超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

勝どき

パークタワー勝どきサウス&ミッドの建設状況!勝どき駅直結タワマンです(2021.9.12)

パークタワー勝どき

 勝どきで建設中のタワーマンション「パークタワー勝どき」です。左がトライスター型のタワーマンションで「パークタワー勝どきサウス」(地上58階、最高高さ194.53m)、その右側が「パークタワー勝どきミッド」(地上45階、最高高さ164.60m)です。

 さらに右端の白いマンション「黎明スカイレジテル」はB棟として地上29階、高さ約106mのタワーマンションへ建て替えが予定されています。建設中の2棟の名称から予想すると「パークタワー勝どきノース」になると思われます。



パークタワー勝どきミッド

 「パークタワー勝どきミッド」にズームです。ミッドは地下通路で都営大江戸線「勝どき」駅と直結となります。撮影した9月12日時点で17階辺りの建設が始まっていました。



パークタワー勝どきサウス

 「パークタワー勝どきサウス」にズームです。こちらは勝どき駅まではミッドとサウスの間に整備される貫通通路を通るルートとなります。撮影時点で10階辺りの建設が始まっていました。



パークタワー勝どきサウス

 サウスは南東側に朝潮運河、南西側に新月島運河と2方向に運河がある立地となります。その運河沿いには護岸公園が整備されます。



パークタワー勝どき

 勝どき駅から「THE TOKYO TOWERS」に向かうときに渡る新島橋から撮影。ここからもちょっとずつ見えるようになっていました。年末にはかなり見えるようになっていそうです。



パークタワー勝どきサウス

 陸側から「パークタワー勝どきサウス」を見上げて撮影。



パークタワー勝どきサウス

 近くからでもトライスター型とわかります。



パークタワー勝どきミッド

 隣の「パークタワー勝どきミッド」です。こちらはへの字型のため見る角度によって見える形がガラッと変わるマンションです。



パークタワー勝どきミッド

 ミッドは地下1階〜地上3階まで商業施設、4階〜7階がオフィスフロア、そして8階〜45階が住宅フロアとなるので低層部は住宅部とは違った形となっています。



パークタワー勝どきミッド

 勝どき駅に一番近側から撮影。この角地にメトロパビリオンが建設され勝どき駅と繋がる地下通路が整備されます。



パークタワー勝どきミッド

 B棟として再開発される「黎明スカイレジテル」の隣の道路からは正面にミッドが見えます。地上45階、最高高さ164.60mの規模になるので壁のように見えそうです。



パークタワー勝どき

 勝どき駅から晴海トリトンスクエアに向かうときに渡る黎明橋から撮影。奥の巨大なツインタワーが「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)で、サウスは地上58階、最高高さ194.53mでほぼ同じ高さとなります。



パークタワー勝どきミッド

 晴海トリトンスクエアのエスカレーターから同方向です。中層階あたりまでサウスの建設が進むとこの景色も大きく変わりそうです。



パークタワー勝どきミッド

 朝潮運河沿いから見たミッドです。この右側には晴海側と繋がる人道橋が整備されます。



パークタワー勝どきミッド

 この辺りはタワーマンションが乱立していますがどこが眺望最強のタワマンなんでしょうね?ときどき妄想しますが未だに答えは出ていません。



パークタワー勝どきサウス

 隣のサウスです。



パークタワー勝どきサウス

 こういったトライスター型は部屋の真正面に見える景色が色々と選べるので部屋選びに迷いそうですね。



パークタワー勝どき 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 「パークタワー勝どき」の完成予想図です。右側に灰色で形だけ描かれているがB棟です。そしてその前の紫色にライトアップされた橋が朝潮運河に架けられる人道橋です。



パークタワー勝どき 全体敷地配置図
全体敷地配置図[出典:公式HP]

 配置図です。サウスとミッドの間には水のある広場「セントラルラグーン」が配置されます。また、右上mpメトロパビリオンが都営大江戸線「勝どき」駅に繋がる地下通路の出入口となります。



パークタワー勝どき セントラルラグーン完成予想CG
セントラルラグーン完成予想CG[出典:公式HP]

 セントラルラグーンの完成予想図です。噴水もある池が設置され水の中に入って遊ぶこともできる場所となります。



パークタワー勝どき スカイデッキ完成予想CG
スカイデッキ完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 共用施設としてサウスの53階に設置されるスカイデッキです。



パークタワー勝どき スカイデッキ完成予想CG
スカイデッキ完成予想CG[出典:公式HP]

 セットバックした部分が屋上スカイデッキとなっており周囲には水が流れる水盤が設置されます。



パークタワー勝どき ルーフトップラウンジ完成予想CG
ルーフトップラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]

 53階と54階には二層吹き抜けのルーフトップラウンジも配置されます。また、ミッドの8階にはフィットネスルームやパーティラウンジ、ゲストルームなどなど様々な共用施設が配置されます。



パークタワー勝どき 駅通路入口完成予想CG
駅通路入口完成予想CG[出典:公式HP]

 「勝どき」駅と繋がる地下通路の出入口の完成予想図です。駅直結タワマンは人気のためこういった地下通路を整備する場所がちょこちょこと出てくるかもしれないですね。



パークタワー勝どき 貫通通路完成予想CG
貫通通路完成予想CG[出典:公式HP]

 ミッドは完全な駅直結となりますが、サウスは屋根付きの貫通通路を使うことになります。屋根がある部分が少なく感じますがどうなんでしょうね?通路全体を覆うくらいの屋根ならば風強い日でも傘いらずになると思うんですけどね。



パークタワー勝どきサウス コーチエントランス完成予想CG
コーチエントランス完成予想CG[出典:公式HP]

 サウスの>コーチエントランスの完成予想図です。かなり格好いい車寄せです。



パークタワー勝どきサウス 建築計画のお知らせ


 サウスの建築計画のお知らせです。

■物件概要(サウス)■
名称:パークタワー勝どきサウス
計画名:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A1棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目1500番
用途:共同住宅、店舗
総戸数:総戸数1665戸(販売総戸数1115戸、事業協力者住戸550戸)
階数:地上58階、地下3階
高さ:188.80m(最高高さ194.53m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,015.18
建築面積:4,300.00
延床面積:180,827.74
売主:三井不動産レジデンシャル、鹿島建設
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2019年3月1日着工〜2023年8月31日竣工予定
入居:2024年4月下旬予定



パークタワー勝どきミッド 建築計画のお知らせ

 ミッドの建築計画のお知らせです。

■物件概要(ミッド)■
名称:パークタワー勝どきミッド
計画名:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A2棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目501番 他
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所
総戸数:1121戸(販売総戸数570戸、事業協力者住戸551戸)
階数:地上45階、地下2階
高さ:158.85m(最高164.60m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
敷地面積:10,712.20
建築面積:4,745.85
延床面積:138,312.00
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定
入居:2024年4月下旬予定

地上56階、高さ約189m「豊海地区第一種市街地再開発事業」の事後調査計画書が公開!総戸数2150戸のツインタワマンが2026年度に竣工予定!

豊海地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
完成予想図[東京都環境局]

 勝どきの西側の豊海地区の再開発「豊海地区第一種市街地再開発事業」の事後調査計画書が東京都より公開されました。同再開発は地上56階、高さ約189m、延床面積約221,000屐∩躙与2150戸という巨大なツインタワーマンションとなります。既存建物の解体を含む工期は2021年度〜2026年度までの予定となっています。

 事業者は豊海地区市街地再開発組合で参加組合員として三井不動産レジデンシャル、東急不動産、東京建物、野村不動産、三菱地所レジデンス、清水建設の6社が参画、特定業務代行者は清水建設となっています。

▼東京都環境局:環境アセスメント(2021年9月14日)
「豊海地区第一種市街地再開発事業」事後調査計画書
※閲覧には、Windows7~10、Internet Explorer及びAdobe Acrobat Reader DCが必要です。



豊海地区第一種市街地再開発事業 計画地位置図
計画地位置図[東京都環境局]

 最寄り駅となる都営大江戸線「勝どき」駅から南西側に行くとある巨大なツインタワーマンション「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、最高高さ193.5m)を超えた場所が建設地となっています。また、建設地は清澄通りに面しており、その道路を挟んだ目の前には月島ふ頭があり、さらに奥の東京湾側は倉庫が建ち並んでいます。



豊海地区第一種市街地再開発事業 現況図
現況図[東京都環境局]

 現在の豊海地区には東卸豊海住宅や豊海区民館、警視庁勝どき庁舎等といった公共施設も立地しています。また、計画地の南側には豊海小学校・豊海幼稚園もあるため、月島ふ頭側と合わせてこの2方向は永久眺望と言っても問題ない場所です。



豊海地区第一種市街地再開発事業 配置計画図
配置計画図[東京都環境局]

 ただ、このような配置となるため永久眺望側が真正面になる部屋は角部屋のみとなりそうです。また、両棟は斜めに配置しているため部屋の中から真正面を見ても隣の棟はほとんど見えないと思いますが、覗き込めば隣の棟の部屋が見えてしまうくら両棟の距離は近いです。



豊海地区第一種市街地再開発事業 緑化計画図
緑化計画図[東京都環境局]

 このように敷地のかなりの面積が緑化される計画にもなっています。



豊海地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[東京都環境局]

 断面図です。左の西棟は地上56階、地下1階、高さ約189m、延床面積約11万屐1075戸、右の東棟は地上56階、地下1階、高さ約189m、延床面積約11万1000屐1075戸とほぼ全く同じ規模のツインタワーとなります。違いは店舗等の面積で西棟が約1000屬紡个靴禿貪錣約2000屬箸覆辰討い泙后



豊海地区第一種市街地再開発事業 全体工事工程表
全体工事工程表[東京都環境局]

 全体工事工程表を見るともうすぐ既存建築物の解体工事が始まり、計画地内の防潮堤工事を挟んで2023年度に着工、2026年度に竣工、2027年度に供用開始予定となっています。



豊海地区第一種市街地再開発事業の空撮

 2019年12月14日にヘリから撮影した「豊海地区第一種市街地再開発事業」の計画地方面です。赤い網掛けをした場所が計画地で、その右側の巨大なツインタワーマンションが「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、最高高さ193.5m)、その左側が「勝どき ザ・タワー」(地上53階、最高高さ178.78m)です。これらタワーマンションと同じくらいの高さのツインタワーが建設されることになります。



豊海地区第一種市街地再開発事業の空撮

 こちらは2019年11月30日に撮影。計画地に矢印を入れました。手前は「晴海フラッグ」で今後、地上50階、最高高さ179.60mの超高層棟も建設されますが、他はこれ以上高くなることはないのでこの方面の眺望が将来変わることはありません。



豊海地区第一種市街地再開発事業

 2021年2月6日に撮影した「豊海地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。



豊海地区第一種市街地再開発事業

 以前の情報だと既存ビルの解体工事着工は2021年9月予定でだったのでもう既に解体工事が始まっているのかもしれません。



豊海地区第一種市街地再開発事業

 以前の情報だと地権者は土地所有者が7人、マンション区分所有者が531人とのことでした。ここも地権者住宅が多くなりそうです。



豊海地区第一種市街地再開発事業

 都心側の目の前には月島ふ頭があり、その先は旧浜離宮恩賜庭園となっているのでこの方角は低層階でも眺望が良さそうです。



豊海地区第一種市街地再開発事業

 「カレッタ汐留」から見た豊海地区第一種市街地再開発事業」の計画地方面です。将来的には豊海のツインタワーと晴海フラッグのツインタワーが並んで見えることになりそうです。

■物件概要(西棟・東棟)■
事業名称:豊海地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都中央区豊海町2丁目、勝どき6丁目
用途:住宅、店舗
総戸数:2150戸
階数:地上56階、地下1階
高さ:約189m
構造:RC造(一部PC造)
敷地面積:約15,870
建築面積:約8,800
延床面積:約221,000
建築主:豊海地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル、清水建設、東急不動産、東京建物、野村不動産、三菱地所レジデンス
特定業務代行:清水建設
基本設計:安井建築設計事務所
工期:2023年1月着工〜2026年度竣工予定
供用開始:2027年度予定

地上52階「ドゥ・トゥール」の高層階から見た景色と夜景(2021.7.11)

ドゥ・トゥールの高層階からの眺め

 2021年7月11日にお邪魔してきた「DEUX TOURS (ドゥ・トゥール) 」(地上52階、高さ177.3m)からの眺めです。左が勝どき駅周辺、中央から右にかけてが月島あたりです。写真を横切っている川が墨田川です。

 家主様からマンション名を出してもいいと言われたので一応補足しておくと昨日のブログに載せた「パークタワー勝どき」も「ドゥ・トゥール」からの撮影でした。



ドゥ・トゥールの高層階からの眺め

 勝どき駅方面にズームです。中央の最も高いタワーマンションが勝どき駅直結の「勝どきビュータワー」(地上55階、高さ192.2m)です。その下にタワークレーンの先だけ見えているのが建設中の「パークタワー勝どきミッド」(地上45階、最高高さ164.60m)でここも駅直結となりますが、地下通路が長いので駅からの近さでは「勝どきビュータワー」の方が圧倒的に近いです。



ドゥ・トゥールの高層階からの眺め

 月島方面です。黄色の建物が有料老人ホームの「サンシティ銀座EAST」(地上31階、高さ119m)で、その背後あたりでは住友不動産、東京建物、大和ハウス工業、首都圏不燃建築公社による「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上58階、高さ約199m)、右側では三井不動産レジデンシャルと野村不動産による「月島三丁目南地区第一種市街地再開発事業」(地上50階、高さ約187m)といったタワーマンションが計画されています。



ドゥ・トゥールの高層階からの眺め

 月島駅方面です。月島と佃のリバーシティ21が合わさって迫力あるタワーマンション群になっています。



ドゥ・トゥールの高層階から見た東京スカイツリー

 「キャピタルゲートプレイス(CAPITAL GATE PLACE)」(地上53階、最高高さ187m)にギリギリ隠されずに「東京スカイツリー」が見えているのもポイントが高いです。



ドゥ・トゥールの高層階からの眺め

 それにしてもこのタワーマンション群はズームして見てもかなり凄い景色です。18年前にリバーシティ21のタワーマンション群を見たときに「そうだ!超高層ビルを撮ろう!」と思い立ち、そこから超高層ビル撮影が始まり今に至っています。



ドゥ・トゥールの高層階から見た築地市場跡地

 方向は変わって築地市場跡地方面です。この日はちょっと前まで荒れた天気だったので地面が濡れています。



ドゥ・トゥールの高層階からの眺め

 汐留方面です。手前の緑地は「浜離宮恩賜庭園」です。



ドゥ・トゥールの高層階からの眺め

 築地市場跡地にズームです。今の道路は暫定の道路で環状二号線は築地大橋の手前までは地下を通ります。



ドゥ・トゥールの高層階から見た築地市場跡地

 こちら側はオリンピック関係車両の駐車場として使用されます。



ドゥ・トゥールの高層階から見た虎ノ門ヒルズ

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」にズームです。最上部は面白い形をしています。



ドゥ・トゥールの高層階から見た夕焼け

 そして夕焼けです。手すりの水滴はスマホの方がキレイに撮れそうな気がしたのでスマホで撮影しました。



ドゥ・トゥールの高層階からの夕焼け

 ちょっと前まで暴風雨だったので夕焼けもキレイです。暴風雨のあとに天気が回復するといい夕焼けになることが多いです。



ドゥ・トゥールの高層階から見た二重の虹

 雨のあとに晴れたら虹!全景は見れませんでしたが二重の虹が見れました。



ドゥ・トゥールの高層階から見た夕焼け

 自宅から夕焼けを見ることが多いですが、こうしていつもと違う場所から見る夕焼けもいいですね〜。都心が目の前なので迫力ある景色です。



ドゥ・トゥールの高層階から見た夕焼け

 夕日に照らされる月島駅方面のタワーマンション群です。



ドゥ・トゥールの真下

 ちなみに真下を見るとこんな感じです。



ドゥ・トゥールの高層階から見た夜景

 そして最後は夜景です。三脚なしの手持ち撮影でしたがここまでキレイに撮れました。



ドゥ・トゥールの高層階から見た夜景

 窓明かりが多いのとまだ残照があったので手持ち撮影で十分でした。



ドゥ・トゥールの高層階から見た夜景

 勝どき駅方面です。基本的に夜景はオフィスの窓明かりがある平日の方がキレイですが、ここはタワーマンションが多いので日曜でもキレイでした。



ドゥ・トゥールの高層階から見た夜景

 月島駅方面です。何度見ても飽きない景色です。ちなみにこの日の東京スカイツリーのライティングは聖火リレーが走行中の東京都をイメージした特別ライティングでした。

 以上「DEUX TOURS (ドゥ・トゥール) 」からの眺めでした!呼んでいただきありがとうございました!

地上58階、45階「パークタワー勝どき」の建設状況!晴海の某タワマンからも見てきました!(2021.7.11)

パークタワー勝どき

 勝どき駅直結のタワーマンション「パークタワー勝どき」です。お邪魔した晴海の某タワーマンションから撮影しました。左のトライスター型のタワーマンションが「パークタワー勝どきサウス」(地上58階、最高高さ194.53m)、その右側が「パークタワー勝どきミッド」(地上45階、最高高さ164.60m)です。



パークタワー勝どきサウス

 「パークタワー勝どきサウス」(地上58階、最高高さ194.53m)にズームです。売主は三井不動産レジデンシャルと施工者の鹿島建設の2社となっています。ミッドは勝どき駅直結となりますが、サウスはミッドから外を歩いて行く必要があります。9月上旬からサウスの第1期1次の販売開始予定ですがネット上での評価はミッドの方が上のようです。



パークタワー勝どきサウス

 中心部にズームです。そう言えばトライスター型の建物には入ったことがありませんが、3方向に廊下があるのはどんな感じなんでしょうね?お客さんとして訪問するときはどっちだ!?となりそうです。



パークタワー勝どきミッド

 サウスの隣で建設中の「パークタワー勝どきミッド」(地上45階、最高高さ164.60m)です。名称がミッドになっているのは右隣の白いマンション「黎明スカイレジテル」が将来、B棟として地上29階、高さ約106mのタワーマンションへ建て替えが予定されており、タワーマンション3棟構成の真ん中になるためミッドになっています。まだB棟の名称は発表されていませんが「パークタワー勝どきノース」になるものと思われます。



パークタワー勝どきミッド

 「パークタワー勝どきミッド」にズームです。売主は三井不動産レジデンシャルと施工者の清水建設の2社となっています。こちらは第2期まで販売されましたがサウスの販売が開始されるため一休みして、第3期は2022年1月下旬から販売開始予定となっています。



パークタワー勝どきミッド

 ミッドの地下1階〜地上3階までは商業施設、4階〜7階はオフィスフロア、そして8階〜45階が住宅フロアとなります。今は住宅フロアの建設中です。



パークタワー勝どき

 場所は変わって地上から見た「パークタワー勝どき」です。朝潮運河に架かる黎明橋から撮影しました。



パークタワー勝どき

 朝潮運河沿いの朝潮運河親水公園から撮影。サウスはまだ地上部の建設が始まったばかりのためミッドの方が目立ちます。ただ、竣工時期はミッドもサウスも2023年8月下旬予定で同じです。



パークタワー勝どき

 ちなみにこの日は物凄い雷雨となった7月11日でこれは雷雨となる直前の様子です。この時点ではまだ雨も降っておらず風も弱かったのですが近くで落雷している状態でした。そしてこの数分後には強風が吹き荒れ物凄い雷雨となっていました。雹(ひょう)も降ったりと凄い天気でした。



パークタワー勝どきサウス

 地上からサウスにズームです。見た感じでは4階まで建設が進んでいるようでした。



パークタワー勝どきサウス

 「パークタワー勝どき」は運河沿いで対岸は朝潮運河親水公園があるので撮りやすいタワーマンションです。



パークタワー勝どきサウス

 落雷は撮れませんでしたがこうして撮っている間も近くにバンバン落雷している状態でした。この辺りはタワーマンションが多数あるので雷が直撃する確率は低いだろうと思って歩いていましたが、光るとほぼ同時に雷鳴だとちょっとビビりますね。



パークタワー勝どきミッド

 地上からミッドにズームです。見た感じでは11階まで建設が進んでいました。



パークタワー勝どきミッド

 こちら向きは晴海のタワーマンション群があるので抜けた視界は少ないです。ただ、目の前に後から聞いてなかったタワーマンションなどが建設されそうな土地はもうないので、将来の眺望の心配する必要はない方角かとは思います。



パークタワー勝どきミッド

 ミッドの形状はへの字型と言えばいいのでしょうか?見る角度によって形が随分と変わって来るタワーマンションです。



パークタワー勝どきミッド

 ちなみにこの日、勝どきに着いて最初に撮った写真です。B棟となる「黎明スカイレジテル」の隣からミッドを撮影しました。この時点ではまだ雷は遠そうでしたが…



パークタワー勝どきミッド

 目の前まで来た頃には近くで落雷しているのがわかる状況でした。アプリで雨が降り出す予想時間を確認しギリギリ陸側からも撮れそうな感じはしましたが、現地の空気や空、雷の感じからしてもこれはヤバイかもと思ってここで諦め目的地の某タワーマンションへ向かいました。もし撮りに行っていたらびしょ濡れになっていたと思います。危なかったです。



パークタワー勝どき 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 「パークタワー勝どき」の完成予想図です。右側に灰色で形だけ描かれているがB棟です。その前あたりの紫色部分の橋が朝潮運河に架けられる人道橋です。



パークタワー勝どき 全体敷地配置図
全体敷地配置図[出典:公式HP]

 建設地は2方向に運河がある立地で運河沿いには護岸公園が整備されます。また、両棟の間には水のある広場「セントラルラグーン」が配置されます。図の右上にあるメトロパビリオンが都営大江戸線「勝どき」駅に繋がる地下道の出入口となります。



パークタワー勝どき セントラルラグーン完成予想CG
セントラルラグーン完成予想CG[出典:公式HP]

 セントラルラグーンの完成予想図です。噴水もある池が設置され水の中に入って遊ぶこともできる場所となります。



パークタワー勝どき セントラルラグーン完成予想CG
セントラルラグーン完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 夜はライトアップされて幻想的な空間となります。と言っても完成予想図のためどのような感じになるのかは実際に見てみるまでわかりません。



パークタワー勝どき スカイデッキ完成予想CG
スカイデッキ完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 共用施設としてサウスの53階に設置されるスカイデッキです。



パークタワー勝どき スカイデッキ完成予想CG
スカイデッキ完成予想CG[出典:公式HP]

 セットバックした部分が外に出られるスペースとなっており、周囲には水が流れる水盤が設置される場所となります。平日の17時〜22時は8万円で貸し切りも可能とのことです。



パークタワー勝どき ルーフトップラウンジ完成予想CG
ルーフトップラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]

 サウスの53階と54階には二層吹き抜けのルーフトップラウンジも配置されます。



パークタワー勝どき 駅通路入口完成予想CG
駅通路入口完成予想CG[出典:公式HP]

 「勝どき」駅と繋がる地下通路の出入口の完成予想図です。晴海側の人もここから勝どき駅に行く人が多くなりそうです。



パークタワー勝どき メトロパビリオン完成予想CG
メトロパビリオン完成予想CG[出典:公式HP]

 その出入口がある場所はメトロパビリオンとなります。



パークタワー勝どき 貫通通路完成予想CG
貫通通路完成予想CG[出典:公式HP]

 ミッドは完全な駅直結となりますが、サウスは屋根付きの貫通通路を使うことになります。多少の雨なら傘は必要ないかもしれませんが、ちょっと風が強い日は傘が必要となりそうです。



パークタワー勝どきサウス コーチエントランス完成予想CG
コーチエントランス完成予想CG[出典:公式HP]

 サウスの>コーチエントランスの完成予想図です。この車寄せは格好いいですね。

■物件概要(サウス)■
名称:パークタワー勝どきサウス
計画名:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A1棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目1500番
用途:共同住宅、店舗
総戸数:総戸数1665戸(販売総戸数1115戸、事業協力者住戸550戸)
階数:地上58階、地下3階
高さ:188.80m(最高高さ194.53m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,015.18
建築面積:4,300.00
延床面積:180,827.74
売主:三井不動産レジデンシャル、鹿島建設
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2019年3月1日着工〜2023年8月31日竣工予定
入居:2024年4月下旬予定

■物件概要(ミッド)■
名称:パークタワー勝どきミッド
計画名:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A2棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目501番 他
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所
総戸数:1121戸(販売総戸数570戸、事業協力者住戸551戸)
階数:地上45階、地下2階
高さ:158.85m(最高164.60m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
敷地面積:10,712.20
建築面積:4,745.85
延床面積:138,312.00
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定
入居:2024年4月下旬予定

最後にご招待いただきありがとうございました!二度目の訪問でしたが何度見ても凄い景色です。

2786戸の巨大タワマン!地上58階「パークタワー勝どきサウス」と地上45階「パークタワー勝どきミッド」の建設状況(2021.6.5)

パークタワー勝どきとは?

パークタワー勝どき

 「パークタワー勝どき」は勝どき駅直結となる総戸数2786戸の超大規模タワーマンションです。現地では地上部の建設が始まっており左が「パークタワー勝どきサウス」(地上58階、最高高さ194.53m)で総戸数1665戸(販売総戸数1115戸、事業協力者住戸550戸)、右が「パークタワー勝どきミッド」(地上45階、最高高さ164.60m)で総戸数1121戸(販売総戸数570戸、事業協力者住戸551戸)となっています。



パークタワー勝どき

 サウスの設計者と施工者は鹿島建設で、ミッドの設計者と施工者は清水建設となっていますが、竣工時期は両棟とも2023年8月下旬予定です。両棟とも戸数が多いためか入居時期は両棟とも2024年4月下旬と竣工から半年以上先の予定となっています。



パークタワー勝どき

 清澄通りの新島橋から撮影。タワークレーンがある場所に巨大なタワマンが出現します。



パークタワー勝どき 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 「パークタワー勝どき」の完成予想図です。右側に灰色で形だけ描かれている場所には、B棟の建設予定地で地上29階、高さ約106mの板状のタワーマンションが計画されています。また、B棟の目の前の紫色の部分には晴海側と繋がる人道橋が計画されています。



パークタワー勝どき 全体敷地配置図
全体敷地配置図[出典:公式HP]

 建設地は2方向に運河がある立地で運河沿いには護岸公園が整備されます。また、両棟の間には水のある憩いの広場「セントラルラグーン」が配置されます。配置図の右上にあるメトロパビリオンから都営大江戸線「勝どき」駅に繋がる地下道が整備されます。



パークタワー勝どき セントラルラグーン完成予想CG
セントラルラグーン完成予想CG[出典:公式HP]

 セントラルラグーンの完成予想図です。噴水もある池が配置され水の中に入って遊ぶこともできる場所となります。



パークタワー勝どき セントラルラグーン完成予想CG
セントラルラグーン完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 夜はライトアップされて水景が青く染まり幻想的な空間となります。



パークタワー勝どき セントラルラグーン完成予想CG
セントラルラグーン完成予想CG[出典:公式HP]

 完成予想図を見る限りではリゾート施設のような雰囲気ですが、実際の完成したときの景色はどのような感じなんでしょうね。ここは住民以外の人も行ける場所なので楽しみです。



パークタワー勝どき スカイデッキ完成予想CG
スカイデッキ完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 こちらは住民しか行けないサウスの53階に共用施設として設置されるスカイデッキです。



パークタワー勝どき スカイデッキ完成予想CG
スカイデッキ完成予想CG[出典:公式HP]

 外に出られるスペースとなっており周りには水が流れる水盤が設置されるダイナミックな解放感を感じられる場所となります。



パークタワー勝どき ルーフトップラウンジ完成予想CG
ルーフトップラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]

 サウスの53階と54階には二層吹き抜けのルーフトップラウンジが配置されます。



パークタワー勝どき 駅通路入口完成予想CG
駅通路入口完成予想CG[出典:公式HP]

 「勝どき」駅と繋がる地下通路の出入口の完成予想図です。



パークタワー勝どき メトロパビリオン完成予想CG
メトロパビリオン完成予想CG[出典:公式HP]

 その出入口がある場所はメトロパビリオンとなります。



パークタワー勝どき 貫通通路完成予想CG
貫通通路完成予想CG[出典:公式HP]

 ミッドは完全な駅直結となるようですが、サウスは屋根付きの貫通通路でメトロパビリオンまでアクセスすることになります。



パークタワー勝どき サウス:アプローチ概念CG
サウス:アプローチ概念CG[出典:公式HP]

 サウスからメトロパビリオンまでのアプローチはこのような経路となります。地下通路はそこそこ距離があるので表記上は勝どき駅までミッドが徒歩1分、サウスが徒歩2分となりますが、改札まではさらに数分かかります。それでも駅直結物件には変わりないので人気のタワーマンションとなっています。




パークタワー勝どきサウスの建設状況

パークタワー勝どきサウス

 「ドゥ・トゥール」のスカイデッキから撮影した「パークタワー勝どきサウス」(地上58階、最高高さ194.53m)の建設現場です。撮影した6月5日時点では2階まで建設が進み3階部分の建設が始まったところでした。



パークタワー勝どきサウス

 勝どきと晴海の間にある朝潮運河沿いから撮影。右後ろが「勝どき ザ・タワー」(地上53階、最高高さ178.78m)ですがこれよりも高いタワーマンションとなります。左の上部が見切れているツインタワーマンションが「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)ですが、これとほぼ同じ高さとなります。



パークタワー勝どきサウス

 環状第二号線が通る「黎明大橋」から撮影。背後の一番背の高いタワーマンションが「勝どきビュータワー」(地上53階、高さ193m)で、その地下あたりに勝どき駅があります。



パークタワー勝どきサウス

 「黎明大橋」を移動してもう1枚。



パークタワー勝どきサウス

 真横からもう1枚。どの方向を見ても超高層がある立地です。



パークタワー勝どきサウス

 路地側から撮影。



パークタワー勝どきサウス

 この辺りは微妙な高さのタワーマンションが少ない場所のため、迫力あるタワーマンション群となりそうです。



パークタワー勝どきサウス 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。2021年9月上旬から第1期1次の販売開始予定で価格は4700(31.29)万円〜3億7800万円(156.66)で予定されています。

■物件概要■
名称:パークタワー勝どきサウス
計画名:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A1棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目1500番
用途:共同住宅、店舗
総戸数:総戸数1665戸(販売総戸数1115戸、事業協力者住戸550戸)
階数:地上58階、地下3階
高さ:188.80m(最高高さ194.53m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,015.18
建築面積:4,300.00
延床面積:180,827.74
売主:三井不動産レジデンシャル、鹿島建設
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2019年3月1日着工〜2023年8月31日竣工予定
入居:2024年4月下旬予定




パークタワー勝どきミッドの建設状況

パークタワー勝どきミッド

 「ドゥ・トゥール」のスカイデッキから撮影した「パークタワー勝どきミッド」(地上45階、最高高さ164.60m)の建設現場です。撮影した6月5日時点では8階まで建設が進み9階部分の建設が始まったところでした。

 地下1階〜地上3階まで商業施設、4階〜7階がオフィスフロア、そして8階〜45階が住宅フロアとなるので住宅フロアの建設が始まったことになります。



パークタワー勝どきミッド

 低層部には外壁の取り付けも始まっています。



パークタワー勝どきミッド

 朝潮運河沿いから撮影。見る角度によって形が変わって見えるタワーマンションです。



パークタワー勝どきミッド

 環状第二号線が通る「黎明大橋」から撮影。



パークタワー勝どきミッド

 路地側から撮影。左下は勝どき東地区のA3棟として建設された「臨港消防署月島出張所」です。



パークタワー勝どきミッド

 現時点でも迫力のある建設現場です。



パークタワー勝どきミッド

 この角地に勝どき駅と繋がるメトロパビリオンが建設されます。



パークタワー勝どき

 すぐ隣の道路では掘削されていたのでメトロパビリオン関連の工事かもしれません。



パークタワー勝どきミッド

 B棟の建設地となる「黎明スカイレジテル」の隣を通る道路から撮影。巨大な壁ができあがります。



パークタワー勝どきミッド

 場所は変わって同じ日にレインボーブリッジから撮影した「パークタワー勝どきミッド」です。低い位置にあるタワークレーンはサウスです。



パークタワー勝どきミッド

 少し広角でもう1枚。サウスは左の「THE TOKYO TOWERS」とほぼ同じ高さとなるのでこの景色も大きく変わります。

 それにしてもこの辺りはタワーマンションが複数棟ありますが、どこが一番眺めの良い場所なんでしょうね。たまに考えてみるのですがあれもこれも見える方が良いと考えて行くとわからなくなります。そもそも経済的利用によりどこにも住めませんが(^^;)



パークタワー勝どきミッド 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。ミッドは第2期まで販売が終了していますが、販売価格は3690万円〜3億3980万円(25.05屐153.05)で最高倍率27倍、平均倍率約2.9倍だったとのことです

■物件概要■
名称:パークタワー勝どきミッド
計画名:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A2棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目501番 他
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所
総戸数:1121戸(販売総戸数570戸、事業協力者住戸551戸)
階数:地上45階、地下2階
高さ:158.85m(最高164.60m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
敷地面積:10,712.20
建築面積:4,745.85
延床面積:138,312.00
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定
入居:2024年4月下旬予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク