超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

品川駅北周辺地区

高輪ゲートウェイシティに「JWマリオット・ホテル東京」が進出!地上44階建ての住宅棟は賃貸タワマン、文化創造棟は隈研吾氏のデザイン

高輪ゲートウェイシティ(仮称) 完成予想図
完成予想図[出典:JR東日本]

 高輪ゲートウェイ駅前の大規模再開発「品川開発プロジェクト(第鬼) 」について事業者のJR東日本よりニュースリリースが発表されました。街名仮称は「高輪ゲートウェイシティ(仮称)」で4街区が複合棟(North・South)、3街区が複合棟供2街区が文化創造棟、1街区が住宅棟として開発が進められます。

▼JR東日本:ニュースリリース(2022年4月21日)
高輪ゲートウェイシティ(仮称)のまちづくりについて

▼マリオット・インターナショナル:ニュースリリース(2022年4月21日)
JR東日本とJWマリオット・ホテル東京の契約を締結



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 配置図
配置図[出典:JR東日本]

 4街区の複合棟気高輪ゲートウェイ駅の目の前に位置しており、3街区の複合棟兇里垢斡瓩には都営浅草線・京急本線の泉岳寺駅があります。各棟はペデストリアンデッキで接続され、複合棟兇らは近隣に建設されるビル経由で泉岳寺駅にも行けるようになります。

 また、建設地から出土した高輪築堤は保存・活用方法の検討を進めるとともに、当時の高輪築堤の景観を体験できる展示や文化創造棟におけるプログラム等による取り込みを通じてまちづくりとの両立が図られます。

 複合棟気髪惻辺の広場や歩行者デッキ等はは2024年度末(2025年3月)に開業し、高輪ゲートウェイ駅も全面開業します。複合棟供∧顕汁和づ錙⊇斬霤錣蝋睥愧枋蕕慮獣亙歛犬鉾爾Ψ弉菠儿垢あったため、少し遅れて2025年度中の開業予定となっています。




4街区:高輪ゲートウェイシティ(仮称) 複合棟

高輪ゲートウェイシティ(仮称) 複合棟 完成予想図
複合棟 完成予想図[出典:JR東日本]

 4街区に建設される複合棟気隆粟予想図です。左がSouthで地上30階、地下3階、高さ158.68m、右がNorthで地上29階、地下3階、高さ161.43mで、両棟合わせた延床面積は46万177.37屬箸覆蠅泙后Southの23階〜30階は「JWマリオット・ホテル東京」になることも今回発表となっています。

 この完成予想図の左端に薄く描かれているのは品川駅側の5街区で、まだ概要は発表になっていませんが同程度の高さの超高層ビルが建設されることになりそうです。つまりは品川駅周辺から高輪ゲートウェイ駅周辺まで超高層ビルが連なることになります。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 複合棟 完成予想図
複合棟 完成予想図[出典:JR東日本]

 今回のニュースリリースの画像は粗いのが多いので過去のニュースリリースに掲載された完成予想図です。複合棟気魯張ぅ鵐織錙爾箸覆辰討い泙垢、中央で繋がっており建築基準法上では1棟扱いとなります。



JWマリオット・ホテル東京 客室内装イメージ
JWマリオット・ホテル東京 客室内装イメージ[出典:JR東日本]

 総客室数は約200室を予定している「JWマリオット・ホテル東京」の客室イメージです。JWマリオットはマリオット・インターナショナルが展開する「ザ・リッツ・カールトン」や「セントレジス」などラグジュアリーブランドの一つで最高級ランクのホテルとなります。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 複合棟 駅前広場完成予想図
複合棟 駅前広場完成予想図[出典:JR東日本]

 複合棟気留愾姐場の完成予想図です。駅直結の約6,500屬旅場となります。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 複合棟 駅前広場完成予想図
複合棟 駅前広場完成予想図[出典:JR東日本]

 NorthとSouthはデッキで接続され、下は通り抜けられるようになり水遊びもできる広大な広場が整備されます。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 複合棟 駅前広場完成予想図
複合棟 駅前広場完成予想図[出典:JR東日本]

 国大な広場を利用して色々なイベントが企画されているようです。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 複合棟 駅前広場完成予想図
複合棟 駅前広場完成予想図[出典:JR東日本]

これはプロジェクションマッピングでしょうか。広い敷地だけあって色々なことができそうです。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 複合棟 エントランス完成予想図
複合棟 エントランス完成予想図[出典:JR東日本]

 エントランスです。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 複合棟 カンファレンスロビー完成予想図
複合棟 カンファレンスロビー完成予想図[出典:JR東日本]

 カンファレンスロビーです。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 2022年1月に撮影した4街区の複合棟 Southの建設地方面です。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 複合棟 Northの建設地方面です。施工者は大林組です。


品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区 建築計画のお知らせ

 4街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要 4街区■
名称:品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区
所在地:東京都港区港南2丁目、高輪2丁目
交通:JR山手線・京浜東北線「高輪ゲートウェイ」駅、都営浅草線・京急本線「泉岳寺」駅
主要用途:事務所、物販店舗、飲食店、ホテル、集会場、自動車車庫等
階数・高さ
 North:地上29階、地下3階、高さ161.43m
 South:地上30階、地下3階、塔屋1階、高さ158.68m
構造:鉄骨造 一部 鉄筋鉄骨コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:38,281.26
建築面積:30,885.50
延床面積:460,177.37
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)
施工者:大林組
工期:2021年10月25日着工〜2025年3月31日竣工予定
開業:2025年3月予定




3街区:高輪ゲートウェイシティ(仮称) 複合棟

高輪ゲートウェイシティ(仮称) 複合棟 完成予想図
複合棟 完成予想図[出典:JR東日本]

 3街区に建設される複合棟兇隆粟予想図です。地上31階、地下5階、高さ166.86m、延床面積は20万8164.26屬竜模で主にオフィスビルとなります。

 背後にもう1棟の超高層ビルが描かれていますが、これは「東京都市計画事業泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業」(地上30階、最高高さ145m)かと思います。このビルを経由して泉岳寺駅まで繋がります。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 複合棟 東側テラス完成予想図
複合棟 東側テラス完成予想図[出典:JR東日本]

 線路側となる東側テラスです。


高輪ゲートウェイシティ(仮称) 複合棟 2階デッキ完成予想図
複合棟 2階デッキ完成予想図[出典:JR東日本]

 2階デッキです。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 複合棟 オフィスロビー完成予想図
複合棟 オフィスロビー完成予想図[出典:JR東日本]

 オフィスロビーです。



品川開発プロジェクト(第鬼) 3街区

 2022年1月に高輪ゲートウェイ駅のデッキから見た3街区の複合棟兇侶設地方面です。ここも複合気汎韻犬大林組が施工者となっています。


品川開発プロジェクト(第鬼) 3街区 建築計画のお知らせ

 3街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要 3街区■
名称:品川開発プロジェクト(第鬼) 3街区
所在地:東京都港区港南2丁目、芝浦4丁目、高輪2丁目
交通:JR山手線・京浜東北線「高輪ゲートウェイ」駅、都営浅草線・京急本線「泉岳寺」駅
主要用途:事務所、物販店舗、飲食店、フィットネス、クリニック、子育新施設、地域冷暖房施設、自動車車庫等
階数:地上31階、地下5階、塔屋1階
高さ:166.86m
構造:鉄骨造 一部 鉄筋鉄骨コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:14,996.38
建築面積:約11,900
延べ面積:208,164.26
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)
施工者:大林組
工期:2022年2月1日着工〜2025年3月31日竣工予定
開業:2025年度中予定




2街区:高輪ゲートウェイシティ(仮称) 文化創造棟

高輪ゲートウェイシティ(仮称) 文化創造棟 完成予想図
文化創造棟 完成予想図[出典:JR東日本]

 2街区に建設される文化創造棟の完成予想図です。地上6階、地下3階、高さ44.98m、延床面積は2万8952.55屬竜模で展示施設や約1200席のライブホールとなります。デザインアーキテクトは高輪ゲートウェイ駅も手掛けた隈研吾氏で、緑と木によって形成されたスパイラルにより建物全体で日本の四季が表現されています。

 特に記載はありませんでしたが完成予想図からして建物の屋内外をグルグル歩いていると最上階の屋上まで行けるようになりそうです。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 文化創造棟 屋上庭園完成予想図
文化創造棟 屋上庭園完成予想図[出典:JR東日本]

 足湯と水盤もある屋上庭園が東側に整備されます。東側は複数の線路があるため開けた視界となります。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 文化創造棟 完成予想図
文化創造棟 完成予想図[出典:JR東日本]

 線路側から見た完成予想図です。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 文化創造棟 完成予想図
文化創造棟 完成予想図[出典:JR東日本]

 住宅棟側から見た完成予想図です。駅から続くデッキプロムナードは南北に約1.1キロの歩行者空間となり、デッキでのモビリティ走行実験なども行われます。住宅棟との間には公園が設けられ、「高輪ゲートウェイシティ(仮称)」全体では約2万屬広場空間等が整備されます。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 文化創造棟 エントランス完成予想図
文化創造棟 エントランス完成予想図[出典:JR東日本]

 エントランスです。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 文化創造棟 展示室完成予想図
文化創造棟 展示室完成予想図[出典:JR東日本]

 約1500屬療玄┝爾任后



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 文化創造棟 畳エリア完成予想図
文化創造棟 畳エリア完成予想図[出典:JR東日本]

 約200屬両エリアもあります。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 文化創造棟 ホワイエ完成予想図
文化創造棟 ホワイエ完成予想図[出典:JR東日本]

 文化創造棟のプログラムのキーワードは「文化を生み出す」「未来をつくる」「伝統をつなぐ」とし、日本全国および世界と連携した自主企画プログラムが展開されます。



品川開発プロジェクト(第鬼) 1・2街区

 2022年1月に撮影した2街区の文化創造棟となるの建設地です。奥が住宅棟が建設される1街区で施工者はフジタです。



品川開発プロジェクト(第鬼) 2街区 建築計画のお知らせ

 2街区の建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが鹿島建設が担当することになっています。

■物件概要 2街区■
名称:品川開発プロジェクト(第鬼) 2街区
所在地:東京都港区芝浦4丁目
交通:JR山手線・京浜東北線「高輪ゲートウェイ」駅、都営浅草線・京急本線「泉岳寺」駅
主要用途:劇場、展示場、集会場、飲食店、自動車車庫等
階数:地上6階、地下3階、塔屋1階
高さ:44.98m
構造:鉄鉄筋鉄骨コンクリート造、鉄骨造、一部 鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:7,977.31
建築面積:約5,300
延べ面積:28,952.55
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)
デザイナー:外装デザインアーキテクト/隈研吾建築都市設計事務所
施工者:鹿島建設
工期:2022年7月1日着工〜2025年3月31日竣工予定
開業:2025年度中予定




1街区:高輪ゲートウェイシティ(仮称) 住宅棟

高輪ゲートウェイシティ(仮称) 住宅棟 完成予想図
住宅棟 完成予想図[出典:JR東日本]

 1街区に建設される住宅棟の完成予想図です。地上44階、地下2階、高さ172.12m、延床面積は14万8294.34屬竜模のタワーマンションで、低層部にはインターナショナルスクールも併設されます。エスクパッツ(外国人ビジネスワーカー)にも対応した国際水準の高級賃貸住宅で、テラス型住戸を含むレジデンスとなります。建築物環境計画書制度では賃貸のみで総戸数は847戸となっています。

 完成予想図を見ると中層部に2層を使ったバルコニーがありますが、ここは共用施設のビューラウンジになるスペースかと思います。また、最上部にも2層吹き抜けの空間が見えるので、ここも共用施設になるちお思われます。ただ、超富裕層に対応した部屋の可能性もあります。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 住宅棟 共用部完成予想図
住宅棟 共用部完成予想図[出典:JR東日本]

 エントランスホールと思われる共用部です。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 住宅棟 インターナショナルスクール完成予想図
住宅棟 インターナショナルスクール完成予想図[出典:JR東日本]

 併設されるインターナショナルスクールです。



高輪ゲートウェイシティ(仮称) 住宅棟 ビオトープ完成予想図
住宅棟 ビオトープ完成予想図[出典:JR東日本]

 住宅棟に隣接する広場は植栽や水辺空間等によりビオトープ(生物空間)として多様な生態系に配慮した計画となっています。

品川開発プロジェクト(第鬼) 1街区 建築計画のお知らせ

 1街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要 1街区■
名称:品川開発プロジェクト(第鬼) 1街区
所在地:東京都港区芝浦4丁目、三田3丁目
交通:JR山手線・京浜東北線「高輪ゲートウェイ」駅、都営浅草線・京急本線「泉岳寺」駅
主要用途:共同住宅、インターナショナルスクール、物販店舗、飲食店、自動車車庫 等
総戸数:847戸
階数:地上44階、地下2階、塔屋2階
高さ:172.12m
構造:鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,705.97
建築面積:5,905.14
延べ面積:148,294.34
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)
施工者:フジタ
工期:2021年6月1日着工〜2025年3月31日竣工予定
開業:2025年度中予定

高輪ゲートウェイ駅前の大規模再開発「品川開発プロジェクト(第鬼)」の建設状況!高さ161m〜172mのオフィス・ホテル・タワマン等となります(2022.1.18)

品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 高輪ゲートウェイ駅前の大規模再開発「品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区」(地上30階、高さ161.43m)の建設地です。4街区は高輪ゲートウェイ駅の目の前に位置しており、再開発が行われている4つの街区の中では一番敷地面積が広い街区となっています。

 規模は地上30階、塔屋1階、地下3階、高さ161.43m、敷地面積3万8281.26屐建築面積3万885.50屐延床面積46万177.37屬如∋務所・店舗・ホテル・集会場等で構成される複合ビルとなります。建築主は東日本旅客鉄道(JR東日本)、設計者は品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(代表者:JR東日本設計)、施工者は大林組で、工期は2021年10月25日着工〜2025年3月31日竣工予定となっています。



品川開発プロジェクト(第鬼)
4街区と3街区の完成予想図[出典:東日本旅客鉄道]

 「品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区」の完成予想図です。右下の白い建物が高輪ゲートウェイ駅で中央のツインタワーが4街区です。右端は3街区で地上31階、高さ167m、延床面積約21万1000屬離フィスビルとなります。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区
4街区の完成予想図[出典:東日本旅客鉄道]

 4街区は南棟(左)と北棟(右)の両棟合わせて1棟扱いとなる巨大なツインタワーとなります。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 こちらが南棟の建設地となります。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 高輪ゲートウェイ駅の正面あたりです。この辺りは両棟を結ぶ低層部が建設されます。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 敷地に接した背後のビルがある場所では「品川駅周辺地区(区域4ー2)」として地上25階、地下2階、高さ約115m、延床面積約26,600屬離咼襪斑肋23階、地下2階、高さ約115m、延床面積約39,900屬離咼襪計画されています。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 こちらが北棟の建設地となります。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 右奥では泉岳寺駅に直結する地上30階、高さ135m、延床面積112,000屬箸覆襦泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業」が建設されます。

 「品川開発プロジェクト(第鬼)」は南北に3棟(見た目的には4棟)の超高層ビルが建設されますが、このように他の再開発ビルもあるので厚みもある新たな超高層ビルが誕生します。



品川開発プロジェクト(第鬼) 位置図

 1〜4街区の位置図です。ここまで載せてきた4街区は高輪ゲートウェイ駅の真正面に位置しています。そこから田町駅側に向けて3街区、2街区、1街区と並びます。



品川開発プロジェクト(第鬼) イメージパース
イメージパース[出典:内閣府]

 「品川開発プロジェクト(第鬼)」全体の完成予想図です。各街区の概要は以下のようになっています。

1街区:地上44階、高さ172.12m、14万8294.34屐共同住宅・各種学校・物販店舗・飲食店等
2街区:地上6階、高さ45m、2万9000屐劇場・展示場・集会場・飲食店等
3街区:地上31階、高さ167m、21万1000屐∋務所・物販店舗・飲食店・地域冷暖房施設等
4街区:地上30階、高さ161.43m、46万177.37屐∋務所・物販店舗・飲食店・ホテル・集会場等



品川開発プロジェクト(第鬼) イメージパース
イメージパース[出典:内閣府]

 JRの線路を超えた東側にある「港区立芝浦中央公園」から見た完成予想図です。竣工予定は2025年3月31日なので2024年中にはこの4棟の超高層ビルが建ち並ぶ光景を見られるよになります。



品川開発プロジェクト(第鬼) 配置図
配置図[出典:内閣府]

 各街区はペデストリアンデッキで接続され周辺には新たな道路が建設されます。お化けトンネルとも呼ばれていた制限高さ1.5mの「高輪橋架道橋下区道」は新たな幹線道路として整備され、そして高輪ゲートウェイ駅から港南方面へ繋がる新たな歩行者専用道も計画されています。また、品川駅方面の区域5、区域6では将来整備される計画となっています。



品川開発プロジェクト(第鬼) 高輪築堤保存
高輪築堤保存[出典:内閣府]

 「品川開発プロジェクト(第鬼)」の計画地では国内初の鉄道築堤となる「高輪築堤」が約800mにわたって出土しました。その「高輪築堤」は国の史跡に指定され2街区(約40m)と3街区(橋梁部・約80m)の茶色の部分では現地保存され、4街区で出土した信号機土台部分(約30m)は移築保存されることになっています。



品川開発プロジェクト(第鬼) 3街区

 「品川開発プロジェクト(第鬼) 3街区」(地上31階、高さ167m)の建設地方面です。3街区は高輪ゲートウェイ駅にも泉岳寺駅にも近い場所に位置しています。

 規模は地上31階、塔屋1階、地下5階、高さ167m、敷地面積1万5000屐建築面積1万1900屐延床面積212万1000屬如∋務所・店舗・地域冷暖房施設等で構成されるビルとなります。建築主はJR東日本、設計者は品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(代表者:JR東日本設計)、施工者は大林組で、工期は2022年2月1日着工〜2025年3月31日竣工予定となっています。



品川開発プロジェクト(第鬼) 3街区

 地上から見た様子です。



品川開発プロジェクト(第鬼) 2街区

 2街区側から見た3街区方面です。手前の高輪築堤が見えている場所が2街区でその背後が3街区かと思います。



品川開発プロジェクト(第鬼) 2街区 高輪築堤

 2街区内にある高輪築堤にズームです。



品川開発プロジェクト(第鬼) 2街区 高輪築堤

 お化けトンネルとも呼ばれた「高輪橋架道橋下区道」と繋がる通路から見ることができます。



品川開発プロジェクト(第鬼) 2街区 高輪築堤

 この辺りの高輪築堤は現地保存対象ではないはずなのでそのうち撤去されるかと思います。



品川開発プロジェクト(第鬼) 2街区 高輪築堤

 今はまだ高輪築堤を間近で見られます。ちなみに柵はありますが隙間から普通に見えます。



品川開発プロジェクト(第鬼) 1・2街区

 その通路から見た「品川開発プロジェクト(第鬼) 2街区」(地上6階、高さ45m)と「品川開発プロジェクト(第鬼) 1街区」(地上44階、高さ172.12m)の建設地方面です。

 2街区の規模は地上6階、塔屋1階、地下3階、高さ45m、敷地面積8000屐建築面積5,300屐延床面積2万9000屬如劇場、展示場、集会場、飲食店等で構成されるビルとなります。建築主はJR東日本、設計者は品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(代表者:JR東日本設計)、施工者は鹿島建設で、工期は2022年7月1日着工〜2025年3月31日竣工予定となっています。

 1街区の規模は地上44階、塔屋2階、地下2階、高さ172.12m、敷地面積1万2705.97屐建築面積5,905.14屐延床面積14万8294.34屬如共同住宅、各種学校、店舗等で構成されるタワーマンションとなります。建築主はJR東日本、設計者は品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(代表者:JR東日本設計)、施工者はフジタで、工期は2022年2月21日着工〜2025年3月31日竣工予定となっています。



品川開発プロジェクト(第鬼) 1・2街区

 この辺りは羽田空港が近いため高さ制限があるため、羽田空港に近い4街区(161.43m)よりも1街区(高さ172.12m)が高くなっています。

 ただ、中央やや左奥に見えている建設中の超高層ビルは「東京三田再開発プロジェクト・オフィスタワー」(地上42階、高さ215m)で、国家戦略特区の認定を受けて高さ制限が緩和されています。緩和できてしまうなら羽田空港による高さ制限はあまり意味がなくなるので、全て緩和してしまえばいいのにと思ってしまいます。



高輪橋架道橋下区道

 お化けトンネルとも呼ばれる「高輪橋架道橋下区道」の案内図です。現在は赤い線の部分を歩くことができます。



品川開発プロジェクト(第鬼) 3街区

 高輪橋架道橋下区道に下りる階段です。奥は3街区です。



高輪橋架道橋下区道

 「高輪橋架道橋下区道」です。以前はここを車も通っていました。今は歩行者と自転車の専用道となっています。



品川開発プロジェクト(第鬼) 1街区 建築計画のお知らせ

 1街区の建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていましたが予定通りフジタが追記されました。

■物件概要 1街区■
名称:品川開発プロジェクト(第鬼) 1街区
所在地:東京都港区芝浦4丁目、三田3丁目
交通:JR山手線・京浜東北線「高輪ゲートウェイ」駅、都営浅草線・京急本線「泉岳寺」駅
主要用途:共同住宅、各種学校、物販店舗、飲食店、自動車車庫 等
階数:地上44階、地下2階、塔屋2階
高さ:172.12m
構造:鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,705.97
建築面積:5,905.14
延べ面積:148,294.34
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)
施工者:フジタ
工期:2021年6月1日着工〜2025年3月31日竣工予定



品川開発プロジェクト(第鬼) 2街区 建築計画のお知らせ

 2街区の建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが鹿島建設が担当します。超高層ではないので物件概要は省略します。



品川開発プロジェクト(第鬼) 3街区 建築計画のお知らせ

 3街区の建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていましたが予定通り大林組が追記されました。

■物件概要 3街区■
名称:品川開発プロジェクト(第鬼) 3街区
所在地:東京都港区港南2丁目、芝浦4丁目、高輪2丁目
交通:JR山手線・京浜東北線「高輪ゲートウェイ」駅、都営浅草線・京急本線「泉岳寺」駅
主要用途:事務所、物販店舗、飲食店、地域冷暖房施設、自動車車庫等
階数:地上31階、地下5階、塔屋1階
高さ:167m
構造:鉄骨造 一部 鉄筋鉄骨コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:15,000
建築面積:11,900
延べ面積:211,000
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)
施工者:大林組
工期:2022年2月1日着工〜2025年3月31日竣工予定



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区 建築計画のお知らせ

 4街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要 4街区■
名称:品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区
所在地:東京都港区港南2丁目、高輪2丁目
交通:JR山手線・京浜東北線「高輪ゲートウェイ」駅、都営浅草線・京急本線「泉岳寺」駅
主要用途:事務所、物販店舗、飲食店、ホテル、集会場、自動車車庫等
階数:地上30階、地下3階、塔屋1階
高さ:161.43m
構造:鉄骨造 一部 鉄筋鉄骨コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:38,281.26
建築面積:30,885.50
延べ面積:460,177.37
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)
施工者:大林組
工期:2021年10月25日着工〜2025年3月31日竣工予定

高輪ゲートウェイ駅前の「品川開発プロジェクト(第鬼)」の建設状況!高さ161.43m〜172.12mの超高層ビル群が誕生します(2022.1.18)

品川開発プロジェクト(第鬼)
4街区と3街区の完成予想図[出典:東日本旅客鉄道]

 高輪ゲートウェイ駅前の大規模再開発「品川開発プロジェクト(第鬼)」の完成予想図です。右下の白い建物が高輪ゲートウェイ駅で、その目の前の2棟が4街区で地上30階、高さ161.43m、延床面積約46万屬諒9腑咼襪箸覆蝓右端は3街区で地上31階、高さ167m、延床面積約21万1000屬離フィスビルとなります。この完成予想図には描かれていませんがさらに右側には2街区と1街区もあります。

 建築主は1〜4街区とも東日本旅客鉄道で、設計者は品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(代表者:JR東日本建築設計)で、施工者は各街区で異なります。着工時期も各街区でバラバラですが竣工時期は全街区とも2025年3月31日予定です。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区
4街区の完成予想図[出典:東日本旅客鉄道]

 「品川開発プロジェクト(第鬼)」では最大規模となる「品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区」の完成予想図です。左の南棟と右の北棟合わせて1棟扱いで事務所、物販店舗、飲食店、ホテル、集会場等で構成される複合ビルとなります。



品川開発プロジェクト(第鬼) イメージパース
イメージパース[出典:内閣府]

 「品川開発プロジェクト(第鬼)」全体の完成予想図です。各街区の概要は以下のようになっています。

1街区:地上44階、高さ172.12m、148,294.34屐共同住宅・各種学校・物販店舗・飲食店等
2街区:地上6階、高さ45m、29,000屐劇場・展示場・集会場・飲食店等
3街区:地上31階、高さ166.79m、211,000屐∋務所・物販店舗・飲食店・地域冷暖房施設等
4街区:地上30階、高さ161.43m、460,177.37屐∋務所・物販店舗・飲食店・ホテル・集会場等



品川開発プロジェクト(第鬼) イメージパース
イメージパース[出典:内閣府]

 東側のJRの線路を超えた場所にある「港区立芝浦中央公園」から見た完成予想図です。着工時期はそれぞれ異なりますがこの超高層ビル群が2025年3月31日に同時に竣工予定となっています。



品川開発プロジェクト(第鬼) 配置図
配置図[出典:内閣府]

 配置図です。3街区と泉岳寺駅の間にある「泉岳寺駅地区再開発」では地上30階、高さ145m、延床面積110,644屬僚斬(約350戸)、業務施設、商業施設等で構成される複合が計画されています。また、4街区の下側の細長い区域4-2では「品川駅周辺地区(区域4ー2)」として地上25階、高さ約115m、延床面積約26,600屬僚蒜顱店舗、駐車場等で構成されるビルと地上23階、高さ約115m、延床面積約39,900屬了務所、住宅、店舗、駐車場等で構成されるビルが計画されています。

 「品川開発プロジェクト(第鬼)」全体の完成予想図では横一列の超高層ビル群となっていましたが、このように隣接街区でも超高層ビルが計画されているため、超高層ビル群の厚みが増すことになります。



品川開発プロジェクト(第鬼) 高輪築堤保存
高輪築堤保存[出典:内閣府]

 「品川開発プロジェクト(第鬼)」の計画地では国内初の鉄道築堤となる「高輪築堤」が約800mにわたって出土しています。「高輪築堤」は国の史跡に指定され2街区(約40m)と3街区(橋梁部・約80m)の茶色の部分では現地保存され、4街区で出土した信号機土台部分(約30m)は移築保存されることになっています。



品川開発プロジェクト(第鬼) 高輪築堤 3街区
高輪築堤 3街区[出典:内閣府]

 3街区の高輪築堤を現地保存するために3街区は当初計画より地上では4m、地下では約12mほど東側へ移動します。この移動の影響を回避して当初計画の機能を確保するため、立体道路制度を適用して区画道路の上下空間が利用されます。



品川開発プロジェクト(第鬼) 高輪築堤 2街区
高輪築堤 2街区[出典:内閣府]

 2街区は当初計画のデッキ形状の変更だけとなるようです。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 品川駅方面から見た「品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区」の建設地です。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 高輪ゲートウェイ駅のペデストリアンデッキから撮影。計画通りだと2021年10月25日に着工しています。施工者は大林組です。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 背後の青い看板があるビルなどがある場所が高さ約115mのビルが2棟建設される「品川駅周辺地区(区域4ー2)」です。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 背後のビルの手前には「高輪築堤」がありましたが今はもう埋められています。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 泉岳寺駅側ではまだ「高輪築堤」は残っていました。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 ただ、ズームして見ると石垣が解体され石が並べられている様子を見ることができました。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 泉岳寺駅側から撮影。右端には「高輪築堤」の石が並べられているのがわかります。



品川開発プロジェクト(第鬼) 1・2・3街区

 1・2・3街区方面です。一番奥が1街区で手前が3街区です。奥に見える建設中の超高層ビルは「東京三田再開発プロジェクト(三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟-1)」(地上42階、高さ215m)です。



品川開発プロジェクト(第鬼) 1・2・3街区

 適当にズームです。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 おまけで現地から見えた「虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)」(地上64階、高さ325.20m)も載せておきます。



品川開発プロジェクト(第鬼) 位置図

 建築計画のお知らせと一緒に掲載されている位置図です。



品川開発プロジェクト(第鬼) 1街区 建築計画のお知らせ

 1街区の建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますがフジタが担当します。

■物件概要 1街区■
名称:品川開発プロジェクト(第鬼) 1街区
所在地:東京都港区芝浦4丁目、三田3丁目
主要用途:共同住宅、各種学校、物販店舗、飲食店、自動車車庫 等
階数:地上44階、地下2階、塔屋2階
高さ:172.12m
構造:鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,705.97
建築面積:5,905.14
延べ面積:148,294.34
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)
施工者:フジタ
工期:2021年6月1日着工〜2025年3月31日竣工予定



品川開発プロジェクト(第鬼) 2街区 建築計画のお知らせ

 2街区の建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが鹿島建設が担当します。超高層ではないので物件概要は省略しますが、建築面積が6,400屬ら5,300屐延床面積が31,000屬ら29,000屬妨詐しています。また、地下4階が地下3階に変更にもなっています。



品川開発プロジェクト(第鬼) 3街区 建築計画のお知らせ

 3街区の建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが大林組が担当します。細かい数値だったのが大雑把な数値に変更になっており、敷地面積は12,923.96屬ら15,000屐建築面積は10,601.05屬ら11,900屐延床面積は206,810.70屬ら211,000屬冒加しており、高さは166.79mから167mに変更になっています。これは高輪築堤の現地保存により建設場所が当初計画より移動となる影響かもしれません。

■物件概要 3街区■
名称:品川開発プロジェクト(第鬼) 3街区
所在地:東京都港区港南2丁目 芝浦4丁目 高輪2丁目
主要用途:事務所、物販店舗、飲食店、地域冷暖房施設、自動車車庫等
階数:地上31階、地下5階、塔屋1階
高さ:167m
構造:鉄骨造 一部 鉄筋鉄骨コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:15,000
建築面積:11,900
延べ面積:211,000
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)
施工者:大林組
工期:2020年4月1日着工〜2025年3月31日竣工予定



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区 建築計画のお知らせ

 4街区の建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますがこちらも大林組が担当します。

■物件概要 4街区■
名称:品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区
所在地:東京都港区高輪2丁目
主要用途:事務所、物販店舗、飲食店、ホテル、集会場、自動車車庫等
階数:地上30階、地下3階、塔屋1階
高さ:161.43m
構造:鉄骨造 一部 鉄筋鉄骨コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:38,281.26
建築面積:30,885.50
延べ面積:460,177.37
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)
施工者:大林組
工期:2021年5月1日着工〜2025年3月31日竣工予定

地上25階、23階「品川駅北周辺地区(区域4-2)」の地区計画変更(原案)の資料が公開!高輪ゲートウェイ駅近くの第一京浜沿いの再開発です

(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業 計画建物外観イメージ
計画建物外観イメージ[出典:港区議会]

 高輪ゲートウェイ駅近くの「(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業」について港区議会の建設常任委員会より「品川駅周辺地区(区域4ー2)」として地区計画変更(原案)の資料が公開されました。

 図の左が区域4-2Bで地上25階、地下2階、高さ約115m、延床面積約26,600屬能蒜顱店舗、駐車場等で構成されます。右が区域4-2Cで地上23階、地下2階、高さ約115m、延床面積約39,900屬濃務所、住宅、店舗、駐車場等で構成されます。

 事業者は品川駅北周辺地区市街地再開発準備組合で事業協力者はJR東日本と日鉄興和不動産です。今後のスケジュールは2023年度(令和5年度)に市街地再開発事業の組合設立認可、2029年度(令和11年度)に区域4-2C工事完了、2031年度(令和13年度)に区域4-2B工事完了を予定しています。

 この図だと4棟構成にも見えますが背後は高輪ゲートウェイ駅直結の大規模再開発「品川開発プロジェクト(第鬼)」の4街区(北棟・南棟)で規模は地上30階、高さ161.43m、延床面積460,177.37屬任后

▼港区議会:建設常任委員会(2021年12月13日)
令和3年12月13日 建設常任委員会



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業 広場5号イメージ
広場5号イメージ[出典:港区議会]

 区域4-2Bと区域4-2Cの間は道路のようにも見えますがそこは広場5号となります。その広場には日本初の鉄道の遺構である高輪築堤の一部が移築される計画となっているとのことです。



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:港区議会]

 場所は高輪ゲートウェイ駅のすぐ近くで「品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区」を挟んだ目の前で、同プロジェクトとはデッキで接続されます。図の一番下にある国道15号となっている道路は第一京浜です。区域4-2Aは同再開発には含まれておらず既存ビルが残ります。



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:港区議会]

 建設地は泉岳寺駅にも近い場所で「品川開発プロジェクト(第鬼)」の再開発等もあり、高輪ゲートウェイ駅周辺には超高層ビル群が誕生することになります。




(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業

 「(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業」の計画地方面の空撮です。赤枠が計画地でその右側の少し大きめのビルは残ります。また、この空撮の一番右下では「泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業」(地上30階、高さ145m)の計画もあります。



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業

 南側からの空撮です。計画地と高輪ゲートウェイ駅の間に大きな溝が見えますが、それが出土した高輪築堤です。



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業

 2021年10月24日に高輪ゲートウェイ駅のデッキから撮影した「(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業」方面です。



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業

 今後はこの辺りのビルが解体されることになります。



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業

 右端のビルは区域4-2Aの「ドウシシャ 東京本社」で残ります。

■物件概要■
事業名:(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区高輪二丁目、港南二丁目の各一部
用途
 区域4-2B:宿泊、店舗、駐車場等
 区域4-2C:事務所、住宅、店舗、駐車場等
階数・高さ
 区域4-2B:地上25階、地下2階、高さ約115m
 区域4-2C:地上23階、地下2階、高さ約115m
敷地面積
 区域4-2B:約2,500
 区域4-2C:約4,000
延べ床面積
 区域4-2B:約26,600
 区域4-2C:約39,000
事業者:品川駅北周辺地区市街地再開発準備組合
事業協力者:JR東日本、日鉄興和不動産
工期:令和6年度(2024年度)着工〜2029年度(令和11年度)に区域4-2C工事完了、2031年度(令和13年度)に区域4-2B工事完了
全体供用:令和13年度(2031年度)開始予定

高輪ゲートウェイ駅近くに高さ115mの業務、住宅、商業、宿泊で構成される複合ビル「(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業」の環境影響調査計画書が公開!

(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業

 東京都港区より「(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業」の環境影響調査計画書が公開されました。事業者は品川駅北周辺地区市街地再開発準備組合で事業協力者としてJR東日本、日鉄興和不動産が参画。計画地は高輪ゲートウェイ駅近くの第一京浜沿いの細長い敷地(港区高輪二丁目、港南二丁目の各一部)で区域面積約0.7haとなってます。

 規模は敷地面積約6,500屐延床面積約66,500屐階数やフロア構成は不明ですが業務、住宅、商業、宿泊、駐車場等で構成され最高高さは約115m。令和6年度(2024年度)に着工、令和13年度(2031年度)に竣工、全体供用開始予定となっています。

 この写真は2020年12月18日の空撮ですが赤枠あたりが計画地となっています。赤枠の右側の少し大きめのビルは計画地には含まれておらず残るようです。

▼東京都:環境アセスメント(2021年11月1日)
港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査計画書の縦覧【(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業】



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業 計画地位置図(広域)
計画地位置図(広域)[出典:東京都港区]

 計画地はの東側は「(仮称)品川駅北周辺地区開発事業」の4街区で北棟と南棟で構成される地上30階、高さ161.43mの超高層ビルが隣接地に建設されます。最寄駅はJ山手線・京浜東北線の高輪ゲートウェイ駅と都営浅草線・京急本線の泉岳寺駅となります。



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業 計画地位置図(詳細)
計画地位置図(詳細)[出典:東京都港区]

 位置図詳細です。太い黒枠の場所が計画地となります。完成予想図や断面図は公開されていないのでどのような建物になるのかは不明です。



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業 歩行者の主な通行ルート図
歩行者の主な通行ルート図[出典:東京都港区]

 この図の青色の線がデッキレベルの歩行者ルートですが「(仮称)品川駅北周辺地区開発事業」の4街区経由でJR高輪ゲートウェイ駅まで接続されます。田町駅側にある1街区(地上44階、高さ172.12m)と3街区左側の「泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業」(地上30階、高さ145m)はタワーマンションが建設されますが、「(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業」にも住宅が入るようなのでここが一番高輪ゲートウェイ駅に近いタワーマンションとなりそうです。

 そもそも住宅フロアが分譲なのか賃貸なのか、高層階なのか、戸数はどれくらいあるのかなど全くの不明で、ホテルと一緒にサービスアパートメントが少数用意されているだけの可能性もあります。今は続報待ちですが4街区経由で駅直結となるので高額になるのは間違いないです。



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業

 高輪ゲートウェイ駅周辺の空撮です。第一京浜と青いフェンスで囲まれた部分が計画地かと思いますが、青いフェンスは高輪築堤の境界線の可能性もあります。



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業

 見ての通り細長い敷地のため超高層部は敷地で一番太い北側となりそうです。



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業

 2020年3月に品川プリンスホテルから撮影した「(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業」の計画地方面です。このときは高輪ゲートウェイ駅前の期間限定施設などもありました。



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業

 2021年3月にシナガワグースから撮影した同方向です。このときには高輪築堤が出土しており様子がガラッと変わっています。



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業

 2021年10月24日に高輪ゲートウェイ駅のデッキから撮影した「(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業」方面です。



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業

 フェンスの隣にあるビルは計画地に含まれているので今後解体されることになります。



(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業

 右端のビルは「ドウシシャ 東京本社」ですが、ここの左側の大日本塗料の看板があるビルまでが計画地となっています。

■物件概要 1街区■
事業名:(仮称)品川駅北周辺地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区高輪二丁目、港南二丁目の各一部
主要用途:業務、住宅、商業、宿泊、駐車場等
階数:不明
高さ:約115m
敷地面積:約6,500
延床面積:約66,500
建築主:品川駅北周辺地区市街地再開発準備組合
事業協力者:JR東日本、日鉄興和不動産
工期:令和6年度(2024年度)に着工、令和13年度(2031年度)に竣工
全体供用:令和13年度(2031年度)開始予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク