超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

大阪駅

地上23階、高さ121.6m「大阪駅西高架エリア開発」に建築計画のお知らせ設置!大阪駅の新駅ビルとなります

大阪駅西高架エリア開発 外観イメージ
外観イメージ[出典:JR西日本]

 JR大阪駅の西側「大阪駅西高架エリア開発」(地上23階、高さ121.6m)の完成予想図です。左に描かれているのが大阪駅の駅ビル「ノースゲートビルディング」(地上29階、最高高さ150m)で、その西側に板状の新駅ビルが誕生します。

 同再開発ですが現地に建築計画のお知らせが設置されました。それによると規模は地上23階、塔屋1階、地下1階、高さ121.6m、敷地面積19,859.86(全体)に対して建築面積3,2690.46屐延床面積60,095.44屐2021年2月末日着工、2024年6月末日竣工予定となっています。建築主は西日本旅客鉄道(JR西日本)、大阪ターミナルビル、設計者は西日本旅客鉄道、施工者は大林組です。建築計画のお知らせはデベロップさんから写真を頂きましたので最後に載せます。



大阪駅西高架エリア開発 フロア構成
フロア構成[出典:JR西日本]

 フロア構成は1階が駅コンコース等、2階が通路・広場等、3階〜5階が商業ゾーン、そして6階にオフィスロビーを配置し、設備室等を挟んで9階〜22階がオフィスゾーンとなります。オフィスの賃貸面積は約23,000屬竜模で計画されています。



大阪駅西高架エリア開発 周辺鳥瞰図
周辺鳥瞰図[出典:JR西日本]

 「大阪駅西高架エリア開発」は大阪駅の新駅ビルとなり、それに伴い新改札口の整備など新たな駅空間が創出されます。

 右側に描かれている超高層ビルは大阪中央郵便局跡地等で計画されている「梅田3丁目計画(仮称)」(地上40階、高さ188m)で、こちらは2024年3月31日竣工予定とほぼ同時期に完成予定となっています。大阪駅を出てすぐの線路が超高層ビルで挟まれることになります。



大阪駅西高架エリア開発 1階・平面イメージ
1階・平面イメージ[出典:JR西日本]

 高架下の1階部分には各ホームにアクセス可能な新たな改札口が整備されます。他にも延床面積約7,000屐店舗面積約3,000屬両Χ肇勝璽鵑肇丱好拭璽潺淵襪眄鞍されます。



大阪駅西高架エリア開発 2階・ホーム階平面イメージ
2階・ホーム階平面イメージ[出典:JR西日本]

 駅がある2階のホームの端には新設される改札口へ繋がるエスカレーターとエレベーターが整備されます。梅田の地下街は複雑なため梅田ダンジョンや地下迷宮とも呼ばれたりしますが、JR大阪駅も色々な改札があるので初心者には難しい駅になりそうです。



大阪駅西高架エリア開発 位置図
位置図[出典:JR西日本]

 場所は大阪駅の西側、超大規模再開発「(仮称)うめきた2期地区開発事業」の道路を挟んだ隣に位置しています。



大阪駅西高架エリア開発

 2020年3月23日に「梅田スカイビル」の展望室から撮影した大阪・梅田の超高層ビル群です。



大阪駅西高架エリア開発

 一つ前の写真の左側にズームです。「ノースゲートビルディング」と立体駐車場に挟まれた線路の手前の細長い一帯が「大阪駅西高架エリア開発」の建設地です。かなり横幅のある板状の超高層ビルとなります。結構大きな壁となるので完成すると背後の超高層ビル群がかなり隠れてしまいそうです。



大阪駅西高架エリア開発

 「グランフロント大阪」から見た計画地方面です。この辺りの景色も大きく変わりそうです。



大阪駅西高架エリア開発

 地上から見た計画地方面です。この奥の方が「大阪駅西高架エリア開発」の建設地で手前が「梅田3丁目計画(仮称)」(地上40階、高さ188m)の建設地です。



大阪駅西高架エリア開発 建築計画のお知らせ

 デベロップさんに送った頂いた建築計画のお知らせです。ありがとうございます!本当なら大阪遠征に行きたい頃ですが、このご時世のため大阪遠征は控えています。ただ、基本的に屋外でのビル撮影の感染リスクはほぼないと思うのでどこかのタイミングで遠征に行くかもしれません。

■物件概要■
計画名称:大阪駅西高架エリア開発
所在地:大阪府大阪市大深町19番10の一部
用途:駅施設、事務所、物販手の、飲食店舗
階数:地上23階、塔屋1階、地下1階
高さ:121.6m
敷地面積:19,859.86(全体)
建築面積:3,690.46
延床面積:60,095.44
構造:S造 一部SRC造
建築主:西日本旅客鉄道(JR西日本)、大阪ターミナルビル
設計者:西日本旅客鉄道
施工者:大林組
工期:2021年2月末日着工〜2024年6月末日竣工予定

旧大阪中央郵便局解体工事と梅田3丁目計画(仮称)(2012年9月2日)

旧大阪中央郵便局解体 - 梅田3丁目計画(仮称)
旧大阪中央郵便局」の解体工事です。
着々と解体が進んでいるようです。

大阪駅の目の前という超一等地だけあって解体後の跡地には
梅田3丁目計画(仮称)」(地上40階、高さ187m)
の超高層オフィスビルが建ちます。

施設の概要の用途に劇場が残っているので
オリエンタルランドが入居する可能性があるんですかね?

写真手前が中層部、奥が高層部になるので
劇場が入るなら手前でしょうねー。

参考資料:大阪市環境アセスメント
梅田3丁目計画(仮称)

旧大阪中央郵便局解体 - 梅田3丁目計画(仮称)
大阪駅の歩行者デッキから見た
旧大阪中央郵便局」の解体工事です。

旧大阪中央郵便局解体 - 梅田3丁目計画(仮称)
大阪駅の駅ビル「ノースゲートビルディング」(地上29階、高さ150m)
の商業施設部の屋上にある「天空の農園」から見た
旧大阪中央郵便局」の解体工事です。

ハービス大阪」(地上40階、高さ189.7m)
を隠すような感じで「梅田3丁目計画(仮称)」が建つと思われます。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

大阪駅新北ビル


アクティ大阪から大阪駅新北ビル

「アクティ大阪」から見た建設中の「大阪駅新北ビル」です。
左側が高層棟で地上28階、高さ150mのオフィスビルになります。
右側が低層棟で地上11階、高さ78mの商業施設となります。


阪急グランドビルから大阪駅新北ビル

「阪急グランドビル」から見た「大阪駅新北ビル」です。
タワークレーンが乱立している姿は萌えますね。

左下が「大阪駅」で
左に見切れているのが「アクティ大阪」です。

見てわかると思いますが
「アクティ大阪」と「大阪駅新北ビル」の間には連絡通路が建設中です。
その連絡通路は巨大なドームの屋根が出来ます。

詳しくは公式HPを見て下さい。
大阪駅開発プロジェクト


大阪駅新北ビル

地上から見た「大阪駅新北ビル」です。

建設中の鉄骨むき出しのビルは
何気に結構好きだったりするのですが
今の「大阪駅新北ビル」は結構ツボです。


昨日は飲み過ぎました…。
随分と弱くなってしまいました。。
そんな本日も応援クリックお願い致しますm(__)m
ここをクリック(ブログランキング)

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク