大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:都市再生機構]

 本日、独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)から「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物」が2015年5月15日に着工すると発表がありました。元々5月15日が着工予定だったので予定通りといったところです。

▼独立行政法人都市再生機構:記者発表(2015年5月11日)
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物新築工事着工のお知らせ

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
 「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」は「逓信総合博物館ていぱーく」などが入居していた「逓信ビル」や「東京国際郵便局ビル」の跡地の再開発で現在は既に既存建物の解体は終わっています。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図[出典:都市再生機構]

 「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」によって建設されるビルはA棟とB棟があり、A棟はNTT都市開発が建築主で地上35階、高さ約178m、延床面積約202,000屬箸覆蠅泙后設計は日本設計で施工は竹中工務店です。B棟は都市再生機構が建築主で地上32階、高さ約163m、延床面積約152,000屐∪澤廖施工は大林組です。工期は2015年5月15日から2018年7月の予定です。

 ちなみに現地建築計画では高さ179.00m、最高高さ182.00mとなっています。ただ、最近は現地建築計画のお知らせを確認していなかったので次に行ったときは数値を確認してみようと思います。最初に掲示された建築計画の数値は後で修正されることが多いです。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:都市再生機構]

 配置図の右上部分に描かれていますが、に同再開発では日本橋川を渡って神田方面へと繋がる人道橋も同時に整備されます。

■大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の概要■
計画名:大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都千代田区大手町二丁目1番17から34
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数(A棟):地上35階、塔屋1階、地下3階
高さ(A棟):約178m
階数(B棟):地上33階、塔屋1階、地下3階(※ 32階という情報もあり)
高さ(B棟):約163m
敷地面積(全体):19,898.68
建築面積(全体):13,929.00
延床面積(A棟):約202,000
延床面積(B棟):約152,000
構造:地上 S造、地下 SRC造、RC造、S造
建築主(A棟):エヌ・ティ・ティ都市開発
設計者(A棟):日本設計
施工者(A棟):竹中工務店
建築主(B棟):独立行政法人都市再生機構
設計者(B棟):大林組
施工者(B棟):大林組
工期:2015年5月15日着工〜2018年7月15日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ