超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

千客万来施設

豊洲市場前!万葉倶楽部による「千客万来施設」の建設状況(2022.6.17)

千客万来施設

 豊洲市場で建設中の「千客万来施設」です。2022年6月17日にゆりかめも「市場前」駅のペデストリアンデッキから撮影しました。

 規模は地上9階、地下1階、高さ43.80m、最高高さ48.30m、敷地面積1万840.32屐建築面積7,443.17屐延床面積3万4215.14屐建築主は万葉倶楽部、設計者は万葉倶楽部と五洋建設、施工者は五洋建設で2023年10月31日竣工予定となっています。



千客万来施設

 奥で鉄骨が組まれている場所が地上9階建ての温浴棟で、手前の広いところには地上3階建ての商業棟が建設されます。温浴棟は湯河原温泉と箱根温泉が計画されており、商業棟は木造建築による江戸の街並みが再現された場所となります。



千客万来施設

 温浴棟にはホテルも併設され、屋上には無料で楽しめる足湯のある屋上庭園も整備されます。東京都心を望む無料展望台としても利用できそうな場所となります。



千客万来施設 屋上庭園イメージ
屋上庭園イメージ[出典:万葉倶楽部]

 その屋上庭園です。千客万来施設のイメージ動画よりキャプチャしました。



千客万来施設 温浴棟イメージ
温浴棟イメージ[出典:万葉倶楽部]

 屋上の右側が無料の足湯がある屋上庭園です。左側の屋上は有料の施設かと思われます。



千客万来施設

 目の前にある「豊洲ぐるり公園」に繋がる歩道橋も整備されます。



千客万来施設 歩道橋イメージ
歩道橋イメージ[出典:万葉倶楽部]

 その歩道橋の完成イメージです。



千客万来施設 全体イメージ
全体イメージ[出典:万葉倶楽部]

 「千客万来施設」全体の完成予想図です。



千客万来施設 全体イメージ
全体イメージ[出典:万葉倶楽部]

 商業棟の1階には路面店、コンビニ、バス駐車場(27台)、駐輪場が計画されており、2階はゆりかもめ「市場前」駅直結となり江戸の街並みが再現された飲食店、食物販店、物販店、3階は飲食店、フードコート、団体対応飲食店が計画されています。



千客万来施設 商業棟イメージ
商業棟イメージ[出典:万葉倶楽部]

 上空から見た商業棟の完成予想図です。



千客万来施設 商業棟2階イメージ
商業棟2階イメージ[出典:万葉倶楽部]

 2階部分の商業棟イメージです。豊洲市場は築地の頃のような賑わいはまだありませんが「千客万来施設」が完成すると一気に変わりそうです。



千客万来施設 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:千客万来施設
所在地:東京都江東区豊洲6丁目101番1の一部
交通:ゆりかもめ「市場前」駅
用途:物販店舗、飲食店、ホテル、公衆浴場、駐車場、事務所、集会場、託児所、診療所
階数:地上9階、地下1階
高さ:43.80m(最高48.30m)
構造:鉄骨造(一部SRC造、木造)
基礎工法:杭基礎(既成杭)
敷地面積:10,840.32
建築面積:7,443.17
延床面積:34,215.14
建築主:万葉倶楽部
設計者:万葉倶楽部 一級建築士事務所、五洋建設 一級建築士事務所
施工者:五洋建設 東京建築支店
工期:2020年10月1日着工〜2023年10月31日竣工予定

パークタワー晴海の建設状況(2015年2月21日撮影)

パークタワー晴海の完成予想図
パークタワー晴海の完成予想図[出典:公式HP]

 2015年に分譲開始される湾岸のタワーマンションで一番注目されていると思われる「パークタワー晴海」(地上48階、最高高さ178.49m)です。そもそも今年から分譲が始まるタワーマンションはここと「パークホームズ豊洲ザ レジデンス」(地上22階、最高高さ74.15m)、あとは晴海の前田のタワマンがどうなるかくらいだと思いますが、規模、立地からしてもやっぱりこの「パークタワー晴海」が一番の注目タワーマンションだと思います。最寄駅の月島駅からは徒歩12分、豊洲、勝どき駅からは徒歩15分とちょっと距離がありますが、その分坪単価も安くなるはずなのでどのくらいの価格帯で分譲されるのかも注目です。

パークタワー晴海
 現地から撮影した「パークタワー晴海」の建設地です。現在は基礎工事の前段階の地盤を掘ったりする土工事が行われていました。

パークタワー晴海
 以前はこの辺りからバンザイをして撮影すれば中を覗けたのですが、今はフェンスが高くなってしまったので覗けなくなってしまいました。

パークタワー晴海
 豊洲側から見た「パークタワー晴海」の建設地です。敷地面積は約19,000屬箸なり広く、メインエントランスが位置するGreetingゾーン、フットサルなどにも対応するアクティブパークなどがあるBrightゾーン、花や緑が一体となるPeacefulゾーン、バーベキューなどが楽しめるテラスなどがあるFriendshipゾーン、妖精の小路や水憩テラスがあるAttractiveゾーンといった5つのゾーンが整備されます。

パークタワー晴海のモデルルーム
 近くでは「パークタワー晴海」のモデルルームとなる建物も建設中です。地上3階、高さ14.3mで2015年5月31日竣工予定です。第1期の販売開始は10月下旬予定なので夏頃には事前案内会を開催するなどモデルルームがオープンしているかもしれません。

豊洲新市場と晴海
 建設中の豊洲新市場と晴海、豊洲方面です。ちょうどスカイツリーを隠すような位置に「パークタワー晴海」が建設されます。

 左に豊洲大橋が写っていますが、その手前に今話題の「千客万来施設」が建設されます。ただ「千客万来施設」は5街区と6街区の2個所あり、この場所は6街区で「すしざんまい」の「喜代村」が事業予定者となっています。今回辞退が発表された大和ハウス工業が事業者となっていたのは5街区で、写真右側に行ったところの2方向をゆりかもめで囲まれた角地です。

■パークタワー晴海の物件概要■
名称:パークタワー晴海
計画名:(仮称)中央区晴海二丁目計画
所在地:東京都中央区晴海二丁目104番、105番(地名地番)
用途:共同住宅、保育所、店舗、飲食店
総戸数:1084戸
階数:地上48階、地下1階
高さ:169.99m(最高高さ178.49m)
敷地面積:19,161.72
建築面積:5,116.54
延床面積:120,665.38
構造:鉄筋コンクリート造、DFS+免震構造
基礎工法:杭基礎
建築主:三井不動産レジデンシャル
設計:大林組
施工:大林組
工期:2014年8月1日着工〜2017年5月下旬竣工予定
販売:2015年10月下旬販売開始予定
入居:2017年9月下旬入居予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

開通した富士見橋と豊洲新市場の建設現場を見て来た

富士見橋とレインボーブリッジの空撮
 ちょっと古いですがレインボーブリッジ方面の空撮です。写真下の橋が有明豊洲を繋ぐ「富士見橋」です。そこを通る道路が「補助第315号線」で2014年3月2日に開通しました。建設中のタワーマンション「ブリリア有明シティタワー」(地上33階、最高高さ119.4m)の西側の道路で、有明スポーツセンターの前の交差点「有明テニスの森」からゆりかもめの「市場前」駅あたりまでが繋がりました。

富士見橋
 ということで、開通から2日後の3月4日に早速行ってみました。まだ開通したばかりなので「富士見橋」の表札がキレイです。もちろん道路もキレイでした。

富士見橋から見たレインボーブリッジ
 「富士見橋」から見た「レインボーブリッジ」です。地図に線を引いてみた感じだと天気が良ければこの方角に富士山が見えそうです。

豊洲ガバナステーション
 レインボーブリッジを渡るときに気になる謎のコンクリートの塔も近くから見ることが出来ます。これは「豊洲ガバナステーション」の放散塔というものらしいです。これって今でも使っているんですかね?よくわかりません。

補助第315号線からの眺め
 「補助第315号線」は地面から高い位置にあるので眺めが良いです。このように「東京タワー」と一緒に超高層ビル群も眺めることが出来ます。

補助第315号線から見た豊洲大橋方面
 「豊洲新市場」の建設現場と「豊洲大橋」です。右端の「東京スカイツリー」の左が昨日、建物内モデルルーム使用住戸も含めた全883戸の完売が発表された「ザ・パークハウス晴海タワーズ クロノレジデンス」(地上49階、高さ169.2m)です。駅からはちょっと遠い場所ですが引渡しの今月末前までに完売は見事ですね。隣で建設中の「ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス」(地上49階、最高高さ174.65m)もサクサク売れるのか気になりますね。

補助第315号線から見た豊洲新市場の建設現場
 「豊洲新市場」の建設現場をもう一枚。「豊洲新市場」の「千客万来施設」は「豊洲大橋」の付け根辺りと市場前駅の目の前に出来ます。

補助第315号線から見た豊洲新市場の建設現場
 建設現場をダンプが走っていたりと工事現場好きには楽しめるスポットでした。もうちょっとゆっくり見たかったのですが、出勤前の寄り道だったので時間がありませんでした。

補助第315号線から見た豊洲新市場の建設現場
 道路の反対側です。こちらは整地中?でした。中央やや左の建設中のタワーマンションが「ブリリア有明シティタワー」(地上33階、最高高さ119.4m)です。

補助第315号線から見た富士見橋
 薄い緑色の橋が「富士見橋」です。この橋の高さくらいで「補助第315号線」は続いていました。

豊洲大橋
 「豊洲大橋」です。こちらはいつ開通するんでしょうね?環状2号線の新橋・虎ノ門間が3月29日に開通しますが、環状2号線の新橋から豊洲までの間では隅田川と朝潮運河で橋が建設中だったりとまだ工事が続いています。「豊洲大橋」はこれらと同時開通かもしれませんね。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク