超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業

高さ100mのタワマン&オフィス計画「大宮駅西口第3-A・D地区再開発」の再開発組合設立!東京建物、中央日本土地建物、大和ハウス工業が参画

大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 完成予想イメージ
完成予想イメージ[出典:東京建物]

 大宮駅の西口から徒歩5分圏内で計画されている「大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業」は東京建物、中央日本土地建物、大和ハウス工業が参加組合員予定者として「大宮駅西口第3-A・D地区市街地再開発準備組合」とともに推進してきましたが、この度、さいたま市より認可を受け「大宮駅西口第3-A・D地区市街地再開発組合」が設立されたことが発表されました。

 同再開発は地上27階、高さ約100m、延床面積4万5142屬僚斬霤錣斑肋21階、高さ約100m、延床面積3万9994のオフィス棟で構成されており、両棟合わせた延床面積は約8万5136屬箸覆蠅泙后住宅棟は単身者、シニア、ファミリー向けとなります。2023年頃に権利変換計画認可を経て、2024年頃に着工し、2027年頃に竣工する予定となっています。

▼東京建物:ニュースリリース(2022年4月28日)
「大宮駅西口3A・D地区市街地再開発組合」設立のお知らせ

▼東京建物:ニュースリリース(2020年8月5日)
「大宮駅西口第3−A・D地区第一種市街地再開発事業」
東京建物・日本土地建物・大和ハウス工業を参加組合員予定者に決定




大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 1F 商業通路イメージ(まちなかガレリア)
1F 商業通路イメージ(まちなかガレリア)[出典:東京建物]

 参加組合員予定者に決定した時のニュースリリースに掲載された、住宅棟とオフィス棟の間に整備される商業通路の「まちなかガレリア」の完成予想図です。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 2F 商業吹き抜けイメージ
2F 商業吹き抜けイメージ[出典:東京建物]

 吹き抜け空間のある商業施設となります。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 敷地イメージ図
敷地イメージ図[出典:東京建物]

 敷地の南西側に住宅棟、北東側にオフィス棟が配置され、敷地を斜めに通り抜ける位置に商業通路の「「まちなかガレリア」が整備されます。この「まちなかガレリア」となる場所には現在道路があり五差路となっていますが、その道路を「まちなかガレリア」にすることで五差路を解消し交通環境を改善します。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京建物]

 計画地は大宮駅西口から徒歩5分程度の距離で、計画の右側(東隣)では「大宮スカイ&スクエア ザ・タワー」(地上28階、高さ99.45m)が建設中です。また、計画地の南東側にはは「大宮ソニックシティ」(地上31階、高さ137m)があります。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業

 2014年2月にセスナから撮影した大宮です。赤い網掛けをした場所が「大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。普段はきっちりと境界線を引くのですが、周辺では新たな区画道路の整備があったり、新たなマンションが建設されていたりと、どこまでが計画地に含まれているのかよくわからないので大雑把な楕円で囲みました。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業

 大宮駅から一番遠い側から撮影した「大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。中央の道路がある場所が「まちなかガレリア」となり、左側にオフィスビル、右側にタワーマンションが建設されます。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業

 撮った記憶はあるのですが現地写真が1枚しか見つからなかったので空撮をもう1枚。大宮駅東口側では「大宮駅グランドセントラルステーション化構想」もあり、大宮駅周辺は今後も再開発が続きそうです。

■物件概要■
計画名称:大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業
所在地:埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目の一部
用途:住宅、店舗、オフィス、駐車場等
総戸数:約230戸
階数:地上27階、地下2階(オフィス棟は地上21階)
高さ:約100m
敷地面積:約9,500
延床面積:約85,100
建築主:大宮駅西口第3-A・D地区市街地再開発組合
参加組合員:東京建物、中央日本土地建物、大和ハウス工業
事業協力者:清水建設
総合コンサルタント:佐藤総合計画
工期:2024年頃着工〜2027年頃竣工予定

高さ100mタワマン&オフィス「大宮駅西口第3-A・D地区再開発」の参加組合員予定者が東京建物、日本土地建物、大和ハウス工業に決定!

大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 完成予想イメージ
完成予想イメージ[出典:東京建物]

 大宮駅西口第3-A・D地区市街地再開発準備組合は、東京建物、日本土地建物、大和ハウス工業の3社を「大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業」における参加組合員予定者に決定したと発表がありました。

 同再開発は大宮駅から西側へ約400mの位置で施工面積約1.5haの区域で、高さ約100mの住宅棟とオフィス棟が建設されます。住宅棟は地上27階建て、オフィス棟は24階建てでしょうか、敷地面積約9,500屬紡个靴同箴果明僂鰐85,000屐⊇斬靈縦蠍与瑤鰐230戸となっています。事業協力者は清水建設、総合コンサルタントは佐藤総合計画となっています。

 今後のスケジュールとして2020年度に組合設立認可、2021年度に権利変換計画認可を経て、2022年度に着工(解体工事を含む)、2025年度に竣工を予定しています。

▼東京建物:ニュースリリース(2020年8月5日)
「大宮駅西口第3−A・D地区第一種市街地再開発事業」
東京建物・日本土地建物・大和ハウス工業を参加組合員予定者に決定




大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 1F 商業通路イメージ(まちなかガレリア)
1F 商業通路イメージ(まちなかガレリア)[出典:東京建物]

 住宅棟とオフィス棟の間に整備される商業通路の「まちなかガレリア」の完成予想図です。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 2F 商業吹き抜けイメージ
2F 商業吹き抜けイメージ[出典:東京建物]

 吹き抜け空間のある2層の商業施設が計画されているようです。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 北西側広場イメージ(まちなかプレイス)
北西側広場イメージ(まちなかプレイス)[出典:東京建物]

 大宮駅から遠い側の敷地北西側には「まちなかプレイス」と呼ばれる広場も整備されます。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 敷地イメージ図
敷地イメージ図[出典:東京建物]

 敷地の南西側に住宅棟、北東側にオフィス棟が配置され、敷地を斜めに通り抜ける位置に商業通路の「まちなかガレリア」が整備されます。この「まちなかガレリア」となる場所には現在道路があり五差路となっています。その五差路も同再開発によって解消されます。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 計画図
計画図[出典:東京建物]

 「大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業」の東側(図の右側)では「大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業」が計画されており、新しい道路も整備される計画となっています。

 つまり、この辺りの地区では建物が新しく建替えられるだけではなく地区内の道路が廃道、新設され新しい街へと生まれ変わります。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京建物]

 大宮駅徒歩圏の場所で敷地南東側には「大宮ソニックシティ」があります。



大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業 位置図
大宮駅西口第3-B地区 位置図[出典:さいたま市]

 これは「大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業」の位置図です。このように「大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業」の東側で計画されており新しい道路も整備されることがわかります。



大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
大宮駅西口第3-B地区 完成予想図[出典:さいたま市]

 その「大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業」では商業業務、住宅(511戸)で構成される地上28階、地下1階、高さ約99.45m、延床面積約66,234屬離織錙璽泪鵐轡腑鵑覆匹計画されています。詳細は以前に載せた当ブログ記事をご覧ください。

地上28階、高さ約100mタワマン「大宮駅西口第3-B地区」が特定業務代行者を公募!本格的に再開発開始か!?



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業

 ちょっと古いですが2014年2月にセスナから撮影した大宮です。赤い網掛けをした場所が「大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。写真上が大宮駅です。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業

 別角度からもう1枚。大宮駅周辺はまだまだ再開発されそうな場所が色々とあるので、今後も再開発がポツポツと出て来るかもしれないですね。

■物件概要■
計画名称:大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業
所在地:埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目の一部
用途:商業、業務、住宅、駐車場
総戸数:約230戸
階数:地上27階
高さ:約100m
敷地面積:約9,500
延床面積:約85,000
建築主:大宮駅西口第3-A・D地区市街地再開発組合(予定)
参加組合員:東京建物、日本土地建物、大和ハウス工業
事業協力者:清水建設
総合コンサルタント:佐藤総合計画

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク