JPタワー名古屋
 名古屋駅近くの建設中の「JPタワー名古屋」(地上40階、高さ195.74m)です。「名古屋中央郵便局名古屋駅前分室」の跡地の再開発です。主要都市の一等地にある日本郵便のビルがどんどん建て替えられていますが、ここもその一つです。「JP」は日本郵便の英語読み「JAPAN POST」の頭文字のことだと思われます。

 ところで9月25日に地下鉄名古屋駅が冠水したのを覚えているでしょうか?これはこの「JPタワー名古屋」の掘削工事現場で排水管の接合部から大量の水が漏れてたまり、同じ現場にある地下鉄駅構内への給気口の接合部が浮力で外れたことが原因でした。(参照:毎日新聞:名古屋地下鉄浸水:隣接JPタワーから漏出…竹中が謝罪)
 翌、9月26日には事故原因となった下水管の閉塞工事は完了しており、関係各所から承認を得て10月23日から工事が再開しています。

JPタワー名古屋
 名古屋駅を挟んだ反対側から撮影した「JPタワー名古屋」です。結構大きな超高層ビルに見えますが…

名古屋駅前の超高層ビル群
 すぐ隣には「JRセントラルタワーズ」のオフィスタワー(左:地上51階、最高高さ245.1m)と名古屋マリオットアソシアホテル(右:地上53階、最高高さ226m)が建っているので、残念ながら高さが200m近くなったとしても名古屋駅前では主役にはなれません。

 さらに「JPタワー名古屋」の右隣では「JRゲートタワー」(地上46階、高さ211.1m)が建設中です。ただ、名古屋駅前の超高層ビル群は高さはあっても棟数が少なくちょっと寂しい感じがしていたので、「JPタワー名古屋」などの超高層ビルが建つことによって超高層ビル群の厚みが出て良い感じになりそうです。

JRゲートタワー
 「JRゲートタワー」(地上46階、高さ211.1m)の建設現場です。鉄骨が組まれ出していますが道路側なので低層の商業施設部分の鉄骨だと思います。超高層棟は線路側です。

名古屋駅前の超高層ビル群
 ささしまライブ駅前のデッキから見た名古屋駅方面です。「JRセントラルタワーズ」の左に見える鉄骨を組んでいるビルが「JPタワー名古屋」です。中央は数日前にブログに載せた「大名古屋ビルヂング」(地上34階、高さ174.7m)です。

 名古屋駅周辺では他にも高層階に「(仮称)三井ガーデンホテル名古屋」が入る「(仮称)新・第二豊田ビル」(地上25階、高さ115m)、「(仮称)名鉄イン名古屋駅西」が入る「(仮称)代々木ゼミナール名古屋プロジェクト」(地上23階、高さ93.520m)が建設中です。

■JPタワー名古屋の概要■
名称:JPタワー名古屋
計画名:名駅一丁目計画(仮称)
所在地:愛知県名古屋市中村区名駅一丁目 1 番 1 号他
階数:地上40階、塔屋1階、地下3階(高層棟)、地上11階、塔屋2階、地下1階(低層棟)
高さ:195.74m
用途:事務所、商業施設、郵便局、バスターミナル、駐車場
敷地面積:12,177.50
建設面積:9,737.02
延床面積:179,950.88
建築主:日本郵便株式会社、名工建設株式会社
設計者:日本設計、第一建築設計
施工者:竹中工務店
工期:2013年7月着工〜2015年11月竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。