東京スカイツリーから見た日本橋方面
 東京スカイツリーの天望回廊から見た日本橋方面です。最寄駅だとJR総武本線の新日本橋駅や東京メトロ銀座線の三越前駅になり、住所的には日本橋室町や日本橋本町といった感じの場所で、「日本橋三井タワー」(地上39階、最高高さ194.69m)がシンボルタワーとしてそびえ立っています。

 周辺では三井不動産が中心となって再開発が進められており、今後は昨日載せた「(仮称)新東京武田ビル」(地上24階、最高高さ123.65m)と「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上26階、高さ約142m)の建設が始まります。その建設に向けて「日本橋室町三丁目地区」では既存建物の解体工事が始まりました。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業
 中央通り沿いの南東側から見た「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。今はまだ既存ビルが建ち並び道路沿いの店舗も営業していました。こちら側の建物は年明けの1月末頃から順次始まる予定です。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業
 中央通り沿いの北東側から見た「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業」です。これから大規模な再開発があるとは思えない雰囲気です。正面の北陸銀行が入る「室町中央ビル」は2015年2月中旬から解体工事が始まる予定です。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業
 北西側から見た「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業」です。こちら側に来るとようやく引っ越し作業をしているオフィスがありました。この辺りのオフィスビルは2014年12月末から順次解体工事が始まります。角地の「日本橋都ビル」は2015年1月末から解体工事が始まる予定です。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業
 南西側の日本銀行前から見た「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業」です。正面のまだまだ使えそうなオフィスビルは「三井別館」で2015年2月末から解体工事が始まります。

東京建物新室町ビル
 「日本橋室町三丁目地区」で唯一解体工事に着手した「東京建物新室町ビル」です。今は内装解体・アスベスト除去の期間のようです。このビルにはクボタの東京本社が入っていましたが、再開発に合わせて「京橋トラストタワー」の16階〜21階へ移転しています。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業の既存建物解体工事
 「日本橋室町三丁目地区」の解体工事の概要です。このように実際の建物本体の解体が始まるのは「東京建物新室町ビル」が2月からで他は3月中旬からとなっています。そして2015年10月末には解体工事は完了する予定です。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図
日本橋室町三丁目地区の完成予想図[出典:東京都HP]

 解体後の跡地にはこのようなオフィスビルが建設されます。中央通り沿いの超高層ビルは高さ31mラインでセットバックして統一感のある街並みを創っていますが、この「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業」も同じく31mラインでセットバックしているように見えます。着工予定は既存建物の解体後の2015年11月が予定されています。

■日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
所在地:東京都中央区日本橋室町三丁目
用途:店舗、事務所、駐車場等
階数:地上26階、地下4階
高さ:約142m
延床面積:約165,570
建築主:日本橋室町三丁目地区市街地再開発組合
事業協力者:三井不動産
設計:日本設計
施工:鹿島建設・清水建設・佐藤工業のJV
工期:2015年11月着工〜2019年3月竣工予定
総事業費:約1265億円


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。