数:地上28階、地下1階
高さ:99.99m(最高105.09m)
敷地面積:1,433.54
建築面積:1,060.00
延床面積:17,005.00
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
建築主:住友不動産 住宅分譲事業部
設計者:西松建設一級建築士事務所
施工者:西松建設 関東建設支社
工期:2021年5月1日着工〜2024年8月31日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク